2016.04.17 (Sun)

2. ブンデスリーガ2015/2016 第30節 FSVフランクフルト vs. パダボーン

 ツヴァイテリーガも終盤に差し掛かりそろそろリーグがどのような形で決着するのか見えてくる頃です。とはいっても近年のツヴァイテリーガは戦力が拮抗し終盤まで1部昇格、3部降格がどこになるのか予想がつかないことが多くなっています。しかし、今季に関しては1部レベルの戦力を誇るフライブルクとライプツィヒが予想通り抜け出し、後半にチーム力を上げてきたニュルンベルクが3位でプレーオフに進むことが早々に見えてきました。しかし、残留争いは例年同様にこの時期でも混沌としておりまだどうなるかさっぱり予想がつきません。
 この争いの中に昨季は1部で戦っていたパダボーンが入っているのは意外であり残念でもあります。1部から降格した今季はゲルハウス新監督のもとでスタートしたものの成績は振るわず、エッフェンベルク監督に交代。しかし、それでもうまくはいかず現在は暫定監督としてレネ・ミュラーがチームを指揮しています。考えてみるとゲルハウスはアシスタントコーチとしての経験はあるものの監督としては初めて、エッフェンベルクに至ってはコーチ経験もなく、それではうまく行くはずはないだろうという気にもなります。
 前節はホームでウニオンベルリンを相手に前半で4失点というお粗末な内容。しかも相手のセットプレーはほぼ100%といってよいほど相手に競り負けたり簡単にマークを外したり散々な内容でした。残り試合も少なくなり早急にチームの立て直しが必要な状態であり、まずは守備の修正から入るのが間違いないところでしょう。

 さて金曜日の夜に行われた30節、パダボーンはFSVフランクフルトとアウェイで対戦です。FSVフランクフルトは前節のボーフム戦の大敗を受けて、今季指揮を執っていたトーマス・オラル監督を解任しこの試合からはかつてヘルタやベトナム代表監督を務めた経験のあるファルコ・ゲッツ氏が指揮することになりました。こちらも守備に不安を抱えている状態ですが、この時期にチームを引き受けるゲッツ監督は大変です。

 さてこの試合、前半はどちらも消極的でミスも多くスピード感に欠けるサッカーを展開することになってしまいました。決定機と言えば32分にFSVのファノル・ペルデダイが放ったミドルシュートだけ。他は何もなくただ時間だけが過ぎたという内容でした。しかしこのようになったのは、両チームとも前節に大敗していたこともあって守備重視で慎重に試合に入ったのが理由でありやむを得ないことだと思います。観客にとっては退屈な内容だったと思いますが仕方がないでしょう。

 問題は後半をどう戦うかということです。その後半、まず開始早々にFSVフランクフルトがディフェンスラインの裏をとったハリミに決定機がありましたが、これをホイヤー・フェルナンデスが好セーブで防ぐと、その後はパダボーンがペースをつかむようになります。パダボーンは、50分にペナルティエリア内でボールを受けたバカロルツがトラップで浮かせたボールに対しペルデダイとの競り合いになります。この競り合いでこぼれたボールに反応したシュトッペルカンプが難なく決めて先制。さらに65分には中央のバカロルツが右サイドでフリーになっていたシュトッペルカンプにパスを出すと、シュトッペルカンプは直接ゴールを狙いこれが見事に決まって2点差としました。前半よりは攻撃的になったとはいえ、相変わらず連係ミスなど攻撃面で噛み合っていない状態のFSVにとって2点の差は大きく、その後はゲッツ監督もヤン・ロリムやエドムンド・カプラーニなど攻撃的な選手を投入し反撃に出ますがゴールは決めることができず試合が終わりました。
 
 同時刻に開催されていた最下位デュイスブルクと16位1860ミュンヘンの対戦でデュイスブルクが勝利したことでパダボーンは1つ順位を上げ入替戦ゾーンの16位になりました。一方FSVフランクフルトは順位は14位(暫定順位)のままですが、パダボーンとの勝ち点差はわずか2となり残留争いに完全に足を踏み入れることになってしまいました。現在の勝ち点を考慮すると14位のFSVフランクフルト、デュッセルドルフ、パダボーン、1860ミュンヘン、デュイスブルクの5チームでの残留争いになります。残り4試合、対戦相手(順位だけでなくモチベーション)との兼ね合いもありますが、ここからは調子が上向きのチームが強く、下降状態のチームは苦しいと思います。果たしてどんな結末を迎えることになるのでしょう。


2. BUNDESLIGA 2015/16 30. Spieltag
15.04.2016 18:30 Uhr, Frankfurter Volksbank-Stadion, Frankfurt
FSV Frankfurt - SC Paderborn 07 0:2 (0:0)
Frankfurt: André Weis - Huber, Gugganig, Ballas, Epstein - Perdedaj, Konrad - Kalmar (56. Engels), Halimi (69. Kapllani), Haji Safi (69. Rolim) - Awoniyi.
Paderborn: Heuer Fernandes - Narey, Hoheneder, Wahl, Hartherz - Bakalorz, Wydra, Schonlau (81. Krauße) - Stöger (85. Heinloth), Koc (63. Bickel), Stoppelkamp.
Tore: 0:1 Stoppelkamp (50.), 0:2 Stoppelkamp (65.)
Gelbe Karten: Halimi, Engels, Huber, Konrad - Schonlau, Wydra, Bickel, Narey
Zuschauer: 5.191
Schiedsrichter: Robert Hartmann (Wangen)
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

16:00  |  SC Paderborn 07  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2015.11.09 (Mon)

2. ブンデスリーガ 2015/16 第14節 パダボーン vs. ハイデンハイム

 昨季はブンデスリーガ1部で善戦しながらも残留を果たせず再び2部で戦うことになったパダボーンですが、今季も選手の流出はあったもののそれなりの戦力を揃えることができたことから、私はシーズン開幕前は上位争いに加わると予想していました。しかし、いざシーズンが開幕するとなかなかポイントをとることができず、今季から指揮を執ることになったゲルハウス監督が早くも解任されてしまいました。そして後任監督はあのシュテファン・エッフェンベルク。
 エッフェンベルク監督のパダボーンがどのようなサッカーを見せてくれるのか興味があり第14節のハイデンハイム戦に注目してみました。対戦相手のハイデンハイムは2007年からチームを率いるフランク・シュミット監督の攻撃的なサッカーが浸透し昨季は初の2部昇格ながら終盤まで上位をキープし、今季も上位争いに加わっています。

 そんな両チームの対戦なので期待はしていたのですが、それを裏切らない好ゲームになりました。両チームともアグレッシブに相手にプレスをかけてボールを奪うとテンポよくボールを動かしスペースを狙います。どちらも攻守の切り替えが早いこと。目の離せない攻防が展開されました。
 そんな中で次第にパダボーンが試合の主導権を握る形に変わってきます。19分に右サイドをドリブルで上がったコチからのクロスをフリーでシュトッペルカンプがシュートしますがわずかに枠をはずします。22分には左サイドを上がったブリュックナーのクロスの跳ね返りをコチが左足でシュートしますがGKがファインセーブ。さらに25分にもシュトッペルカンプが強烈なシュートを放つも決まらず。この時間帯のパダボーンの波状攻撃は素晴らしかったのですがこういう時間帯にはしっかり点を取っておかないとあとで痛い目にあうのは明らか。
 しかしこの試合のパダボーンはこの流れをしっかりゴールに結びつけました。39分に左サイドからのブリュックナーのクロスをラキッチが頭で流すと待ち受けていたコチが豪快なボレーシュートをゴールネットに突き刺したのです。これは思わず声が出てしまう素晴らしいゴール。ハイデンハイムも決して悪い内容ではなかったのですが、バランスよく両サイドに展開し、サイドでも攻防で優位に立ったパダボーンが攻めまくった印象が残りました。

 後半は両チームとも多少ペースダウンした感じで、相手ボールへのプレスは甘くなりコンパクトな形を保てなくなってきた感じはしましたが、54分にパダボーンはラキッチとザクリクが決定的なチャンスを作りますがこれを決めきれません。ハイデンハイムは65分にこの試合は前線で奮闘していたモラビがロングボールを収め、そこからの折り返しを後半から入ったグリマルディが狙いすましたようにゴール右隅へ決めて同点に追いつきました。これも絶妙なコースに決めた素晴らしいゴールでパダボーンのGKクルーゼは一歩も動けませんでした。
 同点に追いつかれたパダボーンはすぐにプロシュヴィッツを入れて攻撃を活性化を試みますが試合の流れは変わりませんでした。終了直前の94分には入ったばかりのゲーラートの放ったミドルシュートをバカロルツがペナルティエリア内で手でブロックするプレーがありましたが主審のギュンター・ペアルはPKを取らず、パダボーンは救われました。そしてそのまま1:1のドローで試合は終了しました。

 主審のPK見落とし(あるいはあえて取らなかったのか?)には救われたものの試合を通してみればパダボーンが攻める時間が長く決定機も数多くありました。どちらかといえばパダボーンにとって悔しいドローでしょう。前半に何度もあった決定機にあとひとつ決めていれば、あるいは後半にあった決定機を決めていればとついつい考えてしまいます。
 ただ、パダボーンのサッカーからは順位表の下半分に位置しているとは思えないクオリティーを感じました。まだパスミスなどが多く修正する余地はあるものの攻撃に回った時のパスワークとコチやブリュックナーの前へのスピードと噛み合えばツヴァイテではトップクラスの攻撃力となるでしょう。「さすがエッフェンベルク!」と言ってよいのかどうかはまだわかりませんがこの試合を見る限り、まだまだ上位に食い込んでくる可能性は大いにあると感じました。


2. BUNDESLIGA 2015/16 14. Spieltag
08.11.2015 13:30 Uhr, Benteler-Arena, Paderborn
SC Paderborn 07 - FC Heidenheim 1:1 (1:0)
Paderborn: Kruse - Heinloth, Hoheneder, Wahl, Brückner - Bakalorz, Wydra (70. Ndjeng) - Koc, Saglik (73. Ouali), Stoppelkamp - Lakic (66. Proschwitz).
Heidenheim: Zimmermann - Robert Strauß, Mathias Wittek, Kraus, Feick - Titsch-Rivero, Theuerkauf - Halloran (75. Leipertz), Schnatterer (90.+3 Göhlert) - Voglsammer (46. Grimaldi), Morabit.
Tore: 1:0 Koc (39.), 1:1 Grimaldi (65.)
Gelbe Karten:Wydra, Hoheneder - Mathias Wittek, Grimaldi, Titsch-Rivero
Zuschauer: 9.488
Schiedsrichter: Günter Perl (Pullach)

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

10:30  |  SC Paderborn 07  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2014.05.12 (Mon)

2. ブンデスリーガ2013/2014 第34節 パダボーン vs. アーレン

 SCパダボーンがツヴァイテリーガ最終節でVfRアーレンに勝ち2位となり来季のブンデスリーガ1部への昇格を決めました。

 試合に経過を簡単に記すと、9分にアーレンは左サイドをスピードのあるバブラが突破して入れたクロスを中央で好調のポーヤンパロが合わせて先制。パダボーンは14分にヴランチッチのスルーパスを受けたヴチノヴィッチが決めて同点。21分にはザクリクのパスを受けたヴランチッチが決めてあっさりと逆転しました。
 開始20分足らずで3つのゴールが決まってので、その後も激しい点の取り合いになるかと思いましたが、ここからはパダボーンが試合を落ち着かせ、そのまま2:1で試合を終えました。
 
 私はしっかりとパダボーンの試合を見るのは今季はこれが2試合目です。前回は第2節コットブス戦でした。この時は開始わずか11分で3失点して敗れる酷い試合で今季のパダボーンが心配になったものです。それを思うとよくチームを立て直したなと感じます。もっともその試合は例外だったのかもしれません。 
 パダボーンの攻撃は個々の選手が味方の動きをすべてわかっているかのように組織的に動き、また個々の選手も周囲がよく見えているので少ないタッチでスムーズにパスが回る。しかも無駄なパスが少ないので個々の選手にずば抜けた選手がいなくても数的不利な状況で相手を崩せたりするのです。これは以前のシューベルト監督のもとでパスサッカーの土台が作られ、シュミットの時にそれが開花しさらに決定力のあるストライカーが加わったことで昇格まであと一歩まで行きました。その後多少は停滞(というか試行錯誤か)のような時期はあったけれど、これまで継続して来たことがベースになっていると思います。そして今シーズンはブライテンライター監督の下でドリブル突破等がバリエーションとして加わり一段とスピードが増したような気がします。私はこの試合を見てそう感じました。

 また、この試合のパダボーンは逆転した後は落ち着いた試合運びで相手の攻撃に対処し、さほど多くは危険なシーンを作らせなかったと思います。2シーズン前の昇格争いでは勝負弱さを見せて肝心な試合で敗れたりしていましたが、そういう経験も生きているのではないかと感じます。
 
 余談ですが、私はパダボーンの町には2007年に行き試合を見て一泊して立ち去っただけなのですが、町そのものやそこで出会った人たちに好印象を持ちました。パダボーン自体は保守的な街でサッカー(正確にはSCパダボーンというクラブ)に関心を持っている人はさほど多くはないのだと思います。しかし、今回昇格争いをしていく中でそう言った人たちも加わってお祭り騒ぎをしている様子を見るとほほえましく見えます。

 さて来季ですが当然のことながら1部では相当苦戦することが予想されます。しかし、パダボーンにはベースとなるサッカーは変えることなく戦力補強をしてトップクラブに挑戦してほしいと思います。来季のパダボーンの挑戦が楽しみです。
 
<参考記事>
 これであなたもSCパダボーン通になれる (新・蒼の洞窟 -S04 boys- )


2.BUNDESLIGA 2013/14 34.Spieltag
11.05.2014 15:30 Uhr, Benteler-Arena, Paderborn
SC Paderborn 07 - VfR Aalen 2:1 (2:1)
Paderborn: Kruse - Vucinovic, Strohdiek, Hünemeier, Heinloth - Ziegler - Meha (83. Bertels), Bakalorz (88. Krösche), Vrancic, Brückner - Saglik (73. Koc)
Aalen: Bernhardt - Traut, Hübner, Hainault, Buballa - Mössmer - Hofmann (73. Cidimar), Junglas - Daghfous (67. Weiß), Klauß (84. Oesterhelweg) - Pohjanpalo
Tore:0:1 Pohjanpalo (9.), 1:1 Vucinovic (14.), 2:1 Vrancic (21.)
Gelbe Karten: Strohdiek - Daghfous, Hainault, Hübner
Zuschauer: 15000 (ausverkauft)
Schiedsrichter: Florian Meyer (Burgdorf)

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

01:41  |  SC Paderborn 07  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2013.07.29 (Mon)

2. ブンデスリーガ 2013/14 第2節 コットブス vs. パダボーン

 今シーズンのパダボーンはレギオナルリーガのハフェルゼを率いていたブライテンライターが監督を務めることになりました。また攻撃、守備の中心となるポジションで選手が入れ替わりました。こういう場合、大抵はチームがまとまるまでに時間がかかりシーズン当初は苦労するものですが、パダボーンは昨シーズンは開幕直前に監督が交代しながらそれほど影響が大きくはなかったようでもあり今季はどうなるのか注目です。
 開幕戦、ホームで昇格候補のカイザースラウテルンに敗れたパダボーンは第2節はコットブスとアウェイで対戦です。パダボーンの新加入の選手の一人、CBのヒューネマイヤーにとっては古巣との対戦です。対戦相手のコットブスも開幕戦は昇格候補とされるデュッセルドルフに敗れており、どちらもなるべく早くポイントを獲得したいことでしょう。このところ暑い日が続いているドイツですが、この試合が開催されたコットブスも試合開始時刻の気温が33度もあり前後半ともに半分を経過したところで給水の休憩を入れることで対処していましたが。それでも暑さとの戦いにもなることは間違いありません。サポーター席も暑さのせいか何となくまったりとした雰囲気が感じられます。

 私はこの試合は緊迫した展開を予想していましたがやはりこの暑さ、この雰囲気では無理なのでしょうか。意外にもあっさりと大差がつき大味な試合となってしまいました。まず3分にコットブスは中央でサノゴがタキーとのパス交換から右サイドのビッケルに展開。ビッケルが中央へ折り返したボールをフリーとなったサノゴが難なく押し込み先制します。8分には最終ラインからのロングボールがイェンドリセクにつながり、イェンドリセクがつぶれこぼれたボールをビトロフが拾って間髪いれずにシュートを放つとGKの手を弾いてゴールが決まり2点目。11分にはパダボーンの中盤のミスからボールを奪うとカウンターに転じます。バノヴィッチからサノゴへスルーパスが通りサノゴが体勢を崩しながらも決めて3点目。開始10分少々で3点差がついてしまいました。ここまでのコットブスの勢いは素晴らしかったとは思いますが、パダボーンの最終ラインの対応はが非常に悪かったのも事実です。コットブスはサノゴが絶好調で前半でさらに1つゴールを決めてハットトリックを達成。それ以外にもドリブルで相手を次々と抜き去りチャンスを演出するなど手がつけられない状態でした。

 後半のコットブスは無理して攻めることはなくなりしっかりボールをキープした上でチャンスがあれば攻め込むという戦術をとります。4点リードという展開と暑さを考えれば当然でしょう。パダボーンはほとんど何もできなくなってしまいました。63分に2人の選手交代で状況の打開を図りますがこれも不発に終わりました。とにかくボールをほとんど持たせてもらえないのだから手の打ちようがないという感じです。本当に最後までよいところが見出せず、最後はロスタイムもとってもらえずに試合が終わりました。

 この試合のポイントはなんと言っても最初の11分間でしょう。パダボーンの選手たちは暑さでぼんやりしていたということがないでしょうが、試合の入り方が非常に悪く残念でした。コットブスの攻撃は明らかにサノゴが中心であり、サノゴを何としても封じ込める必要があったのではと感じます。1シーズンの中ではこういう試合は1つくらいあるし、この試合だけで判断はできないと思いますが、先行き不安を感じさせるような試合でした。


2.BUNDESLIGA 2013/14 2.Spieltag
28.07.2013 13:30 Uhr, Stadion der Freundschaft, Cottbus
FC Energie Cottbus - SC Paderborn 07 4:0 (4:0)
Cottbus: Almer - Schulze, Möhrle, Börner, Bittroff - Kruska, Banovic - Takyi, Bickel (63. Affane) - Jendrisek (81. Fomitschow), Sanogo (77. Mosquera)
Paderborn: L. Kruse - Wemmer, Amedick, Hünemeier, Bertels - Zeitz (63. Sané), Demme - Vucinovic, Brückner - Kachunga (46. Krösche), ten Voorde (63. Saglik)
Tore: 1:0 Sanogo (4.), 2:0 Bittroff (8.), 3:0 Sanogo (11.), 4:0 Sanogo (38.)
Gelbe Karten: / - Kachunga, Hünemeier
Zuschauer: 7.105.
Schiedsrichter: Peter Sippel (München)

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

07:03  |  SC Paderborn 07  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2012.11.18 (Sun)

2. ブンデスリーガ 2012/13 第14節 アーレン vs. パダボーン

 昇格チームのアーレンとパダボーンの対戦をネットで観戦しました。ツヴァイテリーガ13節終了時点ではアーレンが8位、パダボーンが9位という中位同士の対戦。昇格クラブのアーレンは他の昇格クラブが予想通り苦戦する中、13試合で20ポイントを稼ぎ予想外に健闘を見せています。アーレンの試合は今シーズンは一度ボーフムとの試合を見る機会があり、そのときは極端に守備的な戦術をとり終盤に相手のミスにつけこんでカウンターから1点を奪いそのまま逃げ切るという試合をしていました。その印象があまりに強烈だったのでホームゲームでどんな戦い方をするか少し楽しみではありました。ちなみにそのボーフム戦でゴールを決めたカンプル選手はその試合のすぐあとにザルツブルクに移籍してしまい今はいません。

 さて、そのアーレンですが当然のことながらこの試合ではホームチームらしくアグレッシブに戦います。特にFWの選手が積極的にプレスをかけてボールを奪いにいき、ボールを奪うと一気に前線へ手数をかけずに攻め込む勢いのある攻撃には感心してしまいました。もっともこれは前述の試合の印象による私の先入観と違うだけのことであり、残念ながら1つ1つのプレーの精度は粗くミスも多いようです。例えば、6分にパスが右サイドのレヒライターに通りレヒライターはフェイントでDFを交わして至近距離からフリーでシュートするという絶好のチャンスがありましたが焦りからかシュートを枠に飛ばせませんでした。
 そうするうちに徐々にパダボーンがチャンスを作るような展開になりますがどちらもチャンスらしいチャンスはないまま試合が進みます。しかし36分にはアーレンMFのホフマンがこの試合2枚目のカードで早くも退場となり試合の様相が変わります。浮き球のルーズボールへのキックが相手の顔に入ってしまうというプレーで故意には見えなかっただけにアーレンにとっては不運でした。数的優位になったパダボーンはたびたびペナルティエリア内に攻め込むようになり、前半で2回パダボーンの選手(おそらくナキ)がペナルティエリア内でアーレンDFに倒されながらPKをとってもらえないというシーンがあり、どちらもフラストレーションがたまってきたようで徐々にラフなプレーが多くなり試合が荒れてきました。前半のアディショナルタイムにパダボーンはナキがペナルティエリアでシュートを狙ったところでGKと交錯して今度はPKが与えられます。しかしこれはシュートしたあとに交錯したように見え微妙な判定ではありました。この絶好のチャンスでパダボーンはPKを任されたシュトローディークが失敗してしまいました。

 後半も1人少ないアーレンに対してパダボーンが攻め込む展開になり、36分にヴランチッチのコーナーキックをグルデが頭で決めてついに先制しました。グルデはリーグ戦初ゴールです。先制されたアーレンは同点に追いつこうと反撃を試みますが、10人ではどうすることもできない状態で結果的にはパダボーンが余裕を見せた勝利となりました。

 勝ったパダボーンも必ずしもよい内容だったわけではありません。前半に不利なジャッジが続いたことで冷静さを失いかけたことや、後半に追加点を取れる絶好のチャンスで決められなかったことなどは不満に思います。しかし、ハーフタイムをはさんで後半は冷静さを取り戻し、相手に退場者が出ているからといって無理に仕掛けることはせずしっかりとチャンスをものにして先制点を奪うあたりはさすがです。チームとしての完成度や試合運びのうまさは残留争いをしているチームとは全く違うものを感じました。この試合の結果、順位は6位にあがりましたが実力的には妥当な順位だと思います。


2.BUNDESLIGA 2012/13 14.Spieltag
17.11.2012 13:00 Uhr, Scholz-Arena, Aalen
VfR Aalen 1921 - SC Paderborn 07 0:1 (0:0)
Aalen: Fejzic - Traut, Barth, Hübner, Buballa - Hofmann, Leandro (C) - Lechleiter, Dausch (73. Valentini), Klauß (85. Reichwein) - Cidimar (62. Kister)
Paderborn: Kruse - Wemmer, Gulde, Strohdiek, Brückner (89. Ziegler) - Vrancic, Zeitz - Naki (59. Hofmann), Demme, Bertels (74. Wissing) - Yilmaz
Tore: 0:1 Gulde (58.)
Gelbe Karten: - / Brückner, Demme, Vrancic, Wissing, Wemmer
Gelb-Rot: Hofmann (36.)
Zuschauer: 5.412
Schiedsrichter: Bibiana Steinhaus (Hannover)

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

14:23  |  SC Paderborn 07  |  Trackback(1)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT