--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2013.01.27 (Sun)

ブンデスリーガ2012/2013 第19節 グラートバッハ vs. デュッセルドルフ

 グラートバッハにとってダービーといえば1.FCケルン戦です。ケルン相手にはそのときのチームの状況がどうであれ選手もファンも闘志を剥き出しにして戦ってきました。しかし、今シーズンはライバルのケルンが2部に降格し代わりにフォルトゥナが1部に昇格しています。メンヒェングラートバッハとデュッセルドルフは非常に近くて両者のホームスタジアムの間の距離は38キロ。グラートバッハとケルンの間の距離よりもかなり近いということになります。
 同じ地域のクラブとの対戦をダービーと定義するのであればフォルトゥナ戦もダービーと呼ぶところでしょうが果たしてそうなのでしょうか。この試合を前にしてあちこちの記事でダービーに関わる話題が出ていましたが、例えばテアシュテーゲンは「デュッセルドルフとの対戦は、ケルン戦ほど感情的にはならない」「デュッセルドルフはケルンとは違う。ケルンとの試合はいつも特別だ。おかしく聞こえるかもしれないが、私はケルンが降格したことが残念だ」と話し、ヘアマンも「本当に大きなダービーはもちろんケルン戦だ」と話しています。まあ、彼らにしてみればこれまでケルンとは何度も対戦してきましたが、久しぶりに1部に復帰したフォルトゥナとは公式戦で対戦するのは今シーズンが初めてでしょうし、激しく闘志を燃やす相手にはならないのでしょう。あまりダービー云々にこだわる必要は無いと思いますが、そういう気持ちがここまで対戦結果(リーグ戦では0:0、DFBポカールでは0:1で敗戦)になっているのではないとは思いたいです。

 さて試合についての話に移ります。この試合は雪の降る厳しい寒さの中での試合となりスタジアムは満席にはなりませんでした。またこれがダービーかどうなという話題のネタになるのか・・・。グラートバッハは前節と全く同じスタメン、一方のフォルトゥナは4人を入れ替えてきました。

 前半は立ち上がりからグラートバッハが攻勢をかけます。まず5分に左サイドを上がったヴェントがアランゴからのスルーパスを受け中央へ入れたクロスが相手CBのオウンゴールを誘いあっさり先制すると、14分には自陣で相手のパスをカットしたデヨングがゴールライン手前まで切り込み折り返したパスを反対サイドから上がってきたヘアマンが押し込んで早い時間で2点をリードしました。
 前節のホッフェンハイムとは違いフォルトゥナは動きが悪くプレスもほとんどかけてこないためグラートバッハが早いパス回しで相手のスペースへ次々と攻め込みました。必ずしも個々のパスの精度は高くはなかったと思いますが相手のプレッシャーがないので受け手も余裕を持って対応でき連続性のある攻撃につながっていたと思います。また、チゲルチやヘアマンがドリブルで勝負をしかけるとフォルトゥナの選手はなかなか対応しきれずに簡単に突破を許すシーンも見られ、グラートバッハはやりたいことが自由にできました。しかし、2点リードしたあとは個々のプレーが雑になりフォルトゥナに落ち着きを取り戻す時間を与えてしまった感じがします。

 後半、フォルトゥナはコーナーキックからのラトカーのヘディングシュートをデヨングがペナルティエリア内で手にあててしまいPKを献上してしまいます。これをシャヒンが決めて1点差。グラートバッハにとっては不運な失点でした。フォルトゥナの守備が安定してからのグラートバッハの攻撃には前節同様の停滞感を感じました。ボールは保持してもコンビネーションが悪く相手を崩すような効果的な動きやパスがほとんどありません。これはこのメンバーで試合を重ねるうちに解消される問題なのか少々疑問です。
 そんなグラートバッハも72分にデヨングに代わりハンケが入ってからは序盤のようなリズムが生まれ再び決定機を作れるようになりました。こういう試合を見るとハンケがいかにチームの中で重要な役目を果たしているかがわかります。FWだからといってゴールの数だけで評価してはいけないと思います。しかし、終盤の82分、88分にあったアランゴの決定機はいずれもギーファーに阻まれ追加点は奪えなかったのは残念です。まあ、この試合についてはアランゴが悪いというよりはギーファーの反応のよさを賞賛すべきだと思いますが・・・。一方のフォルトゥナの攻撃はシャヒンやライジンガーに頼った単発的なものかセットプレーによるものがほとんどでグラートバッハの守備は落ち着いて対処できていたと思います。

 正直なところ2点をリードしてからのボルシアの攻撃には多少の不満を感じます。特に、個人として状態がよくなってきたデヨングが今のフォーメーションの中で機能しているようには見えないところに不安を感じます。しかし、そんな試合でもしっかりと3ポイントをとることができたのはよかったと思います。グラートバッハは、これで公式戦9試合(リーグ戦は7試合)無敗を続けています。順位も7位まであがり今季もEL出場権獲得が狙える位置に上がってきました。今後が楽しみです。

 なお、この試合でフォルトゥナの大前が74分から出場しブンデスリーガデビューを果たしています。右サイドハーフでプレーしていましたが、この試合では守備に追われ持ち味を発揮できずに終わっています。もちろん、この試合は彼の評価の対象にはならないでしょう。

引用記事:
Gladbach-Torwart ter Stegen hofft auf Revanche gegen Fortuna (DerWesten)
Borussia – Fortuna: Das kleine Derby (RP Online)


BUNDESLIGA 2012/13 19.Spieltag
26.01.2013, 15:30 Uhr, Stadion im Borussia-Park, Mönchengladbach
Borussia M'gladbach - Fortuna Düsseldorf 2:1 (2:0)
Borussia: ter Stegen – Jantschke, Brouwers, Dominguez, Wendt – Nordtveit, Marx – Cigerci (90.+1 Rupp), Arango – Herrmann (88. Mlapa), de Jong (72.Hanke)
Fortuna: Giefer – Balogun, Juanan, Latka, van den Bergh – Tesche, Fink (74. Omae), Bodzek (85. Ilsö) – Kruse, Reisinger – Schahin
Tore: 1:0 Juanan (6., Eigentor), 2:0 Herrmann (14.), 2:1 Schahin (50., Handelfmeter)
Gelbe Karten: Marx - /
Zuschauer: 50.315
Schiedsrichter: Peter Gagelmann (Bremen)

スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

10:58  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2013.01.20 (Sun)

ブンデスリーガ2012/2013 第18節 ホッフェンハイム vs. グラートバッハ

 ブンデスリーガの後半戦が再開しました。グラートバッハはアウェイでホッフェンハイムと対戦です。ホッフェンハイムはリーグ戦前半はリーグ最多の41失点と守備が崩壊し16位と不本意な結果に終わりました。グラートバッハはぜひとも勝ちを計算したいところですがそう簡単にいかないことはグラートバッハファンならわかっていると思います。なにしろこれまでグラートバッハはホッフェンハイムを大の苦手としておりクライヒガウでの公式戦は過去に一度も勝利したことが無いのです。そんなこともあって、どんな形であれ勝てれば個人的には大満足だったのですがドローでも止むなしと思っていました。試合は結果としてスコアレスドローとなりましたのでまあまあかと思います。

 この試合、グラートバッハは風邪で体調を崩したCBのシュトランツルが欠場しブラーウェルスが入りゲームキャプテンを務めました。試合後のブラーウェルスのコメントによると試合直前のこれは試合直前の出来事だったようで心の準備もできないまま試合に臨んだようです。またFWにはデヨングがスタメン復帰しヘアマンと2トップを組み右SHにはウィンターブレークで評価を上げたチゲルチが起用されました。対するホッフェンハイムはGKにヴィーゼが復帰。またリーグ前半は出場機会の少なかったヴァイスがボランチに、デルディヨクがFWに入るなど監督交代により選手の起用にも変化が出ているようです。

 試合はグラートバッハがボールは保持するもののホッフェンハイムのしつこいディフェンスに手を焼き前線へなかなか効果的なパスが出せずにチャンスを作れないという展開でした。グラートバッハは後半にシステムを4-4-2から4-3-3に変更しましたがホッフェンハイムはそれにもしっかりと対処し最後まで集中力を切らすことはありませんでした。その結果、グラートバッハは流れの中からはほとんど決定機を作れなかったように思います。グラートバッハとしては、こういう膠着した展開では攻撃に個人のアイデアがほしかったのですが、そのあたりができそうなアランゴがそれほど多くボールに絡めなかったのが残念でした。またヘアマンに関してはやはりトップにいるよりはスピードを生かして2列目から飛び出す形の方がよいと思うのですがいかがでしょう。
 一方のホッフェンハイムはボールを奪ったらドリブルやロングパスを使ってシンプルに手数をかけずにゴールを狙いだったのでしょうか。両サイドハーフが高い位置をとり積極的に攻撃に参加するシーンが多くシュート数はグラートバッハを上回り決定機も何度かありましたが、最後はテアシュテーゲンが立ちはだかりました。
 
 個人的に印象に残った選手をあげるなら、グラートバッハは良くも悪くもチゲルチでした。彼はポジションを変えて動きすぎる嫌いがあり個々のプレーの精度もいまひとつ足りないと思うのですが、FWとのコンビネーションを使って何度もシュートを試みるなど積極的な姿勢は好感がもてました。一方ホッフェンハイムではフォラントとヴァイス。2人のコンビネーションはなかなかよくさほど多くはないですがチャンスを作り出していました。宇佐美にも触れておくとかなり積極的に攻撃をしかけていましたが個人で局面を打開しようとする意識が強すぎたようで球離れの悪さや強引さが目立ち本来の力は発揮できていなかったように見えました。しかし、ホッフェンハイムの彼ら攻撃的な選手たちが連動して動けるようになればリーグ戦後半は期待できるのではないかと感じました。少なくても16位に沈むことは無いでしょう。
 
 この試合についてのグラートバッハのファヴレ監督は、「結果はOK。前半よりも後半に攻勢をかけたが、ボールを加速させることがうまくできなかった。躊躇しずぎたようだ。またホッフェンハイムの早い攻撃を警戒しなくてはことも忘れてはならない。アウェイで1ポイントをとったことは悪くはない。」と試合後にコメントし概ね満足した様子。私も全く同感です。チームとしてはそれなりに手は打ったと思いますし、チャンスが作れなかったとしても全く悲観することはないと思いました。問題は次の試合です。
 一方のホッフェンハイム、クルツ監督も「我々はよい方向に進んでいる。スコアレスドローは我々にとって重要な成果だ。特に勝利への意欲、メンタリティ、考え方がよかった。これまでには見られなかった豊富な運動量もあり素晴らしかったと思う。重要な改善点はボールを保持したときの我々自身のポジションプレーだ。私はこの結果を最初の試合としてはよいものとして評価している。」とこちらも満足したようです。なるほど、確かにそうですが、今のチームの状況を考えれば内容よりも結果が必要であり、その意味ではこういう展開の試合はぜひ勝ちたかったというのが本音ではないでしょうか。

引用記事
Stimmen zum Spiel (Borussia 公式サイト)
Stimmen zum Spiel gegen Gladbach  (1899 Hoffenheim 公式サイト)

このブログをご覧いただいている皆様へ

 個人的な都合により昨年暮れあたりから多忙な状態が続いておりブログの更新が厳しくなってきております。スタジアム観戦した試合は絶対に記事にする主義ですが、TVやネット観戦の試合は記事にできないどころか観戦すらできないかもしれません。そのため更新頻度が大幅に落ちると思いますがご了承願います。まあ、誰も困らないでしょうが(笑)


BUNDESLIGA 2012/13 18.Spieltag
19.01.2013, 15:30 Uhr, WIRSOL Rhein-Neckar-Arena, Sinsheim
TSG 1899 Hoffenheim - Borussia M'gladbach 0:0 (0:0)
Hoffenheim: Wiese - Beck, Delpierre, Vestergaard, Johnson - Weis, Salihovic (36. Williams) - Firmino (73. Grifo), Volland, Usami - Derdiyok (83. Joselu).
Borussia: ter Stegen – Jantschke, Brouwers, Dominguez, Wendt – Nordtveit, Marx – Cigerci, Arango – Herrmann (90. Rupp), de Jong (77. Mlapa).
Tore: Fehlanzeige.
Gelbe Karten: Vestergaard, Weis, Usami - Brouwers, Herrmann.
Zuschauer: 26.750
Schiedsrichter: Peter Sippel (München)

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

22:10  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2013.01.02 (Wed)

第92回天皇杯決勝 ガンバ大阪 vs. 柏

 第92回天皇杯決勝の顔ぶれはガンバ大阪と柏レイソル。私にとってみれば好きでも嫌いでもないチーム同士の対戦であり、試合中に興奮するということはないでしょう。ただ、天皇杯の決勝はスタジアムで観戦したことが無く一度は見てみたいと思っていました。そんなこともあって準決勝の試合前に前売りのチケットを購入済でした。
 かなり寒いだろうと思っていた国立競技場ですが、しっかりと防寒対策をしてきたこともありさほど寒さは感じずに試合を観戦できました。


 試合について簡単に触れておくと、前半はガンバ大阪のペースとなりました。サイドハーフが高い位置に特に右サイドを幾度となく崩し決定機を作り出します。特に惜しかったのが27分左サイドを倉田がするすると抜け出して二川が至近距離でシュートを放った場面。ここは菅野がセーブされ先制できませんでした。
 柏はボールを奪ったあと特に中盤とワントップの関係が悪くよい形で前線にボールがおさまらずなかなかチャンスを作れませんでした。前半のうちに水野を田中に代えて、田中を前線に持っていったのはその対応でしょう。柏は天皇杯準々決勝の大宮戦を見ていますが、その試合も前半で選手を交代しその後大逆転に結び付けました。試合の状況を見極めると時間帯に関わらずすぐに手を打つという思い切りの良さはさすがです。柏はこの試合も選手交代のすぐ後に先制点を奪います。34分、澤のミドルシュートは武田のセーブに防がれますが、それによって得たコーナーキックから渡部が頭で完璧に合わせて先制しました。

 後半に入ると柏は守備重視に切り替えたように見えました。必然的にガンバがボールを回す時間が長くなりましたが、柏の守備に対する集中力は途切れることはなく、前半に比べると危険なシーンはそれほど多くはありませんでした。カウンターでは何度か決定機を作れる状況になりましたが、パスミスなど中途半端なプレーで追加点は奪えませんでした。


 この試合、私のようにどちらのファンでもない第3者の目から見て決して面白い試合ではありませんでしたが、試合展開に応じた選手の戦いぶり、そして選手交代も含めて柏が勝つべくして勝ったという印象を強く持ちました。堂々たる優勝だと思います。
 ガンバ大阪については、試合を通して見られたパスワークなどチームとしての質の高さはJ1でもトップレベルであることは間違いありません。しかしそれが試合の結果に直接結びつかないから難しいのです。このチームが今年J2でどのような試合を繰り広げるのか本当に興味深いです。私も時間があればぜひ関東近辺でガンバが試合をするときは観戦したいと思います。


 さて、この試合の結果、柏は今年もACLへ出場することになりました。試合をほとんど見ていないので実際は知りませんが、昨年はリーグ戦とACLを両立していくのに苦労していたという印象があります。今年は昨年の経験を踏まえてよいところまで進むことを期待しています。

 初めて天皇杯決勝をスタジアムで観戦したのですが、やはり大きな試合のもつ独得の雰囲気がスタンドからも感じられました。ここでぜひ自分が応援するチームの試合を見たいものだと思います。今さらいっても仕方が無い話ですが、準々決勝で大宮はこのチームを相手に前半で2点リードする状況を作っていたわけで、そこで何とかしていたらもしかして…と思わざるを得ません。もちろん、そんな簡単な話でないのはわかっていますが天皇杯の決勝へ進むというのは簡単なことではないのです。


第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会 決勝
2013年1月1日(火) 14:05, 国立競技場
ガンバ大阪 - 柏レイソル 0:1 (0:1)
G大阪: 武田 - 藤春, 丹羽 (85. 武井), 岩下, 今野, 加地 - 遠藤, 二川 (69. 佐々木), 倉田 (55. 家長), 明神 - レアンドロ
柏: 菅野 - 那須, 増嶋, 渡部, 橋本 - レアンドロ ドミンゲス, 茨田, 水野 (32. 田中), 大谷 (67. 栗澤), ジョルジ ワグネル - 澤
得点者: 0:1 渡部 (35.)
警告: 家長 - 大谷, ジョルジ ワグネル, 菅野
入場者: 46,480人
主審: 吉田 寿光

テーマ : 第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会 - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

22:11  |  天皇杯  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。