--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2012.07.29 (Sun)

ボーフムとグラートバッハの練習試合

 ブンデスリーガ2012/13シーズンはすでに3部は開幕し2部も来週開幕します。ボーフムのホーム、レヴィアパワーシュタディオンで行なわれたこの試合はボーフムにとっては開幕を控えてこれまでのトレーニングの総仕上げといった位置づけであったと思います。グラートバッハにとってはまだ開幕は先なので調整段階でしょうが徐々に選手の見極めができてきた頃ではないでしょうか。

 グラートバッハはセンターバックが新加入のドミンゲスがオリンピック出場のため不在、ブラーウェルス、アンデルソンが負傷ということで本来は右SBのヤンチュケをCBとして起用し右SBにはツィマーマンを入れる新しいDF陣を試しました。また新加入のシャカをトップ下に入れた4-2-3-1のフォーメーションを試しました。

 試合が始まって間もない6分にグラートバッハはチゲルチから左サイドを上がったダエムスにパスが出て中央へ折り返したボールをアランゴが決めて先制しました。グラートバッハ左サイドからきれいに崩した形でしたがアランゴのシュートはGK正面でしたので本来のルーテなら止められたと思いますが・・・。
 14分にボーフムがイアシヴィリのフリーキックをシンキーヴィッツがヘディングで決めて追いつきます。しかし、グラートバッハは39分にノルトヴァイトから前線へのロングパスに対して不用意に飛び出したルーテを交わしてアランゴが冷静に決めて、43分にはアランゴがフリーキックを直接決めて2点リードで前半を終えました。
 後半は67分に途中から入ったムラパがアランゴのクロスを押し込んで追加点を上げ1:4のスコアで勝利しました。

 ボーフムはカウンターからデディッチが抜け出しGKと1対1になる形を2度作りながらゴールを決められませんでした。川崎からボーフムに加入した田坂はフル出場しましたが得点には絡めず、ベルクマン監督によれば「味方との連係がまだ不足している」とのこと。こればかりは仕方がないことですが、チームにフィットしない状態で開幕を迎えることになりそうです。 

 グラートバッハは怪我人が出てはいるもののここまでは順調に調整してきている印象を受けます。注目のデヨングはまだこれからという状態ですが、新加入選手に刺激を受けたのかFWのデカマルゴやMFのチゲルチが練習試合で結果を出しています。とりわけチゲルチは攻撃の起点となる活躍をしていてボランチのポジション争いが激しくなってきました。この試合でゴールを決めたムラパが右足関節を痛めてしまったのは痛いところですが一方で負傷していたヘアマンが近々練習に戻ってくるというニュースもあります。またこの試合でCBを務めたヤンチュケについてはいくつかボールロストはあったもののまずまずの出来で、シーズン中に怪我人が出るような非常事態での対応は可能でしょう。ボランチもできるヤンチュケはファブレ監督の元では欠かせない存在となっています。
 今シーズンのグラートバッハは、この時期にしっかりとした目的意識のある実験とその結果を確認できているところに例年にはない余裕を感じます。開幕まではまだ時間はありますので、このあと怪我人が戻ってくれば大きな心配はないと思っています。

 一方のボーフムは本当に心配な状況です。ここまでの練習試合では3部や4部のクラブに3敗していることからわかるとおりまだリーグ戦に臨める様な状態ではない様に思います。特に守備は想像以上にひどい状態です。この試合もチャンスの数はグラートバッハとそれほど変わらなかったようですが、これだけ点差がついているのは決定力の差もありますが、守備力の差でもあるわけで、相手に作られたチャンスが(格下のクラブが相手でも)高確率で失点に結びついてしまうのは守備の違い。昨シーズンは見ていられないほど不安定だったマルトリッツとシンキーヴィッツのコンビがそのまま残り、両サイドを経験のない若手選手が任されるのですから無理もないところです。これはすぐに修正できる問題ではないでしょう。
 攻撃に関しては、相手のレベルや調整具合の関係もあってチャンスは作れているようですが、PKやセットプレーでしか得点できない状況です。昨シーズンのフリュト戦で負傷した2人(アイドゥン、デルーラ)やトスキは復帰まではまだしばらく時間がかかりそうですが、攻撃の面は彼らが戻ってくれば今よりは状況が改善しそうな気もします。とはいえリーグ戦は始まってしまいます。当面はどの試合も非常に厳しいものになるでしょう。

 そんなわけで個人的にはブンデスリーガの開幕は待ち遠しいですが、ツヴァイテの開幕が怖いです。


Testspiel
28.07.2012, 17:30 Uhr, rewirpowerSTADION, Bochum
VfL Bochum 1848 - Borussia Mönchengladbach 1:4 (1:3)
Bochum: Luthe – Rothenbach (80. Gündüz), Maltritz (46. Eyjolsson), Sinkiewicz, Brügmann (80. Chaftar) – Kramer (46. Scheidhauer), Dabrowski, Goretzka (74.Rzatkowski), Tasaka – Iashvili (46. Freier), Dedic (65. Gelashvili)
Borussia: ter Stegen – Zimmermann (71. Korb), Jantschke, Stranzl, Daems (81. Bieler) – Nordtveit (62. Mlapa (77. Younes)), Cigerci (77. Marx) – Rupp (71. Ring), Xhaka (77. Wendt), Arango (71. Hrgota) - de Camargo (62. de Jong)
Tore: 0:1 Arango (6.), 1:1 Sinkiewicz (14.), 1:2 Arango (39.), 1:3 Arango (43.), 1:4 Mlapa (67.)
Schiedsrichter: Thorsten Kinhöfer (Herne)
Zuschauer: 10.200

スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

18:05  |  VfL Bochum  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2012.07.22 (Sun)

ボーフムが田坂祐介を獲得

VfLボーフムがJリーグの川崎フロンターレから田坂祐介(Yusuke Tasaka)を獲得しました。24日のメディカルチェックのあとに2015年までの契約を結ぶことになります。移籍金は発生しません。

 VfL erzielt Einigung mit Tasaka (VfLボーフム公式サイト)
 Neue Kreativität aus Japan für den VfL Bochum (DerWesten)

 ボーフムの日本人選手は、小野伸二、乾貴士に続いて3人目。また川崎フロンターレからはチョンテセに続いて2人目となります。ボーフムは乾が移籍したあと日本人選手に狙いを定め、ジュビロ磐田の山田大記獲得に動いていましたが移籍金の問題もあって獲得困難とのニュースが出ていました。田坂は山田の代わりに獲得した形になりますがベルクマン監督やスポーツディレクターのトッド氏からの評価は非常に高いようです。公式サイトの記事のベルクマン監督によると、「(田坂は)中央も両サイドの攻撃的なポジションもこなせるフレキシブルな選手で彼の強さと敏捷さは我々にとっての戦力になる。彼は経験豊富でフィジカルも強い選手。私は彼はすぐに順応してチームの力になることを確信している」とのこと。
 また、DerWestenの記事ではトッド氏は「彼は決してスプリンターではないが俊敏で動き回り狭いスペースでも解決策を持っている選手」とコメントしています。それにしても今回の田坂の獲得決定までの経緯やトッドの行動などからボーフムの日本人選手獲得に対する熱意を感じてしまいます。
 恥ずかしながら私は川崎での田坂のプレーはほとんど印象にないのですが、いくつかの記事を読む限りでは昨シーズン在籍していた乾とは違って周りを驚かせるようなプレーはないけれど強さと堅実さは持っている選手のようで、今のボーフムには確かにそういうタイプのほうが必要なのかもしれません。とにかくファンのひとりとしては、「来てくれてありがとう」という気持ちです。まずボーフムで活躍して、それを土台に欧州でステップアップしてほしいと思います。

 ところで、ボーフムはTestspielをすでにいくつかこなしているようですが、その結果や内容についてはまだあえて目を向けないでおこうと思います。
 

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

00:26  |  VfL Bochum  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2012.07.21 (Sat)

大宮がスロベニア代表FWを獲得

 大宮アルディージャはスロベニア代表FWのズラタン・リュビヤンキッチ(Zlatan Ljubijankic)を獲得しました。契約内容は明らかにされていません。Jリーグでの登録名はズラタンとなるようです。

  新加入選手のお知らせ (大宮アルディージャ公式サイト)

 ズラタンはスロベニアのドムジャレ、ベルギーのKAAヘントでプレーした来ました。昨シーズンはヘントで30試合に出場して8ゴールを記録しています。
 ズラタンについては、2010年のワールドカップでそのプレーを目にした人は多いと思います。代表チームにはあまり興味がない私はワールドカップなどの大会では基本的には自分の応援するクラブに所属する選手がいるチームを応援します。2010年のワールドカップではスロベニアにはボーフムのデディッチがいた関係で試合を見ていました。当時のスロベニアはノバコヴィッチがエースでそのパートナーとしてデディッチとズラタンが交互に使われていました。デディッチを見たかった私は当時はズラタンが使われるとがっかりしていたのです。でもまさかそのズラタンが大宮に来ることになるとは・・・。

 ワールドカップ 2010 グループC スロベニア vs. USA (怠け者の備忘録(フスバル編))

 大宮は例年同様に残留争いを展開している上にラファエルがブラジルのボタフォゴへ移籍してしまい危機に直面していました。それだけにズラタンにかかる期待は大きいものがあります。私も大いに期待しています。

 
12:00  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2012.07.21 (Sat)

ボルシア・メンヒェングラートバッハの選手移籍情報

 2012/13シーズンに向けてグラートバッハは派手な選手の入れ替えをしました。すでに昨シーズン終了前に決まっていたロイス、ダンテ、ノイシュテッターが移籍してしまい、そのポジションをどのように補強するかに注目が集まっていましたが、某ビッグクラブ並みに金をつぎ込み移籍選手の穴埋めだけでなく戦力アップも図ることができたと思います。そういえば、今シーズンは私にとってはこれまで他人事でしかなかったヨーロッパでの戦いも控えているのです。

【 IN 】
DF
 Anderson ← Eintracht Frankfurt
 Alvaro Dominguez ← Atletico Madrid
MF
 Granit Xhaka ← FC Basel
 Lukas Rupp ← SC Paderborn 07
 Alexander Bieler ← (プロ契約)
FW
 Peniel Mlapa ← 1899 Hoffenheim
 Branimir Hrgota ← Jönköpings Södra IF
 Luuk de Jong ← FC Twente Enschede

【 OUT 】
DF
 Dante → FC Bayern München
MF
 Marco Reus → Borussia Dortmund
 Roman Neustädter → FC Schalke04
FW
 Mathew Leckie → FSV Frankfurt
 Elias Kachunga → Hertha BSC

 ダンテの後釜としてアトレティコから獲得したアルバロ・ドミンゲスを獲得。23歳ですがスペインではリーグ戦に76試合出場経験があり今年5月にはA代表にもデビューしています。彼がチームにフィットすれば問題はないでしょう。ノイシュテッターのポジションにはバーゼルから加入した20歳のスイス代表シャカが入ることになりそうです。最大の懸念となるロイスの穴はトゥウェンテからボルシア史上最高額で5年間の契約を結んだオランダ代表FWのルーク・デ・ヨングが埋めることになります。デヨングは現在21歳ですがエールディヴィジではすでに41ゴールを記録しています。さらに攻撃的なポジションの選手はすでにある程度の実績があり今後の成長も期待できそうなムラパやスピードのあるフルゴタの加入で選手層が厚くなりました。

 こうした選手の顔ぶれを見ると、ドルトムントやバイエルンは別にしてそれ以外のクラブには全く引けをとらない戦力だと思います。あとはファヴレがこれまでやってきたサッカーにどれだけ早く溶け込めるかが問題でしょう。これからブンデスリーガ開幕までTestspielの情報などを注目していこうと思います。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

11:05  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2012.07.16 (Mon)

2012 J-League Division 1 第18節 大宮 vs. 神戸

 久しぶりにNACK5スタジアムで大宮アルディージャの試合を観戦しました。前回は5月のガンバ大阪戦でしたので2ヶ月ぶりということになります。先週の投稿でも書きましたが最近は仕事が忙しくなったり、また体調を崩したり休暇をとって旅行をしたりといろいろあってサッカー観戦ができなかったのです。実はこの試合もちょうど海外出張から帰国した日でした。帰宅したのは試合開始の30分前。長時間のフライトで疲労していたこともあって観戦はあきらめようと思いましたが、次回のホームゲームが8月中旬までないことを知り思い切って出かけました。まあ、そんな具合でしたのでスタジアムに到着したときにはすでにキックオフから10分くらい経過していました。


 さて私が目を離している間に大宮は鈴木監督を解任し後任としてベルデニック監督と契約。前監督解任から新監督就任までが意外に早かったことから考えると、前監督解任時に後任候補としてベルデニックを考えていたのだとは思います。それにしてもベルデニックとは・・・。正直なところ今となってはもう古いのではないかと少々不安を感じずにはいられませんでした。

 ベルデニック就任後のサッカーを見るのは初めてだったので、大宮のサッカーが一体どのように変わっているのか注目して試合を見ることにしました。この試合を見た感想を最初に言うならば、基本的にはパスワーク中心に攻める戦術面ではさほど大きく変わってはいないようにも思いました。強いて言えば、とにかくポゼッションを意識していた鈴木監督のサッカーよりは多少柔軟性を増したように感じる程度でした。
 違いを感じた点を2つあげると、まず1点目は選手の顔ぶれの違いでしょうか。メンバーをきっちり固定して戦う鈴木監督のサッカーは戦術面だけでなく選手の顔ぶれ、そして試合展開に至るまで常にワンパターンで面白みに欠けていました。それが勝ちにつながっているのであればよいのですが悔しい負けやドローばかりではファンとしても辛いものです。久しぶりに見た大宮はスタメンに清水慎太郎や渡部大輔、江角浩司などが名を連ねていました。もっともこれはラファエルの移籍や北野の怪我といった理由があったのですが、清水と渡部はゴールを決めるなど生き生きとしたプレーを見せてくれました。


 もうひとつは試合展開のこと。1点リードされながら逆転するという展開は最近では滅多に見なかったように思います。前半によい内容でも点が奪えず1点でも先制されるともうあきらめるしかないという状態とは明らかに変わっていました。これは精神的な面もあるのかもしれません。この試合は最終的には追いつかれてドローとなりましたがリードされた状態から逆転できたということで自信につながっていけばよいと思います。


 しかし、決定力不足、守備の不安という課題はほとんど改善されていないこともわかりました。清水の活躍は今後に期待がもてるとはいえ、やはりラファエルが抜けたことによる攻撃力は低下とあいかわらずの決定力不足は深刻だと思います。点が取れそうな展開ではしっかりととっておかないと3ポイントは奪えません。守備に関しても不安定なままで、特に自陣で簡単にパスミスをして相手にボールを奪われたり、セットプレーやロングボールなどでのGKとDFの連係や判断の悪さが目立ちました。

 非常に蒸し暑かったせいなのか、対戦相手の神戸も本来の力を出し切った試合ではなく、特に後半は運動量が落ち中盤でほとんどボールを奪えずパスミスが目立っていました。このような調子のよくない相手に勝ちきれないようでは他にどこに勝てるのだろうかと考えてしまいます。ここまで18試合で20ポイントと例年ならぎりぎり残留できそうなペースで来ていますが、とにかく下にいる4チームのうち3チームとはほとんど差がないうえ、いずれ浮上してきそうなガンバ大阪やセレッソ大阪がいるだけに実はかなり危険な状態ではないかと思います。ベルデニック監督には理想を追求するのではなくまずは現実的な戦い方を考えてほしいと思います。


2012 Jリーグ Division1 第18節
2012年7月14日(土), 19:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - ヴィッセル神戸 2:2 (1:1)
大宮: 江角 - 村上 (26. 片岡), 菊地, 深谷, 下平 - 東 (77. 金久保), 青木, カルリーニョス, 渡部 - 清水(慎), チョ ヨンチョル (61. 長谷川)
神戸: 徳重 - 奥井, 北本, 伊野波, 相馬 (86. 吉田) - 田中, 橋本, 朴 (59. 森岡), 野沢 - 都倉 (59. 田代) - 小川
得点: 0:1 田中 (20.), 1:1 清水(慎) (26.), 2:1 渡部 (67.), 2:2 田代 (74.)
警告: 清水(慎), 菊地 - 相馬
観客: 9,635人
主審: 扇谷 健司

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

01:51  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2012.07.08 (Sun)

VfLボーフム 選手の移籍状況まとめ

 久しぶりの更新となってしまいました。ブンデスリーガ2011/12シーズンの終了にあわせるように仕事が多忙となり、その隙をついて海外旅行をしたりしてブログ更新に手が回らなかったのです。
 とはいうもののそろそろブンデスリーガの開幕も近づき新シーズンのチームも固まってきたところですので、今シーズンも個人的に応援するクラブの選手の動きなどまとめておこうと思います。

 まずはVfLボーフムからはじめます。今シーズンは昨シーズン同様に大きく選手を入れ替えました。戦力外とされた選手だけでなく戦力としては計算しつつも契約交渉がまとまらずにクラブを去る選手も多くいます。とにかく今のボーフムは経営状態が極めて厳しいのです。

【 IN 】
GK
 Philipp Heerwagen ← FC St. Pauli
DF
 Carsten Rothenbach ← FC St. Pauli
 Florian Brügmann ← Hamburger SV II
MF
 Sören Bertram ← Hamburger SV
 Mounir Chaftar ← Wacker Burghausen
 Marc Rzatkowski ← Arminia Bielefeld
 Leon Goretzka ← (プロ契約)
FW
 Zlatko Dedic ← Dynamo Dresden
 Kevin Scheidhauer ← VfL Wolfsburg
 Alexander Iashvilli ← Karlsruher SC

【 OUT 】
DF
 Philipp Bönig → 未定
 Björn Kopplin → 1. FC Union Berlin
 Matias Concha → 未定
MF
 Mimoun Azaouagh → Kaiserslautern
 Denis Berger → Hansa Rostock
 Oguzhan Kefkir → Alemannia Aachen
 Giovanni Federico → 引退
 Kevin Vogt → FC Augsburg
 Takashi Inui → Eintracht Frankfurt
FW
 Daniel Ginczek → FC St. Pauli


 まずGKに関しては移籍の噂があったルーテが新キャプテンとしてチームに残るのは非常に大きく、そこにパウリからヘールヴァーゲンが復帰することである程度戦力は整いました。また、FWに関してもギンチェク、乾が抜けますがある程度計算のできるデディッチの復帰とイアシュヴィリの加入で何とかなりそう。あとはイアシュヴィリの加入でゲラシュヴィリが化けてくれないものかと漠然とした期待をしています。
 中盤は主力の抜けた穴を新加入選手で埋め切れていない気がします。怪我で長期離脱していたトスキ、デルーラには多くは期待できないし、いつまでもベテランのダブロフスキやフライヤーに頼っているわけにはいかないし・・・。楽しみなのは昨シーズンの経験で自信をつけたに違いないクラーマー、2016年までの契約を結んだ17歳のゴレツカです。特にゴレツカはどこまでやれるのか注目です。ボーフムとしても中盤の選手はどうしても獲得したいはずでジュビロの山田の獲得を狙っていたようですが、移籍金の関係から実現困難な状況で現在はコソボ出身のスイス人、フェイズラヒ(Sehar Fejzurahi)をテスト中。昨日のオーバーハウゼンとの練習試合でゴールを決めていますが果たして契約するのでしょうか。
 しかし、私にとってもっと心配なのはディフェンスです。昨シーズンはただでさえ弱かった守りが怪我人などの影響もあってがたがたでしたが、今シーズンも効果的な補強ができていません。若手選手が飛躍的に伸びないことには昨シーズンよりもさらに酷い状態になりそうな気配がします。

 総合的に見れば昨シーズンよりも戦力は落ちていることは間違いなく、今シーズンはまずツヴァイテ残留を果たすことが当面の目標になるような気がします。私も今シーズンは順位に関しては15位以上。そして、これからの再浮上への足がかりとなるようなシーズンになることを期待しています。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

22:11  |  VfL Bochum  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。