--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2014.02.16 (Sun)

ブンデスリーガ2013/2014 第21節 ブレーメン vs. グラートバッハ

 前節はホームでレヴァークーゼンに敗れ3連敗となりCL出場の夢は厳しくなってしまった感のあるグラートバッハですが、3連敗とはいえそのうちの2つは首位のバイエルンと2位のレヴァークーゼンでありそんなに危機感を持つ必要はないと感じていました。今週の相手ブレーメンに対してはホームでは結構勝っているのですが、アウェイではなんと1987年以降勝利がないというデータが残っています。そういう嫌なジンクスをはねのけて弾みをつけてほしいものだと期待していました。
 この試合のグラートバッハは前節出場停止だったコルプが右サイドバックに復帰、一方でアランゴが内転筋の肉離れにより欠場し代わってフルゴタが左サイドハーフに起用されました。

 キックオフから間もない6分に意外な形でグラートバッハが先制します。ブレーメンのDF、ルキミヤの味方への不用意なパスをラファエルが奪いそのままゴールを決めました。相手からのプレゼントのような先制点で気が楽になったのか、グラートバッハは中盤の連携がよくパスがスムーズに回り何度もチャンスを作ります。しかし残念ながらラストパスが通らず決定機にまでは至りません。
 一方のブレーメンは両サイドを使って攻めようという意図が感じられますが攻撃に迫力を欠きました。42分にヴェントのバックパスをペーターゼンがゴール前で奪うという決定機がありましたが、こちらはテアシュテーゲンが阻まれてゴールは奪えませんでした。

 前半はほとんどよいところのなかったブレーメンも後半は見違えるようにアグレッシブに前に出てくるようになりました。49分にブレーメンはユズノヴィッチの右からのクロスがクロスバーに直接あたったり、53分にフリーキックからペナルティエリアでフリーになっていたカルディローラにボールが渡りシュートを撃たれるなど危険なシーンを多く作り出しました。私はブレーメンの試合を多く見ているわけではありませんが、ホームでのブレーメンの強さというのはこのように攻撃力で相手を押し込んで一方的な展開に持ち込んでしまうところにあるという印象を強く持っています。最近は伝統的な攻撃力に陰りが見えてはいるとはいえ、この時間帯はブレーメンらしいサッカーだったと思います。
 グラートバッハは押し込まれながらも集中力を切らさずに持ちこたえ、多少強引なブレーメンのボールを奪いカウンターから何度もチャンスを作りました。特に57分のヴェントがドリブルで攻め込みヘアマンがシュートを放ったシーンはぜひとも得点に結びつけてほしかった場面です。そのすぐあとにも自陣で相手ボールを奪ったラファエルが一人でドリブルで上がりシュートを放ったり、さらに64分にはラファエルのフリーキックがファーサイドのポストを直撃するなどいつ点が入ってもおかしくない状態でした。
 決定機を決められないとしっぺ返しを食らうのはお約束の展開です。そしてこの試合も最後にグラートバッハは痛い目に合うことになりました。88分にペナルティエリアのすぐ外で相手にファールを与えてしまい、フリーキックを新加入のルドヴィク・オブラニアクに左足で直接決められて同点にされて試合が終わりました。

 グラートバッハにしてみればやはり追加点が奪えなかったことが痛かったと思います。後半相手が攻撃的になったことへの対応としてカウンターを狙ったのであればなおさらそう感じます。客観的に見れば後半は攻め込まれる時間が長かったしチャンスもブレーメンに多かったのでドローは妥当な結果と思いますが、やはり88分の失点というのは厳しいです。勝てる試合でした。

 ところでこの試合でヤンチュケが前半終了時点で、ヴェントが75分で退きました。ヤンチュケは足がつってしまったことによる交代だったようですが、ヴェントについては左膝内側靭帯損傷とのこと。長期離脱を余儀なくされそうです。

 次節の対戦相手はこれまた相性の悪いホッフェンハイムが相手です。グラートバッハの調子そのものはさほど悪くないと思いますが、苦手相手に勝点を奪えない状態が続くと精神的にもよくないです。早く1勝がほしいところです。

<参考記事>
Nur 1:1 – Gladbach vergibt Sieg in Bremen (RP Online)


1. BUNDESLIGA 2013/14 21.Spieltag
15.02.2014, 15:30 Uhr, Weserstadion, Bremen
SV Werder Bremen - Borussia M'gladbach 1:1 (0:1)
Bremen: Wolf - Ignjovski, Prödl, Lukimya (27. Kroos), Caldirola - Bargfrede, Makiadi (76. Elia) - Junuzovic, Obraniak - Petersen (69. Kobylanski), di Santo
Borussia: ter Stegen - Korb, Jantschke (46. Dominguez), Stranzl, Wendt (75. Daems) - Kramer, Xhaka - Herrmann, Hrgota (89. Rupp) - Raffael - Kruse
Tore: 0:1 Raffael (6.), 1:1 Obraniak (88.)
Gelbe Karten: Obraniak, Bargfrede, Ignjovski - Hrgota
Zuschauer: 42.100 (ausverkauft)
Schiedsrichter: Wolfgang Stark (Ergolding)

スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

20:28  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2014.02.09 (Sun)

ブンデスリーガ2013/2014 第20節 グラートバッハ vs. レヴァークーゼン

 グラートバッハはホームでリーグ戦2位のレヴァークーゼンと対戦し0:1で敗れ、リーグ戦の後半は3連敗となりました。前節はアウェイとはいえ内容の良くない試合だったので、ホームでの一戦は苦手のレヴァークーゼンに勝ってリーグ戦前半のような勢いを取り戻したかったでしょうが残念な結果に終わりました。

 この試合の前にグラートバッハのシュトランツルは股関節滑液包炎で出場が微妙と報じられていましたが、回復が間に合いました。また出場停止のコルプに代わって右サイドバックにはノルトヴァイトが久しぶりに起用されました。

 前半はどちらも決め手がなく退屈な試合になりました。前半の決定機と言えば19分にクルーゼのクロスをヘアマンが右足でダイレクトボレーのシュートを放った場面くらいでした。レヴァークーゼンも決定機はそれほど多くはありませんでした。これは、ホームのグラートバッハがリスクを負うことをせず慎重に戦い、強力なカウンターを武器とするレヴァークーゼンもそれに対応した結果、お互い様子をうかがう展開になったのだと思います。ゲームキャプテンのシュトランツルの試合後のコメントに「嫌な流れを止めるためにリスクを冒さずにぜひ勝点を取りたかった」とありましたが、これは意図していたものだったのでしょう。ファヴレ監督は「前半はスペクタクルではなかったが悪くはなかった。よく我慢してプレーできていたしボールの取得はOKだしポゼッションもよかった。」とコメントしています。見ている人間にとって退屈であっても勝点を取るための手段という意味ではある程度うまくいっていたということでしょう。

 後半は前半に比べると見応えのある展開になり、62分についにレヴァークーゼンが先制します。この試合の唯一のゴールシーンはソンフンミンの鮮やかなミドルシュートでした。このシュートは確かに素晴らしかったのですが、きっかけとなったのは2人がついて守る相手にラファエルが強引に突破を図った結果のボールロストで、それをカウンターからソンにつながれシュートされました。このような簡単なボールロストが失点の原因になるのは最近のグラートバッハの良くない点です。1点を失った後のグラートバッハはさすがにリスクを負って攻めようとする意図は見えましたが、レヴァークーゼンの守備を崩すことはできずに終わりました。

 グラートバッハにとって非常に残念な敗戦です。ホームでのレヴァークーゼン戦は1989年から四半世紀にわたって勝利がないという嫌な記録があったのですが、この記録は継続することになりました。しかしそういう記録とは別にリーグ戦で順位が上の相手との直接対決でアウェイ、ホームの両方とも敗れてしまったことでCL出場権獲得は厳しくなりました。もっとも現在のグラートバッハの力ではCLではなくELを狙うのが現実的なのかもしれません。とにかく次節になんとか連敗をとめてほしいものです。

 この試合、レヴァークーゼンは警告を4枚出されていますが、そのうちの2枚は試合に出場していない選手が受けたものでした。いずれもタッチラインやゴールラインを割ったボールをグラートバッハの選手が素早いリスタートをしようとしたのを阻むような行為でした。これは別に珍しいものではありませんが、1試合に2回もあるのは珍しいと思います。


1. BUNDESLIGA 2013/14 20.Spieltag
07.02.2014, 18:30 Uhr, Stadion im Borrusia-Park, Mönchengladbach
Borussia M'gladbach - Bayer 04 Leverkusen 0:1 (0:0)
Borussia: ter Stegen - Nordtveit, Jantschke, Stranzl, Wendt - Kramer, Xhaka (83. Younes) - Herrmann (67. Hrgota), Arango (83. Mlapa) - Raffael - Kruse
Leverkusen: Leno - Hilbert, Toprak, Spahic, Can - Rolfes - Bender, Castro - Sam (69. Derdiyok), Son (81. Hegeler) - Kießling (90.+4 Wollscheid)
Tore: 0:1 Son (62.)
Gelbe Karten: Herrmann, Kruse - Wollscheid, Can, Kießling, Donati
Zuschauer: 53.379 (ausverkauft)
Schiedsrichter: Florian Meyer (Burgdorf)

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

14:51  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2014.02.02 (Sun)

ブンデスリーガ2013/2014 第19節 ハノーファー vs. グラートバッハ

 前節はホームで今季初の敗戦を喫したグラートバッハですが相手がブンデスリーガの中では別格の強さを誇るバイエルンだったので個人的にはさほど気にしておりませんでした。むしろ、ヤンチュケがセンターバックに復帰し無敗を誇っていた時期のフォーメーションに戻って実力的に近いレベルの相手と戦うこの試合が重要と思っていました。
 対戦相手のハノーファーはリーグ戦の前半は不振でしたが、新監督のもとで新たなスタートとなった前節は強敵ヴォルフスブルクをアウェーで3点差で破り良いスタートを切りました。もともとホームでは強いチームでありグラートバッハにとって難しい試合になることは想像していましたが、全くその通りとなりました。

 前半はハノーファーがホームチームとは思えない慎重な戦いぶりが目立ちました。自陣に深く引いて守りグラートバッハにボールを持たせグラートバッハが仕掛けてくるところでボールを奪いに行きます。序盤はグラートバッハも集中力を保って相手のカウンターに対処していたのでどちらもチャンスが作れない展開となり、この試合の最初のシュートが放たれたのは試合開始から20分後のことでした。
 このような息詰まるような展開で先にリズムを崩していったのはグラートバッハの方でした。28分にヴェントの不用意なパスミスからピンチを招いたがマメ・ディウフのシュートをテアシュテーゲンが右足に辛うじて当ててゴールを免れました。40分にはハノーファーはコーナーキックからマメ・ディウフが頭で押し込み先制ゴールかと思われましたがゴール前でのフスティとヤンチュケの競り合いでフスティにファールがあったとしてゴールは認められませんでした。前半はボールは圧倒的にグラートバッハが保持しつつもカウンターからハノーファーがチャンスを作れていて明らかにハノーファーのペースで進んだと言えるでしょう。

 後半に入るとハノーファーがアグレッシブに仕掛けてくるようになりますが、グラートバッハは不用意なパスミスが減らず相変わらずよくない流れが続きます。そして57分、ついに先制点を奪われてしまいます。フスティの左からのクロスを右サイドでフリーになっていたルドニェフスが頭で決めました。さらに82分にはカウンターからフスティが右サイドでボールを受けてクロスを上げると中央でマメ・ディウフがヤンチュケに競り勝ってゴールに押し込みました。ヤンチュケとマメ・ディウフの体格差はどうしようもないとして左サイドでフスティにあっさりとかわされたムラパの淡白な守備にはがっかりさせらました。
 その2分後にグラートバッハはユネスが右サイドで相手を振り切って上げたクロスをムラパが頭で押し込み1点差としますが、その後は同点を狙って強引なプレーが目立つようになります。85分にマメ・ディウフがフリーで放ったシュートこそテアシュテーゲンの好セーブで防いだものの90分には再びマメ・ディウフにとどめを刺されてしまいました。

 全体を通した感想ですがリーグ戦の序盤にアウェイゲームを落としていた試合に似た展開だったと思います。今季のグラートバッハは攻撃力がありますが、相手がコンパクトな状態を保ちスペースを消されると思うように行かなくなります。そのようなときに例えばアランゴのフリーキックであったりヘアマンの突破だったり個人の能力で打開してきた面がありますが、この試合は2トップが徹底的にマークされほとんど仕事ができなかったうえにアランゴやヘアマンも精彩を欠いていました。
 なかなか状況を打開できない展開で不用意なミスからピンチを招き、そこから全体のリズムも悪くなりついに失点してしまうという展開です。守備からカウンターを狙う相手に先制されるとさらに難しい状況に陥ります。ある意味ではグラートバッハの自滅と言ってもよいような試合だったと感じました。
 ハノーファーは特に後半は良いサッカーをしたと思います。タイフン・コルクト新監督はトップチームの監督は今回が初めてのようですが、後半に戦い方を変えてくるあたりなかなか侮れません。またこの試合でゴールを決めたルドニェフスはハンブルガーSVから移籍して2戦連続ゴール。そしてディウフについては言うまでもありません。おそらく他の上位クラブにとってもハノーファーはとても厄介な存在になることでしょう。

 前節の敗戦と違ってこの敗戦は少々堪えます。順位はまた一つ下げて5位になりました。とにかく連敗は早くとめておきたいところですが、次節の相手は2位のレバークーゼンです。これまでの相性を考えるとホームとはいえポイントを取るのは非常に難しくなると思います。ただレバークーゼンはこの試合のハノーファーのような戦い方はしないと思います。ファヴレ監督は相手によってあまり戦い方を変えないのですが、うまく行くでしょうか。一つ言えるのはくだらないミスは禁物だということです。


1. BUNDESLIGA 2013/14 19.Spieltag
01.02.2014, 18:30 Uhr, HDI Arena, Hannover
Hannover 96 - Borussia M'gladbach 3:1 (0:0)
Hannover: Zieler - Rajtoral, Marcelo, Hoffmann, Schulz - Schmiedebach, Stindl - Huszti (87. Andreasen), Bittencourt (90.+2 Pocognoli) - Rudnevs (89. Schlaudraff), Diouf
Borussia: ter Stegen - Korb, Jantschke, Stranzl, Wendt - Xhaka (81. Mlapa), Kramer - Herrmann (74. Younes), Arango (64. Hrgota) - Raffael - Kruse
Tore: 1:0 Rudnevs (57.), 2:0 Diouf (82.), 2:1 Mlapa (84.), 3:1 Diouf (90.)
Gelbe Karten: Huszti - Korb, Xhaka
Zuschauer: 47.000
Schiedsrichter: Bastian Dankert (Rostock)

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

17:10  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。