--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2017.07.12 (Wed)

2017 J-League Division 1 第18節 大宮 vs. 札幌

 残留ラインを挟んだ15位札幌と6位大宮の対戦。現在はわずか1ポイント差ですがシーズン終了時にはその差はどてつもなく大きなものになります。残留争いのライバル同士の対戦については結果が重要であり、極端に言えば試合内容はどうでもよいのです。

 前半はどちらにも決定機はほとんどありませんでした。大宮はやはりこの試合でもボールを奪ってからの切り替えの遅さが気になりましたが、少なくても先週の横浜戦よりは前線が動いてスペースを作り縦パスを通そうとするチャレンジが多く見られたと思います。守備に関しては札幌が強引にゴール前にボールを入れてきたときの対応にやや不安を感じたものの、全体としてはよかったのではないかと思います。


 後半に入ると大宮が立て続けに2つのゴールを決めて優位に立ちました。先制点は岩上のロングスローに対する競り合いからこぼれたボールを大前が蹴りこんだゴール。その2分後には右サイドからのクロスを大前がシュートしGKに弾かれたボールを江坂が詰めて2点目。このあとも大前に2度ほど決定機がありましたが決めきることができませんでした。これが試合結果に大きく響くことになるとはこの時点では考えていませんでした。 


 それ以降の大宮は守備に重心を置いた形になり札幌の反撃を受けるようになります。2点リードで守備意識が高くなったのか、あるいはスタミナの問題で運動量が落ちたのか理由はわかりませんが、いずれにせす自陣で札幌の攻撃を受け続けることになります。
 81分に札幌はゴール正面で得たフリーキックを福森が直接決めて1点差。そこからさらに勢いに乗って攻めますが、大宮もゴールは許さず時間が経過していきます。
 4分間のアディショナルタイムも超過した96分、大宮がペナルティエリアの外、斜め左の位置でファールを取られ札幌にフリーキックのチャンス。ここで再び福森が直接決めて同点となり、そこで試合が終わりました。まさにラストプレーでのゴールで試合は2:2のドローに終わりました。


 なんという結末でしょう。不用意なファールで相手の得意な位置でフリーキックを与えてしまったことはまずいですが、それを2本とも決めた福森が見事だったというしかありません。どちらも素晴らしいキックでした。

 確かに大宮にとっては限りなく敗戦に等しいドローでしょう。しかし結果はドローです。15位との差は広がりませんでした。まだ残り16試合あります。チーム全体にショックが残る試合でしたが幸いここでしばらく中断が入ります。ここでしっかりと課題を見直してその先のリーグ戦に臨んでほしいと思います。


2017 Jリーグ Division1 第18節
2017年7月8日(土), 19:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - 北海道コンサドーレ札幌 2:2 (0:0)
大宮: 松井 - 渡部, 河本, 菊地, 和田 - 大山 - 岩上 (68. 沼田), 横谷 (82. 金澤), 茨田, 大前 (63. マテウス) - 江坂
札幌: ク・ソンユン - 菊地, 河合 (73. 小野), 福森 - マセード, 兵藤 (90. 上原), 荒野, 宮澤, 早坂 (46. 内村) - ヘイス, 菅
得点: 1:0 大前 (47.), 2:0 江坂 (49.), 2:1 福森 (81.), 2:2 福森 (90.+6.)
警告: 横谷, 大山, 江坂 - 荒野
観客: 11,863人
主審: 上田 益也
スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

00:23  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2017.07.03 (Mon)

2017 J-League Division 1 第17節 大宮 vs. 横浜FM

 アウェイでリーグ戦下位に低迷する新潟、広島に連勝し降格圏を脱出した大宮ですが、もちろんまだ安心できる状況ではなくむしろようやく残留争いに加われるようになったと考えるべきと思います。この2試合は最高の結果を得ることができたのですが、どちらも劣勢の時間が長く少ないチャンスを活かして勝利したと言えると思います。言い換えると相手にもビッグチャンスを何度も与えており、相手の決定力に救われたとも言えます。第17節の対戦相手は上位の横浜ですので、おそらく同じような戦いをしていては勝てないだろうと予想はしていました。


 前半の大宮は守備は良かったと思います。良く動いて相手のパスコースを消すことができていたし1対1でも負けずにボールを奪えていたと思います。残念ながらボールを奪ってからの切り替えが不味く、素早く攻撃に移れなかったり、もったいないパスミスで再び相手にボールを奪い返されるシーンが多く見られました。
 そしてもう一つ気になったのがシュート意識の低さです。もっと貪欲にシュートを狙ってよいのではないかと思います。確かに中澤を中心とした横浜の守備は安定し崩すのは難しかったのでしょうが、だからこそ少々強引にでもシュートを試すことによってチャンスが広がった可能性はあったと思うのです。結果として前半の大宮は一見すると互角に戦うことができてはいたもののゴールを奪えそうな気配は皆無であり、横浜は怖さを感じることなく落ち着いて戦うことができていたことでしょう。両チームの選手、監督のコメントからもそうであったことがわかります。

「マリノスは中澤(佑二)選手を中心に真ん中を固めてスペースを消してきていたので、そこを崩すのは難しかった。(岩上)祐三さんが1本打ちましたけど、ミドルを打たないと相手も出てこないかなというのも感じた。ハーフタイムに(伊藤)彰さんも言っていましたけど、シュートの本数が少なかったので、ロングシュートを打って相手を引き出すこともしないといけないかなと思います。」(大宮、江坂任選手)

「特に前半は大宮がプレッシャーを掛けてくると予測していた。そのとおりだったが、慌てずプレーして、相手のブロックを下げさせることができたと思う。」(横浜 エリク・モンバエルツ監督)


 後半は両チームとも点を取るために攻撃に力を入れて来たようには感じましたが、それでもしばらくは前半と同様に膠着した展開が続きました。しかし、59分に横浜が鋭いカウンターからマルティノスが右足でミドルシュートを決めて先制しました。マルティノスの個人技も光りましたが大宮の守備の対応も拙いところがあったように見えました。やはり上位相手ではミスは失点につながってしまいます。68分にも中盤でのパスミスを山中に奪われそのまま左足で豪快なミドルシュートを決められ2点差に。

 ここまでの大宮の攻撃を見ていると、山中のゴールで勝敗は決まったかと思いましたが、大宮の伊藤監督は大前に交代してDFの菊地を入れシステムを3バックに変更します。するとここから反撃を開始し78分にセットプレーから菊地が頭で決めて1点差とし、直後にもマテウスが惜しいシュートを放つなど、前半の消極的に見えたゴールへの勢いが感じられるようになりました。しかしやや手遅れでした。横浜もその後はしっかりと試合をコントロールし試合を終えました。

 大宮は新潟、広島では、勝利したことで目に見えていなかった課題が表面化してきたと思います。伊藤監督はそのあたりは認識しているようなので、とりあえず次の札幌戦をなんとか乗り切ってその後の中断期間でしっかりと対策してほしいと思います。


 試合後、湘南へ移籍が決まったムルジャの挨拶がありました。ムルジャは好不調の波があるものの重要な試合での活躍が目立ちました。特に2015年11月のJ1昇格がかかった試合で劣勢を跳ね返す2ゴールは忘れられません。大宮での活躍を感謝するとともに湘南での活躍を祈りたいと思います。

<引用記事>
大宮vs横浜FMの試合結果・データ (選手コメント) (Jリーグ公式)
大宮vs横浜FMの試合結果・データ (監督コメント) (Jリーグ公式)


2017 Jリーグ Division1 第17節
2017年7月1日(土), 19:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - 横浜Fマリノス 1:2 (0:0)
大宮: 松井 - 奥井, 河本, 高山, 和田 - 大山 - 岩上, 横谷 (83. 黒川), 茨田 (64. マテウス), 大前 (73. 菊地) - 江坂
横浜: 飯倉 - 金井, 中澤, パク ジョンス, 山中 - 中町, 扇原 - 齋藤, 天野, マルティノス - ヴィエイラ (84. 富樫)
得点: 0:1 マルティノス (59.), 0:2 山中 (68.), 1:2 菊地 (78.)
警告: 高山 - 中町
観客: 11,448人
主審: 西村 雄一

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

23:44  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2017.06.23 (Fri)

2017 J-League Division 1 第15節 新潟 vs. 大宮

 新潟へ遠征してきました。今季、大宮のアウェイ観戦は初めてだと思います。新潟には過去に3度(うち1度はビッグスワン完成前に新潟市陸上競技場で観戦)ですが、まだ勝利は一度も見ていません。実際に大宮は新潟は相性の悪い場所だと思います。しかし、この試合に関しては過去がどうであってもとにかく勝利が必要な試合です。応援する立場の私も久しぶりに試合前から力が入っていました。


 序盤は新潟が大宮の左サイドを狙い、矢野貴章へボールを集めゴールに迫ります。この時間の大宮はバランスが悪く、左サイドの大前、和田が上がってあとのスペースをうまくカバーできておらず、そこを狙われたように見えました。何度か危ない場面もありましたが、そこを凌いだ大宮が27分に大山との連係で抜け出した江坂が決めて先制。
 この時間帯は試合の序盤とは形勢が逆転していました。大宮の選手の連係はよくなり少ないタッチでボールが効果的に動いていたのに対し、新潟は連係が崩れチームがうまく機能しているようには見えませんでした。33分には再び江坂がソン ジュフンのクリアミスを奪うと間髪入れずにシュートし、追加点となるゴールを決めます。相手のミスを抜け目なく狙ういかにもストライカーらしいプレーでした。私は江坂にはこんなプレーを期待しています。
 このあと新潟の呂比須監督は早くも交代カードを切り修正を図ります。この修正はうまく行ったと思います。結果論になりますが大宮は前半の相手が混乱している時間にもう1点取っておけば楽に試合を進められたことでしょう。そのチャンスはあったと思います。


 後半、当然のごとく新潟が点を取りにプレッシャーをかけてきました。60分に新潟が、矢野からホニにつなぎ、ホニが浮かせたボールを山崎が左足でボレーシュートを決めて1点を返しました。現地では遠くてよく見えなかったのですが、あとでビデオで見なおすとシュートに至るまでの一連のプレーは素晴らしいものでした。特に堀米の縦パスを相手2人を背にしながらワンタッチで背後のホニにつないだプレーはお見事。
 その後も新潟はホニや終盤に投入された鈴木武蔵に決定機を作りだすなど一方的に攻めます。鈴木がほとんどGKと1対1に近い状態でのシュートを撃ったシーンやアディショナルタイムのゴール正面でフリーキックなど、観戦していて大宮サポーターは肝を冷やす場面が多かったと思います。それでも大宮は追加点を許さず重要な3ポイントを残留争いのライバルから勝ちとりました。
 

 この試合で大宮の放ったシュートは2本。その2本で2得点を奪って勝利するという大宮らしからぬ試合巧者ぶりでした。実際に試合を通してみると新潟が攻勢をかけている時間がほとんどで新潟が勝利しておかしくない試合でした。しかし、大宮も2得点を奪った時間帯のサッカーはパスが良く回り相手の守備を完全に翻弄していました。大宮のこのようなサッカーは長く見ていなかった気がします。今は短い時間でも、それを長い時間続けられるようになれば本当に面白いサッカーが見られるようになるのではないか。そんな可能性を感じた試合でした。

 もっともこの試合に関していえば、試合の内容は関係なく結果が大切な試合でした。劣勢な試合を少ないチャンスを活かしてしぶとく勝利した大宮のチームを称賛したいと思います。


2017 Jリーグ Division1 第15節
2017年6月17日(土), 19:00, デンカビッグスワンスタジアム
アルビレックス新潟 - 大宮アルディージャ 1:2 (0:2)
新潟: 川浪 - 原, 冨澤, ソン ジュフン, 堀米 - 小泉, ロメロ フランク (39. 成岡) - 矢野, ガリャルド (73. 加藤), ホニ - 山崎 (76. 鈴木)
大宮: 松井 - 渡部, 河本, 高山, 和田 - 大山 - 岩上, 横谷 (68. マテウス), 茨田 (85. 山越), 大前 (63. 清水) - 江坂
得点: 0:1 江坂 (27.), 0:2 江坂 (33.), 1:2 山崎 (60.)
警告: ホニ, 矢野 - 大前
観客: 27,605人
主審: 飯田 淳平

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

23:26  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2017.06.06 (Tue)

2017 J-League Division 1 第14節 大宮 vs. 鳥栖

 前節の柏戦での敗戦を受けてついに大宮は渋谷監督、黒崎ヘッドコーチを解任、後任監督に伊藤彰コーチ、ヘッドコーチに海本慶治コーチが就任、この試合が新体制になって最初のリーグ戦になります。すでに伊藤新監督は水曜日のカップ戦で1試合指揮していますが、この試合はグループステージの消化試合であり試合内容も開始早々に退場者を出しずっと数的不利の状況で戦う形であり、まだどんなサッカーをやりたいのかは見えませんでした。そのあたりがこの試合では見えるのではないかと期待して観戦することにしました。


 まずどのようなフォーメーションでどんな選手を起用するのかに注目していましたが、水曜日のカップ戦のメンバーとほぼ同じスタメンとなりました。変わったのは左SBと左SHだけ。ただし左SHは大前の出場停止によるものと思われます。
 前半、大宮はボールを奪った後に前へ向かう意識、ボールを早く動かして行くという意識が強く感じられました。残念ながらコンビネーションが悪くパスミスが多く、スムーズにボールが動かせていない印象を受けました。この点は改善の余地がありますが、監督交代後1週間しか経過していないことを考慮するとやむを得ないことだと思います。


 序盤は一進一退の攻防が見られましたが、17分に鳥栖は原川のフリーキックをチョ・ドンゴンが頭で合わせてゴールを決めて先制しました。原川のキックの精度は素晴らしかったのですが、大宮のセットプレーでの守備の拙さは相変わらずで、この失点シーン以外でも危なっかしいところがありました。高さでも完全に負けていました。

 後半に入り伊藤監督は長谷川に替えて大山を入れ、さらにマテウス投入で攻撃は活性化。そして72分に江坂の同点ゴールが決まりました。その後も押し気味の展開ではありましたがゴールは奪えずにドローに終わりました。


 試合を通して見て、期待と不安の両方を感じました。期待については攻撃力アップです。この試合では前線の選手が比較的自由に動き、高い位置での仕掛けが見られました。前線の選手にボールを引きだす動きができているという印象です。もう少し連係がよくなれば面白い攻撃が見られるようになりそうです。
 一方で不安を感じるのはこの攻撃的な戦い方が果たしてJ1のクラブ相手にどの程度通用するのかという点です。この先は残留争いの戦いではどうしても負けられない一戦があるはずで、そういう試合では守備力が勝敗を分けることも多くなると思います。そういう状況でこの試合のような戦い方で確実にポイントを積み上げていけるのかどうかやや不安を感じます。

 さて次は新潟との対戦ですが、相手の状況を考えると絶対に落とせない一戦です。幸いにも次週は試合がないのでこの期間にしっかりと連係を深めていってほしいと思います。


2017 Jリーグ Division1 第14節
2017年6月4日(日), 16:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - サガン鳥栖 1:1 (0:1)
大宮: 松井 - 奥井 (59. マテウス), 河本, 高山, 和田 - 長谷川 (46. 大山) - 岩上, 横谷, 茨田, 清水 (77. 瀬川) - 江坂
鳥栖: 権田 - 小林, キム・ミンヒョク, 青木, 吉田 - 福田, 高橋, 原川 - 鎌田 - チョ・ドンゴン (74. イバルボ), 豊田
得点: 0:1 チョドンゴン (17.), 1:1 江坂 (72.)
警告: / - /
観客: 11,631人
主審: 東城 穣

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

00:28  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2017.05.21 (Sun)

2017 J-League Division 1 第12節 大宮 vs. C大阪

 第12節。大宮の対戦相手のセレッソ大阪は昇格チームとは言え上位争いに加わっています。この試合のスタメンの顔ぶれを見ると清武弘嗣、山口蛍、柿谷曜一朗、杉本健勇、山村和也など日本代表クラスの選手が並んでいます。これだけの陣容であれば上位争いをしない方がおかしいとも言えます。今の大宮にとってすべてのチームが格上という状況ですが、このような強敵から1ポイントでも取れればこれからの巻き返しの弾みになるだろうと思ってはいましたが、やはりそう甘くはありませんでした。


 前半は大宮が1対1では積極的なプレスから相手ボールを奪うシーンが目立ち相手の攻撃に対しても集中して良く守っていたと思います。その結果、セレッソはチャンスこそ多かったもののゴールを脅かすほどのシーンはほとんどありませんでした。思ったほどアグレッシブではなくもしかしたら前半は抑えて後半に勝負をかけたとも見えました。30度を超える暑さを考慮した作戦だったのでしょうか。ただし試合後の尹晶煥監督のコメントでは良い流れに乗れなかったということのようですが。
 大宮がかなり飛ばしていたのは明らかで、にもかかわらず得点を奪うどころか、決定機を作れなかったというのはやはり問題です。なかなかボールを高い位置で奪えない。奪ったとしても攻守の切り替えが遅く周りにサポートがないという状態ですので攻め込んでもそこで攻撃が途切れてしまう印象があります。攻撃の形が作れていないのは根本的な問題で、おそらく今季は改善できないと思います。そんな具合でしたのでスコアレスとはいえ後半に向けて大宮がどこまで耐えられるのか不安を感じました。


 そして後半はその不安通りの展開になります。能力の高いセレッソの選手がクオリティーの高い連係のとれた攻撃を展開、特に長短のパスやサイドチェンジで両サイドからゆさぶりをかけるスピーディーな攻撃はスペクタクルで見ごたえがありました。これに対して大宮はゴール前で懸命にクリアするのが精一杯。もちろん攻撃に手は回せません。63分に清武、76分に山村がいずれもセットプレーからゴールを決めて勝敗は決しました。86分の杉本のゴールはダメ押しです。


 試合は大宮の完敗です。選手の個人能力、チームとしての連係、試合運びなど全てにおいて大きな差があったと思います。公判などはディビジョンが2つ違うチームがカップ戦で対戦しているかのように見えましたが、そのくらい大きな差だということです。前節は先制された後に少ないチャンスを活かして同点に追いつき勢いに乗りましたが、さすがにこの試合ではそんな気配もありませんでした。
 ただし客観的に見て今の両チームの状況を考えるとこうなるのはやむを得ないと思えます。大宮がクラブとして監督を変えずこれまでのスタイルを継続していくという結論を出した以上、まずできる限りのことしっかりやって、勝てそうな相手(現状はそんな相手はいませんが)、勝てそうな展開ではしぶとく勝点を積み上げていくしかないと思います。このような完敗は引きずらず次のリーグ戦に向けた準備をしてほしいと思います。


2017 Jリーグ Division1 第12節
2017年5月20日(土), 16:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - セレッソ大阪 0:3 (0:0)
大宮: 塩田 - 渡部, 山越, 菊地 (53. 河本), 和田 - 金澤, 茨田, マテウス (68. 大山), 大前 (68. 長谷川) - 江坂, 瀬川
大阪: キム ジンヒョン - 松田, 丸橋, ヨニッチ, 山下 (90.+1 木本) - ソウザ, 山口, 山村 (82. 関口), 清武 (90.+1 福満) - 柿本, 杉本
得点: 0:1 清武 (63.), 0:2 山村 (76.), 0:3 杉本 (86.)
警告: 金澤 - /
観客: 11,823人
主審: 上田 益也

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

21:32  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。