--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2012.11.20 (Tue)

サッカー観戦の思い出:2004年大宮アルディージャJ1昇格決定試合

 Jリーグの終盤に来ていますが、まだJ1残留争いはどうなるか全くわかりません。そんな時期ではありますがあえて久しぶりに昔のサッカー観戦の思い出を投稿します。

 今回は大宮アルディージャがJ1昇格を決めた2004年11月20日の試合です。ちょうど8年前の同じ日です。この試合に関してはJ2時代からの大宮アルディージャファンの皆様ならまだ鮮明に覚えていらっしゃるのではないかと思います。

 普段はキックオフ直前に行っても好きな席が確保できた時代、この試合に関しては2、3時間前にスタジアムに行って長い行列に並びました。前半を終了してスコアレスでしたが、当時は全く不安を感じませんでした。というのも当時の大宮は前半を無失点で乗り切り後半にゴールを奪って勝つというパターンが出来上がっていたからです。当然、この試合も普段どおりの展開で後半のいつ頃に誰がゴールを決めるのかを楽しみにハーフタイムを過ごした覚えがあります。
 後半開始早々の森田浩史のゴールは嬉しかったです。今でも私は森田がいなければ今のJ1の大宮はなかったと思っています。このシーズンの終盤のロスタイムでのゴール連発はまさに神でした。このシーズンの躍進の立役者がこの大事な試合で決めるのは必然だったようにも思います。


 その後の大宮は勢いに乗って着々とゴールを積み重ね見事に勝利をおさめ、J1昇格を手にしました。私も2002年は大宮公園で大分トリニータ、2003年は新潟でアルビレックス新潟と2年続けて相手チームのJ1昇格決定の瞬間を見届けてきましたがついに大宮の番がきたのです。しかし、不思議と勝利の瞬間はそれほど感動はなく、このあとこのスタジアムはどうなるのだろう、ゴール裏の桜並木はなくなってしまうのだろうななどと考えていました。


 正直に言うとこのとき私は大宮がJ1で通用するかは非常に疑問に感じており、いずれすぐにJ2に戻るのではないかと思っていました。でもこのときクラブはJ1への「One Way Ticket」という言葉を使いJ2へは戻らないという決意を表明しました。その後、いろいろなことがありましたが、ここまで毎年残留争いをしながらよく踏みとどまっていると思います。今シーズンもまだ全く油断のならない状況に追い込まれています。これは毎年変わりませんが、J2の状況は8年前と大きく変わっています。仮に今降格したら昇格は相当厳しいものになります。絶対に落ちてはいけないのです。


2004 J. League Division 2 第42節
2004年11月20日 14:03 大宮公園サッカー場
大宮アルディージャ - 水戸ホーリーホック 3:1 (0:0)
大宮: 荒谷 - 西村 (58. 斉藤), トニーニョ, 奥野, 冨田 - 金澤, ディビッドソン, 安藤, 久永 (76. 島田) - トゥット, 森田 (66. バレー)
水戸: 武田 - 小椋, 柴小屋, 森 - 関 (62. 吉田), 永井, 栗田 (52. 松浦), 北島, 伊藤 (77. 樹森) - 磯崎, 小林
得点: 1:0 森田 (46.), 2:0 トゥット (57.), 3:0 バレー (71.), 3:1 トニーニョ (89.,オウンゴール)
警告: 森田 - /
入場者:10,546人
主審:池田 直寛

スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

02:18  |  昔の観戦記録  |  Trackback(1)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2010.01.01 (Fri)

サッカー観戦の思い出:2005年ルールシュタディオン初観戦

 2010年最初の投稿は久しぶりにサッカー観戦思い出の試合について。2005年の秋に私が初めてドイツに行ったときに見たボーフムと1860ミュンヘンの試合です。これが私のツヴァイテリーガ初観戦という記念すべき試合でした。そして、この試合を観戦したことがきっかけでVfLボーフムというチームが好きになったのです。
 この試合を見に行くことになったのは、ブンデスリーガの日程の都合でした。私はこの週は、土曜日にボルシアパーク、日曜日にヴェストファーレンシュタディオンで試合を見たのですが、月曜日には1部の試合はなく2部で唯一この試合が組まれていました。ボーフムは前日滞在していたドルトムントのすぐ近くなので見に行ったという単純な理由でした。


 ボーフム駅からトラムに乗りルールシュタディオン(現在のレヴィアパワーシュタディオン)へ向かいます。それまで地下を走っていたトラムが地上に出たところのちょうど左手、道路際にルールシュタディオンがあります。車内にいたサポーターはその瞬間、大声で歌いだします。この写真はルールシュタディオンの停留所から見たスタジアムの様子です。


 両チームの選手で知っていたのは、ボーフムのFWで元グラートバッハのヨリス・ファンハウトただ一人でした。しかし、試合前に購入したプログラムに目を通すと、FWのエドゥーという選手がその試合までの7試合で6ゴールを記録していることを知り、どんな選手なのか注目することにしました。
 試合自体は、前日に見たドルトムントとシュトゥットガルトの試合があまり面白くない試合だったこともありますが、お互い攻守の切り替えが速くスピーディーな好ゲームだと感じました。そんな中でやはり目立っていたのはエドゥーでした。この選手、瞬間的なスピードはあるのですがとにかくよく転びます。はっきり言えば、意図的にファールをもらおうとしているプレーを連発していて面白かったです。
 なかなか点の入らない試合でしたが、88分にエドゥーが倒されて得たセットプレーのチャンスでトロヤンのキックにマルトリッツが頭で合わせてボーフムがゴールを奪いそれが決勝点になりボーフムが勝ちました。私はそれまで別にボーフムを応援していたわけではないのですが、勝利の瞬間は周囲の人たちと喜びを分かち合いました。

 この試合を見るまで、ボーフムというクラブに関しては、特に注目されることもないブンデスリーガの地味な1クラブで、1部と2部を往復している程度の実力しかないといった印象しか持っていませんでしたが、そんなクラブでもこれだけ熱心なファンが集まり、ひとつひとつのプレーに熱狂し人数は少なくてもスタジアム全体の素晴らしい雰囲気を作り出している。この試合でそんな雰囲気を感じた私はその後ボーフムというクラブの試合結果を気にかけるようになり、次第に応援するようになっていったのです。
 このシーズン、ボーフムは見事ツヴァイテで優勝し1部に復帰、その後は毎シーズンのように残留争いをしながらも何とか1部に踏みとどまっています。FWのエドゥーはその後マインツに移籍し今はKリーグの水原で活躍しているようです。


2. Bundesliga, 2005/06 8.Spieltag
03.10.2005, 20.15 Uhr, Ruhrstadion, Bochum
VfL Bochum - TSV 1860 München 1:0 (0:0)
Bochum: van Duijnhoven - Pallas, Maltritz, Drsek, Butscher - Zdebel - Navidkia (70. China), Imhof (80. Trojan) - Misimovic - van Hout, Edu
München: T. Ochs - T. Hoffmann, Szukala, Costa, M. Schäfer - R. Meyer, Matth. Lehmann (89. Reisinger) - Vucicevic (78. Kolomaznik), Baier, Milchraum (57. Krontiris) - Agostino
Tore: 1:0 Maltritz (88.)
Gelbe Karten: Maltritz, Pallas, Zdebel - Costa, Milchraum
Zuschauer: 23.606
Schiedsrichter: Michael Weiner

テーマ : サッカー - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

01:23  |  昔の観戦記録  |  Trackback(0)  |  Comment(2)  |  Edit  |  Top↑

2009.06.14 (Sun)

サッカー観戦の思い出:2005年ブンデスリーガ初観戦

 1990年代からドイツのサッカーに興味を持ち、時々TV放送される試合(バイエルン戦が中心でしたが)を楽しみにしていた私ですが現地のスタジアムでの観戦が実現したのは比較的最近の2005年のことです。
 メンヒェングラートバッハに新スタジアム建設の話が持ち上がった頃、ボルシアがベーケルベルクを使っているうちに絶対に行こうと心に決めたものの、ちょうど仕事が忙しくなりドイツへ旅行するなど考えられない状態に陥りました。
 さて、2005年の秋にようやく実現したドイツ旅行、当時はドイツに関してはサッカー以外の観光にはまるで興味が無く、とにかくグラートバッハのホームゲームに日程を合わせて旅行を組みました。残念ながらこのときすでにボルシアパークが完成しベーケルベルクは解体を待つ状態でしたが、まあ仕方がありません。

 私のブンデスリーガ初観戦となった試合は、2005/06シーズンの第8節、グラートバッハとマインツの試合でした。このシーズン、ホルスト・ケッペル率いるグラートバッハは2連勝中。一方のマインツはこのシーズンはフェアプレー枠でUEFAカップに参戦中でわずか2日前に試合を終えたばかり。小規模なクラブゆえターンオーバーなどとれずほぼ同じメンバーで試合に臨むはず。過去の対戦成績から見てもグラートバッハが圧倒的に優位にあり、正直なところ楽勝なのかと思っていました。

 
 
 メンヒェングラートバッハの駅からサポーターで満員のバスに乗りボルシアパークが見えてきたときのわくわくする気持ちは忘れられません。そしてスタンドからピッチをはじめてみたとき、本当に感動してしまいました。当日は変わりやすい不安定な天気でスタジアムへ入るときには雨が降っていたのに、ちょうど私がスタンドに出たそのとき突然晴れ間が出て光がさしてピッチがきれいに見えたせいもあるかもしれません。

 
 試合のこともよく覚えています。グラートバッハは新加入の注目のブラジル人FWカエがヌヴィルとのツートップで出場しましたが、まるで周囲とかみ合わずイライラさせられました。もう一人、私のお気に入りのスヴィエルコシュが控えにいたので余計にそう感じたのです。それでも先制点はグラートバッハでした。ヌヴィルのコーナーキックをDFのゼ・アントニオが頭で押し込みます。マインツのGKヴァッヘがこれに反応し懸命にボールを掻き出したのですがゴールが認められたのです。
 私の予想では試合間隔の短いマインツは後半に入ると動きが鈍るだろうと思っていたのですが、実は逆で後半はマインツのペース。特に元グラートバッハのアウアーが入ってからマインツは見違えるようになりました。(彼が登場したときのブーイングは凄かったです。)
 最後はいったいどちらが2日前に試合をしたチームなのかと思うくらいにグラートバッハは防戦一方になっていました。

 
 最後はヒヤヒヤの連続となりGKケーシー・ケラーの活躍でなんとか逃げ切る展開、そして決勝ゴールもネットを揺らしたものではない微妙なゴールというなんともぱっとしない試合でした。でも、私にとってはこの試合は本当に忘れられないものとなりました。
 またそろそろボルシアパークへ行きたくなってきました。次に行けるのは2年後くらいでしょうか?


1. Bundesliga, 2005/06 8.Spieltag
01.10.2005, 15.30 Uhr, Stadion im Borussia-Park, Mönchengladbach
Borussia M'gladbach - 1. FSV Mainz 05 1:0 (1:0)
Borussia: Keller - Fukal, Zé António, Strasser (52. Compper), Jansen - Oude Kamphuis - El Fakiri, Kluge - Broich (80. Daems) - Kahe (62. Sverkos), Neuville
Mainz: Wache - Demirtas (89. N. Weiland), M. Friedlich, Noveski, Weigelt - F. Gerber (46. Geißler), Pekovic, da Silva - Ruman, Thurk (65. Auer) - Zidan
Tore: 1:0 Zé António (32.)
Gelbe Karten: Fukal, Jansen - Ruman, Demirtas, Thurk
Zuschauer: 47.026
Schiedsrichter: Günter Perl

テーマ : サッカー - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

17:46  |  昔の観戦記録  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2009.01.04 (Sun)

サッカー観戦の思い出:2002年 初の海外サッカー観戦(イラン)

 私は最近でこそスタジアムに足を運ぶことが多いのですが以前はそれほどでもありませんでした。まして海外のサッカー観戦なんて夢のようだったのです。そんな私の初の海外サッカー観戦は意外なことにイランのシラズのスタジアムなのです。2002年の春、当時は比較的長めの休暇がとれた平和な時代で毎年どこかに旅行に出ていました。イランへ旅行した目的はイスファハンだったのですが、偶然、旅先での滞在とイラン国内リーグの日程が合ったのです。しかし、イランのサッカーのことは全くわからなかったのでチャンスがあれば見てみようという程度で気軽に構えていました。

 当日、私は日本から到着後テヘランの空港で夜を明かしたため一睡もしていない状態のままシラズへやってきた上、ホテルで休むまもなくタクシードライバーに誘われてペルセポリスの観光へ行きました。眠くて仕方がなかったのですがホテルに着く前にタクシーを降りて市内の観光スポットを歩いて回りました。今にして思えば当時は体力があったのだと思います。
 ハーフェズ廟を見学していると近くで歓声が聞こえてきます。「あれサッカーかな。」と思った私は吸い寄せられるようにそちらへ向かって歩き出しました。ハーフェズ廟の向かいにスタジアムがありサッカーの試合が行われていました。チケットを買い求めようかと思い中を覗き込んでいると警備員らしき人が「こちらで見ろ。」というのでいわれるままにスタジアムに入りました。チケットは買っていません。

 
 試合はホームのバルグがやや押し気味かという感じはしましたが全体的にはほぼ互角。試合全体の印象としてはかなりラフプレーが多いなということ。主審はそれを流すわけではなくしっかりとファールをとります。なので、試合が途切れ途切れになる感じでどうも面白みに欠けます。
 スタジアムにいるのはほぼ100%男性なのでサポーターの声援はかなり迫力があるのですが、いかんせん数が少ないし、それほど熱心に応援しているようにも見えません。というのは、1:1の同点で試合終了5分前くらいになったら、バックスタンドのサポーターはいっせいに帰り始めたのです。実際には帰るのではなく出口近くに移動してそこで試合の様子を見ているのですが、もう応援はやめてしまっているのでした。

 
 正直なところ、試合自体はあまり面白くないものでしたが、イランという国のサッカーやスタジアム、観客の様子を見ることができてよい思い出にはなりました。
 私が見た試合は観客が少なかったのですが、イランの国内リーグのすべての試合がそうだというわけではなく、たとえばピルズィとエステグラルのテヘランダービーでは9万人収容のアザディ・スタジアムが満員になったりするそうです。


Iranian Pro League 2001-2002 Season, Round 19
26.04.2002 Hafezieh Stadium, Shiraz
FC Bargh Shiraz - FC Foolad Khuzestan 1:1 (1:0)


テーマ : サッカー - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

17:09  |  昔の観戦記録  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2008.12.27 (Sat)

サッカー観戦の思い出:1994年 大宮公園での初サッカー観戦

 子供のころから大宮公園の近くに住んでいるので、大宮公園サッカー場は身近な存在でした。ここで高校サッカーなどアマチュアの試合が行われていたのは知っていたし、何度か見に行った記憶もありますが、当時はそれほど関心はありませんでした。
 私が自分でお金を払って観戦した初めての試合は、1994年のJFL第19節。NTT関東と藤枝ブルックスの試合です。NTT関東は今の大宮アルディージャの母体となったクラブですので、この試合が私の大宮初観戦となる記念すべき試合なのです。
 もう14年前になりますが当時のことはよく覚えています。当時、平日に休暇が取れるという今から想像できない平和な生活を送っていた私はちょうど当日に大宮公園でJFLの試合があることを知りちょっと観戦に行ってみようと出かけたわけです。


 どんより曇った蒸し暑い天気の中で試合が始まりました。試合が始まってすぐに藤枝が攻め込み、FW遠藤孝弘のシュートはNTTのGK柄谷典弘がトンネルしてしまいあっけなく藤枝に点が入りました。数少ない観客からは「下手くそ!」という野次がとんでいました。その後も藤枝が優勢に試合を進めていた印象が記憶に残っています。藤枝というチームのことはよく知りませんでしたが、この試合ではピッコリ、ホルヘ、マジョールという3人のアルゼンチン人選手を中心にボールをまわしていました。一方、NTTは守備的に戦いピンチは多いですが失点はせずに後半に入ります。後半に入ると雨が激しくなり屋根のないスタンドでの観戦は厳しくなり、雨宿りをしようとしたのですが雨をしのげる場所が少なくてそこにはぎっしりと人が集まっていました。


 後半にNTTはFW松崎二郎のゴールで追いついたものの、その後再び藤枝がリードし試合が終わりました。思えばこのシーズンは藤枝は優勝争いに絡み、Jリーグ昇格条件の2位以上を目指していたセレッソ大阪と柏レイソルにとっていやな存在になっていました。ですので、藤枝にはそれなりの力はあったのでしょう。NTTは全員アマチュアチームでしたが守備的によく粘り少ないチャンスでゴールを決めてました。当時はJリーグブームで、特に私の地元浦和の試合はチケット入手が大変困難でしたが、地元でも案外面白い試合が見られるのだと感じました。そして、その後はしばしばJFLの試合を見に行くようになったのです。


1994 Japan Football League 第19節
1994年9月1日(木), 19:00, 大宮公園サッカー場, 1.400人
NTT関東 - 藤枝ブルックス 1:2 (0:1)
得点者: 0:1 遠藤孝弘 (0.), 1:1 松崎二郎 (75.), 1:2 其田秀太 (83.)

テーマ : サッカー - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

01:47  |  昔の観戦記録  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。