2018.06.03 (Sun)

2018 J-League Division 2 第17節 大宮 vs. 讃岐

 6月に入って最初の試合。天気には恵まれましたがかなり暑くなり初夏の陽気となってきました。幸い湿度はそれほど高く無かったのですが、これからは蒸し暑い不快なシーズンがやってきます。サッカーには最も適さないシーズンだと思いますが試合は続きます。選手は大変ですがしっかりコンディションを整えて良い試合をみせてほしいものです。
 大宮は前節はアウェイでややラッキーだったとはいえ貴重な勝利を手にしました。今季はなかなか連勝して勢いに乗れないのですが、今節は5連敗中(4試合連続無得点)で現在最下位の讃岐が相手なのでどんな形であれ勝利が欲しい気持ちでしょう。


 前半、立ち上がりの数分を見てわかりましたが讃岐は今季対戦してきたチームと違って前線からプレッシャーをかけてきません。そのため大宮は比較的自由にボールを持て落ち着いて攻撃を組み立てることができそうです。実際に攻撃での連動性も良くチャンスを作れていました。しかし、チャンスでゴールを決められません。チーム状態が良くないだけに決めようとする気持ちが強すぎて焦ってしまうのでしょうか。そうこうするうちに讃岐は最初のチャンスで先制しました。21分にコーナーキックのチャンスでショートコーナーを使い佐々木匠の上げたクロスを木島が頭で合わせました。讃岐は守備的な戦いですがカウンター攻撃の鋭さがあり、中盤でのボール奪取から手数をかけずに右サイドに展開し決定機を作りましたが前半のチャンスはそれだけでした。
 先制された大宮でしたが試合のペースは掴んでいました。そして28分に酒井のクロスがそのまま決まって同点。さらに38分にはペナルティエリアに進入した富山がアレックスに倒されてPKを獲得。大前が決めてあっという間に逆転に成功しました。さらにその後マテウスの突破からの折り返しを河面がシュートしますがクロスバーに弾かれるというチャンスもあるなど、逆転した後も優位に試合を進めることができましたが、ここでゴールを決められなかったことが悔やまれます。


 後半に入り追加点が欲しい大宮でしたが前半と同様にセットプレーから失点し同点に追いつかれます。前半と同じく左からのコーナーキックのショートコーナーから佐々木匠の入れたクロスを今度は中島が頭で押し込みました。佐々木のクロスの精度は素晴らしかったと思いますが、同じような形で失点を繰り返す大宮に問題があるでしょう。
 このあたりから大宮の選手の動きが止まり前半に見られたような連動性は見られなくなり攻撃が停滞します。それどころかボールを奪われた時の切り替えが遅くなり、讃岐のカウンターに数的不利を作られる場面が何度かありました。ただ讃岐も暑さによる疲労からか前半のようなカウンターの切れがなく絶好機をシュートまで持ち込めず、大宮は救われた感じです。大宮は後半はシモヴィッチ、マルセロ、奥井を投入していましたが彼らが持ち味を発揮するような攻撃に切り替えることができず中途半端な戦いぶりでした。そして試合の終盤は足をつる選手が続出し、お互いパスミスを連発。下位チーム同士の試合らしい凡戦となってしまいそのまま試合が終わりました。


 繰り返しますがこの試合は大宮にとっては絶対に勝たなくてはいけない試合でした。しかし、決定機で枠を捉えることができないシュート力の無さ、いつまでも繰り返すセットプレーでの失点、終盤の工夫のない戦い方。今季の最初から抱えている問題のすべてが出てしまえばJ2クラブのどこにも勝てません。この試合の讃岐に関してはチーム状態だけでなく、その戦い方から見ても大宮にとっては比較的戦いやすい相手だったはずなのですが・・・。
 一方、讃岐については少ないチャンスをしっかり得点につなげたのは見事でした。終盤のチャンスを決めていれば3ポイント獲得も可能だったと思いますが、試合後の北野監督は「前節から割り切って勝ち点を取りに行くゲームをしているので、大宮さん相手に今日は勝ち点1でも良かったと思います。」とコメントしていましたし今の状況を考えればアウェイで1ポイント取れて満足だったのかもしれません。この試合は今季初の複数得点ということでこれからの巻き返しのきっかけになるかもしれません。


2018 Jリーグ Division2 第17節
2018年6月2日(土), 16:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - カマタマーレ讃岐 2:2 (2:1)
大宮: 笠原 - 酒井 (69. 奥井), 山越, 河本, 河面 - 嶋田 (75. マルセロ), 大山, 三門, マテウス - 富山 (59. シモヴィッチ), 大前
讃岐: 清水 - 武田, 中島, 岡村, アレックス - 西 (84. 市村), 高木, 渡邉, 森川 (44. 佐々木(渉)) - 佐々木(匠), 木島 (78. 我那覇)
得点: 0:1 木島 (21.), 1:1 酒井 (28.), 2:1 大前 (38.,PK) 2:2 中島 (55.)
警告: / - 佐々木(匠)
観客: 8,085人
主審: 榎本 一慶
スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

11:24  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2018.06.03 (Sun)

2018 J-League Division 2 第16節 栃木 vs. 大宮

 栃木まで日帰りで遠征し栃木対大宮の試合を観戦してきました。さいたまから一般道で2時間半。ほとんど渋滞はなく順調でした。天気も良く少し早めに着いたので鬼怒川の河原でのんびりしてスタジアムへ向かい、試合を観戦した後は市内で餃子を食べて帰るという日帰り遠征としてはそれなりに充実した日になりました。


 栃木のスタジアムはどことなく牧歌的な空気が流れていて好きなのですが、特に入口からメインスタンドへこのような橋を渡ってアクセスするというのは珍しく私は気に入っています。スタジアムグルメも充実していて楽しいですね。


 前半14分に大前と久富が競り合った際にボールが久富の手に当たってしまいPKの判定。これは大前がしっかりと決めて大宮が先制しました。大宮はこの試合スタメンで起用された富山が守備で奮闘。前線からしっかりとプレスをかけて相手に思い通りにパスを通させません。大宮は攻撃ではサイドをうまく使い栃木の守備を崩す場面もありましたが、栃木もしぶとく守り決定機はほとんどなくやや膠着した状態でした。ただどちらかといえば大宮の方ががやりたいことができていたように思います。

 後半はお互いに攻撃に力を入れた形で試合そのものは見ごたえがありました。大宮はマテウスが抜けだす決定機がありましたが、レオーニの素晴らしいセーブがあり追加点は奪えず。終盤は栃木が二川、牛之濱を投入、大宮DFの動きが落ちたこともあり、攻撃に転じ何度か惜しいチャンスはありましたが、ゴールを奪えませんでした。


 この試合の最後のプレーでは栃木が攻め込みペナルティエリア付近でペチュニクと河面がもつれて、何か揉めているうちに試合が終了。さらに試合終了後にペチュニクにレッドカードが出るなどなんとも締まりのない終わり方でした。現地では良く見えなかったのですがペチュニクが河面に手を出したようです。これは残念なプレーでしたが、試合の中ではペチュニクが元気にプレーしている姿を見ることができたのは嬉しかったです。

 試合を通じてみると大宮がペースをつかむ時間が長かったように思えますが、決定機の数はさほど多かったわけではなく、ラッキーなPK1本で勝利を手にしたという印象です。栃木にとっても負けた気はしない試合だったのではないかと思います。この試合に関しては審判のジャッジが不安定で栃木サイドから見ればその点でも不満の残る試合だったのではないでしょうか。

 大宮は未だに試合によってチームの状態が良かったり悪かったり不安定ではありますが、少なくても一時期に比べると良くなって来たように見受けられます。特に守備は改善してきているのがわかります。あとこの試合は前線からのプレスが効果的で栃木の良さを消していたところがあって、相手に対する対策ができていたと思います。この点は岐阜戦とは大きく異なるところで、今後も継続してほしいところです。
 今季の大宮はこれから目に見えて良くなっていくことはないと思いますが、もう少しチームとしてのパフォーマンスが安定し接戦を勝ちきることができるようになればもっと上位を目指せると思います。現実的な目標はプレーオフ圏内というところでしょうか。 


2018 Jリーグ Division2 第16節
2018年5月27日(日), 14:00, 栃木県グリーンスタジアム
栃木SC - 大宮アルディージャ 0:1 (0:1)
栃木: レオーニ - 菅, 服部, 田代 (82. 牛之濱) - 久富 (88. 温井), ヘニキ (70. 二川) 岡崎, 夛田 - 西谷 - 大黒, ペチュニク
大宮: 笠原 - 酒井, 菊地 (27. 山越), 河本, 河面 - 嶋田 (90.+2 マルセロ), 大山, 三門, マテウス - 富山, 大前 (88. 茨田)
得点: 0:1 大前 (14. PK)
退場: ペチュニク (試合終了後)
警告: 菅 - マテウス
観客: 8,354人
主審: 三上 正一郎

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

11:10  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2018.05.20 (Sun)

2018 J-League Division 2 第15節 大宮 vs. 岐阜

 NACK5スタジアムで開催されたJ2第15節、大宮対岐阜の試合を観戦してきました。まだ5月ですがすでに初夏のような陽気。スタジアムで飲むビールはおいしかったけれどプレーしている選手たちにとっては暑かったと思います。大宮と岐阜は3年前に大宮がJ2に参戦していたシーズンに対戦して以来だと思います。因みに私はそのシーズンは岐阜に観戦に行ったのですが、岐阜はなかなか良い街でできれば再訪したいと思っています。


 前半、岐阜は両サイドに展開し細かくパスをつないで相手を崩していきます。特に左サイドは古橋から何度もチャンスを作り試合を優勢に進めます。そして24分に古橋がデフリースとの素晴らしいコンビネーションで抜け出し先制ゴールを決めました。前半のゴールはこの1点のみでしたが、ペナルティエリア付近で息のあった連係から何度も決定機直前まではできていました。一方の大宮はサイドバックが完全に狙われた形になり、センターバックとの連係も悪く相手に自由にさせすぎてしまいました。攻撃面では個の力に頼った部分があり、岐阜とは対照的にパスミスが多くほとんどチャンスは作れずに終わりました。1点差で終えることができたのは大宮にとってはラッキーだったといってもよいほど両チームのクオリティに差を感じました。 


 後半に入ると得点が必要な大宮は前への勢いを強めますが、両サイドを何も修正せずただ前がかりになっているだけのように見えどうもバランスが良くありません。53分に岐阜はセットプレーから追加点。小野がかなり距離のある位置から左足で素晴らしいフリーキックを蹴ると竹田が頭で合わせました。これも素晴らしいゴールでした。
 その後、大宮はマテウス、富山を入れてさらに攻撃を強化しますが2点リードの岐阜は守備をしっかりと固め無失点で逃げ切りました。


 率直な感想ですがもっと点差がついていても不思議ではない試合だったと思います。岐阜は大宮のウィークポイントを狙い自分たちのスタイルで試合をやり通し勝利を手にしたように思います。特に攻撃時に細かくパスをつないでスペースを作っていくプレーは印象に残りました。特に先制ゴールを決めた古橋はマッチアップした酒井の不出来を差し引いても素晴らしく裏に抜けるスピード、個人技、周囲との連係のすべてで存在感を放っていました。この試合で最も私の印象に残った選手です。
 一方の大宮に関してまず感じたのは、この試合に臨むにあたり岐阜に対する対策は何かしていたのかという疑問です。今の大宮は試合ごとに良かったり悪かったりを繰り返していますが、これは自らの好不調よりも相手の戦い方に左右される部分が大きいのではないかという気がしています。本当に力のあるチームは相手に研究され苦戦してもしっかり勝ち点を積み上げていけるのでしょうが大宮にはそれがないのは明らかです。それでは、逆に相手のウィークポイントをしっかり研究してそこを狙うという戦い方ができているのでしょうか。私にはそうは思えませんでした。これが目先の勝敗にこだわらず、自分たちのスタイルを作り上げていくのだという考えに基づいているのなら納得しますが、もしそうなら開幕から10試合以上経過しているのだから多少なりとも目に見える成果がほしいところです。そろそろ、これまでの試合の内容を検証して今進んでいる道が正しいものかどうか判断する時期なのではないか。私はこの試合を見てそんなことを感じました。


2018 Jリーグ Division2 第15節
2018年5月19日(土), 16:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - FC岐阜 0:2 (0:1)
大宮: 笠原 - 酒井, 菊地, 河本 (85. マルセロ), 河面 - 嶋田, 三門, 大山, 奥抜 (58. マテウス) - シモヴィッチ (58. 富山), 大前
岐阜: ビクトル - 阿部, 田森, 竹田, 福村 - 宮本 (84. 禹 相皓) - 風間 (71. 中島), 小野 (54. 三島) - 田中, デ フリース, 古橋
得点: 0:1 古橋 (24.), 0:2 竹田 (53.)
警告: 大山 - 小野, 田森, 田中
観客: 7,133人
主審: 岡 宏道

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

11:25  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2018.05.15 (Tue)

2018 J-League Division 3 第9節 秋田 vs. 北九州

 ゴールデンウィーク後半の連休初日、秋田を旅行していた私はちょうどその日に開催されたJ3の秋田対北九州の試合を観戦にいきました。午前中から雨が降り続き肌寒い一日でした。幸い、キックオフの前に雨はほぼやみましたが、時折小雨が降り強い風が吹く中での試合となりました。
 あきぎんスタジアムは秋田市役所に近い八橋運動公園内にある専用球技場でピッチとの距離が近く臨場感のある観戦が楽しめるのですが、一方で定員が約5000人のこのスタジアムが問題となりJ2ライセンスが取得できず一昨年はJ3で優勝しながらもJ2昇格がかなわなかったという過去があります。年初に県、市がスタジアム新設に向けて動きだすとの話を聞きましたが、今後どう進んでいくのでしょう。


 前半、開始早々に北九州がセットプレーから決定機がありましたが秋田のGK清水慶記が好セーブで失点を防ぎました。しかしその後も北九州はセカンドボールを良く拾いそこからテンポの良い攻撃で再三ゴールに迫ります。前線のコンビネーションとFWダヴィの強さが目立ちました。私は大宮在籍時に何試合か見たことのある清水に注目していましたが、前半は大忙しでした。しかし、シュートはしっかりとブロックし先制を許さなかったことで、その後、試合の流れが変わっていくことになるのです。
 前半の秋田はほとんどチャンスを作れませんでしたが38分にセットプレーのチャンスから先制しました。前山恭平のフリーキックはGKにパンチングでクリアされますがこれを山田樹が頭で前へ押しこみそれを尾本が左足に当てるとそれが浮き球となりゴールの左隅へ。スタジアムではその瞬間を確認できなかったのですが、あとでビデオを見ると左足のヒールに当てているようで、これはもし狙っているのであれば素晴らしい技術です。とにかく秋田が唯一のチャンスを生かして1点をリードして前半は終わりました。


 後半も最初のうちこそ北九州がボールを保持する展開に見えましたが、その後は秋田がペースをつかみ追加点のチャンスを多く作りました。ただし北九州の守備も固く失点を許さず見応えのある良い試合になりました。そして終盤には本山雅志や藤田祥史など名前をよく知るベテラン選手も登場。特に大宮の試合を見続けている私にとっては藤田祥史と福田俊介の激しいマッチアップには興奮させられました。


 試合はそのまま1:0でホームの秋田が勝利。尾本のゴールと清水の好セーブが光った試合でしたが、特に前半は押し込まれながらも失点をせず少ないチャンスを活かして泥臭く勝利した秋田に勝負強さを感じました。この試合を見た限りでは今季も上位争いを展開しそうな気がします。一方の北九州も良いサッカーを見せてくれたと思います。上位を争える力は十分にあると感じました。


>2018 Jリーグ Division3 第9節
2018年5月3日(木), 13:00, あきぎんスタジアム
ブラウブリッツ秋田 - ギラヴァンツ北九州 1:0 (1:0)
秋田: 清水 - 千田, 尾本, 韓 - 青島, 山田(尚), 藤山, 山田(樹) - 久富 (74. 吉平), 前山 (87. 藤田) - 田中 (90.+4 遊馬)
北九州: 高橋 - 川島 (78. フェホ), 有薗, 福田 - 内藤 (70. 安藤), 加藤, 浦田 - 藤原, 小野寺 (85. 本山) - 池元, ダヴィ
得点: 1:0 尾本 (38.)
警告: / - 小野寺, 内藤, ダヴィ
観客: 1,913人
主審: 先立 圭吾

テーマ : Jリーグ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

00:24  |  J-League  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2018.04.29 (Sun)

2018 J-League Division 2 第11節 大宮 vs. 東京V

 大宮は前節のアウェイ新潟戦でアウェイでは今季初勝利。さらに初の無失点試合と良い結果を手にしました。私はこの試合は観戦できませんでしたが、その前の岡山戦でも結果はドローでしたが内容は非常に良いものがあり、調子は上向きなのかと感じていました。今回の対戦相手は今季まだ無敗の東京ヴェルディですので、大宮の調子を測るにはちょうどよい相手かと思います。


 前半はスコアレスで終わりましたが、試合内容はヴェルディが押し気味で決定機の数も多かったです。前半を見た感想はまずヴェルディの完成度の高さに感心しました。攻守の切り替えが早いのは当然として常に攻守のバランスが取れていて、これを崩すのはなかなか大変だと感じます。そのようなチーム相手に今の大宮が劣勢に立たされるのはやむを得ない気もしますが、それでも笠原を始め守備陣が頑張り、チャンスも何度か作りだしていました。少なくても徳島戦のように一方的に攻められるという状態ではなく大宮の状態も良くなっているなという印象も受けました。


 前半を見た印象では1点で勝負が決まりそうだと思っていましたが、後半、意外にも早い時間に大宮がシモヴィッチのゴールで先制しました。この後は大宮が試合の流れをつかみ、相手の動きが止まり始めた時間帯でのマテウス投入も決まり、89分にカウンターからマテウスが相手を次々とかわして追加点を決めて勝利を手にしました。
 後半の大宮はアグレッシブな守備で相手ボールを奪い取り素早く攻撃へと展開できていました。これができるようになっているのは、選手の中での意図が共有できコンビネーションがよくなっている証拠ではないかと感じます。見ている立場としても楽しめるサッカーでした。


 大宮の勝因を2点あげるなら1つめは先制点を許さなかったことだと思います。私はヴェルディのように守備が安定しボールをポゼッションでき、フォーメーションも柔軟に対応できるチームに先制を許すと点を奪うのは相当難しくなると予想していました。前半に何度か大きなピンチがありましたが笠原の好セーブで凌げたのが大きかったと思います。この試合のMOMは間違いなく笠原でしょう。2つめは河本が復帰して守備が安定してきたことでしょうか。大宮が守備面でアグレッシブな姿勢を示せたことは菊地、河本のセンターバックコンビの安定感と無関係ではないと思います。
 
 さて次節は間をおかずに首位大分とアウェイで対戦です。強敵との連戦ですがこの試合で結果を残せれば大きな自信につながります。厳しい対戦なのは間違いないですが、ヴェルディ戦でのパフォーマンスを維持できれば良い試合ができるのではないかと思います。


2018 Jリーグ Division2 第11節
2018年4月28日(土), 16:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - 東京ヴェルディ1969 2:0 (0:0)
大宮: 笠原 - 酒井, 菊地, 河本, 河面 - 嶋田, 大山 (90. 茨田), 三門, 奥抜 (64. マテウス) - 大前, シモヴィッチ (84. 富山)
東京V: 上福元 - 井林, 畠中, 平 (62. 藤本) - 田村, 内田, 奈良輪 - 林 (58. アラン ピニェイロ/75. 高井), ドウグラス ヴィエイラ
得点: 1:0 シモヴィッチ (49.), 2:0 マテウス (89.)
警告: / - 奈良輪
観客: 9,927人
主審: 佐藤 誠和

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

11:40  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT