2017.10.05 (Thu)

2017 J-League Division 3 第25節 FC東京U-23 vs 盛岡

 今年は特に夏以降は忙しい日々が続き、地元大宮以外はなかなかサッカー観戦にいけない状態です。盛岡の試合は春に盛岡で1試合を観戦しただけです。西が丘での試合は日程も何とか調整できたので久しぶりに観戦できます。春からチームがどう変わっているのか観戦を楽しみにしていました。


 前半の盛岡は相手ボールに対してアグレッシブにプレスをかけ相手に自由に攻撃をさせず、ボールもよく奪えていたと思います。また差波、岩渕はよくボールに絡みチャンスを演出、特に39分に岩渕のシュートがポストに跳ね返されたシーンは惜しいシーンでした。全体的には盛岡が押し込む時間が長くチャンスも作れていて後半に期待が持てる内容でした。


 しかし後半が始まって間もない48分に右のコーナーキックからユ インスが頭で合わせて先制しました。さらに2分後の50分には小川の左からのクロスを逆サイドのリッピ ヴェローゾが右足でシュートを放つと、これが盛岡DFに当たり角度が変わり、そこに詰めていた橋本が押しこんで2点目。さらに7分後にはユ インスが素晴らしいロングシュートを決めてアッという間に3点差として勝敗を決定づけてしまいました。
 盛岡も69分に菅本のミドルシュートをGKがはじいたボールを詰めていた梅内が頭で押し込んで1点を返しましたが、それ以外は大きなチャンスも作れずに終わりました。その後もFC東京U-23は橋本がPKを得るなど(PKは失敗)決定機を何度か作るなど得点シーン以外でも盛岡を圧倒しており、FC東京U-23の勝利は誰の目から見ても妥当なものでした。


 盛岡に取ってみれば後半に入って点を取りに来た相手の圧力を跳ね返せなかったといえばそれまでですが、先制された後にチーム全体に明らかに動揺が見られ前半までの組織的な守備ができなくなってしまったところに敗因があると思います。個々の能力で上回る相手との対戦ではそうした乱れであっという間に試合が決まってしまうのだということを実感する試合でした。

「立ち上がりから相手にボールを動かされるというのは想定していたのですが、組織的な守備を意識するように指示をして試合に入ったので、前半に関しては上手くいったと思います。しかし、後半に入って東京さんがギアアップしたところで対応できなくなってしまいました。」(盛岡・菊池利三監督)

シーズン残り少なくなりましたが、この試合の課題に対して果たしてどのように対策していくのでしょう。


2016 Jリーグ Division3 第25節
2016年6月26日(日), 14:00, 味の素フィールド西が丘
FC東京 U-23 - グルージャ盛岡 3:1 (0:0)
東京: 大久保(択) - 山田 (70. 鈴木), 吉本, 岡崎 - 柳, 橋本 (87. 長谷川), 米本, 小川 - リッピ (82. ジャキット), 内田 - ユ インス
盛岡: 土井 - 鈴木(達), 畑本, 福田, 久保 (65. 守田) - 林 (71. 金), 差波 - 菅本, 谷村 - 岩渕 (65. 梅内), 谷口
得点: 1:0 ユ インス (48.), 2:0 橋本 (50.), 3:0 ユ インス (57.), 3:1 梅内 (69.)
警告: 米本 - 土井, 梅内
観客: 1,690人
主審: 辛島 宗烈
スポンサーサイト

テーマ : グルージャ盛岡 - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

01:37  |  Grulla Morioka  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2017.05.09 (Tue)

2017 J-League Division 3 第7節 盛岡 vs. 長野

 ゴールデンウィークに盛岡へ旅行した際にグルージャ盛岡の試合を観戦してきました。昨年はいわぎんスタジアムで2試合を観戦していますので私にとっては今回が3度目のスタジアム観戦となります。初めて訪れたときはまだ工事中だった岩手飯岡駅からスタジアムへの道路も完成しスタジアムへは迷うことはありません。もっとも地元の人の多くは自家用車でスタジアムへ向かうのでしょうが。


 グルージャ盛岡は昨季は成績は振るいませんでしたが、アグレッシブな戦術は魅力的でした。今季は監督が菊池利三氏に代わり当初は昨季の戦術を継続するとのことでしたが、最近はシステムを3バックに変更しています。しかしシステム変更後は天皇杯を含めた3試合を2勝1分けと安定した結果を残しています。
 対戦相手のAC長野パルセイロは昨季は終盤まで昇格争いに絡んだ力のあるチーム。今季は昨季の三浦文丈氏から浅野哲也氏に監督が変わりましたが、ここまでチームの失点はわずか2点と守備は安定していますが、得点力に課題を抱えているようです。


 よく晴れましたがまるで嵐のような強風が吹き荒れる中で試合は始まりました。前半から長野が攻勢に出て攻め込みます。印象に残ったのは1対1の局面での強さです。アグレッシブにプレスをかけてボールを奪い、左右のサイドを使って攻めますが、シュートに至るプレーの精度が悪く決定機は作れません。盛岡は押し込まれながらも時折カウンターを見せましたが切り替えに早さがなく攻撃に厚みを感じませんでした。前半はどちらも決定機と呼べるようなチャンスはないまま終わりました。

 後半も長野が押し込む展開は続きました。66分に佐藤悠希が右サイドを深く切りこみマイナスで折り返したボールを受けた三上陽輔が反転して左足で強烈なシュートを放ちましたがクロスバーに弾かれます。これがこの試合最大の決定機だったと思います。
劣勢が続いていた盛岡も終盤に菅本岳を投入すると前への推進力がつき盛岡らしい攻撃ができるようになります。80分には菅本が右サイドを抜けだし中央へクロスを入れますが飛び込んだ梅内和磨にはわずかに合わず、82分には右サイドを菅本から鈴木達也とつなぎ、DFの畑本時央がミドルシュートを狙いましたが惜しくも枠を外しました。


 見所の乏しい試合でした。どちらのチームにも決定機がなかったわけではありませんが、さほど多くはなく攻撃に課題を抱えているという印象を受けました。特に選手個人のプレーの精度に問題があると感じました。ただし、この日は相当な強風が吹き荒れていてやむを得ない面もあったかと思います。

 盛岡の菊池監督は、「前半と後半を含めてかなり厳しい展開で、押し込まれるシーンを選手全員で耐えたところと、あとは失点ゼロで抑えられたことをポジティブにとらえて、次のゲームにつなげていきたい。」と強敵永の相手のドローという結果を評価。一方、長野の浅野監督は、「今節は得点を取るためにというテーマでトレーニングをやってきたが、結果として表れていないということは、トレーニング、采配を含めて私の責任かと思います。選手は本当によく戦ってくれていると思いますし、勝たせてあげられなかったのは私の責任かなと思います。」と反省を口にしています。

<引用記事> 両チーム監督コメントは以下リンクを引用
盛岡vs長野のマッチレポート・動画 (J.LEAGUE.jp)


2017 Jリーグ Division3 第7節
2017年5月7日(日), 13:03, いわぎんスタジアム
グルージャ盛岡 - AC長野パルセイロ 0:0 (0:0)
盛岡: 土井 - 畑本, 福田, 久保 - 鈴木(達), 林 (79. 菅本), 垣根, 八角 - 岩渕, 梅内 - 谷口 (85. 金)
長野: 阿部 - 天野, 大島, 寺岡, 松原 - 有永 (67. 東), 明神, 新井, 三上 (87. 都並) - 佐藤, 小林 (76. 勝又)
得点: なし
警告: / - 佐藤, 寺岡
観客: 1,125人
主審: 川俣 秀

テーマ : Jリーグ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

21:15  |  Grulla Morioka  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2016.11.06 (Sun)

2016 J-League Division 3 第27節 長野 vs. 盛岡

 南長野運動公園で開催されたJ3公式戦、長野対盛岡の試合を観戦してきました。当日、キックオフは13:00でしたが、余裕を見て朝7:30に家を出発。特に渋滞につかまることなく3時間半ほどで無料駐車場のある篠ノ井駅に到着。そこからはシャトルバスを使わずに徒歩で現地へ向かいました。
 目の前に姿を見せたスタジアムは思った以上に立派なスタジアムで、私は外観を見てドイツ、ブンデスリーガのホッフェンハイムのホームスタジアム、ラインネッカーアレーナを思いだしてしまいました。


 まだ昇格の可能性を残している長野はモチベーションも高いようで、序盤から積極的に攻め込む展開となりました。開始早々にFWの菅野が右サイドを突破して角度のないところから放ったシュートはポストに嫌われますが、その後もキープ力のあるコンハードに菅野や佐藤が絡んで次々と盛岡ゴール前に攻め込んできます。また松原優吉のロングスローも威力を発揮しました。長野が一方的に攻め込んでいるという印象はありませんでしたが、チャンスの数は明らかに長野に多くありました。しかしゴールは決めれ鵜ことができませんでした。
 是が非でも3ポイントが必要な長野にとってはこの時間帯に先制できなかったことは痛かったはず。長野の三浦監督も「前半、いいところで得点を奪えていたらまた違った展開になっていたと思う」というコメントを残しています。

 押し込まれる時間が長かった盛岡も30分を経過したあたりからは反撃を開始。盛岡が得意とするパスをつないでいくサッカーが見られるようになりました。しかし、ペナルティエリア付近での連係は今一つ合わずに決定機を多く作ることはできませんでした。


 後半は開始直後に長野に大きなチャンスがありました。左サイドを突破した菅野のクロスに対しファーサイドでフリーの佐藤悠希ゴール前の混戦から何度かシュートを撃ったものの盛岡は懸命のディフェンスでゴールを守りました。長野にとってこの試合最大のチャンスだったと思います。

 前半同様に立ち上がりに押し込まれながらそれを凌いだ盛岡が徐々にペースを握るようになります。FWへ縦パスを入れそれに連動して中盤の選手が攻めあがる形が随所に見られ、特に62分に牛之濱が右から入れたクロスに安楽が飛び込んだプレーは実に惜しかった。ただ、終盤になると疲労のせいか動きが少なくなり細かなミスも増え始め、再び長野が主導権を握る形になりました。この試合は盛岡は控え選手が2人少なく結局は交代選手も一人だけでした。終盤の苦しい時間帯に選手交代でチームを活性化させることができず最後は相手の攻撃を凌ぐのが精一杯という状況になってしまったのが残念です。
 試合は最終的にスコアレスドローに終わりました。この結果は盛岡にとってはまずまずの結果、J2昇格を狙う長野にとっては痛いものとなりました。


 最後に初めて訪れた南長野運動公園総合球技場について。昨年3月に全面改修が完成したスタジアムはとても観戦しやすいスタジアムでした。そして何よりもアウェイのサポーターを歓迎する姿勢が感じられ、気持ちよく帰路につくことができました。ぜひ機会があればまた訪れたいスタジアムです。


2016 Jリーグ Division3 第27節
2016年10月30日(日), 13:00, 南長野運動公園総合球技場
AC長野パルセイロ - グルージャ盛岡 0:0 (0:0)
長野: レオーニ - 天野, 大島, 阪田, 松原 - 有永 (75. 仙石), 橋本, 夛田 - 佐藤 (80. 勝又), コンハード, 菅野
盛岡: 土井(康) - 鈴木(達), 畑本, 久保, 八角 - 牛之濱, 垣根 石井, 安楽 - 谷口 (84. 高橋), 梅内
得点: なし
警告: 天野 - /
観客: 3,905人
主審: 西山 貴生


テーマ : Jリーグ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

16:51  |  Grulla Morioka  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2016.06.26 (Sun)

2016 J-League Division 3 第14節 FC東京U-23 vs 盛岡

 グルージャ盛岡が西が丘で試合をするというので観戦に行きました。今年、盛岡へ旅行した時に興味本位で観戦したのが最初ですが、それをきっかけにここまですでに4試合も観戦することになるとは自分でも思いませんでした。

 私にとって西が丘は初めてサッカー観戦を経験したスタジアム(1994年のJFL、東芝対PJM)であり思い入れも強いのですが、最近はこちらで観戦する機会はなく本当に久しぶりです。味の素株式会社がネーミングライツを取得し名称は変わりましたが、スタジアムそのものは電光掲示板以外はほとんど変わっていないようで懐かしい気持ちになりました。
 
 グルージャ盛岡は前節はJ3では優勝候補といえる大分トリニータを相手に勝利こそ手にすることはできなかったものの、良い内容の試合を見せてくれました。スタメンもほぼ前節と同様ですのでこの試合では勝利の瞬間を見ることができるかもしれないと期待していました。
 一方、対戦相手のFC東京U-23はU-23日本代表の中島翔哉、室屋成がスタメン入り。また右サイドハーフには水沼宏太が入るなど能力の高い選手が顔を揃えました。


 16分、東京は室屋の左足のシュートを盛岡のGK土井康平が抑えきれずこぼれたボールをユ インスが詰めてゴールに流し込んで先制しました。この試合の土井のパフォーマンスは素晴らしく相手の決定機を何度も防いだのですが、唯一このシーンだけは悔やまれます。その後も東京は右サイドの水沼に展開し、そこを起点に何度もチャンスを作りましたが得点には至らず。前半終了間際には中島が抜け出し土井と1対1になりペナルティエリア内で倒れますが、主審は鯉に倒れたと見て中島に警告を出しました。
 盛岡にも26分に梅内の左サイドからのミドルシュートがクロスバーを叩いたり、43分に東京DFラインの裏に抜けた鈴木達也のシュートは圍に防がれるなどチャンスはありましたがゴールは決まりませんでした。


 後半も東京が攻勢で盛岡にはほとんどチャンスがなく、65分にはペナルティエリア内で相手を倒しPKを与えてしまいました。ここで中島のPKを土井が防いだものの、盛岡はその後も大きなチャンスは作れないまま試合が終わりました。後半の頭から井上を投入しフォーメーションを変えてリズムも多少良くなってきたかと思われましたが、最後の部分での力強さが掛けていました。


 盛岡には攻守両面でミスが目立ちました。攻撃に関してはパスミスが多く攻撃のリズムが作れませんでした。ディフェンスラインの裏を取る場面もなかったわけではありませんが、前節に見られたような中盤で少ないタッチでパスをつないでゆさぶりをかけるようなものではなく、前線への長いパスになっていました。それが悪いわけではありませんが、攻撃は単発的で厚みを感じませんでした。守備では相手にプレッシャーをかけられると危険な位置でもあっさりとボールを失うことが多くそれをきっかけにピンチになる場面が多く見られました。これらの原因は相手との個の力の差によるものだったのかもしれませんが、組織力で勝負する形にならなかったのは残念です。

 私はグルージャ盛岡はまだ成長過程にあるチームであり、それうえに調子の波もあって安定して力を発揮できていない印象を受けます。ただ間違った方向に向かっているようには見えないので少し長い目で見ていく必要があるのではないかと感じます。


2016 Jリーグ Division3 第14節
2016年6月26日(日), 17:00, 味の素フィールド西が丘
FC東京 U-23 - グルージャ盛岡 1:0 (1:0)
東京: 圍 - 室屋 (67. 小山), 吉本, 岡崎, 柳 - 水沼, 野澤, 鈴木, 生地 (81. 松岡) - ユ インス, 中島 (67. 平岡)
盛岡: 土井(康) - 鈴木(達), 畑本, 久保, 森 - 牛之濱, 土館 (64. 土井(良)), 林, 梅内 - 齋藤 (46. 井上), 谷口 (76. 谷村)
得点: 1:0 ユ インス (16.)
警告: 中島 - 井上
観客: 1,937人
主審: 淺田 武士

テーマ : Jリーグ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

22:01  |  Grulla Morioka  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2016.06.24 (Fri)

2016 J-League Division 3 第13節 盛岡 vs. 大分

 東京駅を深夜に出発する夜行バスに乗り早朝に盛岡に到着しました。市内の朝市を見学し喫茶店で時間を潰したりしながらいわぎんスタジアムに到着。夜行バスの中ではそれなりに眠れたと思っていたのですが、どうもそうではないようでスタジアムに向かう電車で居眠りし危うく乗り過ごしてしまうところでした。
 いわぎんスタジアムは2度目なのである程度勝手がわかっています。このスタジアムの嬉しいところはおいしい地ビールが飲めるところです。この日も2杯ほど飲んでからメインスタンドに座りました。目の前にはのどかな景色が広がりまた居眠りしそうになります。


 前回、ここで私が観戦した秋田戦の前半の盛岡のサッカーは酷いものでしたが、この試合でもキックオフからさほど時間が経過していない11分にあまりにもお粗末な失点を喫してしまいました。大分のMF千明が前線のスペースへ出したロングボールに対して盛岡の久保が競りに行きヘディングでGKへ返そうとしますが、GKの土井康平が飛び出しており、この競り合いから抜け出した大分の伊佐耕平が無人のゴールへ流し込みました。この場面ではスタンドからも大きなため息があちこちで漏れていました。
 しかし、この試合の盛岡はこのようなミスで気落ちすることなく攻撃的な姿勢を見せてくれました。その後は、パスをつなぎ大分陣内に攻め込みます。残念ながら中央からの突破が強引すぎたり、サイドからのクロスの精度が低くシュートまではつながらなかったもののほとんどの時間を攻撃に費やし、面白くなりそうだと感じさせてくれる前半でした。


 ハーフタイムにはこの試合のスポンサーになっている幼稚園の園児たちによるダンスなどありましたが、こののどかでほほえましい光景は最近の私が観戦しているJリーグのスタジアムではなかなか見ることができなくなりました。私は殺気立った雰囲気よりもこういう雰囲気の方が好きですね。


 後半は前半に引き続き盛岡がペースをつかんでいるように見えました。そして48分に右サイドバックの鈴木達也が上がり、牛之濱にボールを預けるとそのまま相手DFラインの裏に飛び出し、そこに絶妙なタイミングで牛之濱からパスが出ました。そして鈴木は右足で豪快なミドルシュートを決めて同点に追いつきました。この試合の鈴木達也のプレーはとても印象に残りました。この同点ゴールはもちろんですが、それ以外も大分のカウンターを体を張って止めたと思ったら、サイドを駆け上がりチャンスを演出するなど攻守にわたって目立っていました。
 後半の盛岡は途中から入った左サイドの井上が効果的に攻撃に絡むなど、前半よりもサイドを使った攻撃でシュートで終わる形になっていました。あとはチャンスを確実にものにする決定力が必要です。
 大分にも伊佐のシュートがクロスバーを叩く惜しい場面はありましたが、全体的には最後まで盛岡の攻撃を受ける形になってしまい、終盤には高松を投入し得点を取りに来ましたが不発に終わり、結局は1:1のドローで終わりました。

 盛岡には失礼かもしれませんが、正直なところ盛岡がここまで大分を押し込むとは思っていませんでした。私はこれまで観戦し他秋田戦、栃木戦も踏まえても盛岡の攻撃的なサッカーは少なくてもJ3の上位クラブ相手には十分通用するのだと思います。おそらく今後は上位クラブも盛岡が相手だから勝てるなどと安易に考えることはできなくなるでしょう。
 今は、まだ個人のミスが多く、個々のプレーの質やコンビネーションの面で未完成な部分が多く、結果にはつながっていませんがこの形を追及していったときにどうなるかを見てみたいと感じます。例えとしては適切ではないかもしれませんが、今の盛岡のサッカーからはアンドレ・シューベルト監督時代のSCパダボーンを見たときのようなわくわく感を感じるのです。
  

2016 Jリーグ Division3 第13節
2016年6月19日(日), 13:00, いわぎんスタジアム
グルージャ盛岡 - 大分トリニータ 1:1 (0:1)
盛岡: 土井(康) - 鈴木(達), 畑本, 久保, 森 - 牛之濱, 益子 (78. 土館), 林, 梅内 (46. 井上) - 齋藤 (74. 土井(良)), 谷口
大分: 上福元 - 岩田, 鈴木 (85. ダニエル), 福森, 山岸 - 松本(昌), 千明, 清本 (74. キム ドンウク), 松本(怜) - 伊佐, 三平 (81. 高松)
得点: 0:1 伊佐 (11.), 1:1 鈴木(達) (48.)
警告: 牛之濵 - 三平, 岩田
観客: 1,255人
主審: 宇田 賢史

テーマ : Jリーグ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

00:55  |  Grulla Morioka  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT