2009.08.30 (Sun)

2009 J-League Division 1 第24節 大宮×鹿島

 大宮アルディージャは第24節は首位の鹿島アントラーズとホームのNACK5スタジアムで戦い、3:1で勝利を収めました。大宮はリーグ戦では鹿島に初めて勝ったことになります。

 
 試合前のスタジアムはいつもと変わらない雰囲気でしたが、私は鹿島相手にどういう試合をすれば勝てるのか考えてみたのですが全くイメージできません。これまでと違うのはラファエルが加入したことくらいなのでラファエルが活躍するしかないのかなと思っていました。
 大宮は前節の千葉戦を欠場した石原と藤本が復帰、前節負傷で途中交代した金澤も出場しました。千葉戦は彼らの不在が響いてしまっただけにこれは非常に大きかったと思います。

 
 試合開始からわずか4分で大宮に先制点が入りました。右サイドからの藤本のクロスが中央の石原をスルーする形になり左サイドの内田のところへ流れてきました。内田が左足で冷静に決めました。このシーンはちょうどマルキーニョスが負傷(鼻骨と頬骨の骨折だったらしい)によりピッチの外に出ている間の出来事で、鹿島としてはちょっと不運だったか。
 前半はこの1点だけでしたが、全体として鹿島が終始ボールを支配する展開となりつつも大宮が中盤で激しくプレスをかけてボールを奪い何とか互角に近い形に持ち込んでいました。この展開は大宮の望む形ではあるのですが思った以上に大変だなという印象を持ちました。これだけのハードワークは1試合持たないでしょうから、大宮はこれから先、さらに最低1点はとらないと勝てないなと思いました。
 予想通り、後半、大宮の運動量が落ちてくると鹿島が一方的に押し込む展開になります。ただし、大宮もただ守っているだけではなくボールを奪うとすばやく前線の石原やラファエルにボールをつなぎカウンターからチャンスを狙う姿勢を見せます。そして、それが終盤の2点につながったと思います。

 
 結果としては大宮にとって会心の勝利となりました。攻撃面では藤本、内田が縦横無尽に駆け回りラファエルはワンタッチでの絶妙なパスやドリブルで相手をかわすなどチャンスを作りました。守備面では金澤が相手にプレスをかけ相手のチャンスをつぶしていました。

 正直なところ、この結果は予想外でした。ハーフタイムの段階でもドローが精一杯かなと思っていました。しかし今になって思うとロスタイムの失点がちょっと気に入りません。押されっぱなしの展開なので3:1でも上出来なのですが、どうせなら3:0という結果がほしかったです。鹿島相手に3点差で勝つなんてこれから先もなかなかないことでしょうから。


2009 Jリーグ Division1 第24節
2009年8月29日(土), 18:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - 鹿島アントラーズ 3:1 (1:0)
大宮: 江角 - 塚本, 片岡, マト, 波戸 - 金澤, 橋本, 藤本, 内田 (75. 土岐田) - 石原, ラファエル (89. 藤田)
鹿島: 曽ヶ端 - 内田, 岩政, 伊野波, 新井場 - 青木 (74. 中田), 小笠原, ダニーロ (67. 大迫), 野沢 - 興梠 (78. 田代), マルキーニョス
得点者: 1:0 内田 (4.), 2:0 土岐田 (81.), 3:0 マト (85.), 3:1 野沢 (89.)
警告: 片岡, 土岐田, 江角 - 青木, 新井場
主審: 柏原 丈二
入場者: 11,369人
スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

00:50  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2009.08.29 (Sat)

ブンデスリーガ2009/2010 第4節 グラートバッハ vs. マインツ

 ボルシア・メンヒェングラートバッハ、今週は金曜日の夜にホームで昇格チームのマインツと対戦し、新加入選手、ラウル・ボバディーヤとマルコ・ロイスのゴールで快勝しました。これでリーグ戦ホームでは2連勝となりました。

  メンヒェングラートバッハは開幕のボーフム戦で不運な退場となったダンテが復帰。中盤にはマルクス、メーウヴィス、アランゴ、そしてFWにはボバディーヤが入りコラウティと2トップを組む4-4-2のシステムで戦いました。一方のマインツですが、元グラートバッハのポランスキは怪我のため欠場しましたが、スヴェンソンがボランチのポジションに入っていました。私にとってちょっと懐かしい名前です。

 序盤はどちらも相手の様子をうかがうような感じでリスクを負わない感じで大きなチャンスといえるシーンは無いまま試合が進みます。そして、29分にグラートバッハに先制点が入りました。マルクスから前線へのロングパスをディフェンスラインの裏でボバディーヤがGKを跳ね飛ばすようにしてボールを受け、さらに相手DF(ファンデルハイデン)を振り払うようにしてゴールを決めました。ボバディーヤが強さを発揮した彼らしいゴールでした。マインツにとってはこのプレーでGKのミュラーが負傷し交代せざるを得なくなったのは誤算だったでしょう。その後はマインツが攻め込む場面が増え何度かチャンスを作ります。特に前半残り5分を切ったあたりからはグラートバッハは防戦一方になりますが、うまい具合にハーフタイムに入ります。
 後半も予想通りマインツが攻勢をしかけグラートバッハが守る時間が長くなります。そんな中、グラートバッハには64分にペナルティエリアの外側の絶好の位置でフリーキックのチャンスがありましたが、アランゴのキックはポストを直撃しゴールにはなりません。その後もマインツが攻める展開が続き嫌な雰囲気になってきましたが、85分に途中から入ったロイスがゴールを決めて試合を決めました。自陣で相手にプレッシャーをかけてボールを奪うと自らドリブルで相手を振り切りカバーに入った相手もかわしそのままゴールを決めてしまいました。おそらく50メートル以上走ったでしょう。個人的に期待しているロイス、これまで出場時間は短くても良いプレーを見せていたのですが、あのドリブルを見ると最初から使ってほしいなと感じます。

 グラートバッハは次節は9月12日にアウェイで昇格チームのニュルンベルクと対戦します。


1. Bundesliga, 2009/10 4.Spieltag
28.08.2009, 20.30 Uhr, Stadion im Borussia-Park, Mönchengladbach
Borussia M'gladbach - 1. FSV Mainz 05 2:0 (1:0)
Borussia: Heimeroth - Levels, Brouwers, Dante, Jaurès - T. Marx, Meeuwis – Matmour (76. Reus), Arango – Colautti (88. Neustädter), Bobadilla (79. Neuville)
FSV Mainz 05: Müller (35. Wetklo) – Heller, Bungert, van der Heyden, Löw – Svensson (76. Gunkel), Hoogland – Karhan, Ivanschitz (66. Hyka), Schürrle - Bancé
Tore: 1:0 Bobadilla (29.), 2:0 Reus (85.)
Gelbe Karten: Matmour – Gunkel, Bancé
Zuschauer: 42.217
Schiedsrichter: Peter Sippel

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

08:39  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2009.08.25 (Tue)

ブンデスリーガ2009/2010 第3節 ブレーメン vs. グラートバッハ

 ブンデスリーガ第3節。ボルシア・メンヒェングラートバッハはアウェイのヴェーザーシュタディオンでブレーメンと対戦し、良いところなく3:0で敗れました。ボルシアはこれで3試合を終了して勝点4で10位となっています。

 ブレーメンの先制点はエジルのフリーキックから生まれました。このフリーキックをハイメロートが押さえきれず、はじいたところにピサロが詰めていてゴールへ蹴りこみました。これはハイメロートにはしっかりキャッチしてほしかった。ハイメロートはこの後はPKを止めたり、ファインセーブも見せていましたが、こういった場面を見てしまうと昨シーズンのように出番がなくなってしまいます。ハイメロートにも頑張ってほしいけれど、やはりバイリーの復帰が待ち遠しく感じます。
 続いてブレーメンの2点目もピサロが決めました。フリッツの右サイドから中央へグラウンダーのクロスを中央に走りこんできたピサロが右足のヒールで角度を変えてゴールへ流し込むという技ありのゴールでした。
 後半に入るとグラートバッハの良いところはほとんど見られなくなってしまいます。それに対して、マリンが古巣相手に生き生きとプレーしているのが何だか悔しく感じられました。まあ、マリンが獲得したPKが得点につながらなかったのがせめてもの救いでしょうか。
 いずれにしてもアウェイとはいえ、このような試合をしていては1部残留も厳しいと思います。次は金曜日の夜にホームでマインツと対戦します。2部から上がってきたマインツには負けられないところですが、マインツはバイエルンに勝つなど調子がいいようなので油断はできません。


1. Bundesliga, 2009/10 3.Spieltag
23.08.2009, 17.30 Uhr, Weserstadion, Bremen
SV Werder Bremen - Borussia M'gladbach 3:0 (2:0)
Werder Bremen: Wiese – Fritz, Mertesacker, Naldo, Boenisch – Frings, Borowski, Özil, Marin (84. Bargfrede) – Pizarro, Hunt (66. Almeida).
Borussia: Heimeroth – Levels (69. Stalteri), Brouwers, Kleine, Jaurès – Marx, Meeuwis, Bradley (46. Neuville) – Matmour, Bobadilla (79. Colautti), Arango.
Tore: 1:0 Pizarro (21.), 2:0 Pizarro (38.), 3:0 Naldo (88.).
Gelbe Karten: Borowski - Bradley, Levels, Arango.
Zuschauer: 34.800 (ausverkauft).
Schiedsrichter: Günter Perl.

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

02:23  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2009.08.23 (Sun)

2009 J-League Division 1 第23節 大宮×千葉


 J1第23節、大宮はホームで千葉と対戦し1:1のドローに終わりました。この結果、大宮は4戦連続勝ちなしで順位は暫定14位。23節は神戸の試合が残っているのでこの結果しだいでは15位になります。一方の千葉は7戦勝ちなしで16位。


 前半、千葉が慎重に来たのか大宮がボールを保持する時間が長くなります。何度かゴール前までボールは運ぶものの得点は奪えず。ピンチらしいピンチはほとんど無いまま30分が経過しますが、千葉に少ないチャンスを決められ先制点を許します。太田のクロスに対してネットバイアーノがヘディングで競り勝って決めたゴールでした。前半までの展開は前回のホームゲーム磐田戦を思わせる感じでした。


 後半も大宮が優位に試合を進めますが攻撃が単調でゴール前ではね返される展開が続きます。それでも62分にラファエルが個人技で相手DF池田を翻弄し同点ゴールを決めます。その後もしばらくはチャンスがありましたが悲しいことに決定力がありません。この深刻な決定力不足は今シーズン中には解消できないでしょう。
 そんな状態で同点のまま終盤に入りますが、80分あたりになると大宮のMF、DFの足が完全に止まり、ここからは千葉の一方的な展開になります。しかし千葉もゴールは奪えずにドローに終わりました。

 結果的には調子の良くないチーム同士の対戦らしくミスの多い凡戦でした。大宮はラファエルの個人技と相手のミスと主審のジャッジに救われて何とか勝点1を拾えた感じです。まあ、もはやチーム力が飛躍的に上がる可能性が無い以上、今シーズンの残り試合は1部残留という目標に向かって、試合内容は関係なくしぶとく勝点を積み重ねていくしかなくなりました。その意味ではこの試合に限って言えば、苦しい展開の中、1ポイント取れたことを評価しなくてはいけないのかもしれません。ただし、残り試合の相手のことを考えるとこれからかなり厳しい展開を覚悟しないといけないでしょう。
 そんな状況で主力選手が怪我するのはまずいです。この試合では石原の欠場、金澤の負傷による途中交代は非常に痛かったと思います。彼らは今のチームでは欠かせない存在となっているだけに次の試合からは復帰してほしいと思います。


2009 Jリーグ Division1 第23節
2009年8月22日(土), 18:04, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - ジェフユナイテッド千葉 1:1 (0:1)
大宮: 江角 - 塚本, 片岡, マト, 波戸 - 金澤 (49. 土岐田), 橋本, 内田 , パク・ウォンジェ - 藤田 (75. 市川), ラファエル
千葉: 櫛野 - 坂本, 池田, ボスナー (82. 斎藤), 青木 - 深井 (78. 工藤), 下村, 中後, 太田 - ネットバイアーノ, 巻 (64. 谷澤)
得点者: 0:1 ネットバイアーノ (32.), 1:1 ラファエル (62.)
警告: パク ウォンジェ - 青木, 中後, 下村
主審: 岡田 正義
入場者: 10,211人

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

00:21  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2009.08.16 (Sun)

ブンデスリーガ2009/2010 第2節 グラートバッハ vs. ヘルタBSC

 ボルシア・パークでの開幕ゲームとなった第2節、グラートバッハはブラーウェルス、マトムアのゴールでヘルタ・ベルリンを破り今シーズンの初勝利をあげました。

 開幕のボーフム戦で退場になったダンテに代わりクライネが最終ラインに入り、ボランチには新戦力のメイウヴィスが加わり2トップはヌヴィルとボバディーヤが組みました。
 先制点は23分。アランゴのコーナーキックは相手にはね返されますがそれを拾ったグラートバッハはレベルスが前方へフィードするとペナルティエリア内に残っていたブラーウェルスが頭でこのボールをゴールに押し込みました。オフサイドかどうか微妙なシーンでしたが、リプレイを見ると他にグラートバッハの選手が2人オフサイドポジションにいましたがブラーウェルスはオフサイドではありません。
 2点目は52分。ボバディーヤのパスを左サイドで受けたヌヴィルがディフェンスラインを抜け出して絶妙のクロスを入れます。中央に走りこんでいたマトムアがダイレクトであわせてゴールしました。
 その後、53分にラファエルのコーナーキックをカチャーに決められ1点を返され、88分にもラファエルのコーナーキックをカチャーに完全に合わされますがクロスバーに救われました。
 
 日曜日の開催ということで(翌日仕事なもので・・)残念ながらハイライト映像を見ただけなのですが、開幕戦の前半の状態を90分間続けることができたということでしょうか。そうであれば、楽しみです。
 次節はアウェイ、ブレーメン戦。でも、また日曜日の試合です。


1. Bundesliga, 2009/10 2.Spieltag
16.08.2009, 15.30 Uhr, Stadion im Borussia-Park, Mönchengladbach
Borussia M'gladbach - Hertha BSC Berlin 2:1 (1:0)
Borussia: Heimeroth - Levels, Brouwers, Kleine, Jaurès - T. Marx (84. Neustädter), Meeuwis - Matmour, Arango – Neuville (72. Reus), Bobadilla (81. Jantschke)
Hertha BSC Berlin: Drobny - Pejcinovic, Friedrich, von Bergen, Piszczek (68. Janker) – Ebert (79. Hartmann), Kacar, Cicero, Nicu - Raffael – Wichniarek (68. Domovchiyski)
Tore: 1:0 Brouwers (23.), 2:0 Matmour (52.), 2:1 Kacar (53.)
Gelbe Karten: Brouwers, Arango - Kacar, Friedrich
Zuschauer: 41.814
Schiedsrichter: Markus Schmidt

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

08:16  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2009.08.16 (Sun)

2009 J-League Division 1 第21節 大宮×磐田

 毎年恒例となった真夏の熊谷でのホームゲーム。今年はジュビロ磐田との試合です。この短い中断期間前まで大宮は深刻だった守備の崩壊は修正されつつありましたが、一方で毎年のことではあるのですが得点力不足が課題となっていました。


 8月も半分が過ぎ、朝晩は多少過ごしやすくなってきたとはいえ、やはり熊谷は暑かったです。暑さでばてることを警戒したのか磐田は気持ち悪いくらいリスクを負わない守備的なサッカーをしてきました。前半は西のゴールで1点リードはしたものの、ほとんどワンチャンスを生かした得点であり、それ以外は全くといっていいくらい攻撃はしませんでした。
 そんな感じなのでボールの支配率では大宮が圧倒しました。短期間のキャンプでは攻守の切り替えなどを再確認してきたということでしたが、その意図も見えました。ただし、気になったのは中盤がかなり下がっていたことでしょうか。そのため、サイドからクロスをあげてもFWが競り合った後のボールをほとんど磐田にはね返されていたように思います。ですので、大宮はボールは保持しパスも通っているけれど得点の匂いはしない前半でした。

 後半は20分を経過したあたりから磐田も攻め込むようになり互角の展開となりましたが、ゴールシーンは57分のオウンゴールだけ。そのあとに大宮がかなり押し込む時間がありましたが得点は奪えませんでした。


 この試合の収穫は新加入のFWラファエルがある程度使えそうだということがわかったことでしょうか。特に相手のオウンゴールを誘ったプレーやその後のオーバーヘッドでのシュートなど印象に残っています。FWは今日はサブにも入っていませんでしたが、市川も試合に出られるようになっているようなので、これからが楽しみです。でも、今日の試合を見るとFWの問題というよりも攻撃的な中盤を厚くしないとなかなか得点力不足は解消できないように感じました。


 試合後は駐車場の出口が混雑し、駐車場から出るだけで1時間位かかってしまいました。熊谷から大宮まで約1時間のドライブ。明日は仕事ということもあり、この試合で大宮が負けていたら、さぞ憂鬱な時間だったことでしょう。


2009 Jリーグ Division1 第21節
2009年8月16日(日), 18:00, 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
大宮アルディージャ - ジュビロ磐田 1:1 (0:1)
大宮: 江角 - 塚本, 片岡, マト, 波戸 - 金澤, 橋本, 藤本(86. 土岐田) , パク・ウォンジェ - 石原(62. ドゥドゥ), 藤田 (45. ラファエル)
磐田: 川口 - 駒野, 大井, 那須, 山本(脩) - 山本(康) (80. 鈴木), 岡田, 西 (71. 船谷), 村井 (84. 成岡) - 前田, イ・グノ
得点者: 0:1 西 (25.), 1:1 那須 (57. オウンゴール)
警告: なし
主審: 高山 啓義
入場者: 11,330人

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

08:11  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2009.08.10 (Mon)

ブンデスリーガ2009/2010 第1節 ボーフム vs. グラートバッハ

 ブンデスリーガが開幕しました。グラートバッハはボーフムとの対戦となりますが、フジテレビNEXTで中継がありましたので、しっかりと観戦しました。率直に言うと複雑な心境です。まあ、グラートバッハの次にボーフムが好きな私としては、両チームの対戦はなるべく早い段階に組まれてほしいのですがいきなり開幕戦になるとは思っていませんでした。

 攻撃の中心だったマリンやバウムヨハンがいなくなり、アランゴやボバディヤが加入したグラートバッハと、昨シーズンと全く同じメンバーのボーフムとの対戦は興味深いものではありました。グラートバッハについてはやはりアランゴが気になります。DFBポカールでは持ち味を遺憾なく発揮しましたが同一リーグの相手ではどうなのか。一方、ボーフムは昨シーズンは勝てる試合を勝ちきれない勝負弱さが順位に響いたので、その点がどうなのか。

 グラートバッハに関してはアランゴはやはり期待できそうだと確信しました。またボバディヤの力強い突破、そして個人的に期待しているロイスも特長を出していました。グラートバッハ、今シーズンは攻撃面では新加入選手の活躍が楽しみです。問題は守備です。この試合では特にGKのハイメロートと左サイドのジョーレスがかなり不安でした。ただ、この試合を見た限りでは、前半は前線での守備がうまくいったのと、ボーフムが眠っていたせいもあって、どう変わっているのかわかりませんでした。
 後半、ボーフムに怒涛の反撃を許し、ダンテの退場もあって同点に追いつかれてしまいましたが、その後うまく立て直せたのは良かったのかなと思います。グラートバッハは守備の面でも昨シーズンのようなひどいことはないでしょう。

 ボーフムに関して言えば、この試合の後半を考えれば3ポイント取らないといけない試合だったのではないでしょうか。昨シーズンと同じようなことがなければよいのですが。

 それにしても、本当にグラートバッハはボーフムに勝てません。これは相性だけで済まされるのでしょうか。あの前半を見ればこの結果は無いだろうと思います。後半始まってすぐ、4点目のビッグチャンス(マトムアがゴールキーパーと1対1)で決められなかったのが痛かった。その時点ではたいしたこと無いと思っていましたけど、まさかその直後にあっという間に同点になってしまうとは・・・。
 この試合は、どちらも勝たなくてはいけないといえばそうですが、ドローにできてよかったともいえるのか。やはり複雑な気持ちしか残りません。


1. Bundesliga, 2009/10 1.Spieltag
09.08.2009, 15.30 Uhr, rewirpowerSTADION, Bochum
VfL Bochum - Borussia M'gladbach 3:3 (0:3)
VfL Bochum: Heerwagen - Pfertzel, Maltritz, Yahia, C. Fuchs - Imhof - Azaouagh, Dabrowski (46. Freier) - Epallé - Sestak, Klimowicz (80. Hashemian)
Borussia: Heimeroth - Levels, Brouwers, Dante, Jaures - Matmour (70. Reus), T. Marx, Bradley (70. Jantschke), Arango - Colautti, Bobadilla (62. Kleine)
Tore: 0:1 Arango (19.), 0:2 Colautti (26.), 0:3 Brouwers (41.) 1:3, 2:3 Azaouagh ( 51. und 52.) 3:3 Sestak (63.)
Gelbe Karten: Maltritz, Imhof - Bradley
Rote Karten: Dante (59.)
Zuschauer: 29.766
Schiedsrichter: Michael Kempter

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : TV観戦記

01:34  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2009.08.02 (Sun)

DFBポカール 1回戦 FSVフランクフルト vs. グラートバッハ

 2009/2010シーズンのDFBポカールが始まりました。グラートバッハは1回戦で2部のFSVフランクフルトに順当に勝って2回戦に進みました。
 この試合は新加入アランゴの活躍が光った試合でした。アランゴは試合開始早々にフリーキックから直接ゴールを狙います。これは相手GKに防がれましたが、その後も左足の強烈なミドルシュートを放つなど試合全体を通して存在感が抜群にありました。しかし、なんといっても2つの得点に絡むシーンが見事でした。27分の先制点は相手GKが前に出ているところを見逃さず絶妙なループシュートを自ら決めました。相手DFにプレスをかけられた状態でここしかないというところに決められるとは驚きです。2点目のゴールを決めたのはコラウティですが、アランゴが左足で絶妙のアシストをしています。これはまさにSuperpassです。さらに付け加えると、アランゴは47分には相手選手の退場にも関わってます。もっともこのプレーはアランゴが相手のファールをうけてうずくまっているところに、相手選手がボールを投げつけたというプレーで単純に相手の自滅ではあるのですが・・・。

 この試合、グラートバッハはこの後半1失点しています。これはフランクフルトのフニオール・ロスの強さが出たプレーで、多少仕方がないかとも思いましたが、それよりも残念だったのが、8分のプレーです。コラウティが元グラートバッハのフォイクトに倒されてもらったPKをブラッドリーが失敗してしまいました。今シーズンも得点力に不安があるだけにチャンスはしっかりと決めてほしいです。

 相手が2部のチームなのでグラートバッハの勝利は順当ですが、この試合を見る限りアランゴはリーグ戦でもこれまでの実績どおりにやってくれそうな気がします。来週から始まるリーグ戦で1部のチーム相手にアランゴがどれだけやれるのか注目です。


DFB Pokal 2009/10, 1.Runde
01.08.2009 15:30 Uh Frankfurter Volksbank-Stadion, Frankfurt
FSV Frankfurt - Borussia M'gladbach 1:2 (0:1)
FSV Frankfurt: Klandt – Simac, Klitzpera, Ledesma, Voigt (65. Ross) –Mokhtari (80. Bouhaddouz), Mehic, Coulibaly, Kujabi - Cenci, Taylor (51. Müller).
Borussia: Heimeroth – Levels, Brouwers, Dante, Jaurès – Bradley, Marx – Matmour (71. Reus), Arango – Colautti, Neuville (80. Lamidi).
Tore: 0:1 Arango (27.), 0:2 Colautti (59.), 1:2 Ross (72.)
Gelbe Karten: Voigt, Cenci
Rote Karten: Simac (47.)
Zuschauer: 9.742
Schiedsrichter: Thorsten Kinhöfer

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

13:00  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑
 | BLOGTOP |