FC2ブログ

2018.07.08 (Sun)

2018 J-League Division 2 第22節 千葉 vs. 大宮

 フクアリで観戦してきました。数日前には大雨の予報が出ていたので観戦はやめにしようと考えていましたが、朝から天気が回復していたので行くことに。


 前半、10分に千葉が船山からのパスを左サイドで受けた為田が中央に入れたクロスをラリベイが流し込んで先制しました。ラリベイのストライカーらしい抜け目ない動きは素晴らしかったと思いますが、大宮のCBの守備の対応にも問題があったように思います。その後は千葉のペースとなり、17分にも為田が左サイドからクロスを入れ、大宮DFのクリアを矢田が惜しいミドルシュートが相手DFにあたりわずかに枠をはずれ、42分には左からのコーナーキックに乾が競り勝ちますがゴールラインぎりぎりで富山がクリアされるなどゴールを奪えず同点でハーフタイムへ。同点で終わった前半でしたが、千葉が左サイドから何度もチャンスを作り決定機も多く、結果論にはなりますがここでゴールが奪えなかったことが試合結果に大きく影響したと思います。


 後半に入ると千葉のプレスがかからなくなり、大宮が思い通りにパスを回せるようになります。69分に大宮は酒井のクロスを中央で受けた富山が決めて逆転。その2分後には船山からボールを奪った大山が間髪入れずに前線の大前へパスを送ると大前が胸トラップから左足で鮮やかに決めて追加点。その後も大宮が試合をコントロールする形となり逆転勝利で3ポイントを獲得しました。


 両チームともアグレッシブなサッカーを展開して見応えのある試合で下。前後半で試合の流れが完全に変わった印象でしたが、結果的には決定機を決めれなかった千葉と決めきった大宮の差が得点差になったように思います。前半は千葉が大宮の左サイドを狙ったかのように攻めましたが、為田のドリブルが武器であると同時に大宮の右サイドの守備はウィークポイント。これはある程度想像できました。
 後半になると前半のようにうまく行かなくなった原因は選手の疲労によるものか、あるいはハーフタイムでの選手交代も影響したのでしょうか。なおハーフタイムでの矢田から小島への選手交代は矢田の負傷によるものだったようですが前半の矢田のパフォーマンスは良かっただけにやや残念な気がします。千葉の失点は前半の失点も含めて中盤と最終ラインのスペースを使われたものであり、中盤の最終ラインの間の連係が気になりました。言い換えると大宮の前線が良く動いてスペースを作りそこをうまく狙うことができたということだと思います。特に富山は自らのゴールだけでなく、相手を引きつけてスペースを作る動きができていました。前半のピンチでの守備も含め、この試合の勝利に最も大きな貢献を果たした選手でしょう。


2018 Jリーグ Division2 第22節
2018年7月7日(土), 18:00, フクダ電子アリーナ
ジェフユナイテッド千葉 - 大宮アルディージャ 1:3 (1:1)
千葉: ロドリゲス - 茶島 (74. 山本), 近藤, 増嶋, 乾 - 船山, 熊谷, 矢田 (45. 小島), 為田 - 指宿 (58. 清武), ラリベイ
大宮: 笠原 - 酒井, 山越, 河本, 河面 - 茨田 (87. 横谷), 大山, 三門, マテウス (63. 嶋田) - 富山 (81. シモヴィッチ), 大前
得点: 1:0 ラリベイ (10.), 1:1 マテウス (30.), 1:2 富山 (69.), 大前 (71.)
警告: 熊谷 / 大前, 河本, 三門, 嶋田
観客: 11,069人
主審: 井上 知大

スポンサーサイト

テーマ : ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

11:14  |  JEF United Chiba  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2017.11.19 (Sun)

2017 J-League Division 2 第42節 千葉 vs. 横浜FC

 時が経つのは早いもので2017年のJ2リーグも最終節。毎年2、3試合観戦しているフクアリでの千葉の試合も今年はなかなか都合がつかず最終節でようやく初めての観戦となりました。私はこの試合の前から仕事が多忙となり体調もやや崩し気味で観戦に行こうか悩んだのですが、結果論になりますが、見に行って良かったと思います。いや、見に行かなければ間違いなく後悔しただろうと思います。



 千葉はリーグ戦終盤に来て6連勝と絶好調。一時は厳しいと思われていたプレーオフ出場権を得られる6位が手の届くところにありました。試合前の千葉の順位は8位。ただしこの試合で勝利し、あとは同時刻開催の松本対京都、東京ヴェルディ対徳島の結果次第という難しい状況ではありました。

 試合は千葉の好調を証明する内容となりました。開始早々にオウンゴールにより横浜FCに先制を許してしまいましたが、その後は完全に千葉のペースとなります。相手ボールに対して激しくプレスに行きますが、ただやみくもにボールを奪いに行くのではなく組織として連動しているという印象を受けました。横浜FCは千葉の最終ラインの後方の広大なスペースを狙おうとする意図は見えましたが、千葉の前線からのプレスで自由にプレーができず精度の高いボールが出せません。なにしろボールを持つとアッという間に2人、3人に囲まれてしまうのですから手の打ちようがありません。チャンスになりそうなのはセットプレーだけといった状況でした。
 千葉はアグレッシブな守備により高い位置でボールを奪うと攻撃変切り替えも早くすぐにチャンスが作りだせるし、セカンドボールも奪えるので波状攻撃が仕掛けられます。そんな中で30分に千葉は右サイドを抜けた町田が角度のないところからミドルシュートを決めて同点とします。スタジアムの大型ビジョンで確認するとシュートはアウトサイドの回転をかけたシュートがニアを抜き高丘の手をかすめて決まるという素晴らしいシュートでした。


 後半に入っても千葉のペースで試合は展開されますがチャンスを決めきれずに時間が経過していきます。プレーオフに進むためには勝利が絶対に必要な状況の中で、決定機を何度も外すうちに次第に焦りの気持ちはあったと思います。しかし、91分に清武のコーナーキックをゴール正面に飛び込んできた近藤が頭で合わせてゴールしついに逆転に成功。残りの約3分を凌いで勝利しました。満員のスタジアムは素晴らしい熱気に包まれていました。これを感じられるのはスタジアム観戦の醍醐味です。



 土壇場で劇的な勝利を得た千葉ですが、この試合での勝利は90分を通した試合内容を見れば全く妥当な結果でした。しかし同時刻に行われた他の試合の結果には驚かされました。プレーオフ圏内を争う松本が京都に敗れ、徳島もヴェルディに敗れ千葉が逆転でプレーオフ圏内の6位に滑りこんだのです。特に徳島は88分まで同点でこのまま行けばプレーオフ出場を手にしていたのですが88分に失点したようで、まさに土壇場で千葉が望んだとおりの結果になったのです。ドラマのような展開ですが、これは千葉の選手たちのハードワークと最後まであきらめない気持ちが報われたのだと思いたいです。
 このあとJ1昇格をかけたプレーオフに進みます。このプレーオフはリーグ戦の最終順位でのアドバンテージよりもその時点でのチームの調子や勢いが勝るという結果が出ています。 今の千葉はチームの完成度は高く、劇的勝利をするなど勢いもあります。6位からのJ1昇格となっても何も不思議ではありません。このチームのサッカーをぜひJ1で見たいと思います。


2017 Jリーグ Division2 第42節
2017年11月19日(日), 16:00, フクダ電子アリーナ
ジェフユナイテッド千葉 - 横浜FC 2:1 (1:1)
千葉: 佐藤(優) - 溝渕, 近藤, キム ボムヨン, 比嘉 (72. 指宿) - 町田, 佐藤(勇) (53. 矢田), 熊谷, 為田 - 船山 (63. 清武) - ラリベイ
横浜: 高丘 - 石井 (62. 田所), 渡邊, ヨンアピン, 新井 (72. 三浦) - 佐藤 (90.+3 大久保), 中里 - ジョン チュングン, ドミンゲス, 野村 - イバ
得点: 0:1 溝渕 (1. オウンゴール), 1:1 町田 (30.), 2:1 近藤 (90.+1)
警告: 為田 - 渡邊, ドミンゲス, 新井, 田所, 野村
観客: 15,994人
主審: 窪田 陽輔

テーマ : ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

23:15  |  JEF United Chiba  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2016.09.04 (Sun)

第96回天皇杯2回戦 千葉 vs. 金沢

 フクアリで開催された天皇杯2回戦、千葉対金沢の試合を観戦してきました。同一カテゴリーに所属するチーム同士の対戦ではありましたが、リーグ戦とは異なり観客数は3021人とフクアリでの公式戦としてはかなり寂しいものになりました。


20160903_01.jpg


 試合の序盤は千葉が良いサッカーを見せてくれました。エウトンのポストプレーを使った縦のコンビネーション、中央を経由してのサイドチェンジなどボールがスムーズに動いておりチームの調子も上向きなのかなと感じました。ただし金沢も最終ラインから中盤をコンパクトに保っておりボールへの出足も鋭く千葉はゴールに近づくと攻撃が停滞してしまう格好になりなかなかシュートチャンスを作れませんでした。サイドからの攻撃も試みていましたがクロスの精度にも問題がありました。

 序盤は守備を重視しているように見えた金沢でしたが、時間が経過するにつれて良い攻撃を見せるようになりました。ボールを奪うと時間をかけずに攻撃を仕掛け、左サイドから崩す形が何度か見られシュートまで持っていくシーンもありましたが、いずれも千葉のGK佐藤にとって問題のないシュートでした。

 前半はどちらにも大きなチャンスはなく見所の乏しい内容ではありましたが、両チームの良い面も見ることができ決してつまらないものではありませんでした。


20160903_02.jpg


 後半に入ると金沢の攻撃に前半とは違った勢いを感じるようになり、千葉は中盤から最終ラインが下がるようになります。その結果、金沢が攻め込む時間が長く感じられるようになりましたが、先制したのは千葉の方でした。57分に右サイドからの丹羽のクロスに船山がニアで競り勝ち、詰めていたエウトンが押し込みました。

 先制した千葉ですが、その後もDFラインが下がり、また金沢も安柄俊を入れて攻撃に厚みが増しシュートチャンスが増えてきました。しかし残念ながら決定力不足に加え運にも見放されていたようです。後半に2度絶対に決めなくては行けないような決定機がありましたが決めきれませんでした。ただ、このシーンも含め千葉も最後のところではDFが体を張ってゴールを守りました。

 先制してからも苦しい時間が続いた千葉でしたが、86分に長澤がドリブルからミドルシュートをゴール左隅に決めて2点差とし試合を決定づけました。このゴールはお見事の一言。


 2:0という試合結果に終わりましたが、前後半通してみれば試合内容としては互角。ただし決定力の差で千葉が上回ったのかなという感想です。「今日は(攻撃のときに選手同士の)距離感があまり良くなかったですし、出足もあんまり良くなかった。」と船山がコメントしていますが、金沢のコンパクトな守備網を崩すのは容易ではありません。確かに課題には違いないのでしょうが、むしろそこを無失点で我慢し後半相手が出てくる隙をつくように得点を重ねていった千葉に試合巧者らしい一面を見ることができました。守備に関しても後半は受けに回ってしまい危ない場面を作られたものの結果として無失点で乗り切ったという結果が自信となって良い方向に向かうことを期待しています。

 

20160903_03.jpg


 この試合に勝った千葉は3回戦に進みJ1の川崎と対戦が決まりました。川崎はJ1で優勝争いを展開する強豪クラブですが、今の千葉の状態であれば面白い試合になるのではないかと思います。


<引用記事>

千葉vs金沢の試合結果・データ(天皇杯:2016年9月3日)  (Jリーグ.jp) 



 第96回天皇杯全日本サッカー選手権 2回戦
2016年9月3日(土) 18:00, フクダ電子アリーナ
ジェフユナイテッド千葉 - ツエーゲン金沢 2:0 (0:0)
千葉: 佐藤 - 丹羽, 若狭, 大久保, 比嘉 (77. 北爪) - 菅嶋 (72. 小池), 長澤, アランダ (38. 佐藤)、町田 - エウトン, 船山

金沢: 原田 - 小柳, 廣井, メンデス, 馬渡 - 富田 (61. 安), 大槻 (65. 星野), 安東, 熊谷 - 金子, 古田 (79. 玉城)

得点: 1:0 エウトン (57.), 2:0 長澤 (86.)
警告: / - 安東
観客: 3,021人
主審: 藤田 和也



15:56  |  JEF United Chiba  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑
 | BLOGTOP |