2016.10.28 (Fri)

DFBポカール 2016/17 2回戦 ヴァルドルフ vs. ダルムシュタット

 DFBポカールの2回戦。2日間にわたり行われた16試合の中で最も注目度が低いと思われるヴァルドルフ(レギオナルリーガ所属)とダルムシュタット(ブンデスリーガ1部)の試合に敢えて注目してみました。

 FCアストリア・ヴァルドルフのホームタウンのヴァルドルフはバーデン=ヴュルテンベルク州北部にある人口約15,000人の小さな町、ツヴァイテリーガ所属のザントハウゼンのホームタウンのザントハウゼンとは隣接していて2つの町は直線距離で約5キロしかありません。FCアストリア・ヴァルドルフは今季はレギオナルリーガ南西部に所属していますが15試合を終了した時点で19チーム中13位と低迷しています。DFBポカール1回戦はボーフムと対戦して延長戦まで戦い4:3で勝利しています。

 ヴァルドルフのスタジアムは大変小さくこの試合はチケット完売ですが、それでも入場者数は4000人となっていました。それほど遠くはないダルムシュタットからは多くのサポーターが来ていたようです。
 今季からダルムシュタットのゴールマウスを守るのはミヒャエル・エッサー。オーストリアのグラーツから加入した選手ですが、その前は長くボーフムに在籍していました。ボーフム育ちの選手が1部リーグのクラブで主力として活躍する姿を見るのは嬉しいことです。

 さて試合ですが、序盤はダルムシュタットがブンデスリーガの力を示すように攻めまくりました。ダルムシュタットの攻撃の特徴としてはボールを奪うとロングボールを使い手数をかけずにゴール前へボールを運びゴール前ではフィジカル勝負を挑むという、かなり古臭いサッカーをするのですが今ではそれが新鮮に感じられることもあります。今季から監督がノルベルト・マイヤーに変わりましたがそのスタイルは今のところ大きく変わってはいないようです。しかし、ダルムシュタットはいくつかあった大きなチャンスを得点につなげることができませんでした。
 一方のヴァルドルフはなかなか守備意識が高くまた数は少ないもののカウンターではしっかりとパスをつなぎシュートまで持っていき、またセットプレーでも空中戦に競り勝つなど得点の匂いを感じさせます。そして、32分にペナルティエリアに思い切りよく切りこんだペロフスキの左からのクロスに対し、エッセーの前に飛び込んだヒレンブラントが右足で合わせて角度を変えてゴール。ヴァルドルフが先制に成功しました。ダルムシュタットのマイヤー監督は「ヴァルドルフが試合をよく理解し良いカウンターを仕掛けるこことができるチームだということは試合前からわかっていたが、それを阻止できなかった。」とコメントしています。ダルムシュタットの攻勢は変わりませんでしたが、ヴァルドルフも次第に慣れてきたようでダルムシュタットの決定的なチャンスは減ってしまいました。

 後半に入ると時間の経過とともにヴァルドルフの選手たちに疲労が出てきたようでダルムシュタットの攻撃の時間がさらに長くなります。ヴァルドルフは守備で精一杯の状態でしたが、ダルムシュタットもフィニッシュの精度が著しく欠けていました。65分にヘラーからベツヤクとつなぎコラックがフリーになりますが焦ったのか大きく枠を外してしまいました。70分にはゴンドルフの右からのクロスを中央のシプロックがダイレクトで合わせますが大きくふかし枠を捉えることができません。精度の高いキックを蹴れるヴランチッチや高さのあるシュトローエンゲルを入れて明らかにパワープレーを狙いますが不発。むしろ、ヴァルドルフに何度もカウンターから決定機を作られる始末。ヴァルドルフにもう少しでも決定力がある選手がいたらもっと試合を決着することができたかもしれません。それでも最後まで守備での集中力を切らさずに戦い抜いたヴァルドルフが1:0で勝利しました。
 4部のクラブがトップリーグのクラブを破ったのだからジャイアントキリングなのかもしれませんが、試合を通してみると全くおかしくない結果だったと思います。ダルムシュタットの不甲斐なさよりもヴァルドルフの戦いぶりを称賛すべきでしょう。

 勝ったヴァルドルフはベスト16に進み3回戦の対戦相手は2部のビーレフェルトに決まりました。もちろん厳しい試合になることは間違いありませんが、この試合のような集中力をもって戦うことができればよい試合はできるのではないでしょうか。次の試合も注目したいと思います。


DFB Pokal 2016/17 2. Runde
26.10.2014 18:30 Uhr FC-Astoria-Stadion, Walldorf
FC Astoria Walldorf - SV Darmstadt 98 1:0 (1:0)
Walldorf: Rennar - Kiermeier, Nyenty, Kizilyar, Pellowski - Polat, T. Kern - Hillenbrand (82. Steffen Haas), Schön(78. Hellmann), M. Meyer (85. Straub) - Carl
Darmstadt: Esser - Höhn, Milosevic, Sulu, Holland - Niemeyer (68. Vrancic), Gondorf - Schipplock (76. Stroh-Engel), Obinna (46. Bezjak), Heller - Colak
Tore: 1:0 Hillenbrand (32.)
Gelbe Karten: / - /
Zuschauer: 4000 (ausverkauft)
Schiedsrichterin: Bibiana Steinhaus (Langenhagen)
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

00:39  |  Bundesliga 全般  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2013.08.18 (Sun)

ブンデスリーガ2013/2014 第2節 グラートバッハ vs. ハノーファー

 グラートバッハのホーム開幕戦です。相手のハノーファーはおそらくグラートバッハとELの枠を巡るライバルになるのではないかと思われます。開幕戦はアンドレアセンとフスティのゴールでヴォルフスブルクに勝ち良いスタートを切っています。

 さてグラートバッハは代表戦からの合流が遅れたアランゴがスタメン入りするか注目していましたがやはりファヴレ監督は前節とは全く同じメンバーで試合に臨みました。ハノーファーは前節はヴォルフスブルク戦無失点だったデイフェンスラインからハッグイを外し新加入のマルセロを入れてきました。

 グラートバッハは開幕戦は相手がバイエルンということもあってその圧倒的な攻撃力に屈してしまいましたがボールを持った時にはチャンスは作れていました。リーグ最高の守備力を誇るバイエルン相手でもある程度やれたのですからハノーファーが相手なら期待はできるなと思ってはいましたがいざ蓋を開けてみると予想以上に良い内容でした。

 前半からグラートバッハがボールを支配します。ハノーファーは全体的に守備的ではありましたがグラートバッハは新加入のラファエル、クルーゼとアランゴ、ヘアマンがワンツーパスを繰り返し何度もチャンスを作り出します。
 21分の先制点は左サイドでパスを受けたアランゴが左サイドを抜け出したラファエルに絶妙のタイミングでパス。左サイドの深いところから中央へ折り返したボールを中央のクルーゼが左足でダイレクトで流し込みました。ゴールにつながるまでの個々のプレーの精度の高さ、息の合ったコンビネーション。実に素晴らしい先制点でした。ゴールこそ決まりませんでしたがこれ以外にもグラートバッハは似たような形で左サイドを崩しクルーゼの折り返しをアランゴがシュートするシーンもありました。一方、ハノーファーは前半終了の少し前にアンドレアセンのミドルシュートやシュトランツルの中途半端なバックパスをディウフが奪うなどチャンスがありましたがゴールは奪えずに終わっています。
 
 後半もグラートバッハの優位は変わらず。ヘアマンとのコンビネーションでペナルティエリアにまであがったクラマーがGKの頭上を越えるループシュートでゴールを狙いますがこれはサネがゴールラインに飛び込みスーパークリア。しかし53分にはクルーゼが粘ってペナルティエリア左からループシュート。これもサネが飛び込んでクリアしますが今度はゴール前にクラマーが詰めていてこぼれたボールをゴールに押し込みました。この2点目はクルーゼのキープ力とアイデア、そしてクラマーの運動量が実ったゴールです。
 グラートバッハは65分にさらに追加点を決めて勝敗を決定づけました。クルーゼが左サイドをドリブルで切り込み酒井のハンドを誘いPKを獲得し、これをダエムスが決めました。ハノーファーは後半はフスティにボールを集めシュートを狙いましたが、この試合のグラートバッハはテアシュテーゲンも絶好調で素晴らしいセーブを連発し失点を許しませんでした。

 文句なしの快勝でした。まだ開幕して2戦ですがすでにこれはシーズンのベストゲームなのではないかと思ってしまうほどです。新加入の2人を中心に攻撃的なポジションの選手たちは絶え間なくポジションチェンジしてスペースを作り出し、そこに飛び出す選手にはしっかりと精度の高いパスが出てくる。このようなプレーが少ないタッチでスピーディーに行われるものだから見ている側としてはとても楽しいのです。もちろんプレーしている選手たちも楽しいのではないでしょうか。もちろんまだコンビネーションの点では改善の余地があり、今後試合を重ねていけばさらによくなる可能性もありとても楽しみです。単純に比較はできませんが2011/12シーズンのオフェンシブカルテットを中心としたサッカーよりも攻撃のバリエーションが多い分、より魅力的なサッカーができるのではないでしょうか。
 さて、個人的にはこのサッカーがブンデスリーガの4強に対してどこまで通用するのか興味深いのですが次節はさっそくレバークーゼンとの対戦が控えています。レバークーゼンはグラートバッハにとってバイエルン以上に分の悪い相手ですので、この試合はいつも以上に楽しみにしたいと思います。


1. BUNDESLIGA 2013/14 2.Spieltag
17.08.2012, 17:30 Uhr, Stadion im Borrusia-Park, Mönchengladbach
Borussia M'gladbach - Hannover 96 3:0 (1:0)
Borussia: Ter Stegen – Jantschke, Stranzl, Dominguez, Daems – Kramer, Xhaka (83. Nordtveit) – Herrmann (88. Hrgota), Arango (77. Younes) – Raffael, Kruse.
Hannover: Zieler - H. Sakai, Sané, Marcelo, Pocognoli - Andreasen, Stindl – Bittencourt (46. Sobiech), Prib (57. Hoffmann), Huszti – Diouf
Tore: 1:0 Kruse (21.), 2:0 Kramer (53.), 3:0 Daems (65., Handelfmeter)
Gelbe Karten: Xhaka - Prib, Sakai, Andreasen, Pocognoli
Zuschauer: 46.089
Schiedsrichter: Dr. Jochen Drees (Münster)

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

12:32  |  Bundesliga 全般  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2013.05.11 (Sat)

レギオナルリーガ ヴェスト 2012/13 第35節 ヴッパーターラーSV vs. ジーゲン

 さて今回のドイツサッカー観戦旅行の最後はヴッパータールで開催されたレギオナルリーガ西地区の第35節、地元のヴッパーターラーSV対シュポルトフロインデ・ジーゲンの試合です。試合会場のシュタディオン・アム・ツォーは名前のとおり動物園に隣接するような場所にあります。そしてスタジアムへの最寄り駅はSchwebebahnというレトロなモノレールの駅なのです。実を言うと一度モノレールに乗ってサッカー観戦に行くということをやって見たかったのです。

 試合開始1時間前にスタジアムに到着しましたが本当に試合が行なわれるのか不安になるほど人がいません。それでもチケット売場のブースは開いていました。チケットは立見席が8ユーロ、座席が15ユーロでした。当日は雨が降っていたので屋根のあるメインスタンドの座席を購入。近くに売っていたマフラーを買ってスタジアムをうろうろしていました。
 すると係員らしき人が声をかけてきて、「スポンサー席が空いているからそこで試合を見るか?」と尋ねてきました。そのスポンサー席というのはピッチの中のまさにコーナーフラッグから5メートルくらいのことろにあるのです。正直なところ一瞬怯んだのですが、こういうチャンスもないと思いスポンサー席で観戦させていただくことにしました。 


 レギオナルリーガ西地区、昇格チームのジーゲンは3位、そしてヴッパータールは下手をすると降格の可能性もある位置にいます。特にヴッパータールは直近の9試合勝利がないという最悪の状態です。この試合を見るにあたって知っている選手はいないかチェックしたところ、ヴッパータールのキャプテンを元グラートバッハで何試合かブンデスリーガにも出場しているロベルト・フレサースが務めていることを知りました。

 前半、開始間もない7分にジーゲンがヤコブスのパスをペナルティエリア内でフリーになったビンダーが決めて先制すると、23分にはロングパスを受けて飛び出したヴェセリノヴィッチがヴッパータルのGKゼムラーに倒されてPKを獲得し、これをグレベが決めて2点差にしました。しかしヴッパータールも決して悪い内容ではなく、むしろ2点差になってからはヴッパータールが押し込む形が多くなり、38分にはペナルティエリア内で相手のハンドを誘いPKを獲得します。しかしこのPKをシュレーダーが失敗。結局、0:2でハーフタイムに入ります。


 後半に入るとヴッパータールは2人の選手を替えますが、これがうまく行った様で後半のヴッパータールはパスがよく通るようになりチャンスを多く作ります。まず51分にMFのアベルがゴールを決めて1点差とします。その後も優位な展開が続きましたがゴールは決まらず90分が経過。3分間のアディショナルタイムも終わろうとしたとき、ヴッパータールはヴァッシンガーのシュートがポストに当たったリバウンドをパシオフが押し込んで同点に追いつきました。そしてこれが本当のラストプレートとなり試合が終わりました。


 写真は同点ゴールを決めて喜ぶヴッパータールの選手たち。ゴールを決めた直後すごい形相でこちらに突進してくるので思わず身構えてしまいましたが向きを変えてコーナーフラッグに強烈なキックをしていました。

 ハーフタイムにスタジアムで紹介されたりインタビューされたり、試合中はウォームアップする控え選手に真顔で時間を聞かれたり、かなり戸惑いましたが迫力のあるプレーを間近にみることが出来てよかったです。本当に感謝の気持ちです。

Ausgleich in letzter Sekunde: WSV rettet einen Punkt gegen Siegen (WSV 公式サイト)


Regionalliga West, 2012/13, 35. Spieltag
07.05.2013 19:00 Uhr, Stadion am Zoo, Wuppertal
Wuppertaler SV Bor. - Sportfreunde Siegen 2:2 (0:2)
Wuppertal: Semmler - Schumacher, Schlieter, Reichert, El Hammouchi - Boztepe (67. Neppe), Meier (46. Knetsch), Fleßers, Abel - B. Schröder (46. Wassinger), Pasiov
Siegen: Koczor - Tuysuz, Klippel, Weber, M. Lemke - Zeh, Binder (89. Dalman) - Jakobs, Grebe (90.+3 Lewejohann), Schattner - Veselinovic
Tore: 0:1 Binder (7.), 0:2 Grebe (23. Elfmeter), 1:2 Abel (51.), 2:2 Pasiov (90.+3)
Gelbe Karten: Schumacher, Pasiov - Zeh
Zuschauer: 705
Schiedsrichter: Marc Frömel

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

16:13  |  Bundesliga 全般  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2013.05.11 (Sat)

2. ブンデスリーガ 2012/13 第32節 デュイスブルク vs. ザンクトパウリ

 ブンデスリーガ第32節、メンヒェングラートバッハ、ボーフムに続いてデュイスブルクでツヴァイテリーガのザンクトパウリ戦を観戦です。前日はボーフムのホテルに宿泊していましたから近場で開催される試合を見るつもりでいました。1部はちょうどCLの決勝の前哨戦となるドルトムント対バイエルンの注目の一戦が行なわれましたが、こちらのほうはチケット入手は無理だろうと考えておりましたので迷うことなくデゥイスブルクに決めておりました。

 ボーフムからデュイスブルクへは電車で30分程度です。朝、デュイスブルクに到着し午前中は旧市街を軽く散策しスタジアムへ向かいました。スタジアムの最寄り駅へはデュイスブルク中央駅からSバーンで1駅でしたが、ここで見た目から怖そうなザンクトパウリのサポーター集団と乗り合わせてしましました。下車した駅ではパウリサポーターは警察に誘導されて別行動となりました。


 好天で日なたでは暑さを感じる気温です。ビールがほしいところですが、どういうわけかこのスタジアム、作りはとても立派なのですが売店の混雑がすさまじく並んでいるのが嫌になるほどです。私の席のあるバックスタンド側は売店が2箇所あるのですがそのうちの1箇所は閉まっていたからだと思います。そういえば数年前にフランクフルトのスタジアムで同じような経験をしたのを思い出しました。そのときは自分の座席に誰かが座っていて別の席を探したという最悪の経験でしたが。

 というわけでビールが買えなかったという理由で不機嫌なまま試合の観戦となりました。余談ですがこのスタジアムは珍しく試合中にビールの販売員がスタンドを歩き回っているのでそこで買うことができます。そういえばフランクフルトも同じでした。売店の混雑が酷いせいで買えなかった人が多いのか、天気のせいかわかりませんがよく売れていました。


 さて試合です。前半からデュイスブルクが積極的にプレスをかけボールを前に運ぶのですが個々にプレーの精度が低くなかなか決定機を作れません。多少無理でもどんどん前に出て行く姿勢は評価できると思うのですがただ無理やり突破したりむやみにクロスを放り込んだりする機会が多いような印象を受けました。
 一方のパウリに関しては前半はデュイスブルクDFラインの裏を狙ったパスを出し、1トップのギンチェクに任せる攻撃一辺倒です。ギンチェクは何度か決定機を得ますがヴィートヴァルトの好セーブもありゴールを決めることはできずに前半が終わりました。


 後半に入りギンチェクの運動量が落ちてくるとパウリのチャンスは必然的に減ってきます。一方、デュイスブルクのやや強引な攻撃も相手がミスをすれば決定機になるわけで、パウリにミスが増えてくると後半はデュイスブルクが優勢になりました。ただデュイスブルクも疲れからかシュートのひとつ手前のプレーでの精度が悪くゴールの気配は感じられず、そのまま試合が終わりました。なんと表現したらよいのが難しいですが、典型的なツヴァイテ下位同士の試合のような雰囲気を感じる見所の乏しい試合となってしまいました。

 それにしてもパウリサポーターは試合中ずっと歌って跳ねてすごい体力だなと感心します。少々退屈な試合でしたがスタジアム全体の雰囲気が非常によかったのが救いでした。


2.BUNDESLIGA 2012/13 32.Spieltag
05.05.2013 13:30 Uhr, SCHAUINSLAND-REISEN-ARENA, Disburg
MSV Duisburg - FC St. Pauli 0:0 (0:0)
Duisburg: Wiedwald - Brosinski, Bomheuer, Bajic, Perthel - Koch (84. T. Öztürk), Sukalo - J. Gjasula (90.+2 Bollmann), Wolze - Exslager (82. Dum) - Baljak
Pauli: Tschauner - Funk, Thorandt, Kalla, Schachten - Boll, Bruns, Thy, Daube (63. Kringe), Bartels - Ginczek (86. Ebbers)
Tore: Keine
Gelbe Karten: Koch, Wolze, Perthel - Funk
Zuschauer: 18.239.
Schiedsrichter: Robert Kempter (Sauldorf)

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

16:00  |  Bundesliga 全般  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2013.05.10 (Fri)

2. ブンデスリーガ 2012/13 第31節 コットブス vs. カイザースラウテルン

 2005年から2年ごとに行なっているサッカー観戦旅行を行なってきました。主目的はグラートバッハ、ボーフムのホームゲームですがそれ以外は移動が可能な範囲で自分が興味を持てる試合を観戦すべく日程を考えました。しかし仕事との兼ね合いで今回も旅行できるかどうかギリギリまで決まらなかった上に目当てにしていた試合はCL、EL争いであったり、ツヴァイテの入替戦枠入りの争いなどが絡みチケット入手が難航し、当初見たいと思っていた1試合(ブラウンシュヴァイク)は見られずに終わりましたが、十分満足のできる旅行になりました。

 さて今回の旅行で最初の観戦となったのが、コットブスで開催されたこの試合です。前日深夜に日本を発ち当日の早朝にフランクフルトに到着した私はそのまま列車でコットブスに移動。ホテルにチェックインし街中を散策したあとにスタジアムに到着しました。


 このスタジアムは収容人数が約22,000人とこじんまりとしていますが非常に試合を見やすいスタジアムです。ラウテルンはケルンと激しい3位争いを展開中ですがさすがに遠く離れたコットブスまで月曜夜の試合を見に来るファンはそれほど多くないようです。またホームのコットブスは勝点はすでに40あり昇格、降格にも関係はしない位置にいるためモチベーションが欠けているのか、最近の5試合勝利がなくしかも直近はボーフム、ドレスデンと残留争い中のチーム相手に連敗しています。そんなこともあってかスタジアムは空席がかなり目立ちました。


 前半はラウテルンがやや優勢に見えましたが、31分にメールレから前方へのロングパスを受けたビトロフをヴァイザーが倒してしまいコットブスがPKを獲得。バノヴィッチが決めて先制します。後半はやや守りに入ったコットブスをラウテルンが攻め込み51分にバウムヨハンのコーナーキックをイドリスが頭で決めて同点とします。その後はどちらも中盤のスペースがあきお互いがボールを奪ってはカウンターを仕掛ける展開に変わります。
 結局、後半だけで合計5ゴールが決まる派手な試合となり、最後はホームのコットブスがラウテルンを破りました。私は前日の移動中の機内、列車でもほとんど眠れず徹夜明けのような状態で正直なところ前半は油断すると眠りそうになっていたのですが、後半にはそんな眠気も吹き飛んでしまいました。


 コットブスではサノゴの決定力も素晴らしかったのですが、途中交替で入り1ゴール1アシストを決めたフォミチョウの切れ味のある突破が光っていました。フォミチョウは今季のウィンターブレークにデュッセルドルフから買取オプションつきのレンタルで移籍してきた選手でこの試合のゴールがツヴァイテリーガ初ゴールでした。
 またラウテルンは、バウムヨハンやイドリスなど元グラートバッハの選手が活躍しそれはそれで嬉しかったのですがチームとしてのまとまりに欠ける気がしました。個人的にいい選手だなと感じたのはヴァイザーです。この試合では先制点のきっかけとなるPKを与えてしまったり空回りしている感じはしましたが、個々のプレーを見るとさすがに力のある若手だと思います。
 ラウテルンがこの重要な試合を落としてしまったことで、3位争いはラウテルン、1.FCケルンにFSVフランクフルトも加わり三つ巴となってしまいました。この記事を書いている時点では32節の結果もわかっていてラウテルンが入替戦に大きく前進することになるのですが・・・。

 私のドイツ旅行初日のサッカー観戦。観客の入りがちょっと寂しいなと思いましたが、ホームコットブスの4つのゴールでのゴールシーンでのスタジアムの盛り上がりなどは素晴らしく、やはりゴールが多く決まる試合は純粋に楽しいと思いました。久しぶりのドイツでのサッカー観戦を十分に楽しむことができた試合でした。


2. BUNDESLIGA 2012/13 31.Spieltag
29.04.2013 20:15 Uhr, Stadion der Freundschaft, Cottbus
FC Energie Cottbus - 1. FC Kaiserslautern 4:2 (1:0)
Cottbus: Kirschbaum – Schulze, Hünemeier, Möhrle, Bittroff – Banovic, Kruska, Farina (85. Stiepermann), Bickel (71. Fomitschow), Rivic (89. Engel) – Sanogo
Kaiserslautern: Sippel – Dick (56. Riedel), Heintz, Torrejon, Löwe – Borysiuk (46. Fortounis), Orban, Baumjohann, Weiser (66. Hoffer) – Idrissou, Bunjaku
Tore: 1:0 Banovic (32. Elfmeter), 1:1 Idrissou (51.), 2:1 Sanogo (53.), 3:1 Fomitschow (81.), 3:2 Bunjaku (87. Elfmeter), 4:2 Sanogo (90. +3)
Gelbe Karten: Bitrroff - Idrissou, Weiser, Orban, Bunjaku
Zuschauer: 7.545.
Schiedsrichter: Wolfgang Stark (Ergolding)

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

18:55  |  Bundesliga 全般  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT