--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2014.03.30 (Sun)

2. ブンデスリーガ 2013/14 第28節 ボーフム vs. アウエ

 ツヴァイテリーガも終盤にさしかかりこのあたりから昇格クラブ、降格クラブがどうなるのか非常に気になり始めます。個人的にはやはり今季からボーフムのVfL1848.tvのサービスが打ち切られたことでツヴァイテの観戦試合数は激減しこのブログにもほとんど記事を投稿してきませんでした。実はこのボーフム対アウエの試合も映像は見ておらず試合後にネットの記事などを読んで試合経過を把握しています。

 ボーフムに関しては昨シーズンに続いて降格の不安が強くなりました。昨シーズン終了後に多くの選手がチームを離れ代わりの選手の契約もなかなか進まずに苦労しました。特にボランチとしてチームの中心を期待がかかっていたMFの移籍は痛かったです。それ以外に両サイドバックの人材不足、FWの層の薄さは最初から気にはなっておりこうなることは多少は予想していました。
 ボーフムのゴール数は前節終了時点で23でリーグワースト。特にウインターブレーク明けの10試合でわずか5ゴールで最近はチャンスすら作れない状態となっておりFWだけでなくMFの選手にもファンの不満が向けられるようになっています。特にホームで異常に弱いこともファンのフラストレーションを高めています。ウインターブレークでFWの補強に動かなかった時に強く感じた不安がそのまま現実になっているのです。そもそもリーグ戦前半に決めたゴールもMFが決めたミドルシュートかセットプレーからDFが決めたゴールばかりだったように思います。

 そのような中で迎えたアウエ戦です。ボーフムにとってアウエとの試合は監督交代の引き金になる運命の試合。ノイルーラーの前のナイツェル、その前のベルクマンはいずれもアウエ戦での大敗をきっかけに解任されています。今回も大敗するようなことがあればノイルーラー監督解任につながるだろうとの見方もありました。

 この試合はボーフムがアグレッシブな戦い方は見せるもののやはりチャンスは作れないまま前半を終了。アウエには2回ほどチャンスがあったようですがゴールを決められませんでした。GKのルーテが負傷しハーフタイムに控えGKのエッサーに交代しました。そういえば、ベルクマン解任のきっかけとなった昨シーズンのアウエ戦でも序盤にルーテが怪我をして途中交代しましたね。

 51分にスクタパスがペナルティエリア内で相手を背負う形でラツァのパスを受け反転して右足でシュートを決めて先制。おそらく最初の決定機をゴールに結びつけました。ノイルーラー監督はリーグ戦前半ではチャンスを外し続けても彼を根気よく使い続けてきましたが、ついに最近はスタメンから外すことが多くなってきました。そんなこともあってスクタパス自身も結果を出せてうれしかったことでしょう。
 ボーフムは80分にもアイディンに決定機がありましたがやはり追加点は奪えず。それでも最後までアウエにゴールを与えず1:0で勝利しました。これは昨年11月10日のケルン戦(1:0)での以来です。

 この試合シュート数に関していえばボーフムがアウエを大きく上回っていますが枠を外すミドルシュートが多くアウエのGKメンネルを脅かすものはほとんどなかったようです。積極性は評価したいですがゴール前でのアイデアの無さは変わっておらず、おそらく今季はこのままで行くことになるでしょう。

 今のボーフムはとにかく点が取れないし、取れそうな気すらしないので、失点は致命的であり1点とられただけでもうだめかという気になります。きっと選手もそうなのでしょう。早い時間帯に先制されたり2失点をするとたちまち集中が途切れて立て続けに失点してしまう試合が多いのはきっとそのあたりに理由があるのでしょう。また失点を必要以上に恐れるために慎重になりすぎ、余計にミスが出てしまったり完全に悪循環に陥ってしまいます。

 ボーフムが勝つパターンを考えると守備が集中を保ちスコアレスで進み、何らかの形で得られるかもしれないチャンスをものにして逃げ切り3ポイントを得る。チャンスがなければスコアレスドローで1ポイントを得る。これしかありません。ボーフムがホームではまるで結果が出ていないのにアウェイではそこそこ勝てているのはそのような戦い方が徹底できているからだと思います。そこでボーフムが残留するためにはホームゲームでもアウェイでの戦い方を徹底してほしいと思います。監督をはじめとしてチームやファンもそのようなスタイルを望んでいないことは明らかですが、あえてそうするしか方法はないと思います。こんな時に決定力のあるFWが一人でもいればだいぶ違うのですが…。


2. BUNDESLIGA 2013/14, 28. Spieltag
20.12.2013, 13:00 Uhr, rewirpowerSTADION, Bochum
VfL Bochum 1848 - FC Erzgebirge Aue 1:0 (0:0)
Bochum: Luthe (46. Esser) - Freier, Acquistapace, Fabian (77. Eyjolfsson), Butscher - Tiffert (84. Klostermann), Jungwirth, Latza, Cwielong - Aydin, Sukuta-Pasu
Aue: Männel - Schröder, Nickenig, Paulus, Miatke - Müller (65. Novikovas), Benatelli (71. Janjic), Fink (83. Okoronkwo), Kocer - Sylvestr, Löning
Tore: 1:0 Sukuta-Pasu (51.)
Gelbe Karten: Acquistapace, Cwielong - Kocer
Zuschauer: 10.255.
Schiedsrichter: Tobias Christ (Münchweiler a.d.Rodalb)
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

23:38  |  VfL Bochum  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2014.03.29 (Sat)

香港リーグ1部 2013/14 第15節 東方沙龍 vs. 公民

 仕事の関係で香港に行く機会があり週末を香港で過ごすことになりました。私はここ数年、週末はサッカー観戦をするという生活が染みついているようで、土曜日の朝は自然にスタジアムの位置や試合の日程を確認し、昼すぎには滞在していたホテルに近い旺角スタジアムへ向かっていました。ごくごく自然な行動です。
 旺角スタジアムは庶民の街、旺角(モンコック)地区の北東部、フラワー・マーケット通りにあります。ちなみにこのフラワー・マーケットは道に面して花屋がずらりと並んでいて花が好きな人にはたまらない場所ではないでしょうか。


 スタジアムの入口ではホームチームの東方沙龍(Eastern Salon)のマスコットが出迎えてくれます。このマスコットは2体いて龍をイメージしているようですが、ゆるキャラそのものという完成度です。横にいる女性は東方沙龍が作っている女性8人の応援チームの一人。彼女たちの応援がこれまたスタンドに独特の緩い雰囲気を作り出しています。なおスタジアムの入場料は60ドル。1香港ドル=14円で計算しても1000円に満たない安い値段設定がされています。
 スタジアムはこじんまりとしていますがサッカー専用の見やすいスタジアムです。私はメインスタンドで観戦しましたが、周囲の観客の年齢層は非常に高く休日をのんびりと過ごすお爺さんたちが多いようです。


 この試合のホームチーム、東方沙龍(Eastern Salon)は今季から1部に昇格したチームながらリーグ戦では上位につけています。一方、対戦相手の公民(Citizen)は2004/05シーズンからずっと1部で戦いカップ戦で優勝したこともあるクラブですが、今季は下位に低迷しているようです。
 両チームに私の知っている選手は一人もいませんでしたが、気になる選手が何人かいました。公民の背番号10は中村祐人選手。父親はかつて三菱重工でプレーした中村修三氏で、祐人選手は浦和のユースに所属していたこともあります。昨シーズンは公民のチーム得点王になっていますがこの試合はベンチスタートです。また、東方沙龍のブラジル人CBのクレイトンは2009年に日本の静岡FCに在籍していたという記録が残っています。


 試合は前半からアウェイの公民がやや押し気味でしたが、東方沙龍が24分に謝敏榮のミドルシュートで先制します。一方、押し気味の公民は40分にパウリーニョが頭で決めて追いつくとロスタイムにステファンがペナルティエリア内で相手を背負い体制を崩しながらもゴールを決めて逆転に成功。さらに直後にもパウリーニョがDFラインの裏を抜けGKもかわしてシュートしますが東方沙龍はクレイトンが辛うじてカバーに入りクリア。その後、公民の選手が激しいぶつかり合いで倒れるとそれをきっかけに両チームの選手が激しく掴み合いあわや大乱闘という状況に。結局このプレーで4人の選手にイエローカードが出され前半が終了しました。サッカーの質の高さは別にしてずいぶん激しいプレーが多い試合だという印象を強く持ちました。

 後半に入ると今度は東方沙龍が攻撃的な選手を入れて攻勢をかけ、61分にセットプレーから交代で入って間もないジオヴァネが決めて同点に追いつきます。その後はどちらも中盤が間延びしノーガードの打ち合いのような展開になりました。公民はパウリーニョがDFを振り切りGKと1対1になる絶好機がありましたが決めきれず。東方沙龍はDFのディエゴやFWのジオヴァネが次々とミドルシュートを放ちますがGKが好セーブを連発しゴールを許しませんでした。公民の中村選手は85分から登場しましたが仕事をするには時間が少なすぎました。結局、11枚のイエローカードが出される大荒れの試合はドローに終わりました。

 小雨がぱらつき少し肌寒く感じる天気でした。空腹感が余計に寒く感じさせるのかもしれません。そういえば、このスタジアムには1ヶ所売店がありましたが、もう営業は終了しています。私は他の観客と一緒にスタジアムを出て旺角の街へ向かいました。街に出れば香港にはおいしい食べ物がたくさんあります。


HKFA 1st Division 2013/14 15. Matchday
8. Mar.2014 14:30 Mongkok Stadium
Eastern Salon - Citizen 2:2 (1:2)
Goal scorers: 1:0 Tse (24.), 1:1 Paulinho (40.), 1:2 Stefan (45.+3), 2:2 Giovane (61.)
Cautions: Moreira, Li, Macallister, Clayton, Yiu - Goncalves, Krasic, Stefan, Sham, Tam, So
Attendance: 1152

テーマ : サッカー - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

17:10  |  アジアサッカー  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2014.03.02 (Sun)

ブンデスリーガ2013/2014 第23節 ブラウンシュヴァイク vs. グラートバッハ

 グラートバッハはアウェイで最下位のブラウンシュヴァイクと対戦しましたが残念なドローに終わりました。グラートバッハは2014年に入って未だに勝利がありません。

 試合の得点シーンを振り返ると…

 24分にグラートバッハはコーナーキックのチャンスを得ました。ここでラファエルのキックがブラウンシュヴァイクGKのダヴァリにあたりゴールに入り先制しました。ニアサイドで競ったノルトヴァイトとボラントのわずかな隙間をすり抜けてきたボールにダヴァリは反応できませんでした。
 ブラウンシュヴァイクの得点は52分、左サイドバックのダエムスからのバックパスに対してテアシュテーゲンがトラップをミスしボールがゴールへ転がり込んでしまいました。テアシュテーゲンは猛然とプレスをかけてきたクンベラが気になったのかもしれませんが、信じられない凡ミスです。
 グラートバッハは終盤にクルーゼが左サイドから切り込みシュートを放ちますがポストに跳ね返され、さらにその数分後にもムラパが絶妙のタイミングで抜け出しゴールを決めたかに見えましたがオフサイドを取られるなどツキにも見放された感がありました。
 ゴールキーパー同士のオウンゴールによる1:1のドローという試合結果。そして特にテアシュテーゲンのオウンゴールなどは客観的に見れば笑ってしまうようなものですが、グラートバッハの今の状況を考えるととても笑っていられる場合ではありません。このところブレーメン戦で終盤にフリーキック一発で追いつかれたり、ホッフェンハイム戦で2点リードを追い付かれたり、そして信じられないオウンゴールで追いつかれたりと勝てる試合を落とし続けています。試合内容自体はさほど悪くはないのですが、運が悪かったり詰めが甘かったり些細なことで勝点を失っているという印象です。しかし、こういう形で結果が出ないままずるずると落ちていくというのが非常に怖いのです。そして今のグラートバッハはすでにその状況に陥っていると思います。

 とにかく次のホームでのアウクスブルク戦で勝利して自信を回復することが大事です。ただ、この試合はシャカとクラマーが揃って警告の累積により出場停止となるのが痛いです。またアウクスブルクはこのところ非常に調子が良いだけに難しい試合になるでしょう。


1. BUNDESLIGA 2013/14 23.Spieltag
01.03.2014, 15:30 Uhr, Eintrachtstadion, Braunschweig
Eintracht Braunschweig - Borussia M'gladbach 1:1 (0:1)
Braunschweig: Davari - Kessel, Bicakcic, Correia, Reichel - Pfitzner (80. Theuerkauf), Boland - Bellarabi, Hochscheidt (87. Elabdellaoui) - Nielsen (75. Ademi), Kumbela.
Borussia: ter Stegen - Korb, Jantschke, Stranzl, Daems - Nordtveit, Xhaka (63. Kramer) - Herrmann (77. Mlapa), Hrgota (71. Rupp) - Max Kruse, Raffael.
Tore: 0:1 Davari (24., Eigentor), 1:1 ter Stegen (52., Eigentor)
Gelbe Karten: Boland - Xhaka, Jantschke, Kramer
Schiedsrichter: Günter Perl (Pullach)
Zuschauer: 23.200 (ausverkauft)

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

20:33  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。