2018.04.15 (Sun)

2018 J-League Division 2 第9節 大宮 vs. 岡山

 J2が開幕して8試合を消化しそろそろ各チームのリーグでの力関係が見えてきました。大宮は残念ながら客観的に見てリーグの真ん中より下の力だと言わざるを得ません。このことは昨季の終盤の状況を考えればある程度は予想できたことであり特に驚きはありませんが、言い換えると昨季からあまり積み上げ、進化が見られていないということであり残念な気持ちになります。今節の対戦相手の岡山はJ2首位でとりわけここまでわずか2失点という数字は素晴らしいと思います。大宮から見れば実力では明らかに格上の相手ですが、そんな岡山にどのように果たしてどのように戦うのだろうか想像しながらスタジアムへ向かいました。


 大宮は出場停止のマテウスと前節パッとしなかったマルセロ・トスカーノがスタメンを外れ代わりに嶋田、富山が入りました。序盤の大宮は最近では最も良い内容だったと思います。シンプルにボールを動かし選手間での連動性もありました。先制点を奪ってからも15分くらいは楽しいサッカーを見せてくれました。
 しかしその後は実力で上回る岡山に対して守勢に回る場面が増えましたが守備も頑張りセットプレー以外では危ないシーンはほとんどなく前半を終えました。ただし押し込まれるようになってからは攻撃には手を回せなくなってしまった印象で追加点を奪えそうな気配は全くなくなってしまいました。


 後半も前半とは同じような展開でしばらく時間が進みましたが、大宮は54分に不用意なファールで相手にセットプレーのチャンスを与えてしまいこれを上田に直接決められてしまいました。フリーキックは素晴らしいものでしたが、やはり相手にチャンスを与えてしまったことに問題があるでしょう。その後はほとんど一方的に攻め込まれる展開となりかなりひやひやしたものの守備が頑張り逆転は許さず。終盤はどちらもミスが増えて思った通りのサッカーができなくなった印象で結局1:1のドローで試合は終わりました。


 試合後には勝利を期待した大宮サポーターから選手に対してブーイングがありましたが、現在の両チームの力関係を考えれば大宮はよく頑張って1ポイントを取ったと思います。内容も序盤の15分は見ごたえがありました。これまで見てきた相手チームの中でも岡山はかなり強いチームであることは間違いありません。その岡山相手に互角に近い戦いができたことはポジティブに考えてよいのではないかと思います。この試合の序盤の様なサッカーをなるべく長い時間続けることができるようになることを期待しています。そうすれば少なくてももう少し上の順位で戦えるようになるはずです。
 一方の岡山について感じたことですが、今の順位が実力通りであることはわかりました。長いシーズンなので怪我人が出たり選手のコンディションが落ちることもあるでしょうが、それを乗り切れればよい結末を迎えられるように思います。


2018 Jリーグ Division2 第9節
2018年4月14日(土), 16:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - ファジアーノ岡山 1:1 (1:0)
大宮: 笠原 - 渡部 (34. 奥井), 山越, 菊地, 河面 - 横谷 (73. 茨田), 大山 (84. マルセロ), 三門, 嶋田 - 富山, 大前
岡山: 一森 - 後藤, 濱田, 喜山 - 椋原, 武田, 上田, 三村 - 伊藤 (80. 大竹), 仲間 (61. 赤嶺) - 齊藤 (86. 福元)
得点: 1:0 大前 (9.), 1:1 上田 (54.)
警告: / - 伊藤
観客: 7,248人
主審: 吉田 哲朗
スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

22:40  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2018.04.10 (Tue)

2018 J-League Division 2 第8節 山口 vs. 大宮

 週末は1泊で山口まで遠征してきました。維新みらいふスタジアムでの観戦は初めてでとても楽しみにしていたのですが、残念ながら雨が降り、まるで冬に戻ったかのような寒さの中で震えながらの観戦となってしまいました。ただ私は屋根のあるメインスタンドで観戦したので少なくても観戦中は雨に濡れることはありませんでした。


 大宮は主力のシモヴィッチがサブにも入っておらず代わりにマルセロ・トスカーノが大前とツートップを組みます。また中盤では大山、ディフェンスラインでは河面がスタメンに名を連ねました。

 ここまで毎試合失点をしている大宮ですが、この試合も開始わずか2分で先制されてしまいました。瀬川が左から入れたクロスがこぼれたボールをオナイウが蹴りこみました。大宮の守備陣の相手クロスに対する対処が中途半端だったのが悔やまれます。
 先制された大宮ですが、25分に大前のコーナーキックをマテウスが頭で合わせて同点に。その後はどちらも得点のチャンスは作れないまま前半が終わりました。

 後半に入るとやや山口が押し込む時間が増えてきます。大宮は66分にペナルティエリア内でマテウスが浮き球を強引にバイシクルシュートを狙いますがこれが危険なプレーとして警告を出され警告2枚で退場となってしまいました。数的不利になった大宮ですが、その後は互角の展開が続きます。どちらにも1度ずつ決定機がありましたが決まりません。しかし終盤に入るとやはり数的優位の山口がペースをつかみ大宮ゴールに迫ります。そしてついに決勝点となるゴールが決まります。84分の小野瀬の左足のミドルシュートでした。カーブのかかったボールがきれいな弾道を描いてゴールの左隅に吸い込まれていくように見えました。これはGKの笠原もノーチャンスでした。その後、大宮は嶋田、富山を注ぎこみ反撃を試みますがゴールは奪えず、そのまま2:1で山口の勝利となりました。


 試合を見ると山口の勝利は妥当であり順位がそのまま結果に表れた形です。大宮はここまで攻撃の軸になっているシモヴィッチの不在とマテウスの退場が響いた形ですが、この試合に限って言えばそれほど悲観する内容でも無かったように思います。リーグ戦上位争いを行っている言わば格上の山口に対して数的不利になってからも互角に近く渡り合うことができていました。もちろん結果が出ていないので満足はできないでしょうが、もうしばらく辛抱が必要なのだと思います。




2018 Jリーグ Division2 第8節
2018年4月7日(土), 15:00, 維新みらいふスタジアム
レノファ山口 - 大宮アルディージャ 2:1 (1:1)
山口: 藤嶋 - 前, 渡辺, ヘナン, 瀬川 - 三幸 - 小野瀬, 山下, 大崎 (80. 高橋), 高木 (90.+4 大石) - オナイウ
大宮: 笠原 - 渡部, 山越, 菊地, 河面 - 横谷 (86. 嶋田), 大山, 三門, マテウス - マルセロ (88. 富山), 大前 (75. 茨田)
得点: 1:0 オナイウ (2.), 1:1 マテウス (25.), 2:1 小野瀬 (84.)
退場: マテウス (66. 警告X2)
警告: / - マルセロ, 茨田
観客: 5,353人
主審: 大坪 博和


テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

23:53  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2018.03.27 (Tue)

2018 J-League Division 2 第6節 大宮 vs. 福岡

 J2第6節、大宮対福岡の試合を観戦しました。このところ大宮のホームゲームは土曜日に開催されていましたが今週は水曜日に試合があった関係もありJ2の全試合が日曜日開催でした。スタジアムに向かう途中に大宮公園の中を歩いてみましたが、桜が見頃になり大勢の人たちが花見を楽しんでいました。満開には1日か2日早かったようですが天気もよく最高の花見日和でした。


 開幕から1勝3敗1分とスタートダッシュに完全に失敗した大宮ですが、石井監督はあまりメンバーを変えるつもりはないようです。前節は日程が詰まっていたこともあってローテーションを行いましたが、今節は第4節とほぼ同じメンバーに戻りました。


 前半はほぼ互角の内容でしたが、20分に大宮はマテウスの右からのクロスにシモヴィッチが頭で合わせて先制しました。大宮のチャンスはこれだけでワンチャンスをゴールに結びつけた形になりました。一方、福岡の方も決定機らしいチャンスは皆無。福岡はこれまで大宮が苦戦してきた相手と違って、さほど厳しくプレスをかけてこなかったので落ち着いてプレーできたのかもしれませんが良い守備ができていたと思います。


 後半に入ると大宮は52分に相手ゴールから正面よりやや右寄りの位置で得たフリーキックのチャンスで大前が直接決めて2点差としました。この後は追いつきたい福岡が攻勢を強め大宮がそれを跳ね返す展開が続きました。残り時間もわずかとなった89分に大宮のペナルティエリア内での混戦からエウレーが右足で放ったシュートが、菊地に代わってセンターバックに入った河面の右手に当たり、福岡にPKが与えられ河面は退場となりました。これは大宮にとってアンラッキーでした。森本がこのPKを決めて1点差になりますが、大宮は追加時間の5分を全員で守り切り久しぶりの3ポイントを獲得しました。
 
 開幕戦以来の勝利を手にした大宮。この試合は終盤は完全に引きこもり相手の攻撃を受け続ける形になりましたが、集中力を切らすことなく良く守り切ったと思います。攻撃面は依然として課題を抱えているように思います。守備重視だったのか中盤がかなり下がり気味で守備から攻撃に厚みがありませんでした。この試合は少ないチャンスを得点に結びつけることができましたが、今の状態ではなかなか点はとれないでしょう。この部分は時間がかかるように思います。今はしぶとく接戦をものにして勝ち点を積み上げていくことが必要なのでしょう。
 

2018 Jリーグ Division2 第6節
2018年3月23日(土), 16:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - アビスパ福岡 2:1 (1:0)
大宮: 笠原 - 奥井 (83. 渡部), 山越, 菊地 (84. 河面), 中村 - 横谷, 茨田, 三門, マテウス - 大前 (90.+2 酒井), シモヴィッチ
福岡: 杉山 - 篠原, 岩下, 堤 - 駒野, 城後 (78. 山瀬), 鈴木, 輪湖 - 石津 (61. エウレー), 松田 (46. 森本), ドゥドゥ
得点: 1:0 シモヴィッチ (20.), 2:0 大前 (52.), 2:1 森本 (90., PK)
退場: 河面 (89.)
警告: 山越 - ドゥドゥ, 城後
観客: 9,106人
主審: 井上 知大

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

00:27  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2018.03.18 (Sun)

2018 J-League Division 2 第4節 大宮 vs. 金沢

 今週末も大宮アルディージャ、ホームでのツエーゲン金沢戦を観戦しました。この時期の気温としてはちょうどよく絶好のサッカー観戦日和。大宮公園の桜の開花もそろそろでしょうか。花粉さえなければ最高のシーズンです。


 今季の大宮は開幕から3試合すべて観戦していますが、初戦は相手チームともに手探りの状態、2戦目に課題が見える敗戦、3戦目は相手との力の差を感じさせられる敗戦といった具合でどうも波に乗れません。まだ開幕したばかりだし、昨季終盤の惨状を考えればしばらく時間はかかるだろうとは思っていましたが、結果が出ないまま進むとチーム全体に良くない空気が蔓延し選手の自信も失われてしまうという心配はあります。


 前半はどちらにもチャンスはあったもののスコアレス。チャンスの数は大宮の方がやや多かったものの互角の展開、むしろファイナル・サードまで押しこんでくるシーンは金沢の方が多く作っていた印象が残りました。大宮は相手ボールへのプレスは良くて1対1での勝率は高くボールは保持するもののそこから前へのパスコースを作れず攻め込めなかったように見受けられます。このあたりはこれまでの試合と同じで少々がっかりしました。


 後半もしばらくは同じ展開でこのままではよくてスコアレスドローなのかと思ってしまいましたが、金沢の1つのプレーが試合の展開を変えることになりました。 
 金沢は76分に清原に替えて宮崎幾笑を入れると、その宮崎が1分後にファーストプレーで仕事をします。右サイドで梅鉢からのパスを受けるとドリブルで中央に切り込みDFをかわして左足でシュートし先制点を決めました。先制された大宮は多少のリスクを顧みず攻める必要が生まれたせいか、前への勢いが感じられ押しこむようになりました。特に三門や大山が攻撃に加わることで厚みが増したように思います。そして86分に左サイド中村のクロスのクリアボールを拾ったマテウスが中央へ入れたパスを、嶋田が受けて右足で鮮やかに決めて同点にしました。1点リードした金沢が終盤に守備を固めていましたがそれを見事に崩した形で、なぜこれを最初からできないものかと考えてしまいました。

 試合はドローで終了。J2優勝を目指すうえでドローで物足りないという意見はあるでしょうが、私自身は短い時間であれ良い形が見られたことで今後についてポジティブな気持ちになれたし、結果についても3連敗という最悪の事態は免れたということでまあ良かったのではないかと思います。今はそれほど結果は求めていませんが、少しずつでも良くなっているのだということを確かめたいと思います。次節はスタジアム観戦できませんが、できればDAZNで見たいと思います。


2018 Jリーグ Division2 第4節
2018年3月17日(土), 16:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - ツエーゲン金沢 1:1 (0:0)
大宮: 笠原 - 渡部, 山越, 菊地, 中村 - 横谷 (71. 嶋田), 茨田 (64. 大山), 三門, マテウス - シモヴィッチ, 大前 (78. 清水)
金沢: 田尻 - 毛利, 庄司, 作田, 沼田 - 清原 (76. 宮崎), 梅鉢, 藤村, 杉浦 - 垣田 (87. 佐藤), マラニョン (67. 加藤)
得点: 0:1 宮崎 (77.), 1:1 嶋田 (86.)
警告: シモヴィッチ, 三門 - 藤村, 梅鉢
観客: 7,298人
主審: 谷本 涼

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

11:26  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2018.03.11 (Sun)

2018 J-League Division 2 第3節 大宮 vs. 徳島

 J2第3節は大宮のホームゲーム、徳島戦を観戦しました。J2ですが土曜日の夕方開催です。この試合は開幕前から評判の高い徳島がどのようなサッカーをするのか、そして大宮が前節の敗戦も踏まえてどのように応戦するのか個人的には見どころが多く楽しみにしていた試合の一つでした。
 

 キックオフから間もなく前半5分を経過したあたりから徳島の一方的なペースとなりました。徳島はパスをしっかりとつなぎ攻撃を組み立ててきますが、攻撃時の連係がスムーズでペナルティエリア周辺でも2人、3人のコンビネーションを使って崩しシュートまで持っていきます。これに大宮はついていくのが精一杯で何とかカットしても攻撃につなげるところまではいきませんでした。前半は大宮には決定機は1つもありませんでした。徳島には前半に何度か大きなチャンスがありましたが、この試合が大宮でのデビューとなったGK笠原の好セーブでなんとか無失点で切り抜けることができました。前半スコアレスで終えることができたのは大宮にとってラッキーでした。


 後半に入ってもそれほど試合の展開は変わらず、徳島が攻め大宮が最後のところで失点を食い止めるという状況でしたが、52分についに徳島が先制しました。右コーナーキックのボールを内田が距離のあるところからダイレクトボレーで決めました。これはスーパーゴールです。好セーブを連発していた笠原もさすがに止められませんでした。
 一点リードされた大宮はその後反撃に出るものの前節同様にシモヴィッチにはボールが収まらず、また競り勝ってもそこからのコンビネーションが悪くなかなか思い通りにプレーできず。前半と違って何度か強引にシュートを撃てるようにはなってきましたが、決定機の数では後半も徳島の方が上でした。徳島は終盤は守備を固め、大宮のやや捨て身とも思えるパワープレーを凌いで試合が終わりました。


 90分を通して徳島の方が良いチームであったことは疑う余地がありません。試合結果を見ればスーパーゴールによる1点の差でしたが決定機の数を考えれば4点差位になっていても不思議ではなかったと思います。そのくらいチーム力に差があると感じました。しかしこれは私にとっては何も驚くことではありません。客観的に見て昨季終盤の大宮はJ2でも下位レベルの内容だと思っていましたのでシーズン序盤はこんなものだろうと思っていました。
 ただ、プレシーズンマッチや甲府戦では部分的には見られた攻守の早い切り替えや少ないタッチでシンプルにつないでいく形が、うまくいかず単なる雑なプレーになってしまっているのが心配です。相手に押し込まれると何もできなくなってしまう感じでしょうか。このあたりは試合を重ねて行くうちに改善していくとは思いますが、想像していたより時間はかかるかもしれません。あとはシモヴィッチがいないときの攻撃のパターンをオプションとして用意しておく必要があります。これができなければ家長不在だと何もできなかった昨季までと何も変わりがありません。
 ネガティブな面ばかり書きましたが、この試合は大宮にとって収穫はありました。笠原が素晴らしいセーブを見せてくれたことです。GKが目立ちすぎるのは良く無いのかもしれませんが、毎試合このようなパフォーマンスを見せてくれると嬉しいです。


2018 Jリーグ Division2 第3節
2018年3月10日(土), 16:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - 徳島ヴォルティス 0:1 (0:0)
大宮: 笠原 - 渡部, 山越, 菊地, 中村 (88. 河面) - 横谷 (60. 嶋田), 茨田 (67. 大山), 三門, マテウス - 大前, シモヴィッチ (81. 清水)
徳島: カルバハル - ブエノ, 大﨑, キム ジョンピル - 島屋, 岩尾, 内田 - シシーニョ, 前川 (90.+2 井筒) - 呉屋 (87. 佐藤), 杉本 (87. 小西)
得点: 0:1 内田 (52.)
警告: 嶋田 - 大﨑, シシーニョ, 内田, カルバハル
観客: 6,989人
主審: 岡部 拓人

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

22:10  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT