FC2ブログ

2018.09.17 (Mon)

2018 J-League Division 2 第33節 大宮 vs. 町田

 J2第33節、大宮対町田の試合を観戦しに熊谷へ行ってきました。自宅に近い大宮公園であれば何ともないことですが、熊谷となるとちょっとしたアウェイ遠征と同じで、多少大袈裟に言えば一日がかりのイベントとなります。天候もよくなかったし観戦はやめようかという気持ちが頭をよぎったのですが、結果としては行ってよかったと思います。
 現状はプレーオフ圏を争っている大宮に対し、町田は松本と首位争いを展開中。松本については予想の範囲内でしたが、しつれながら町田がこの時期に首位を争っているとは全く予想していませんでした。しかし、リーグ戦を見ていれば今の町田の順位は決してまぐれではなく順当なものだと思います。大宮はコンパクトなフォーメーションを保ち高い位置からプレスをかけ攻守の切り替えが早いチームを苦手としていますが、町田はそれを高いレベルで実現しているチームです。この試合は大宮のホームではありますが、攻め込まれる時間が長くなるはず。大宮が町田の攻撃をいかに食い止め、少ないチャンスをいかに得点に結びつけられるかがポイントになるだろうと予想をしていました。


 この試合、大宮はMFの大山が出場停止。右サイドの茨田が代役を担い、右サイドには新加入のバブンスキーが入りました。試合は、予想通りキックオフ直後から町田が攻め込み大宮が守る展開となりました。特にこの試合の町田はボールへの反応が非常に早くセカンドボールをほとんど獲得し、大宮のパスコースもしっかり読み速い出足でたびたびカット。またチーム全体が連動して機能しているので、攻撃の時も守備の時も数的優位を作れていて一見すると大宮よりも多くの選手で試合をしているのではないかと思えてしまいました。
 それに対して大宮も工夫がなかったわけではなく、ボールを奪ったらサイドチェンジやロングボールを多用して相手を揺さぶろうとする意図は感じられました。実際にその流れから新加入のバブンスキーがフリーで抜け出す決定機も作りました。しかし、それでも町田が優位に立っていたのは明らかでした。そんな厳しい展開の中で大宮はGK塩田の好セーブもあり無失点で切り抜けたのは大きかったと思います。


 後半に入っても前半と同じような試合となり、大宮が勝つのであればワンチャンスを決めるしかないのではないかと思ってみていました。しかし、75分を過ぎたあたりから状況が一変しました。町田の選手たちの運動量が落ちセカンドボールを拾えなくなり、それまで単発的だった大宮の攻撃が波状攻撃となり、それまでと逆に大宮に得点の気配が感じられるようになります。もっともこれは大宮の途中交代で入った嶋田、清水のパフォーマンスもよかったことも関係していたと思います。
 ただ、この試合の大宮は決定機でポストに当ててしまうなどフィニッシュでのプレーの精度をわずかに欠いていて点が取れそうで取れないという状況。そのままアディショナルタイムに入りましたが、コーナーキックのチャンスで河本がヘディングで決めて劇的な勝利を手にしました。


 この試合に入るまでの状況を踏まえ、さらに前半を見た時点では、私は大宮の勝利はかなり難しくドローでも良しと考えるべきなのではないかと悲観的になっていましたが、チームは諦めずに頑張ったと思います。見事な勝利でした。そして、河本は本当に苦しい時にチームに救ってくれる頼りになる選手なのだと再認識しました。


2018 Jリーグ Division2 第33節
2018年9月15日(土), 18:00, 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
大宮アルディージャ - FC町田ゼルビア 1:0 (0:0)
大宮: 塩田 - 酒井, 河本, 畑尾, 河面 - バブンスキー (69. 嶋田), 茨田, 三門, マテウス - 富山 (72. 清水), 大前 (90. 奥抜)
町田: 福井 - 大谷, 酒井, 深津 (82. 藤井), 小島 - 平戸, 土岐田 (68. ロメロ フランク), 森村, 土居 (73. 杉森) - 鈴木, 中島
得点: 1:0 河本 (90.+3)
警告: 茨田, 嶋田, 奥抜 - /
観客: 9,628人
主審: 松尾 一

スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

09:05  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2018.09.06 (Thu)

2018 J-League Division 2 第30節 大宮 vs. 山口

 J2リーグ第30節、大宮対山口の試合を観戦しました。日曜夜の試合でしたが、当日は仕事があり都内のオフィスへ出社。何とか仕事を終えてキックオフ直前にスタジアムに着きました。晴れてはいましたがかなり蒸し暑く遠くの空には積乱雲があり稲光が見えていて、雷雨の予感がする中で試合が始まりました。


 結局、スタジアムに雷雨はきませんでしたが、試合の内容は上空の空を思わせるようなすごい点の取り合いとなってしまいました。前半、オナイウ阿道の先制ゴールで山口が先制します。オナイウは大宮がJ2で戦っていた2015年のシーズンでも千葉在籍時にゴールを決めたのを覚えています。また今季、山口での試合でも大宮相手にゴールを決めており私はそれを生で観戦しています。ちなみに2015シーズンでのフクアリでの試合は出場していません。大宮戦は出場した試合では必ずゴールを決める選手です。そういう選手は過去にもいました。例えば私はフェルナンジーニョ、箕輪義信、杉本恵太、小川佳純、永井雄一郎などにそんなイメージを持っています。
 オナイウの勢いは止まらず、後半にも2ゴールを決めてハットトリック。しかも3ゴールのうち2ゴールはGKのミスから決めたある意味でラッキーなゴール。もちろん相手のミスをしっかりゴールに結びつけるところは称賛すべきと思いますが、それ以外に(少なくても大宮戦では)何か持っているように思います。


 逆転に次ぐ逆転、引き離されては追いつく展開激しい展開で合計8ゴール。観客の立場から見ればなかなか見ることのできない面白い試合でした。大宮、茨田のミドルシュートや山口、ジュリーニョのスーパーゴール、そして山口の4点目となった高井とオナイウのワンタッチでのワンツーパスでのロングカウンターなど見所も多かった試合でした。
 しかし、試合の質という点ではやや残念な試合でした。8ゴールのうちの半分くらいがGKの単純なミスから生まれたものであったことがそれを証明しています。得点シーン以外でもミスが目立った試合でこれは蒸し暑さと無関係ではないと感じます。ところで1週間前にドイツ、カイザースラウテルンで観戦したDFBポカールはこの日と比べればかなり涼しかったのですが、前後半に1度ずつ給水タイムが設けられていました。そう考えるとこの過酷な気象条件で試合をするJリーグの選手はタフでなくてはならないのだと強く感じます。

 そんな試合でしたが、試合を通してみれば山口がボールを試合している時間が多く、両チームの力関係は山口がやや上回っていると思いました。前回の対戦を見たときにもそう感じましたが、それは今でも同じようです。そのような強敵相手にアディショナルタイムまでリードされながら相手のミスにより追いついたという点を考えると大宮にとってはとてもラッキーなドローだったはずです。この1ポイントは最後に何か意味を持つものになるかもしれません。


2018 Jリーグ Division2 第30節
2018年8月26日(日), 19:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - レノファ山口 4:4 (1:1)
大宮: 笠原 - 酒井, 河本, 畑尾, 河面 - 茨田 (77. 嶋田), 大山, 三門, マテウス - 富山 (77. シモヴィッチ), 大前 (88. マルセロ)
山口: 藤嶋 - 前, ワシントン, ヘナン, 鳥養 - 三幸, 池上 (46. 高井) - 丸岡 (66. 岸田), ジュリーニョ (79. 山下), 高木 - オナイウ
得点: 0:1 オナイウ (26.), 1:1 河本 (45.+2), 2:1 茨田 (48.), 2:2 オナイウ (68.), 2:3 ジュリーニョ (75.), 3:3 酒井 (82.), 3:4 オナイウ (84.), 4:4 シモヴィッチ (90.+4.)
警告: シモヴィッチ - 高木
観客: 9,232人
主審: 中村 太

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

23:26  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2018.08.02 (Thu)

2018 J-League Division 2 第26節 大宮 vs. 熊本

 日曜日の夜。そろそろ翌日からの仕事が気になりだす時間にスタジアムでサッカー観戦です。大宮対熊本の一戦は「クラブ創立20周年記念シリーズ」としてノヴァコヴィッチ氏を招待していましたが、彼を中心として大宮がJ1で首位を走っていたことがもう遠い昔のように感じられます。当時、私はチームの調子が良いにもかかわらず、「そんなにうまく行くほど世の中は甘くない。いつか失速するのではないか。」という根拠ない不安を感じていたものですが、実際にそのようになってしまいました。
 
 さて今季の大宮ですが、はっきり言って自動昇格を狙うには厳しいチーム力だと思いますが、それでも上位が停滞する展開の中、いつの間にか首位に手が届く位置に上がってきました。しかし、やはり甘くはないのです。その後は徳島、松本に連敗して再び上位との差は開いてしまいました。熊本との一戦は上位に踏みとどまるためには絶対に落とせない試合です。


 対戦相手の熊本はパスをつないで攻めるスタイルで大宮にとっては戦いやすい相手だと思います。しかし、序盤はどちらもパスがなかなかつながらず苦労しているように見えましたが、10分に熊本が中山からの縦パスを受けた皆川がワンタッチで裏のスペースへボールを出すとタイミングよくディフェンスラインを抜けた伊東が受けて右足で豪快に決めました。この一連のプレーは見事なコンビネーションでした。熊本は右サイドハーフの田中が良いパフォーマンスを見せ何度かチャンスを作りだし、優勢に試合を進めましたが追加点は奪えず、途中からは見どころの少ないやや退屈な試合になってしまいました。


 後半に入っても試合は膠着したまま。1点をリードした熊本は守備意識が高く、にもかかわらず大宮の前線に動きがないため大宮はボールを持つことはできても全く状況を打開することができず時間だけが過ぎていきました。この状況を打開するきっかけを作ったのが60分に投入された富山でした。彼が動くことで攻撃のスペースが生まれ、前へ向かう意識も高まりました。67分の酒井のオーバーヘッドでの同点ゴール、70分の大前の逆転ゴール(これは茨田のパスも素晴らしかった)はいずれも素晴らしいものでしたが、これを演出したのは富山だったと思います。ここまでゴールの少ない富山がFWとしてスタメンで使われる理由がよくわかる試合でした。あとはもう少し決定力を上げてくれれば言うことなしなのですが。


 なんとか3ポイントを獲得した大宮ですが、この試合を見る限りは選手の疲労が出てきているという印象が強くしばらくは苦しい戦いが続きそうです。できればシモヴィッチをうまく使って攻撃のオプションを広げられれば良いと思うのですが、なかなかうまく行かない様子。当面は選手もサポーターにも我慢が必要になるでしょう。


2018 Jリーグ Division2 第26節
2018年7月29日(日), 19:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - ロアッソ熊本 2:1 (0:1)
大宮: 笠原 - 酒井, 山越, 河本, 河面 - 茨田, 大山, 三門, マテウス - シモヴィッチ (60. 富山), 大前 (86. マルセロ)
熊本: 佐藤 - 多々良, 青木, 植田 (72. 水野) - 田中, 上村, 黒木 - 中山 (85. 伊佐), 伊東 (67. 米原) - 皆川, 安
得点: 0:1 伊東 (10.), 1:1 酒井 (67.), 2:1 大前 (70.)
警告: マテウス, 河本 / 植田
観客: 7,278人
主審: 佐藤 誠和

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

22:44  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2018.07.16 (Mon)

2018 J-League Division 2 第23節 大宮 vs. 大分

 さいたま市のNACK5スタジアムで大宮対大分の試合を観戦しました。さいたま市は昼間の気温が36℃に達する猛暑でキックオフの午後7時でもまだ30℃以上ありました。このところ7試合負けなしの大宮が首位と勝ち点差なしで2位の大分に挑む興味深い一戦ではありますが、このような環境では良い試合内容を期待するのは酷ではないかと思います。


 キックオフ前には西日本豪雨災害の被災者への黙祷が捧げられました。大分のサポーターブロックに「フットボールのある日常に感謝」という横断幕が出ていましたが、確かに自然災害の多い日本で週末にフットボールを楽しめる日常生活を送れていることは幸せなことだと考えないといけないと思います。

 さて試合は前半の早い時間にマテウスがペナルティエリアに進入し相手に倒されて大宮がPKを獲得。これを大前が決めて先制しました。今季の大宮は高い位置からプレスをかけてくるスタイルの相手には苦戦し、パスをつないで攻めるスタイルの相手には部が良いという結果が出ていますが、大分はは後者であり前半に関していえばそうした相性の良さを感じました。大宮は大分のパスコースをうまく消してボールを奪い、前線がスペースを作り縦パスを何度も通して中央からサイドへ展開する形でチャンスを作っていました。なかなかパスをつなげなかった大分は右サイドからスピードのある攻撃を展開し攻め込む場面はありました。それでも前半は大宮のペースで試合が進んだという印象が残りました。


 後半に入ると大宮の選手たちの動きが落ちて大分のパスがつながるようになりました。特に60分以降は大分の一方的な攻撃を大宮が守る形に。大分の決定機も時間の経過とともに増えてきましたが残念ながらほとんどのシュートは枠を外しました。後半の大分に不足していたのは決定力だけだったと思います。
 一方の大宮は前半とは見違えるほど運動量が落ちほとんど攻撃はできませんでした。時折良い形でボールを奪いましたが、誰もサポートに行けずシュートまで持ち込めませんでした。そんな状況が続きましたが結局どちらもゴールがなく、前半のPKによる1点で大宮が勝利したという試合でした。
 

 この試合は前後半を通してみると試合内容では明らかに大分が上回っており大分が勝利していても全く不思議ではありませんでした。大分は後半になっても運動量が落ちずやりたいサッカーもできていたようです。ゴールこそありませんでしたが、さすが上位争いをしているチームのサッカーだと感じました。
 一方の大宮ですが後半の失速ぶりを見るとこの先の厳しいコンディションでの試合を乗り切っていけるのか心配になります。大宮は例年は夏場に弱いようですが今年もそうなのでしょうか。また明らかに動きが落ちた選手をなかなか替えない監督の采配にも疑問が残りました。ただ、このような過酷なコンディションでは、試合内容よりも大切な結果を手にしたことは賞賛すべきと思います。特に相手の決定力不足に助けられたとはいえCBを中心に守備はよく頑張りました。

 正直に言うと私は開幕してから2ヶ月くらいを経過した時点で大宮の今季の昇格は無理でプレーオフも厳しいのではないかと思っていました。その当時から大宮のチーム力は改善はされているのは事実ですが、劇的に上がっているとは思いません。それでも突出したチームがいないというリーグ戦の展開にも恵まれて、大宮の自動昇格も十分可能性が出てきました。かなりラッキーな点が多いと思いますが、このチャンスを生かしてほしいと思います。そのためには夏場にコンディションを落とさず接戦でしっかりとポイントを積み上げていくことがこれまで以上に重要になるのは間違いありません。


2018 Jリーグ Division2 第23節
2018年7月15日(日), 19:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - 大分トリニータ 1:0 (1:0)
大宮: 笠原 - 酒井, 山越, 河本, 河面 - 茨田 (87. 横谷), 大山, 三門, マテウス (77. 嶋田) - 富山 (85. マルセロ), 大前 (88. 横谷)
大分: 高木 - 黄誠秀, 鈴木, 福森 - 松本, 宮阪, 丸谷, 那須川 (73. 星) - 國分 (85. 伊佐), 馬場 (73.清本) - 藤本
得点: 1:0 大前 (4., PK)
警告: - / 黄誠秀
観客: 9,272人
主審: 山岡 良介

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

22:29  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2018.07.02 (Mon)

2018 J-League Division 2 第21節 大宮 vs. 愛媛

 1年のちょうど半分が終わる6月30日。J2リーグ戦もこの試合でちょうど半分が終了です。キックオフは午後7時でしたが気温30度という暑さ。中断期間のないJ2では選手のコンディション管理が重要です。もちろん観戦する側も同じです。 このところ3連勝中と結果の出ている大宮の対戦相手は現在最下位の愛媛FC。普通に考えれば大宮が優位に立つのではないかと思うのですが、そうはいきません。特に今季の大宮は相手の戦い方によって結果が変わってくるのです。この試合もまさにそんな結果になってしまうのでした。



 序盤はお互いが中盤で潰しあう形が多かったのですが、愛媛のプレスに大宮が思い通り攻められなかったように見えました。それでも大宮は31分に左サイドにいた茨田が中央に切り込み大前へ縦パスを入れると大前が決めて先制しました。大前には愛媛DFの林堂がしっかりとついていましたが、フェイントで相手の動きを外して決めた個人技が光るゴールでした。
 しかし37分に愛媛は林堂から前線へのロングパスを受けた近藤貴司がワントラップで河面と入れ替わって裏に抜けシュートを決めて同点に追いつきました。これもトラップから相手をかわすところからしっかりと決めきる一連のプレーは見事でした。勝敗に関係なくこういったプレーを目の前で見られると純粋に嬉しい気持ちになります。


 後半は愛媛が中盤でセカンドボールを拾いパスをつないで大宮守備を何度か崩したものの決定力を欠きゴールを奪えませんでした。決定的だったのは72分、左サイドを小暮が抜け出していれたクロスを中央で完全にフリーの丹羽が合わせたシーンでしたが、ここで丹羽はしっかりと蹴ることができず大宮は救われました。
 大宮も右サイドハーフの茨田が高い位置でボールが入ると決定的なチャンスになり、74分には自らのボレーシュートがクロスバーを直撃するというシーンもありました。やはり茨田はゴールに直結するような位置で使うと力を発揮するような気がします。またこの試合は三門が高い位置でプレーし攻撃に厚みを与えていました。
 終盤の大宮はシモヴィッチ、嶋田、横谷と攻撃的な選手交代を行いましたが、これはあまり効果が無かったようです。シモヴィッチへロングボールを入れるも精度が低く、また空中戦で競り勝ってもそのあとがなくチャンスにならず、勝ち越せそうな気配は感じることなく試合が終わりました。

 最下位相手に勝利だけいなかった大宮には痛いドローに思えますが、試合を通してみるとこの試合は愛媛に多くチャンスがあり、大宮にとっては1ポイント取れて良かったのではないかと思います。むしろ最下位から脱出したい愛媛にとって残念な結果だったのではないでしょうか。ただ試合内容はどちらも悪い内容では無く見所もあり、私にとっては満足できる試合でした。


 リーグ戦半分が終わったところでの大宮の印象を記しておくと、開幕当初に比べるとチームとしてのまとまりは出てきている者の、他を圧倒する強さはないということです。個々の選手の能力は対戦相手と比較して遜色ないどころか上回っている点が多いと感じますが、残念ながらチームとして機能していないということです。特に攻撃のバリエーションが乏しく冒頭に記したように、対戦相手の戦力やチーム状態に関係なく、戦術次第で結果が左右されている傾向を感じます。
 
 首位の大分との勝ち点差は8ポイントあり、今の大宮のチーム力ではこの差を自力で詰めるのは客観的に見ればかなり大変だと思います。しかしこの愛媛戦のような接戦をしっかりと勝ちきることを続けていければ不可能ではないと思います。現実的にはプレーオフ圏内は絶対目標、上位が調子を崩せば展開次第で自動昇格も狙えそうだと思います。とにかくこれから更に上位を目指すのであれば安定してポイントを積み上げていけることが前提になるのは間違いありません。


2018 Jリーグ Division2 第21節
2018年6月30日(土), 19:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - 愛媛FC 1:1 (1:1)
大宮: 笠原 - 酒井, 山越, 河本, 河面 - 茨田 (85. 横谷), 大山, 三門, マテウス - 富山 (82. 嶋田), 大前 (75. シモヴィッチ)
愛媛: 岡本 - 林堂, 西岡, 前野 - 小暮, 田中, 野澤, 丹羽 (89. 西田) - 近藤, 河原 (58. 小池) - 有田 (82. 神田)
得点: 1:0 大前 (31.), 1:1 近藤 (37.)
警告: - / -
観客: 9,886人
主審: 飯田 淳平

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

00:44  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT