--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2013.12.28 (Sat)

2013年の終わりに

 さて今シーズンのブンデスリーガもシーズン半分が終わりました。2013年の公式戦はすべて終了です。こちらのブログもこれを2013年最後の記事としたいと思います。そこで、今年応援してきたクラブについての総括というか感想を簡単に記します。

 まず、2013年のグラートバッハに関しては、特に新シーズンに入ってからの充実ぶりはファンの1人としてうれしく思います。新加入選手は3人だけでしたがファヴレ監督の戦術にピタリと合った選手を獲得できたことでチームの戦力は大幅にアップ、また彼らも期待以上のパフォーマンスを発揮し監督のやりたいことが表現できていると思います。観戦する側としても非常に楽しませてもらいました。DFに怪我人が出たのは残念ですが、ヤンチュケのCBコンバート、戦力外寸前の状態だったコルプの右SB起用の成功などもうれしい出来事でした。欲を言えば相手の戦術に対して柔軟に対応できる戦術のバリエーションがほしいところですが、それが簡単にできれば優勝争いをしているレベルですね。ウィンターブレーク明けにはリーグ戦序盤で負けているバイエルンミュンヘンやレヴァークーゼンとホームで対戦します。この2戦はドローではなく勝利を狙ってほしいと思います。

 ツヴァイテリーガのVfLボーフムは2012/13シーズン、辛うじてツヴァイテ残留を成し遂げました。リーグ戦終盤にケルンに勝ったホームゲームを現地観戦できたのは私にとってとても良い思い出になりました。しかし、シーズン終了後に主力選手、特に期待の若い選手がごっそりと抜けてしまった上に財政難に直面していて補強もままならずどうなることかと心配しました。今季は他クラブで埋もれていた選手たちを寄せ集めた集団で挑むシーズンなので客観的には降格候補と考えていましたが、これまでのところは大混戦というリーグ戦の展開に救われている面があると思います。ボーフムに関してはツヴァイテ残留を果たしつつも2、3年先を見据えたチーム作りをしっかりと進めてほしいと思います。

 最後にJリーグの大宮について。今年の大宮はシーズン前半はかつてないほどの快進撃を見せましたが全体的に見れば失望感の方がはるかに大きいシーズンでした。数日前にMF青木が浦和に移籍することが決まりましたが、彼を含めて主力選手の流出はしかたがないでしょう。そして代わりにどれだけの選手を獲得できるのか。幸いにも監督は決まりましたが…。
 来シーズンは誰もが降格候補として予想するでしょうがそれは当然だと思います。ただ大宮にとっては降格は許されないことだと思います。プロフットボールクラブとして未熟であることが証明されてしまいましたが、そんな大宮がJ1クラブというブランドを失ったらどうなるか想像するのも恐ろしいことです。苦戦は必至ですが地道にポイントを重ね残留だけは何としても成し遂げてほしいと思っています。

 さて、最後になりますが、このブログを訪問していただいた皆様、今年一年どうもありがとうございました。このブログは2008年8月から始めていますのでもう5年以上続けてきたことになります。来年もしばらくは惰性で続けるつもりです。

2013年12月28日
reis
スポンサーサイト
03:04  |  ご挨拶  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2013.12.23 (Mon)

ブンデスリーガ2013/2014 第17節 グラートバッハ vs. ヴォルフスブルク

 第17節、グラートバッハの試合は日曜日開催です。前日に2位のレヴァークーゼン、3位のドルトムントが敗れています。3位のドルトムントと勝点で並んでいたグラートバッハは引分け以上で3位に順位を上がります。対戦相手のヴォルフスブルクはグラートバッハと3ポイント差の5位。得失点差はありましたがこの試合に勝てば3位と勝点で並ぶということになり、どちらにとっても上位を窺う意味で重要な試合でした。

 グラートバッハはこの試合のスターティングイレブンはいつもと同じ。これで7試合連続で同じメンバーです。対するヴォルフスブルクも前節のシュトゥットガルト戦と同じメンバーでスタートしました。

 前半はお互い相手の様子をうかがうような形でほとんど試合に動きはありませんでしたが19分にジエゴが最初のミドルシュートを放つとこれを合図にしたかのようにヴォルフスブルクが攻勢をかけてきます。そして、21分カリジウリが左サイドを抜け出しシュート。さらに28分オリッチがミドルシュート、テアシュテーゲンがパンチングでクリアしたボールを拾ったアーノルドが続けてシュートするなどグラートバッハゴールを脅かします。グラートバッハは30分にクルーゼに一つ決定機があった程度で、どちらかといえばヴォルフスブルクのペースといえる前半の内容でした。

 後半に入り先に先制点を奪ったのはヴォルフスブルクでした。53分にロドリゲスの左からのクロスがジエゴに通ると間髪入れずに右足でゴールの右隅に決めました。いつもジエゴにやられているという印象があるので調べてみたら過去ジエゴが相手として出場した試合(対ブレーメン、ヴォルフスブルク)は8試合ありますが6ゴールを決められています。
 先制されたグラートバッハも59分にラファエルがドリブルからミドルシュートを決めて同点。さらに64分にはアランゴがフリーキックを直接決めて逆転しました。試合後、ヴォルフスブルクのヘッキング監督は「0:1の時間をもっと長くしたかった」と語っていましたが、確かに1点リードを許し相手に守備を固められてしまうとグラートバッハにとっては一層難しくなるところでした。グラートバッハの攻撃の特徴は前線と中盤のコンビネーションをベースにした早いカウンターだと思いますが、相手にスペースを埋められた膠着した展開ではやはりアランゴの個人技も大きな武器になります。今季で契約の切れるアランゴに関しては来季の契約をどうするかという話がメディアでも議論され始めていますが、こういうプレーをできる選手というのはなかなかいないはずです。
 グラートバッハはその後もチャンスを作りましたがこの時間でもう一点取れなかったことがいけませんでした。85分に途中から入ったドストに同点ゴールを決められ同点に追いつかれてしまい、結局そのままドローに持ち込まれてしまいました。

 勝点で3ポイント差の相手に差を縮められなかったことや順位を1つあげたことを考えればドローでも良しと言えるかもしれません。しかし、私はこの試合結果には満足できません。シーズン当初はEL出場権を獲得できれば上出来ではないかと思っていましたが、ここまできたらCLを目指してほしいと思います。シーズン前半の戦いぶりを見ていると十分現実的な目標だと思います。それだけにこのヴォルフスブルク戦は絶対に勝ちたかった試合だし、勝てる試合だった。それを思うと残念でなりません。さらに上を狙うにはこういう試合をしっかりと勝ち切ることが重要になると思います。


1. BUNDESLIGA 2013/14 17.Spieltag
22.12.2013, 15:30 Uhr, Stadion im Borrusia-Park, Mönchengladbach
Borussia M'gladbach - VfL Wolfsburg 2:2 (0:0)
Borussia: ter Stegen - Korb, Jantschke, Stranzl, Wendt - Kramer, Xhaka - Herrmann (87. Hrgota), Arango - Raffael (93.+3 de Jong) - Kruse
Wolfsburg: Benaglio - Ochs, Naldo, Knoche, Rodriguez - Luiz Gustavo, Medojevic (71. Perisic) - Caligiuri (87. Koo), Arnold, Diego - Olic (79. Dost)
Tore: 0:1 Diego (53.), 1:1 Raffael (59.), 2:1 Arango (64.), 2:2 Dost (85.)
Gelbe Karten: Wendt - Ochs, Diego, Caligiuri
Zuschauer: 53.301
Schiedsrichter: Günter Perl (Pullach)

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

18:43  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2013.12.21 (Sat)

2. ブンデスリーガ 2013/14 第19節 ドレスデン vs. ボーフム

 ツヴァイテリーガはすでに後半戦に入っていますがこの19節が2013年最後の試合になります。さすがにリーグ戦の半分を過ぎれば各チームの力関係が見えてくるはずなのですが、今季はそう簡単にはいかないようです。特に中位から下位にかけては実力に差がなく単純にその時点でのチームの好不調や対戦相手の違いだけが順位の違いになって表れているかのように見えます。例えば第18節を終えた時点でボーフムは12位、ドレスデンは降格圏の17位ですが勝点の差はわずかに2。この試合の結果によっては順位が入れ替わるのです。とはいえ、順位表の下の方にチームの名前があるというのは人を不安にさせるのは間違いなくいったん下位に下がったチームが監督解任に動くことになります。

 ドレスデンは今のところ監督交代がうまくいった例のようで順位こそ17位ではありますがオラフ・ヤンセン監督就任後は勝点を順調に伸ばしています。特にホームでは6戦無敗。もともとドレスデンはホームでは熱狂的なファンの後押しを受けて強さを発揮していたのですが、監督交代後にそれが戻ってきた印象を受けます。一方のボーフムも一時期降格圏に下がった時期がありましたがクラブのノイルーラー監督への信頼は厚くこちらは監督解任には踏み切りませんでした。

 主力メンバーが顔をそろえたドレスデンに対し、ボーフムはDFのファビアン、フライヤー、FWのスクタパスがけがにより欠場を余儀なくされ右SBには本来CBのエイヨルフソンを、CBにはアクヴィスタパーチェ、左CBには18才のホルトハウスを起用するという苦しいフォーメーション。また中盤もバスティアンズ、ブルートを使うなど前節とは大幅にメンバーを入れ替えて試合に臨むことになりました。

 前半は互角の展開で始まりました。8分にボーフムはペナルティエリアの外側の位置でフリーキックをチャンスを得ます。バスティアンズのフリーキックをキルステンが抑えきれず詰めていたマルトリッツが押し込みましたがオフサイドでゴールは認められませんでした。
 15分過ぎからドレスデンがやや押し気味の展開となり、19分にシュルツが右から入れたボールにアウディアが頭で合わせましたがこのシュートはポストに跳ね返されました。両チーム合わせてもこれが前半最大のそして唯一の決定機だったと思います。ドレスデンは右サイドを何度か崩したもののクロスの質が悪くチャンスを作れず、またボーフムは相手ボールをカットすると田坂にボールを集めますがそこで手詰まりとなりチャンスを作れませんでした。

 後半は前半よりも動きがなくなり、どちらもチャンスを作れそうな気配すら感じないまま時間だけが経過していく状態となります。この状況を変えるためにボーフムは右SHのヤメラー、ドレスデンはFWのデディッチを入れますが試合に動きはないままです。
 そのような展開の中、71分にドレスデンFWのアウディアがユングヴィルトに対して空中戦で肘打ちをしたとみなされレッドカードが出されます。これはかなり厳しいジャッジと感じました。
 ボーフムが残り20分を数的優位を得て戦うことになりようやく試合に動きが出るかと思いましたが、実際はそうなりませんでした。守備を固めてカウンターを狙うドレスデンに対してボーフムは攻めあぐねほとんどチャンスはなし。リスクを負って勝負を仕掛けるということはなくただ漫然とパスを回しているかのように見えました。一方のドレスデンは一度カウンターからデディッチがボーフムDFの裏を取ることに成功しましたがシュートはルーテの正面でした。そして結局最後まで見どころのないままスコアレスドローで試合が終わりました。

 実に退屈な試合でした。試合前のプレスカンファレンスでヤンセン監督は「相手の守備と切り替えの早さを警戒している」と話しており、特に不用意なボールロストを嫌い慎重に試合を進めた様子がよくわかりました。一方のノイルーラー監督もDFの主力メンバーがかけていることや前節4失点の反省もあって守備的な戦術で戦った結果がそんな試合にしてしまったのだと思います。
 しかしその点を考慮したとしても後半数的優位になったにもかかわらず前へ向かう姿勢を見せなかったボーフムにはガッカリです。唯一良かった点は、この試合にブルート、ホルトハウス、ヤメラーという3人の10代の若手が出場し、ドレスデンの異様な雰囲気の中でも落ち着いてプレーできていた点でしょうか。

■ ホーホシュテッターSDのコメント
「我々の若いタレントがこのような雰囲気の中でできることを示してくれたことはとても喜ばしい。しかし正直に言うならこのような試合を勝てないことはすごく残念だ。前半は我々は非常に良いフットボールをした。私から見れば今季最高のアウェイゲームの一つだった。後半、相手の退場処分のあとは残念ながらディナもに対してフットボールをすることを放棄してしまった。それでも私はこの半年に満足している。我々は難しい時期にチームを引き継いだ。その間にチームは安定してきた。」

<引用記事>
Stimmen (VfLボーフム公式サイト)


2. BUNDESLIGA 2013/14, 19. Spieltag
20.12.2013, 18:30 Uhr, glücksgas stadion, Dresden
SG Dynamo Dresden - VfL Bochum 1848 0:0 (0:0)
Dresden: Kirsten - Schulz, Bregerie, Susac, Schuppan - Koch (46. Fiel), Losilla, Ouali, Kempe - Poté (69. Dedic), Aoudia
Bochum: Luthe - Eyjolfsson, Maltritz (46. Butscher), Acquistapace, Holthaus (77. Cwielong) - Latza (66. Gyamerah), Jungwirth - Bulut, Tasaka, Bastians - Aydin
Tore: Keine
Rote Karten: Aoudia (71.)
Gelbe Karten: Kempe - Eyjolfsson, Latza, Bastians
Zuschauer: 27.872.
Schiedsrichter: Christian Dingert (Lebecksmühle)


テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

16:37  |  VfL Bochum  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2013.12.08 (Sun)

ブンデスリーガ2013/2014 第15節 グラートバッハ vs. シャルケ

 グラートバッハは前節まで5連勝中。しかもホームでは7戦全勝と圧倒的な強さを誇っています。しかし第15節の相手は難敵のシャルケでありどのような戦いを見せるのか注目していました。なお、今回はフジテレビNEXTで中継があったので久しぶりにTV観戦です。

 前半のグラートバッハは、試合の入り方は決して悪くはありませんでしたがシャルケが組織的な守備ブロックをつくりスペースを消していて簡単にチャンスは作れませんでした。特にクルーゼとラファエルは厳しくマークされていたこともあり前線でしっかりボールがおさまらずボールを奪われるシーンが目に付きました。
 17分にファルファンの右サイドからのクロスに対して中央に入ったボアテンクの腕をコルプが引っ張りシュートを阻止してしまいシャルケにPKが与えてしまいます。これをファルファンが決めてシャルケが先制しました。
 しかし、グラートバッハは25分にラファエルが相手に付かれながらドリブルで中央に切り込み左足でミドルシュートを決めて同点に追いつきます。組織的に守る相手に先制を許してしまう形はシーズン序盤にアウェイで負け続けていた時のパターンであり嫌な流れだっただけにこのゴールは本当に大きな意味を持つゴールだったと思います。その後はお互い慎重に相手の様子をうかがうかのように膠着した展開となりますが、前半のアディショナルタイムにアランゴからのパスを受けたクルーゼが左足で放ったシュートがブロックに入ったヘヴェデスの手に当たりPKを獲得。すでに警告を受けていたヘヴェデスは2枚目の警告で退場となりました。このPKはクルーゼが決めてグラートバッハが逆転し、さらに数的優位も手にして前半を終えました。

 後半のグラートバッハは1人少なくなった相手に対して何度も決定機を作りますがゴールは決められませんでした。中には一つ副審のミスジャッジでオフサイドにされてゴールを認めてもらえないという不運はありましたが、決めるときにしっかり決められずテレビを見ていた私もついイライラしてしまいました。攻め込みながら決めきれないでいると逆に相手に決められてしまうというのはお決まりの展開です。試合終盤にシャルケがカウンターから良い形を作り出すと本当に嫌な予感がしてきました。そして案の定アディショナルタイムにひやりとさせられます。ファルファンのアーリークロスをペナルティエリア内でボアテンクが頭で合わせます。テアシュテーゲンのスーパーセーブで何とか防ぎましたが、これは見た瞬間「やられた」と声をあげてしまいました。チャンスでしっかり決めておけばこういう思いをせずに済んだはずです。

 この試合の大きなポイントとなったのは前半最後のプレーだったのは間違いありません。リプレイを見る限りクルーゼのシュートは明らかにヘヴェデスの手に当たり角度が変わっているのでPKは妥当かと思いますが、カードを出すほどのプレーだったのかは疑問に感じました。これに対してファヴレ監督も「ヘヴェデスに対するカードは私の目から見て厳しすぎだ」と試合後のプレカンで話していました。客観的に見てグラートバッハの勝利はかなり運が良かったと言えるでしょう。しかし、長いシーズンいろいろなことがあります。運を味方につけて勝利を収めるというのも大切なことです。しかも相手が1つ下の順位のシャルケということならなおさらそう感じます。

 個人的な話ですが、ホームでのシャルケ戦といえば昨シーズン(今年の5月)に現地で観戦しましたが、その試合でグラートバッハは痛い敗戦を喫しEL出場権獲得が事実上絶望的になったのでした。その試合で決勝ゴールをアシストしたのが当時シャルケの一員だったラファエルだったというのは興味深く思えます。

 最近のグラートバッハは相手の力や戦い方に関わらずしっかりと結果を残せるようになっています。6連勝という結果も勢いだけではないと思います。当初は6位を目指す戦いになるかと思っていましたが、CLも狙えそうな気がしてきました。これから一層目が離せなくなりそうです。


1. BUNDESLIGA 2013/14 15.Spieltag
07.12.2012, 15:30 Uhr, Stadion im Borrusia-Park, Mönchengladbach
Borussia M'gladbach - FC Schalke 04 2:1 (2:1)
Borussia: ter Stegen - Korb, Jantschke, Stranzl, Wendt - Kramer, Xhaka - Herrmann (90. Nordtveit), Arango - Raffael (88. Brouwers) - Kruse (83. de Jong)
Schalke: Fährmann - Uchida, Höwedes, Felipe Santana, Kolasinac (81. Fuchs) - Matip, Neustädter (84. Szalai) - Farfan, Meyer, Draxler (89. Clemens) - Boateng
Tore: 0:1 Farfan (17., Foulelfmeter), 1:1 Raffael (25.), 2:1 Kruse (45.+1., Handelfmeter)
Gelb-Rote Karten: Höwedes (45.)
Gelbe Karten: Korb - Uchida, Meyer, Neustädter
Zuschauer: 54.010 (ausverkauft)
Schiedsrichter: Felix Zwayer (Berlin)

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : TV観戦記

23:54  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。