2014.06.15 (Sun)

2014 J-League Division 2 第18節 千葉 vs. 京都

 ワールドカップが開幕しましたがJ2に中断はありません。J1が中断している間はJ2は土曜日を中心に試合が組まれるため個人的には見に行きやすくなります。この期間にJ2も何試合が見ておきたいと思います。まず、今回はフクアリで開催された千葉と京都の対戦を見に行きました。
 

 前半から千葉が試合の主導権を握る形になりました。中盤の選手が相手へしっかりとプレスをかけボールを奪い取り、攻撃への切り替えも早く何度もチャンスを作り出しました。特に左サイドは谷澤と中村のコンビネーションがよくボランチからのパスもタイミングよく入っていました。ただし、クロスの精度だったりFWとの連係だったり、フィニッシュの一つ前のプレーの精度が悪く決定機はそれほど多くはありませんでした。この部分がうまくいっていたら前半で試合を決めてしまうこともできたのではないかと感じました。
 一方、守勢に回ってしまった京都はボールを奪うと1トップの大黒にロングパスを出し形が多く、大黒の個人技に頼る面がありました。大黒は奮闘していましたが、味方のフォローがなく孤立する形になりました。その結果、京都には前半は決定機はありませんでした。


 攻め続けながら点が取れなかった千葉ですが、後半は比較的早い時間に先制点が入りました。兵働の右からのコーナーキックをケンペスが頭で合わせました。しかし、その後は一転して京都が攻め込む形となります。前半はほとんど何もできなかった京都ですがこの時間帯はパスがスムーズにつながり、サイドから崩す場面もあり何度か惜しい形が作れていました。選手交代が良い効果をもたらしたのかもしれません。
 千葉にとっては厳しい時間帯でしたが、83分に兵働がミドルシュートを決めて2点差にしたことで楽になりました。その後は再び千葉のペースとなりケンペスのゴールで勝利を決定づけました。千葉にとっては会心の勝利ですが、京都の内容の悪さは心配になります。
 2ゴールを決めたケンペスは確かに素晴らしかったですが、勝利への貢献度という点では相手の得点パターンである大黒を封じたキムヒョヌンも称賛されるべきでしょう。もう一人目立ったのは左サイドバックの中村太亮。もともと京都出身ということもあって気合が入っていたのでしょうか。


 この試合を見た率直な印象は千葉はとても良いサッカーをしているなということ。私は今季千葉の試合を見るのは初めてなのですが、なぜ千葉が上位争いに加わっていないのか不思議な気にすらなりましたが、この事実はJ2を勝ち抜いていくのがいかに大変かを証明しているのかもしれません。


2014 Jリーグ Division2 第18節
2014年6月14日 19:03 フクダ電子アリーナ
ジェフユナイテッド千葉 - 京都サンガF.C. 3:0 (0:0)
千葉:岡本 - 大岩, キム ヒョヌン, 山口(智), 中村 - 兵働 (90. ナム スンウ), 佐藤, 井出 (87. 山中), 谷澤 (83. 田中), 大塚 - ケンペス
京都:オ スンフン - 酒井, バヤリッツァ, 田森, 福村 - 中山, 工藤, 山瀬, 三平 (63. 駒井), 横谷 (63. 有田) - 大黒
得点: 1:0 ケンペス (53.), 2:0 兵働 (83.), 3:0 ケンペス (86.)
警告: 谷澤, キム ヒョヌン - 田森, 三平, 山瀬
入場者: 9,336人
主審:木村 博之
スポンサーサイト

テーマ : Jリーグ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

15:15  |  J-League  |  Trackback(0)  |  Comment(2)  |  Edit  |  Top↑

2014.06.01 (Sun)

2014 ヤマザキナビスコカップ Bグループ第7節 大宮 vs. 新潟

 今シーズン最初で最後のナビスコカップ観戦となりました。ナビスコカップは平日開催が多いためなかなか観戦できないのがつらいところです。またレギュレーションが頻繁に変わることや、応援する大宮が予選突破の期待感が低いこと、さらに付け加えるなら今年の大宮にとってはリーグ戦で勝点を取ることが大事だということ。そんな理由から応援にも気合が入らないというのが本音です。極端な話、予選突破できないのならたとえ大敗を繰り返そうが、怖い2部降格はないのですから。ただ、言い換えれば、変な緊張感なしにリラックスした気持ちで観戦できるのです。
 ところが、今日は気温が34℃にも達する季節外れの猛暑で選手はもちろんのこと、観客にとってもきつい観戦となりました。すでに予選敗退が決まっている大宮に対して新潟はこの試合に6点差以上つけることがグループリーグ突破に必要な条件という厳しい状況。このコンディションでは試合が始まる前からモチベーションも下がっていたかもしれません。


 大宮はセンターバックに片岡、今井のコンビ、右SBに中村、左SBに高橋という4バック、中盤は橋本と和田のボランチに右に富山、左に泉澤、そしてトップに長谷川、やや下がり目に家長が入るフォーメーションで試合に臨みました。序盤から大宮のプレスに対して新潟が思った以上に消極的。おそらく暑さを考えてのことと思いますが、攻撃には全く迫力がなく正直なところ拍子抜けしました。大宮は相手ボールを奪うケースが非常に多くチャンスにつながりかけるのですが前線での連携がぎくしゃくした感じでどうしても時間をかけてしまいます。
 25分に富山がペナルティエリア内で倒されて得たPKのチャンスも家長のキックは守田に止められ先制のチャンスを逃してしまいました。もっともこれは家長を責めるのではなく守田を称賛すべきでしょう。


 この試合の4バックはすでに前節のアウェイ徳島戦で試されているのですが、私はその試合を見ていないためこの試合での注目ポイントの一つとしていました。しかし正直なところ新潟の攻撃が単発で、FWに入った田中達也、鈴木武蔵にも全く怖さがなく、ほとんど評価ができませんでした。そうこうするうちに前半のアディショナルタイムに片岡が2枚目の警告を受けて退場となってしまいました。これは軽率だったように思います。


 後半は数的不利となった大宮が守勢に回りますが、それでもしっかりと守備で相手にプレッシャーをかけ、1対1での競り合いにも勝ちボールを奪取できていたので良いカウンターも何度かありました。スコアレスドローに終わった試合ですが、試合内容から考えれば大宮が勝利していておかしくない試合でした。

 この試合は大宮にとっては勝敗には関係なく今後目指す方向が示さればよいかと思いましたが、この試合を見た印象では一時期の超守備的なフォーメーションよりも可能性は感じました。もちろん攻撃の部分での連動性など課題はありますがこの中断期間にしっかりと取り組んでほしいと思います。もう時間はありません。守備に関しては相手の出来の悪さを差し引いて考えなくてはなりませんが無失点で試合を終えたことは評価できると思います。
 印象に残った選手は泉澤です。この暑さの中、最後まで攻撃面では果敢に相手に勝負を仕掛けトリッキーなプレーで相手を翻弄するシーンもありました。今後が楽しみな選手です。大熊監督がどう評価したかにもよりますが、彼をオプションとして使える目途が立ったとしたら、それがこの試合の成果だと思います。  


2014 ヤマザキナビスコカップ Bグループ第7節
2014年6月1日 15:00 NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - アルビレックス新潟 0:0 (0:0)
大宮:清水 - 中村, 今井, 片岡, 高橋 - 橋本 (75. 渡邊), 和田, 富山 (46. 高瀬), 泉澤, 家長 - 長谷川 (81. チョ ヨンチョル)
新潟:守田 - 松原, 舞行龍, 宋 株熏, 大野 - レオ シルバ, 小林, 成岡 (58. 加藤), 岡本 (70. 小泉) - 田中(達) (58. 川又), 鈴木
得点:なし
退場(警告2): 片岡 (45.+1)
警告:家長 - レオ シルバ
入場者: 7,902人
主審:窪田 陽輔


テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

21:25  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑
 | BLOGTOP |