2016.02.28 (Sun)

2016 J-League Division 1 1stステージ第1節 FC東京 vs. 大宮

 Jリーグが開幕しました。今季も大宮の試合を中心になるべくスタジアムへ足を運びたいと思います。個人的にはホーム、アウェイ合わせて最低15試合は観戦するという目標を立てています。

 開幕戦、大宮はアウェイでFC東京との対戦になりました。FC東京に対してはアウェイでは不思議なほど相性が良くホームでは悪いという結果が残っています。いきなりACLに参戦している強敵との対戦ですが、プレシーズンマッチでJ1のチームとほとんど試合をしていなかった大宮にとって相手との力の差を図る上では良い相手といえるかもしれません。


 春が近づいているとはいえまだ2月です。この時期の夜の試合観戦は思った通り寒さとの戦いにもなりました。私はサッカー観戦ではいくら寒くてもビールを飲んでしまうのですが、少し体調を崩していたこともあってさすがにビールはやめておきました。一応防寒対策はしてきたものの十分とは言えず、試合の終盤は寒さに震えながら観戦していました。  


 前半、最初の20分は互角の内容でしたが、その後は東京が一方的にボールを支配する展開となりました。必然的に大宮は守備の時間が長くなりますが、昨季の終盤でJ2のチーム相手でも守備の脆さを露呈した大宮が耐えられるのか心配でした。事実、前半は右サイドを簡単に崩されフィニッシュまで持っていかれるシーンが目立ちました。幸い、東京も最後のワンプレーでの精度が今一つでゴールを脅かすほどのシュートはなく前半をスコアレスで終えることができました。試合内容を考えれば大宮にとっては上出来、東京にとっては物足りない結果だったはずです。


 後半も状況は変わりませんでしたが、守備での対応は改善されたように思います。特に前半は危険極まりなかった右サイドは安定してきました。しかし、後半は大宮はほとんど全員が引いて守る形になり相手ボールを奪っても攻撃につなげることができず、ひたすら相手の攻撃を凌ぐ展開になっていました。
 69分に和田からのパスを右サイドで受けたムルジャがドリブル突破を図り中央に折り返したボールを家長がフリーでシュートし、これは相手にブロックされましたがそれを岩上が決めて先制に成功。大宮が攻撃時に人数で負けていない状況を作ったのは後にも先にもこのシーンだけだったように思います。言い換えればワンチャンスをしっかり決めきったといえるかもしれません。
 その後も東京が攻め大宮が守るという構図は変わりませんでしたが、時間が進むにつれて東京の攻撃も単調になってきたように思います。大宮は最後まで集中を切らさずに良く守り、岩上が決めた1点を守り切り3ポイントを手にしました。

 試合に勝ったとはいえ、目指しているサッカーが全くできなかったことは明白。守備一辺倒だった20分以降はともかくとして、最初の20分を見る限りボールを奪った後はしっかりポゼッションをして攻めていこうとする意図は感じられました。しかし、ボールを保持した時の選手の判断のスピード、周囲の選手の連動した動きにスピードが遅く、すぐに相手にプレスをかけられ後ろに下げるか無理なパスでボールを失うシーンが目に付きました。この点を修正できないとJ1のチーム相手にゴールを奪うのは容易ではありません。しかし、これはかなり時間のかかる作業だという気がします。もちろん、勝利は喜ばしいことですがそれ以上に今後に向けて大きな不安を感じた試合でした。


2016 Jリーグ Division1 第1節
2016年2月27日(土), 19:04, 味の素スタジアム
FC東京 - 大宮アルディージャ 0:1 (0:0)
東京: 秋元 - 橋本, 森重, 丸山, 徳永 - 米本, 梶山 (77. 田邉), 水沼 (46. 河野), 東 (68. ) - 前田, 阿部
大宮: 塩田 - 和田, 菊地, 河本, 沼田 - 横山, 岩上, ペチュニク (76. 横谷), 泉澤 (89. 大屋) - 家長, ムルジャ (88. 金澤)
得点: 0:1 岩上 (69.)
警告: 徳永, 橋本 - 沼田, 和田
観客: 25,778 人
主審: 松尾 一
スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

01:38  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2016.02.21 (Sun)

ブンデスリーガ2015/2016 第22節 グラートバッハ vs. ケルン

 ライン・ダービーはグラートバッハ、ケルン両チームのサポーターにとってどうしても勝ちたいという思いが強く、それがしばしばよくないトラブルへと発展します。昨季のボルシアパークでのケルンサポーターの暴動はまだ記憶に新しいところですが、今回はその件もありケルンサポーターはスタジアムから締め出される形となりました。試合前にはケルンサポーターがメンヒェングラートバッハのライト地区でこの「厳しい安全措置」に対する抗議デモを行うことを決めニュースになっていました。幸いデモは暴動などに発展することなく無事に行われたようで何よりでしたが、ライト地区の住民はどんな気持ちだったでしょう。

 さてこの試合、グラートバッハはシュトランツル、ヒンターエッガーが怪我により欠場、代わりにエルヴェディを右SBとして起用し、CBにはノルトヴァイトとクリステンセンが入りました。それにしてもノルトヴァイト、ボランチ、右SB、CBとあちこちのポジションをこなすオールラウンダーぶりは昨季のヤンチュケのような働きです。ボルシアはこのようなポリヴァレントな選手は重要な存在です。

 試合は開始早々からグラートバッハが試合を支配し攻め込む形となります。しかしケルンは守備力には定評があり、特にシュテーガー監督が指揮するようになって以降、グラートバッハ戦では極端に守備的に戦っており、試合によってはあたかもスコアレスドローでよしと考えているのではないかと疑ってしまうほど引きこもることすらありました。このような相手に対しバランスを崩して攻め込むことは非常に危険で間違って先制点でも取られたりしたら相手の思うつぼです。しかも、今季のケルンはモデストという決定力のある選手を擁しているので危険です。
 9分にグラートバッハは左サイドでシュティンドルとラファエルのコンビネーションで相手選手を引きつけたところで、中央でフリーとなっていたダフートへパスを出すことに成功。ダフートは右足でアウトサイドにかけたシュートを見事ゴール右隅に決めました。ケルンのような相手に対して早い時間で先制できたことは本当に大きな意味があります。その後も、終始グラートバッハが攻勢をかけました。相手ボールに対してアグレッシブにプレスをかけ、ボールを奪うと間髪入れずにしショートカウンターを仕掛け相手ゴールへ向かう。とにかく縦への速さを感じる攻撃をひたすら繰り返した印象です。残念ながらこの試合に関しては前線で攻撃に絡む選手たちの間の連係に微妙なズレがあり、好調時のグラートバッハに見られるような少ないタッチで一気に決定機を作りだすスムーズなパスワークが見られませんでした。何度か決定機を作りながら決めきれなかったのはそのあたりが原因になっていたように思います。選手個々のプレーにはキレがあり好調さを感じていただけにその点が気になりました。
  
 後半も立ち上がりはグラートバッハが攻め込む展開になりましたが、やはり前半からハイテンポのサッカーを続けていたつけが回ってきたのか動きが徐々に止まり、ケルンに攻め込まれる時間が増えてきました。そんな中でやはり脅威となっていたのはモデストの存在です。危険なプレーには彼が必ずといってよいほど絡んできました。また前半ほとんど存在感のなかった大迫に代わって入ったセルビア代表MFのミロシュ・ヨイッチも厄介な存在にはなっていました。
 前節のHSV戦では大きな失望感を抱かせてくれたグラートバッハの守備陣ですが、この試合は奮闘しました。正直なところ、安定感はまだまだです。特に前半は相手がペナルティエリア近くに攻め込んできたときの対応が中途半端で、相手ボールを奪った後の対応も選手間でのイメージが共有できていないようなシーンも見受けられましたが、試合の中で徐々に良くなってきたように感じました。もちろん毎度のことですがゾマーの素晴らしいプレーにも救われました。

 結果的にはダフートのゴールによる1点を守り切っての辛勝という形になりましたが、どんな形であれ勝利は嬉しいものです。特に相手がケルンであれば格別です。
 
 さて、最後に試合を通してみて感じたことを記しておきます。
 まず攻撃について。繰り返しになりますが勝敗のポイントとしては先制できたことだと思います。しかも早い時間に取れたということは試合の展開としても理想的な形でした。その後チャンスを活かして追加点を奪うことができればもっと楽に試合を進めることができたと思いますが、内容はさほど悪かったとは思いません。
 一方で守備はまだ問題を抱えている状態だという印象を持ちました。ウインターブレーク前あたりからの失点の多さ、再開後の3試合での成績(1勝2敗)、さらに前節でのまずい守備などから、守備陣への不満、さらにはシューベルト監督への不満がボルシアファンの間からも高まってきているようです。確かにHSV戦の失点シーンなどを見ると「本当に守備の練習しているのか」と疑いたくなるような酷さでした。しかし、私はここは長期的に見るべきだと考えています。経験のある選手が次々と怪我で戦線離脱、将来性はあるもののリーグ戦での経験が乏しい若い選手を起用していること、またシューベルト監督自身もトップリーグでの経験不足も否めない。そんな中で攻撃と守備のバランスを改善すべく取り組んでいる過程だと理解しています。その過程の中では当然良い時もあれば悪い時もあるわけでいきなり良いパフォーマンスを維持できるとは思っていません。改善の方向へ進んでいくことが確認できればよいのではないかと思います。マインツ戦では守備に改善の兆しが見られ、ブレーメン戦でもそれなりの結果を残せました。HSV戦は酷いものでしたが、この試合でも不安を感じさせたものの無失点という結果は残しました。長期的に見れば徐々に良くなっていくのではないかと思うのですが楽観的過ぎるでしょうか。


BUNDESLIGA 2015/16 22. Spieltag
20.02.2016 15:30 Uhr, Stadion im Borussia-Park, Mönchengladbach
Borussia M'gladbach - 1. FC Köln 1:0 (1:0)
Borussia: Sommer - Elvedi (65. Hofmann), Christensen, Nordtveit, Wendt - Xhaka, Dahoud (90.+1 Brouwers)- Hazard, Johnson - Raffael (88. Hrgota), Stindl
Köln: Horn - Olkowsi, Maroh, Heintz, Mladenovic (62. Hartel) - Lehmann, Hector - Osako (46. Jojic), Gerhardt, Bittencourt (76. Hosiner) - Modeste
Tore: 1:0 Dahoud (9.)
Gelbe Karten: Stindl, Raffael - Maroh, Olkowski, Hosiner
Zuschauer: 52.000
Schiedsrichter: Knut Kircher (Rottenburg)



テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

13:50  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2016.02.14 (Sun)

2016 プレシーズンマッチ 大宮 vs. 山形

 リーグ戦開幕の2週間前、大宮は山形とのプレシーズンマッチをホームのNACK5スタジアムで開催しました。


 スタジアム到着がキックオフの20分くらい前でしたが、空いている席を探すのに苦労しました。それもそのはず、この試合は入場無料ということもありプレシーズンマッチにもかかわらず12,399人もの入場者。NACK5スタジアムはほぼ満席になっていたはずです。


 大宮アルディージャの新ユニフォームが展示されていました。今年は買えないかも。


 さて試合ですが大宮が前半は22分に相手クリアボールを拾ったムルジャからフリーのペチュニクへパスが出て、これをペチュニクが決めて先制。後半は70分に左サイドの泉澤が家長とのコンビネーションで突破し折り返したボールを攻撃参加してきた左サイドバックの沼田が相手DFをかわしてゴールを決めて追加点。一方の山形はアディショナルタイムに途中交代で入った鈴木雄斗が決めて1点差としましたが、そのまま試合が終わり2:1で大宮の勝利に終わりました。

 この試合の大宮はボールを持つ時間が長かったのですが、攻守の切り替えのスピード、特にボールを奪われたあとの対応にやや不満を感じました。この点がこの試合で最も気になった点です。山形はあまり早いカウンターをしかけることがなくパスの精度も欠いていたこともあり、大宮の大きなピンチは数えるほどしかありませんでしたが、ピンチの原因になりうるボールロストは結構あっただけにリーグ戦に向けてはまだ不安を感じます。
 また攻撃時のパス回しもスピードが遅く選手の連動した動きも少ないためボールを保持していても、それほどチャンスは作れなかったという印象が残りました。もっともこの点に関しては前半に比べると後半はだいぶスムーズになってきたようですが、まだ改善の余地はあるのではないでしょうか。ペチュニクや沼田といった新加入選手がゴールを決めたことは好材料です。前半だけプレーした岩上も含め能力の高さは問題なく連係が良くなっていけばその実力を発揮してくれそうです。

 そんな具合で解消しなくてはならない課題は多くあるものの、全体としてみれば昨季のプレシーズンマッチに比較すると格段に順調な仕上がりだと感じ、少し安心しました。開幕までの残り時間でしっかりと仕上げてほしいと思います。


2016 プレシーズンマッチ
2016年2月13日(土) 14:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - モンテディオ山形 2:1 (1:0)
大宮: 塩田 (45. 加藤(順)) - 和田, 菊地 (88. 山越), 河本, 沼田 - 横山, 岩上 (45. 大山), ペチュニク (66. 横谷), 泉澤 (74. 黒川) - 家長, ムルジャ (81. 清水)
山形: 山岸 - 栗山, 渡辺, 石川, 山田 (69. 荒堀) - アルセウ, 高木, 佐藤 (90. 梅鉢), 汰木 (45. 林) - ディエゴ ローザ (77. 鈴木), ディエゴ
得点者: 1:0 ペチュニク (22.), 2:0 沼田 (70.), 2:1 鈴木 (90.+2)
警告: 大山, 黒川 - 佐藤
入場者: 12,399人
主審: 上田 益也

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

16:46  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2016.02.07 (Sun)

2016 大宮アルディージャ選手の動き

 2016年のJリーグ開幕が近づいてきました。今季は私の地元、大宮アルディージャがJ1に復帰しましたのでJ1の試合を多く観戦することになると思います。このあたりでいったん整理するという意味で、大宮の選手の動きをまとめてみました。

【OUT】
 GK
 清水 慶記 (Keiki Shimizu) → ザスパクサツ群馬 (期限付き)
 川田 修平 (Shuhei Kawata) → 栃木SC (期限付き)
 DF
 高瀬 優孝 (Yuko Takase) → ザスパクサツ群馬 (期限付き)
 藤井 悠太 (Yuta Fujii) → 横浜FC
 片岡 洋介 (Yosuke Kataoka) → ガイナーレ鳥取 
 MF
 カルリーニョス(Carlinhos Paraíba) → 徳島ヴォルティス
 渡邉 大剛 (Daigo Watanabe) → 釜山アイパークFC
 FW
 富山 貴光 (Takamitsu Tomiyama) → サガン鳥栖

【IN】
 GK
 加藤 有輝 (Yuki Kato) ← 大宮アルディージャユース
 松井 謙弥 (Kenya Matsui) ← 川崎フロンターレ
 DF
 山越 康平 (Kohei Yamakoshi) ← 明治大
 沼田 圭悟 (Keigo Numata) ← カマタマーレ讃岐
 奥井 諒 (Ryo Okui) ← ヴィッセル神戸
 MF
 黒川 淳史 (Atsushi Kurokawa) ← 大宮アルディージャユース
 岩上 祐三 (Yuzo Iwakami) ← 松本山雅
 江坂 任 (Ataru Esaka) ← ザスパクサツ群馬
 FW
 川田 拳登 (Kento Kawata) ← 大宮アルディージャユース
 藤沼 拓夢 (Takumu Fujinuma) ← 大宮アルディージャユース
 ネイツ ペチュニク(Nejc Pecnik) ← ジェフ千葉

 チームを離れる選手の多くが出場機会に恵まれなかった選手たちですが、唯一の例外がカルリーニョスです。昨季は中盤でボールを収めて攻撃の起点となっていた選手です。徳島での活躍を期待します。一方で新加入選手はペチュニク、江坂、沼田などJ2の各チームで主力として活躍していた選手が目立ちます。能力の高い選手であることは保証されていますが、どれだけチームに溶け込めるか、またJ1という多少プレースタイルの異なるリーグでどれだけ活躍できるのか注目です。
 今季の大宮は、昨季の終盤のチームの状況を見る限りではいくら選手を補強しても苦戦が予想されます。チームとして(現実的なレベルで)高い目標を掲げるのは大いに結構なことですが、まずは残留が最初の目標なのだと思います。J2でも課題となっていた守備の強化を中心としていかにしっかりとまとまったチームを作り上げてくるのか気になるところです。今季も楽しい試合をよろしくお願いします。

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

17:23  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑
 | BLOGTOP |