2012.05.11 (Fri)

2012 J-League Division 1 第10節 大宮 vs. G大阪


自宅を出た途端に空に黒い雲があっという間に広がり、3時前とは思えないくらい真っ暗になりました。やがてすさまじい豪雨と雷で身動きが取れずにじっと雨宿りをして雨が弱まったのを見計らってスタジアムへ向かいました。そんな天候だったので試合が予定通りに行なわれるのか心配でしたが、案の定キックオフは1時間遅れるとのこと。こればかりは仕方がないです。


 さて、雨も上がって試合開始。一進一退の攻防の中、大宮は前線へのパスがなかなかつながらずに苦労します。対するガンバはMFの倉田やFW阿部がよくボールに絡みチャンスを作りかけますが、こちらも決定力不足で得点できません。前半の決定機は遠藤のクロスに飛び込んだ倉田のシュートがクロスバーにあたり跳ね返った場面です。


 後半の大宮はラファエルに代えて長谷川を投入します。ときおり左サイドでヨンチョルと東がポイントを作るもののその先が続きません。点が入る気配を感じないまま試合は進みましたが、ついに73分大宮が先制点を奪いました。カルリーニョスのシュートが相手に当たってペナルティエリア内での浮き球となり、これをヨンチョルが押し込みました。その後は点をとろうとするガンバがより攻撃的になります。とりわけ途中から入った佐々木が何度も左サイドから突破を見せ大宮にとってはとても嫌な存在になっていました。ただ、ガンバも決定力が不足していて、大宮をゴール前に釘付けにしながらもゴールを決めることはできません。大宮は終盤に東に代えてキムヨングォンを入れさらに守備を固めなんとか無失点で長いロスタイムを凌ぎきりました。

 泥臭くゴールを決め終盤はなりふり構わず守りきった結果としての勝利。人によって見方は違うでしょうが、私はこれでよいと思います。大宮の今シーズンの目標は勝点50とのことですが、現実的には残留争いをしていくことになるのではないかと思います。その前提で考えれば、まずは内容より勝利という結果を優先するのは当然だと思います。まずは勝利を目指してほしいと思います。


2012 Jリーグ Division1 第10節
2012年5月6日(日), 17:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - ガンバ大阪 1:0 (0:0)
大宮: 北野 - 坪内 (75. 渡部), 深谷, 菊地, 下平 - カルリーニョス, 青木, 渡邉, チョ ヨンチョル, 東 (88. キム ヨングォン) - ラファエル (46. 長谷川)
G大阪: 木村 - 丹羽, 中澤, 今野, 藤春 - 武井, 遠藤, 寺田 (85. ラフィーニャ), 倉田 (62. 明神) - 阿部  (64. 佐々木), 佐藤
得点: 1:0 チョ ヨンチョル (73.)
警告: 深谷, 青木 - 寺田
観客: 11,554人
主審: 松尾 一
スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

23:16  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2012.05.06 (Sun)

ブンデスリーガ2011/2012 第34節 マインツ vs. グラートバッハ

 2011/12シーズンもいよいよ最終節を迎えました。グラートバッハはアウェイでマインツと対戦します。前節で最終順位が4位と確定してしまったので、この試合は勝敗よりも来シーズンに期待できそうな選手(具体的にはリングなのですが)に注目しようと思っていました。

 このリーグ戦最終節にグラートバッハはボランチにチゲルチを入れてノイシュテッターとのコンビを組ませ、FWにはデカマルゴを入れてロイスと2トップを構成、また右サイドハーフはヘアマンではなくリングがスタメンに入りました。試合はグラートバッハの良い部分が存分に発揮された試合となり3点差で快勝。素晴らしいシーズンの最後を結果と内容が伴った素晴らしい試合で締めくくることができました。

 ゴールシーンを振り返ると・・・
 1点目はチゲルチが前方に浮かせたボールをオーバーラップしたダエムスがDFの背後で受けて折り返したところに走りこんだロイスが右足でサイドネットに突き刺しました。
 2点目はロイスが相手DFラインの裏へ抜けたところでノイシュテターのスルーパスを受けGKとの1対1を決めました。これぞまさにロイスの得意とする形でのゴールを最後の試合で見られました。
 3点目はロイスのスルーパスをデカマルゴが受けてゴールを決めました。パスの出し手と受け手、ポジションは違いましたが相手を崩す形は2点目と同様で、これは今シーズンのグラートバッハの最大の特長であるコンビネーションの良さが集約された形だったと思います。

 私が注目したリングも攻撃面で貢献。当初はボランチとしてノイシュテッターの後釜候補と思っていましたがサイドハーフもなかなかいける感じがします。ゴールにこそつながりませんでしたが素晴らしいクロスを入れ、またヤンチュケからのクロスに飛び込んだり、オフサイドになりましたがロイスを思わせるようなスペースへの飛び出しを見せたり・・・。今のグラートバッハではポリバレントな選手が必要とされていますが、リングはまさにそんな選手だと感じました。来季はぜひとも主力として活躍してほしいと思います。

 シーズン開幕直前に本ブログ、2011年8月6日付の記事(2011/12シーズンのグラートバッハについて思うこと)に書いたとおり、私は今季のグラートバッハには最終順位8位を期待していましたが、なんとそれを上回る4位となりました。この躍進を予想した人はかなり少なかったのではないかと思います。またバイエルンには2勝、ケルンにも2勝(いずれも3点差!)と痛快な試合を見せてくれて個人的にも大満足です。ここまで大いに楽しませてくれて、さらに来季ヨーロッパで戦う権利までもたらしてくれるなんて、ファヴレ監督をはじめ選手には本当に感謝しています。とりわけ、来季は敵として戦うことになるダンテ、ロイス、ノイシュテッターの3選手の果たした貢献は大きかったと思います。移籍先での彼らを応援し続けるほどの余裕は私にはありませんが、少なくてもこれまでのグラートバッハでの活躍に対してファンのひとりとして感謝の気持ちで一杯です。彼らのフットボーラーとしての今後の成功を期待して止みません。

 さて、ブンデスリーガのシーズン終了とともに本ブログもブンデスリーガ関連の記事の更新はこれにていったん終了したいと思います。今後しばらくはJリーグの観戦記を中心に細々と更新するつもりですが、ブンデスリーガに関してもまた来シーズンの開幕にあわせて再開できればと思っています。こんな稚拙な観戦記を読んでいただいた皆様、本当に有難うございました。


1. BUNDESLIGA 2011/12 34.Spieltag
05.05.2012, 15:30 Uhr, Coface Arena, Mainz
1. FSV Mainz 05 - Borussia M'gladbach 0:3 (0:1)
Mainz 05: H. Müller – Pospech. Kirchhoff, Noveski, M. Caligiuri (64. Ivanschitz) – Baumgartlinger (64. Polanski), Fathi, Soto – N. Müller, Szalai, Choupo-Moting (57. Malli)
Borussia: ter Stegen – Jantschke, Stranzl, Dante, Daems, Cigerci (73. Korb), Neustädter – Ring (74. Wendt), Arango (79. Herrmann) – Reus, de Camargo
Tore: 0:1 Reus (31.), 0:2 Reus (61.), 0:3 de Camargo (69.)
Zuschauer: 34.000 (ausverkauft)
Schiedsrichter: Wolfgang Stark (Ergolding)

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

07:22  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑
 | BLOGTOP |