2015.10.05 (Mon)

2015 J-League Division 2 第35節 千葉 vs. 愛媛

 フクダ電子アリーナで千葉と愛媛の試合を観戦しました。千葉にとっても愛媛にとっても非常に重要な試合であり、見逃すことができない試合でした。
 私のフクアリでの観戦は第7節の千葉対大宮を観戦して以来今年2度目になります。その試合では千葉が井出の2ゴールで大宮に勝利し強さを印象付けたものです。正直に言うと、その試合を見終わった時には千葉はこの時期には自動昇格圏にいるだろうと思っていましたが、やはり長いシーズンを乗り切る難しさを感じます。


 千葉は前節はアウェイで大宮に敗れましたが、個々の選手のクオリティは高く内容もさほど悪いわけではないけれど攻めている時間に点を取り切り、攻められている時間にしっかり守り切るという点がうまくいかなかったという印象が残っています。一方の愛媛は堅守を中心にしてはいますが、前線には河原、瀬沼など曲者が揃い油断はできません。千葉としては先制されると極めて厄介なことになりそうだ。バックスタンドで直射日光を浴びながらそんなことを考えていました。


 さてこの試合、前半は千葉がアグレッシブで、特にボールを奪った後の縦への速さが印象に残りました。16分の先制点がそれを象徴していたように感じます。ゴールそのものは水野がゴール前に入れた長いクロスに走りこんだ井出が左足の膝で合わせたもの。水野の抑えた絶妙のクロスも井出の決定力も良かったのですが、左サイドで時間をかけずに相手パスをつなぎフリーになっている水野へつなぐまでのパスワークは本当に素晴らしいものでした。堅守の愛媛相手に早い時間で先制できたという意味でもこのゴールは非常に大きな意味を持つものになりました。
 愛媛もボールを奪うとシンプルに前へボールを運び、とりわけ左サイドの内田から精度の高いボールがゴール前へ入りましたが、キムや富澤を中心とした千葉の守備が河原、瀬沼をしっかりと抑え大きなチャンスは作らせませんでした。全体としては千葉が押し気味でしたので、できれば千葉はこの時間でもう1点とっておきたかったでしょう。

 後半、愛媛は近藤に替えて西田をトップに入れたあたりからチャンスを作れるようになりました。千葉の選手の動きが落ちてきたせいもあったのか、高い位置でボールを奪う機会も増え、そこから西田につなぎ2回ほど決定機がありましたが、西田のシュートはいずれも高木の正面で最後まで得点は奪えませんでした。

 千葉の勝因の1つは、やはり比較的早い時間に先制できたことでしょうか。愛媛は守備的に戦って接戦に持ち込み少ないチャンスを活かす狙いがあったかと思いますが、先制されてゲームプランが崩れ多少の焦りが出たのではないかと思います。
「何が特別悪かったというわけではないけど、強いて言えば点を取られたこと。あれで試合の流れは決まってしまった。相手を褒めるべきだったけど、もう少し0-0のまま試合を進めたかった。」(浦田延尚選手)
「前半の失点が最後まで自分たちの肩に重くのしかかったし、それによって自分たちは焦りが出たことも否めない。」(河原和寿選手)
試合後の愛媛の選手のコメントからも明らかです。

 千葉の勝因のもう一つはリードしてからの守備です。特に終盤、愛媛がペースをつかんだ時間帯も千葉は守備が安定していました。実際には危ないボールの奪われ方をしてピンチを招いたシーンもあったのですが、守るべき時間はしっかり守るという意思統一がされていたのではないでしょうか。このチームにはクオリティはあるのでこの点がしっかりできれば接戦でポイントが取れるようになるし、それが勝負強さにつながってくるのだと思うのです。


 さてどちらにとっても非常に重要な試合は千葉が勝利し、順位をプレーオフ圏内の5位に上げましたが、もちろんまだまだ大切な試合は続きます。千葉は次節は直近の7試合無敗を続け3位に上がってきた福岡との対戦。気がかりなのはこの試合で良いプレーを見せていた井出が怪我により退いたこと。これは筋肉系のトラブルということなので少し時間がかかりそう。またネイツがスロベニア代表に呼ばれたため出場ができないことでしょう。一方、愛媛も次節は勝点で並ぶ長崎との対戦でこちらも落とせないでしょう。もう毎年のことですが、リーグ戦は最終節そしてプレーオフまで息の抜けない試合が続きます。いよいよそんな季節に入ってきたことを実感した試合でした。

<引用記事>
第35節 試合結果 選手コメント (愛媛FC公式サイト)
<参考記事>
試合日程・結果|選手・試合情報 (ジェフユナイテッド市原・千葉公式サイト)


2015 Jリーグ Division2 第35節
2015年10月4日(日) 15:03, フクダ電子アリーナ
ジェフユナイテッド千葉 - 愛媛FC 1:0 (1:0)
千葉: 高木 - 大岩, キム ヒョヌン, 富澤, 中村 - パウリーニョ, 佐藤(健), 水野 (67. 田中), 井出 (32. 谷澤) - 松田, ペチュニク (80. オナイウ)
愛媛: 児玉 - 村上, 林堂, 西岡 (69. 白井), 浦田 - 藤田 (75. 安田), 小島, 近藤(貴) (57. 西田), 内田 - 瀬沼, 河原
得点: 1:0 井出 (16.)
警告: 松田 - 内田
観客: 9,904人
主審: 吉田 哲朗

スポンサーサイト

テーマ : ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

22:22  |  J-League  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2015.10.05 (Mon)

ブンデスリーガ2015/2016 第8節 グラートバッハ vs. ヴォルフスブルク

 グラートバッハの第8節の対戦相手はヴォルフスブルクです。どちらも3日前にチャンピオンズリーグでマンチェスターのクラブと対戦(グラートバッハはホームでシティと対戦、ヴォルフスブルクはアウェイでユナイテッドと対戦)し、いずれも1:2と逆転負けをしています。条件としてはイングランドへ移動があった分だけヴォルフスブルクがやや不利かもしれませんが大した差はないでしょう。
 グラートバッハはマンチェスター・シティ戦でゾマーが鼻骨骨折の怪我をしたためジッペルがグラートバッハ加入後の公式戦初出場となりました。また右SHはヘアマンに替わりトラオレがスタメンに入りました。
 ヴォルフスブルクには昨季までグラートバッハに在籍していたマックス・クルーゼがいます。マックス・クルーゼは過去にグラートバッハ戦で活躍する印象があったので対戦相手にするには嫌な存在ですがスタメンで登場。またかつてグラートバッハでプレーし今季バイエルンからヴォルフスブルクに加わったダンテはリザーブに入りました。

 この試合、前半は互角でしたがチャンスの展開でした。グラートバッハにとって惜しかったのは12分のプレーでした。ダフートが起点となり素早いパスワークで左サイドを崩しシュティンドルと相手DFのナウドとの素晴らしいワンツーパス(笑)からシュティンドルがシュートを放ちましたがポストに跳ね返されました。
 一方でひやりとしたのが18分のシーンでした。カリジウリのスルーパスに反応して抜け出したシュールレがペナルティエリア内でジッペルと交錯したかのように倒れ、これを見た主審がペナルティースポットを指さします。PKに泣かされ続けているグラートバッハの選手たちは猛然と抗議します。結局PKにはならずに済みましたが、派手に倒れたシュールレにはこの後もボールを持つたびにスタジアムのグラートバッハファンから激しいブーイングが浴びせられることになりました。まあそれほどグラートバッハはPKに対して神経質になっているのです。

 後半もお互いそれほど決定的なチャンスがないまま時間が経過しましたが、76分にグラートバッハがダフートと交替で入って間もないノルトヴァイトが大きな仕事をしました。ラファエルが右サイドライン際でティム・クローゼとの競り合いでボールを奪い中央にクロスを入れ、これをノルトヴァイトがボレーシュートを放ち見事にゴールを決めました。このゴールについてノルトヴァイトは、「レヴァンドフスキのようにやったんだ。彼と同じになるにはあと4ゴール足りなかったけどね。真面目な話をすると、ラファエルがボールの奪い合いに競り勝ち自分の方を見てクロスを入れてきた。そのとき自分はゴールを決めることに集中していたが、幸運にもうまく決まった。」とブンデスリーガ公式サイトのインタビューで話しています。とにかくすごいゴールでした。
 グラートバッハはその3分後にも中盤での相手のパスミスを奪い素早くトラオレへ。トラオレがそのスピードを生かしてリカルド・ロドリゲスを振り切りゴールを決めて2点差としそのまま逃げ切り試合終了。この結果、グラートバッハはリーグ戦は3連勝となり一時期の危険な状況からはほぼ抜け出したと考えてよいと思います。

 まず、この試合がボルシアパーク初登場となったジッペルは追いついたプレーで全く不安を感じさせませんでした。控えに彼のような存在があると本当に心強いです。ジッペルの獲得は良い補強だったと実感します。
 試合全体を通じて感じるのはグラートバッハの選手に思い切りの良さが完全に戻ってきたということです。シューベルト監督が就任時に現状を分析したうえでの対応として「4-Punkte-Plan (4ポイント計画)」について語っていました。4つのポイントとは、
(1) ディフェンスの対応としてボールに対してアグレッシブにプレーする。
(2) オフェンスの対応としてゴールへの過程でアグレッシブに勇気をもってプレーする
(3) 相手にスペースを与えずに攻守の切り替えを早くする。
(4) 上記3点を改善していくことで自信を取り戻す。
というものでした。要するに選手のクオリティはあるけれど、選手が変わったことによる連係面でのわずかなズレや運などにより結果が出ないことで自信を失いプレーも消極的になっていたというのです。これらはメンタル面に関わる部分が大きいと思いますが、リーグ戦3試合とチャンピオンズリーグ1試合を見る限り少なくてもこの部分ではかなり良い方向に進んでいると思います。ヴォルフスブルクを相手にこのような試合ができるのであれば、選手も自信を持てることでしょう。

Havard Nordtveit: "Dann mache ich den Lewandowski" (ブンデスリーガ公式)
Schuberts Vier-Punkte-Plan für Borussia (RP Online)


BUNDESLIGA 2015/16 8. Spieltag
03.10.2015 15:30 Uhr, Stadion im Borussia-Park, Mönchengladbach
Borussia M'gladbach - VfL Wolfsburg 2:0 (0:0)
Borussia: Sippel - Korb, Christensen, Dominguez, Wendt - Dahoud (68. Nordtveit), Xhaka - Traoré, Johnson (68. Herrmann) - Stindl, Raffael (88. Hazard)
Wolfsburg: Benaglio - Jung, Naldo, Klose, Rodriguez - Guilavogui, Arnold (81. Bendtner)- Caligiuri , M. Schäfer (68. Dost) - M. Kruse, Schürrle
Tore: 1:0 Nordtveit (76.), 2:0 Traoré (79.)
Gelbe Karten: Xhaka, Johnson - Schäfer, Rodriguez
Zuschauer: 52.581
Schiedsrichter: Felix Zwayer (Berlin)

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

21:17  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2015.10.02 (Fri)

UEFAチャンピオンズリーグ 2015/16 グラートバッハ vs. マンチェスター・シティ

 チャンピオンズリーグ、グループDの第2節グラートバッハはホームにマンチェスター・シティを迎えての一戦です。この試合はボルシアパークで開催されるチャンピオンズリーグ初の試合です。試合前にはスタジアム全体を使った素晴らしいコレオが見られたのですがこれは圧巻でこの試合が特別なものだということが感じさせてくれます。私自身もファンの一人として感慨深く思います。なにしろボルシア・パークでチャンピオンズリーグの試合が行われるのです。欲をいうならこういう試合こそスタジアムで見たいのですが、私にとってはそれは無理というもの。数時間遅れの録画のネット配信動画をパソコン画面で見ているだけでも十分満足なのです。
Borussen-Fans zeigen tolle Choreo vor Spiel gegen ManCity (RP Online)

 さてグラートバッハは土曜日のリーグ戦ではスタメンを外れたドミンゲスが再びノルトヴァイトと入れ替わりスタメンに復帰。それ以外は同じメンバーで試合に臨みます。マンチェスター・シティはGKのジョー・ハート、DFコンパニ、MFヤヤ・トゥーレ、ダビド・シルバら怪我やコンディション不良の選手を多く抱え、彼らがどれだけ回復しているのか気になりましたが、ハート、トゥーレ、シルバがスタメンに入りました。

 前半、最初はお互い慎重にゲームに入ったように見えましたが5分に左サイドからスターリングが入れたクロスを逆サイドのアグエロが至近距離でシュート。これはいきなり決まったかと思いましたがゾマーが右足に当てて辛うじて防ぎました。これはゾマーのスーパーセーブでした。
 グラートバッハは18分にラファエルがドリブルで一人でペナルティエリアまでボールを運んだところでオタメンディに足をかけられPKを獲得しました。これは微妙なジャッジでグラートバッハにとってはラッキーだったのですが、ラファエルのPKはハートがブロックします。全体的にシティのプレッシャーを感じて慎重にプレーしている印象のあったグラートバッハですが、このプレーを契機に前へ向かう思い切りの良さ、守備から攻撃への早い切り替えが見られるようになりました。34分にはディフェンスラインの裏に抜けたラファエルにコルプのスルーパスが通りましたがラファエルのシュートはハートがブロック。2分後にはラファエルのスルーパスを受けたヘアマンがフリーでシュートを放ちますがこれもハートにセーブされました。この試合、ハートは好セーブを連発しイングランド代表GKとしての実力を示しました。
 そして38分にペナルティエリア内でシュティンドルがフェルナンジーニョに足をかけられ倒されたがPKは与えられず、主審はシュティンドルにイエローカードを提示しました。これは完全なミスジャッジだと思います。その前のPKのジャッジが微妙だったのでバランスをとったのではないでしょうか。

 後半も最初はグラートバッハに大きなチャンスがありました。後方からのロングフィードに絶妙のタイミングで抜け出したラファエルが右足でゴールを狙いますがここでもハートがファインセーブ。この試合のラファエルは非常にキレがよく最高のパフォーマンスでしたがシュートは完全にハートに読まれていたように感じられます。
 そして56分にグラートバッハに待望のゴールが生まれました。右サイドをあがったコルプからの折り返しをシュティンドルがゴールの右隅に決めてついにハートからゴールを奪いました。ボルシア・パークの盛り上がりも頂点に達したと思いますが、そんなに簡単に行かないことは誰もがわかっているでしょう。 
 65分に失点し同点にされてしまいます。コーナーキックのボールをヘディングでつながれ後方から飛び込んできたデミチェリスに押し込まれました。これはゴールライン際でカバーに入っていたコルプがアクロバティックな体勢でクリアしますがそのボールをオタメンディにシュートを撃たれゴールが決まりました。この得点、記録上はオタメンディのシュートが体に当たったクリステンセンのオウンゴールですが、実際にはその前のデミチェリスのシュートをコルプがクリアした時点で完全にゴールラインを割っておりデミチェリスの得点となるのが正しいはずです。まあ、1点は1点なので問題にはなりませんがこれも審判のミスジャッジでしょう。
 この同点ゴールで流れは一気にシティに傾き、この後のグラートバッハはひたすらシティの攻撃を自陣でクリアする形となります。ゾマーを中心によく守ったとは思いますが、失点は時間の問題と思われました。そして90分、ついにペナルティエリア内でジョンソンがアグエロを倒してしまいPKを献上。アグエロが自ら決めてこれがシティの決勝ゴールになりました。試合後のコメントでジョンソンは「アグエロに足が当たってしまい、彼にクレバーに受けられてしまった。これは正しいジャッジだった。」と話しています。微妙なジャッジが多かった試合ですがここは正当だったと思います。

 とにかくグラートバッハはよく戦ったと思います。私はチャンピオンズリーグではグラートバッハに勝敗よりも内容を求めています。もともとグラートバッハはグループDではアウントサイダーとみなされているうえ、今季はいろいろ問題を抱えたスタートだったこともあり決勝トーナメント進出を強く望んではいません。もちろんボルシアファンの中でそう思っている人は少数だとは思いますが・・・。
 ですので、この試合は残念な結果ではありますが私にとっては十分に満足できる試合でした。前半の途中から後半の途中までは試合も優位に進めていました。選手個々のパフォーマンスも非常に良かったと思います。特に強敵相手との一戦では重要となる守備は十分評価できるものでした。好セーブを連発したゾマーは言うまでもなく、クリステンセンなどは連敗時の頼りなさげなプレーが嘘のようですし、スターリングとのマッチアップは荷が重いかと思っていたコルプも想像以上の頑張りを見せました。また、ゴールを決めたシュティンドルは守備でも大きく貢献しました。シティのペジェグリーニ監督も「相手は我々よりも特に守備が良かった。我々はうまく守れていなかったが最後の30分で反撃し結果的に勝利した。ボルシアは非常によくやったと言わなくてはならない。」と称賛しています。
 ただ勝利にこだわるのであれば、流れが来ている時間にしっかりと点を取っておかなくてはなりませんでした。シュティンドルのゴールはありましたが、あとPKも含めてあと1点は取っておかなくてはいけなかったでしょう。あと、あまり言いたくはないのですがこの試合の主審ターピン氏はかなり微妙なジャッジが多かったと思います。要するに運もなかったということです。それでも選手の奮闘に対する満足感がそのような不満を消し去ってくれました。
 ひとつ心配なのはアディショナルタイムにゴール前での攻防でゾマーが味方選手と交錯して負傷したことです。鼻骨骨折とのことで手術をするようですが、いつから復帰できるかは未定とのことです。

<引用記事>
Stimmen zum Spiel (ボルシア・メンヒェングラートバッハ公式サイト)
Pellegrini delighted with "strong reaction" (マンチェスター・シティ公式サイト)


Champions League, 2015/16, Vorrunde, 2. Spieltag
30.09.2015 20:45 Uhr, Stadion im Borussia-Park, Mönchengladbach
Borussia M'gladbach - Manchester City FC 1:2 (0:0)
Borussia: Sommer - Korb (78. Traoré), Christensen, Dominguez, Wendt - Xhaka, Dahoud (84. Nordtveit) - Herrmann (72. Hahn), Johnson - Stindl, Raffael
Manchester: Hart - Sagna, Otamendi, Demichelis, Kolarov - Yaya Touré (46. Fernando), Fernandinho - Silva (64. Jesus Navas), De Bruyne - Sterling (90.+3 Zabaleta) - Aguero
Tore: 1:0 Stindl (56.), 1:1 Christensen (65./Eigentor), 2:1 Aguero (90./Foulelfmeter)
Gelbe Karten: Stindl, Korb, Dominguez - /
Zuschauer: 46.217 (ausverkauft)
Schiedsrichter: Clement Turpin (FRA)

テーマ : UEFAチャンピオンズリーグ - ジャンル : スポーツ

01:17  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑
 | BLOGTOP |