2009.07.26 (Sun)

グラートバッハ情報まとめ 7/26

パナシナイコス戦は0:1で敗北

 ギリシャの名門、パナシナイコスと練習試合を行い、0:1で敗れました。実力のあるチームが相手でしたが、試合のペースはグラートバッハがつかみ何度かチャンスはありましたが、ゴール前でのラストパスに正確さを欠き得点はできず、逆にメンバーを大幅に入れ替えた終盤にフランス代表FWのシセにヘディングでゴールを決められてしまいました。新加入のアランゴやボバディヤも随所に光るものを見せたようですが、まだゴールにはつながりません。


Testspiel
20.07.2009 Saalfelden in Österreich
Borussia M'gladbach - Panathinaikos Athen 0:1 (0:0)
Borussia: Heimeroth – Levels, Brouwers, Dante, Jaurès – Bradley (65. Neustädter), Jantschke (65. Meeuwis), Marx (65. Bäcker) – Matmour (65. Neuville), Bobadilla (65. Colautti), Arango (65. Reus).
Tore: 0:1 Cissé (75.).
Zuschauer: 1.411.


ダンディーに2:0で勝利

 オーストリアキャンプでの最後の練習試合となったスコットランド2部リーグ所属のFCダンディーとの試合は、マルクスとマトムアとゴールにより2:0で勝利しました。2日前にパナシナイコスと試合をしたばかりなので、クライネとドルダ以外は途中で交代しています。


Testspiel
22.07.2009 Saalfelden in Österreich
Borussia M'gladbach - FC Dundee 2:0 (1:0)
Borussia: Löhe (46. ter Stegen) – Levels (46. Jantschke), Kleine, Dante (46. Brouwers), Dorda – Marx (46. Meeuwis), Bradley (46. Neustädter), Reus (46. Matmour), Arango (46. Lamidi) – Colautti (68. Bäcker), Bobadilla (46. Neuville).
Tore: 1:0 Marx (32.), 2:0 Matmour (49.).
Zuschauer: 700.


ボルトンとは引き分け

 最後の練習試合はホームのボルシア・パークでイングランド・プレミアリーグのボルトン・ワンダラーズと対戦し引き分けました。
 ボルトンの先制点はセンターライン付近でのフリーキックが起点となりました。サムエルの前方へロングパスをヘディングでつながれペナルティエリア内でフリーでボールを受けたマッキャンがシュートを決めました。
 グラートバッハの同点ゴールは新加入のボバディヤが交代直前に決めました。左サイドをドリブルで突破し相手DFを振り払うようにしてそのままシュートを決めました。この力強さがボバディヤの特徴でしょう。ここ数年のグラートバッハにはいなかったタイプの選手でチームにフィットしてくれば非常に楽しみな存在です。この試合では、他にマトムアやブラッドリーの調子が良さそうに見えました。
 グラートバッハは次の週末にDFBポカール(FSVフランクフルト戦)があり、その翌週がいよいよブンデスリーガ開幕戦(アウェイのボーフム戦)となります。


Testspiel
25.07.2009 15.30Uhr Stadion im Borussia-Park, Mönchengladbach
Borussia M'gladbach - Bolton Wanderers 1:1 (0:1)
Borussia: Heimeroth – Levels, Brouwers, Dante, Jaurès – Bradley (76. Lamidi), Marx – Matmour, Arango, Reus (46. Colautti) – Bobadilla (76. Neuville).
Bolton: Al Habsi (46. Bogdan) – Steinsson, Cahill (46. Shittu), O´Brien, Samuel (46. Robinson) – Basham, Davis (46. Cohen), M. Davies, Riga (46. Taylor) – McCann (46. Muamba), Elmander (46. K.Davies).
Tore: 0:1 McCann (26.), 1:1 Bobadilla (76.)
Gelbe Karten: Brouwers, Jaurès – M. Davies
Zuschauer: 17.141
Schiedsrichter: Florian Steuer
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

21:18  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2009.07.20 (Mon)

グラートバッハ情報まとめ 7/20

練習試合でコラウティがドッペルパック

 7月12日のベルギッシュ・グラートバッハ戦は、試合開始早々に失点しますが、コラウティの2ゴールとマトムアのゴールでボルシアが勝利しています。
 コラウティの1点目は、レベルスの右からのアーリークロスを相手GKと接触しながら競り勝ち頭で決めました。2点目はクライネのヘディングをノイシュテッターが折り返したボールを頭で押し込んだ形でした。コラウティはもともとヘディングの強い選手ですが、その特徴を発揮してくれました。今シーズンはフレンドが怪我で出遅れているのでコラウティには活躍してほしいと思います。


Testspiel
12.07.2009 Belkaw-Arena, Bergisch Gladbach
SV Bergisch Gladbach 09 - Borussia M'gladbach 1:3 (1:2)
Borussia: (1. Halbzeit): Löhe – Levels, Kleine, Dante, Dorda - Pirschel, Meeuwis, Neustädter - Arango – Colautti, Lamidi.
Borussia: (2. Halbzeit): Löhe – Jantschke, Brouwers, Daems, Jaurès – Schaaf - Matmour, Marx, Reus – Neuville, Bäcker.
Tore: 1:0 Hoffstadt (1.), 1:1 Colautti (26.), 1:2 Colautti (41.), 1:3 Matmour (63.)
Zuschauer: 3.400.



FCトゥヴェンテには敗戦

 7月14日に行われたFCトゥヴェンテ・エンスヘーデとの試合は0:2で敗れました。最初の失点は64分、テオ・ヤンセンのフリーキックがポストを直撃し跳ね返ったボールがブラーウェルスに当たりオウンゴールになってしまいました。2失点目は72分、中盤からのスルーパスをあっさり通され、ニキータ・ルカヴィチュヤに決められてしまいました。
 相手は昨シーズンのオランダ1部リーグ2位の強敵であり、試合結果はやむをえない気もしますが、失点シーン(特に2点目)など、昨シーズンのディフェンスを見ているようでちょっと心配になります。


Testspiel
14.07.2009 Sportpark Villekamp in Aalten
FC Twente Enschede - Borussia M'gladbach 2:0 (0:0)
Borussia: Heimeroth – Levels (81. Jantschke), Brouwers, Dante (46. Kleine), Daems (81. Jaurès) – Meeuwis, Marx (71. Neustädter) – Matmour (61. Lamidi), Reus (61. Dorda) – Neuville (46. Bobadilla), Colautti (71. Bäcker)
Tore: 1:0 Brouwers (64., Eigentor), 2:0 Rukavytsya (72.)
Zuschauer: 3.200



フュルトとの練習試合は中止

7月18日に行われる予定だった、2部のグロイター・フュルトとの試合は悪天候のため中止になりました。代わりに7月22日(水)にスコットランドのFCダンディーと試合をするようです。



テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

22:35  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2009.07.20 (Mon)

2009 J-League Division 1 第18節 大宮×FC東京

 リーグ戦が中断している間に守備が崩壊し大量失点を繰り返していた大宮もリーグ戦再開後は何とか持ち直してきた感じがします。とはいえ、まだまだ調子がよいとは言えない状態です。一方の東京はカップ戦を含めると7連勝中。特に前回の対戦でハットトリックを決めた石川が6試合連続ゴールと絶好調。チーム全体の完成度や勢いには歴然の差があり大宮が勝てる要素を探すのが非常に難しい状態です。その上、大宮は東京に対して全く歯が立たないという過去のデータがあります。大宮はホームでは東京から得点すらできないのです。大宮の東京からの得点はJ2時代の1999年に岩瀬が延長Vゴールを決めて以来まったくないのです。90分以内のゴールということでは、JFL時代の1996年にまでさかのぼらなくてはなりません。というわけで私の希望は「勝敗とは関係なくとりあえず1点入れてくれ」ということでした。




 でも、結果は0:3。終始、東京にペースを握られて、最後まで大宮の得点の気配はまるでありませんでした。また、この試合に大宮は新戦力のドゥドゥが登場しましたが、全く機能せずむしろチームの足を引っ張ることになりました。まだチームに合流して間もないのでコンビネーションが悪いのは仕方ないとしても、キープ力の無さや競り合いでの弱さや運動量の少なさが気になりました。今日の試合を見る限り、この選手にはあまり期待しないほうがよいと思います。
 東京は予想通り石川が好調。シュートがGKに防がれた場面がありましたが、シュート以外にもドリブルやパスなど非常にきれていました。得点こそなかったけれど、東京の勝利に大きく貢献していたと思います。東京も水曜日にカップ戦を戦ったばかりで疲労が残っているのかパスミスが多く、本来のサッカーではなかったのでしょうが、それより先に大宮のほうが息切れしてしまうというのはどういうことでしょうか。


 結局、今年も大宮は東京相手にホームで得点を取ることができませんでした。一体いつになったら点が取れるのか? そんなこと気にするよりとにかく1部残留しないことには始まりません。負け試合でも今後に希望がもてるものがあればよいのですが、私には少なくてもこの試合の中には見当りませんでした。まあ、とりあえず次の試合に期待することにします。


2009 Jリーグ Division1 第18節
2009年7月18日(土), 18:04, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - FC東京 0:3 (0:1)
大宮: 江角 - 塚本, 冨田, マト, 波戸 - 金澤 (81. 斉藤), 橋本, 藤本 , 内田 (65. 土岐田) - 石原, ドゥドゥ (44. ソ ヨンドク)
東京: 権田 - 徳永, ブルーノ クアドロス, 今野, 長友 - 米本, 梶山, 石川 (85. 鈴木), 羽生 (60. 田邉) - カボレ (79. 近藤), 平山
得点者: 0:1 平山 (44.), 0:2 今野 (71.), 0:3 平山 (89.)
警告: マト, 藤本
主審: 岡田 正義
入場者: 10,895人

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

22:27  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(2)  |  Edit  |  Top↑

2009.07.11 (Sat)

グラートバッハ情報まとめ 7/11

選手の動き

 2008/09シーズン終了からこれまでの選手の動きをまとめておきます。

IN
フアン・アランゴ (Juan Fernando Arango) ← RCDマジョルカ
ラウル・ボバディヤ (Raul Marcelo Bobadilla) ← グラスホッパー・クラブ・チューリッヒ
トルベン・マルクス (Thorben Marx) ← アルミニア・ビーレフェルト
マルコ・ロイス (Marco Reus) ← ロートヴァイス・アーレン
ロマン・ノイシュテッター (Roman Neustädter) ← 1. FSV マインツ 05
ファビアン・ベッカー (Fabian Bäcker) ← ボルシア・メンヒェングラートバッハⅡ
マルセル・メーウヴィス (Marcel Meeuwis) ← ローダJC ケルクラーデ

OUT
パトリック・パーウェ (Patrick Paauwe) → VVV フェンロ
スーマイラ・クリバリ (Soumaila Coulibaly) → FSV フランクフルト
マルコ・マリン (Marko Marin) → ヴェルダー・ブレーメン
セバスティアン・シャハテン (Sebastian Schachten) → SCパダボーン (レンタル)
ヨハネス・ファンデンベルク (Johannes van den Bergh) → フォルトゥナ・デュッセルドルフ
シャルベル・トゥマ (Sharbel Touma) → イラクリス・サロニキ
トマシュ・ガラシェク (Tomas Galasek) → 引退
アレクサンダー・バウムヨハン (Alexander Baumjohann) → FCバイエルン・ミュンヘン

他に、セバスティアン・スヴェルト、スティーブ・ゴフリが戦力外となっています。


練習試合でマルコ・ロイスが2ゴール

 ボルシアの3試合目の練習試合には注目の新戦力、アランゴとボバディヤも出場しましたが、活躍が目立ったのは、アーレンから加入した20歳のマルコ・ロイスでした。後半から左サイドのMFとしてプレーしましたが、48分に先制ゴール、63分にもゴールを決めています。2点目はポストに跳ね返ったボールをゴールに流し込むだけのゴールではありましたが、それ以外にもチャンスに絡み、惜しいシュートを放っています。
 このロイスの背番号は11。昨シーズンのボルシアの背番号11といえばマルコ・マリンです。ロイスはマリンと同じ攻撃的MFで、年齢も近く、名前も同じということもあって、ついつい大きな期待をしてしまいます。


Testspiel
09.07.2009, 19.00 Uhr Waldstadion
FC Wegberg-Beeck - Borussia M'gladbach 1:4 (0:0)
Borussia: (1. Halbzeit): Heimeroth – von der Weth, Kleine, Daems, Jaurès - Meeuwis, Lamidi, Neustädter, Arango – Neuville, Bäcker.
Borussia: (2. Halbzeit): Heimeroth – Levels, Heubach, Dante, Dorda – Jantschke, Schlösser, Marx, Reus – Colautti, Bobadilla.
Tore: 0:1 Marco Reus (48.), 0:2 Christian Schlösser (59.), 0:3 Marco Reus (63.) , 0:4 Dante (83.), 1:4 Dominik Bischoff (90.).
Zuschauer: 4.800 (ausverkauft).

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

23:26  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2009.07.05 (Sun)

グラートバッハ情報まとめ 7/5

アランゴがやってくる

 以前からニュースには流れていましたが、グラートバッハがスペインのRCDマジョルカからベネズエラ代表キャプテンのMF、フアン・アランゴ(Juan Arango)を獲得することが正式に決まりました。
 アランゴは左利きのMFですが、FWとして使われることもあり得点能力の高さは知られています。ちなみにマジョルカ在籍6シーズンで183試合出場(46ゴール)、ベネズエラ代表としては80試合出場しています。
 アランゴとは2012年までの3年契約となり、移籍金は360万ユーロといわれていますが、マリンの移籍で獲得した金をボバディジャとアランゴ獲得に使ったと考えればよいのでしょうか。
 数年前に大金払ってボカから獲得したアルゼンチン人MFがまるで機能せず、それでも使い続けた結果、結局チームが2部に降格することになったことがありましたが、今回はそんなことなくチームの中心として活躍してくれることを期待しています。


ヌジェンクはアウクスブルクへ

 昨シーズン途中に戦力外となり、HSVへレンタル移籍していたマルセル・ヌジェンクはツヴァイテ・リーガのFCアウクスブルクへ移籍することになりました。ルフカイ監督に必要とされての移籍ということでしょう。


練習試合でベッカーがハットトリック

 6月29日、グラートバッハはチューリンゲン州ゴータのクラブ、FSV ヴァッカー・ゴータ(6部にあたるチューリンゲンリーガ所属)と練習試合を行い、8:0で勝っています。グラートバッハⅡから昇格したFWファビアン・ベッカーがハットトリックを決めています。ほかにコラウティとヌヴィルが2ゴールずつ、マルクスが1ゴールを決めています。


リーグ戦の日程

 ブンデスリーガ、2009/2010シーズンの日程が決まりました。グラートバッハの初戦は8月8日、または9日にアウェイでボーフムと対戦、ホーム開幕は第2節ヘルタ・ベルリンとの対戦です。日程はこちらで確認できます。
 また、DFBポカールの初戦の相手は、ツヴァイテリーガのFSVフランクフルトにきまりました。昨シーズン途中までグラートバッハの一員だったアレクサンダー・フォイクトとの対戦は楽しみです。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

12:49  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2009.07.05 (Sun)

2009 J-League Division 1 第16節 大宮×横浜FM

 7月最初の週末も、NACK5スタジアムでJリーグ観戦。大宮アルディージャは横浜Fマリノスと対戦です。先月はナビスコカップで対戦していますが、大宮がボロボロの状態で横浜の完勝に終わっています。


 なぜかNACK5スタジアムに横浜のマスコットが登場し、試合前にはマスコット同士のPK対決が行われましたが、引き分け。

 
 さて試合は前半は完全に横浜のペース。狩野から山瀬、渡邉のコンビネーションから何度もシュートチャンスがありましたが、大宮がなんとか防ぐという展開。しかし、一時期より大宮の守備には安定感が出てきた感じがしました。
 後半は大宮も盛り返しほぼ互角の展開になりましたが、どちらにもゴールは生まれませんでした。決定的なチャンスは横浜のほうが多く、横浜には悔しい結果だったと思います。
 前後半を通して大宮の決定的チャンスは一度だけ。24分に石原が相手DFを次々と抜き去り藤田へパスしますが、藤田はシュートを決めきれませんでした。それ以外はセットプレーで何度かチャンスがありましたがあまり得点の匂いはしませんでした。それにしても石原は本当に素晴らしい選手だと思います。大宮の選手の中でも1人だけレベルが違う感じがします。おとなしそうな風貌で体格も大きくないのに空中戦は強いし、相手DFにも当たり負けしない。運動量もスピードもあるというのだから言うことなしです。私にとって今年は石原のプレーと塚本のフリーキックを見たくて大宮の試合を見ていると言っても過言ではないのです。

 
 大宮としては夏場は苦しい戦いが続くと思われるので、残留争いに向けてはとにかく勝ち点が取れそうな試合では確実に取っておかないといけないでしょう。その意味では苦しい試合でも無失点で粘り1ポイント取れたことはよかったと思います。ちなみに横浜戦はいまだにリーグ戦は9戦して無敗です。


2009 Jリーグ Division1 第16節
2009年7月4日(土), 18:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - 横浜Fマリノス 0:0 (0:0)
大宮: 江角 - 塚本, 冨田, マト, 波戸 - 金澤 (45. 片岡), 橋本, 藤本 (79. 土岐田), パク ウォンジェ - 石原, 藤田
横浜: 飯倉 - 田中, 栗原, 中澤, 小宮山 (82. 金井) - 松田, 兵藤, 狩野 - 山瀬, 渡邉 (85. 金根煥), 坂田 (69. 水沼)
得点者: なし
警告: 石原 - 松田, 田中, 水沼
主審: 田辺 宏司
入場者: 10,631人

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

12:12  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑
 | BLOGTOP |