--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2016.03.21 (Mon)

2016 J-League Division 1 1stステージ第4節 大宮 vs. 広島

 Jリーグが開幕して1ヶ月が経とうとしています。これまで寒さに震えながらの観戦が続いていましたが、ようやく春らしくなってきました。今節、大宮は昨季のチャンピオンチームの広島と対戦です。以前にもこのブログに書きましたが、この時期の強豪との対戦は自分たちの力を測る良い機会になるのではないかと思います。ですので勝敗よりも、どのような課題を見つけるかが重要なのではないかと思っていました。もちろん広島から1つでも勝ち点を奪えれば素晴らしいことなのですが・・・。


 試合は前半から試合は広島のペースとなります。開幕からここまですべての試合で相手に主導権を握られた形ですので、相手が広島であればそうなることは予想できます。しかし、これまでは何とか失点を最小限に抑えてはいたのですが、さすがにそれが何度もうまく行くほど甘くはありません。22分、39分にウタカと浅野のコンビネーションで左を完全に崩されて2点をリード。浅野とウタカの連係は素晴らしく、いったん前を向くともう大宮のDFはついていけませんでした。特にウタカの能力の高さには驚かされました。多少プレッシャーをかけられても倒れない体の強さと広い視野を持ち周囲を活かす力もあり、数年前から広島でプレーしているのではないかと思うほどチームにフィットしていて、大宮にとっては手に負えない存在になっていたように見えました。
 とは言っても、39分の浅野のゴールに関しては、起点となったのは大宮の左SBのあまりにも不用意にボールロスト。このような気の抜けたプレーはJ1クラブ相手では失点に直結することは目に見えています。実に悔やまれる失点でした。


 後半に入ると大宮は前半にチームの足を引っ張る形になっていた沼田とペチュニクを替えて奥井、横谷を入れ和田を右SBから左SBに移すことで攻撃は活性化しました。しかし、前がかりになって攻めているので押し込んでいるようには見えますが、広島の守備は落ち着いて対処し、バランスを崩して攻める大宮の隙をついて得点し勝負を決めました。あとはもう広島のやりたい放題と言った感じでした。


 選手個々の技術、スピード、サッカーの質、試合運びのうまさ、すべての点で広島とは大きな差があることを嫌でも実感することになりました。大宮は1点こそ取りましたが、このあとは広島はまだ余裕をもって守っていたように見えました。全体的に見れば大宮がやりたいことはほとんど何もできなかったという印象です。
 そのような散々な試合内容でしたが、むしろ良い経験になったのではないかと思いたいです。開幕からここまで守備が良いという評価もありましたが、これは過大評価であってこの試合が現実だと考えるべきでしょう。実際に私が見た東京戦、柏戦では無失点とは言えかなり運に恵まれていた部分もあり堅守という印象は持てませんでした。本来の力関係がしっかり確認できたのであればそれが収穫につながります。重要なのはこの経験をどのように生かして行くかということです。当然、これは選手個々の能力アップだけでなくチームとしての戦術や選手起用も含めての話です。監督の手腕が試されます。

 ひとつ残念だったのはこの試合で大宮の選手に終盤かなりラフなプレーが見られたことです。試合展開に対する苛立ちだけでなく、相手を止めることができずに苦し紛れのファールもあったように思います。もちろん主審の威圧的な態度も原因だったと思います。完全に勝敗が決まってしまった試合のアディショナルタイムに負傷退場する選手が出てしまったのはあまりにも残念です。


2016 Jリーグ Division1 第4節
2016年3月20日(日), 16:04, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - サンフレッチェ広島 1:5 (0:2)
大宮: 塩田 - 和田, 福田, 河本, 沼田 (45. 奥井) - 横山, 岩上, ペチュニク (45. 横谷), 泉澤 (73. 江坂) - 家長, ムルジャ
広島: 林 - 塩谷, 千葉, 佐々木 - ミキッチ (68. 清水), 青山, 宮原, 柏 - 柴崎, ウタカ (86. 皆川), 浅野 (68. 茶島)
得点: 0:1 ウタカ (22.), 0:2 浅野 (39.), 1:2 横谷 (60.), 1:3 青山 (67.), 1:4 柏 (73.), 1:5 柴崎 (89.)
警告: ペチュニク, ムルジャ, 河本, 家長, 横山 - /
観客: 13,452人
主審: 高山 啓義
スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

10:44  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2016.03.20 (Sun)

ブンデスリーガ2015/2016 第27節 シャルケ vs. グラートバッハ

 今季のブンデスリーガも残り8試合となりましたが、CL枠、EL枠を巡る攻防は熾烈で前節終了時点で3位から8位のヴォルフスブルクまでが8ポイント差にひしめく混戦となっています。4位のグラートバッハは5位のシャルケとの対戦ですが両者はわずか1ポイント差で、特にCL枠を狙う上では極めて重要な試合になります。
 グラートバッハは昨年10月のヘルタ戦以降アウェイゲームで勝利がなく、またゲルゼンキルヒェンでは非常に相性が悪くおととし勝利する前は22年間勝利がなかったのです。過去の統計から見るとグラートバッハの勝利は難しそうですが、言い換えるともし勝利できればリーグ戦終盤に向けて弾みになりそうです。

 前半、シャルケがかなりアグレッシブな攻め込みましたがグラートバッハの守備は安定していました。シャルケのプレスの前になかなかパスをつなげずに攻撃の形を作れていませんでしたが、その時間帯を乗り切るとペースを握るようになります。シャルケの守備はどちらかというと緩めでラファエル、シュティンドル、アザールらがペナルティエリアの狭いスペースで相手にマークされながらも容易にフィニッシュまで持っていけるようになりました。守備から攻撃へのつなぎ役として貢献したダフートも含め選手個々のプレーは素晴らしかったと思います。しかしこの試合はグラートバッハの前にフェーアマンが大きく立ちはだかりました。グラートバッハの選手がどれだけシュートを放ってもすべて弾きだしてしまうのではないかと感じさせる素晴らしいパフォーマンスでした。

 59分にグラートバッハは右サイドでノルトヴァイトがレロイ・ザネに不用意にボールを奪われるとそのまま突破を許し、ザネのペナルティエリアへの折り返しをクリアしたヒンターエッガーとカバーに戻ったノルトヴァイトの間でワンツーパスのような形になりそれがオウンゴールとなってしまいました。なんとも間抜けなオウンゴールでしたが、シャルケの中でも特に危険な選手だったはずのザネに簡単にボールを奪われあっさりと振り切られてしまう守備の致命的なミスが原因であり非常に悔しい失点でした。
 グラートバッハは79分にクリステンセンがシュティンドルとのコンビネーションからゴールを決めて同点に追いつきましたが、シュティンドルからのパスをワンタッチで相手DF(ザッシャ・リーター)をかわしてしまうところに攻撃面でのセンスを感じました。何度でも言いますがこの選手は来季以降もこのチームに必要な選手です。
 せっかく同点に追いついたグラートバッハですが、そのわずか2分後に再び突き放されてしまいます。ゴールまで距離のあるところから相手選手が左足で放ったシュートが守備についていたシャカの体に当たって角度が変わりゴールに入ってしまいました。これはゾマーも反応しきれず、アンラッキーな失点だったと思います。そして、これが決勝点となりました。グラートバッハはその後も決定機をフェアマンのセーブやポストに阻まれ同点に追いつけませんでした。

 それにしても奇妙な試合でした。1試合を通してシュート数はシャルケ6本に対しグラートバッハは22本。フェアマンに好セーブを連発されたほかに枠に跳ね返されたのが2本ありました。さらに付け加えるならペナルティエリア内で主審次第ではPKを与えられてもおかしくないようなプレーもありました。それに対してシャルケの2つのゴールは1つは明らかなオウンゴールでもう一つもグラートバッハの選手に当たって角度が変わって入ったラッキーなもの。どれだけチャンスを作ってもゴールが決まらなければ勝てません。また失点に関していえば、2点目は不運だった気もしますが、やはり1失点目のオウンゴールがいけません。このところグラートバッハは守備が安定し無駄な失点は減ってきており、この試合も悪くはありませんでしたが、1失点目に関しては弁解の余地はないでしょう。
 
 試合後にグラートバッハのシューベルト監督は、「大変素晴らしい攻撃的なサッカーをしたが、あまりにも簡単にゴールを与えてしまった。相手とチャンスの数を比較すると大変悔しい。試合の結果は確かに奇妙ではあるが、フットボールの世界ではよくあることだ。今日は私たちにとって厳しいものになった。」とコメント。一方、シャルケのブライテンライター監督は「ラルフ・フェアマンが信じられないほど素晴らしいセーブを見せて我々を勝利に導いてくれた。大変ラッキーな勝利だが、そのことを詫びる必要はない。」と話しています。全くその通りだと思います。フットボールは内容通りの結果が付いてくるものではないが、勝負の世界では結果がすべて。どんな形であっても勝利することが重要です。


BUNDESLIGA 2015/16 27. Spieltag
18.03.2016 20:30 Uhr, Veltins Arena, Gelsenkirchen
FC Schalke 04 - Borussia M'gladbach 2:1 (0:0)
Schalke: Fährmann - Riether , Matip, Neustädter, Kolasinac - Höjbjerg, Goretzka - Schöpf (61. Aogo), Meyer (75. Belhanda) , Sané (87. Friedrich) - di Santo
Borussia: Sommer - Nordtveit, Christensen, Hinteregger - Xhaka, Dahoud (75. Herrmann) - Elvedi, Johnson (70. Traoré) - Hazard (81. Hahn), Stindl, Raffael
Tore: 1:0 Hinteregger (59./ET), 1:1 Christensen (79.), 2:1 Goretzka (81.)
Gelbe Karten: Kolasinac - /
Zuschauer: 62.271 (ausverkauft)
Schiedsrichter: Marco Fritz (Korb)

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

13:22  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2016.03.18 (Fri)

2016 J-League Division 2 第3節 千葉 vs. 横浜FC

 蘇我駅の改札を出ると小雨が降っていました。朝からどんよりと曇っていたので雨に降られることを心配していましたが、よく考えたらフクアリは屋根があるので濡れる心配は不要でした。ただ、3月だというのに真冬のような寒さでこれはさすがに堪えました。


 今季、千葉の試合を見るのは初めてです。シーズン開始当初は新加入選手の特徴はもちろんのこと名前やポジションすら覚えるのに苦労するのですが、今季の千葉はほとんどの選手が入れ替わってしまいました。スタメンは全員が新加入選手でした。
 対戦相手の横浜FCの試合を見るのもずいぶん久しぶりです。普段、大宮の試合を中心に見ているので、昨季は横浜FCの試合を見る機会があったはずですが都合が悪くホームもアウェイも見られませんでした。


 前半、ホームの千葉はボールを持つ時間が長くなりゲームをコントロールしていたように見えますが、全体的に動きが悪くパスが思った通りに通りません。前半の千葉は左サイドの長澤と船山、あるいは阿部が絡んで中へ切り込んでいく形や前線の選手がペナルティエリアの中に入って中盤からのパスを受けようと試みましたが、タイミングが合わずにボールを奪われる形が目に付きました。とにかくボールがあまり動かないというべきか、リズムが悪いというべきかパッとしない前半でした。コンビネーションの悪さがその一因だと思いますが、このあたりは選手を大幅に入れ替えている以上仕方のないことだと思います。横浜FCも守備はしっかりとできていましたが、攻撃の形は皆無でチャンスもほとんど作れませんでした。そんな具合でお互いにあまり良く無い出来で、この日の天気のように寒い内容の前半でした。
 
 後半も千葉が優位に立つことに変わりはありませんでしたが、前半と違いお互いに思い切って仕掛ける動きが出てきました。特に千葉は前半とは違って連係の形が見られるようになってきました。攻撃はほとんどが右サイドに偏っていましたが、65分に右サイドの多々良からの正確なクロスをファーサイドの船山がダイレクトで豪快に叩きこんでついに先制しました。千葉の右からの攻撃につられるように横浜の守備も右に偏り、左サイドから上がっていた船山へのマークが甘くなりました。
 終盤に横浜にも大きなチャンスがありました。途中交代で入ったイバが千葉ディフェンスラインの裏に抜けGKも引きつける形になりましたが少しトラップが大きくなり、また味方のフォローも遅く得点できませんでした。これほどのビッグチャンスを決められなくてどうやって点が取れるというのでしょう。残念ながら、この試合の横浜からは得点の気配は感じませんでした。


 結局、船山のゴールによる1点で千葉が勝利しました。千葉に関してはチームの仕上がりはまだまだという印象を受けましたが、これだけ選手が入れ替わっているのだから仕方がないとは思います。しかし、選手個々のポテンシャルの高さは感じられ、また後半はこれからよくなっていくことを感じさせてくれる内容でした。夏ごろに千葉がどのようなチームになっていくのか今から楽しみです。
 一方の横浜FCについては組織的な守備ではよい点がありましたが、攻撃の形が全くないのが気がかりです。こちらはやや時間がかかるのではないかと思います。


2016 Jリーグ Division2 第3節
2016年3月13日(日), 15:04, フクダ電子アリーナ
ジェフユナイテッド千葉 - 横浜FC 1:0 (0:0)
千葉: 佐藤 (優) - 阿部, 近藤, イ ジュヨン, 多々良 - 長澤, アランダ, 山本 (87. 富澤), 小池 - 船山 (89. 佐藤(勇)), 吉田
横浜: 南 - 市村, 西河, ハリロヴィッチ, 田所 - 佐藤, 寺田 (74. 中里), 野村 (83. 松下) - 小野瀬, 津田, 大久保 (68. イバ)
得点: 1:0 船山 (65.)
警告: アランダ - 野村
観客: 9,419人
主審: 吉田 寿光

テーマ : ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

01:03  |  J-League  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2016.03.08 (Tue)

2016 J-League Division 1 1stステージ第2節 大宮 vs. 柏

 大宮のホーム開幕戦。対戦相手が柏ということもあったとは思いますがチケットは完売しておりスタジアムは満員。この雰囲気で試合を観戦できることは本当に素晴らしいことです。
 前節はFC東京にアウェイで勝利し開幕戦を勝利した大宮ですが、内容を見ればむしろ相手との力の差を見せつけられた形であり、自分たちの目指す形で戦えなかったという印象が強く残りました。この試合の対戦相手の柏に対しても大宮のサッカーが通用するのか不安を感じていたのも事実。試合が始まる前、私はスタジアムの素晴らしい雰囲気の中で観戦できる喜びとこれから観戦する試合に対する少しばかりの不安が入り混じる複雑な感情を抱いていました。


 開始早々、柏が攻め込み右からのクロスが左サイドの大津祐樹(元グラートバッハ)が右足でシュートしますが枠をはずしました。さらにセットプレーからピンチがあり嫌なスタートになりました。しかし、9分にネイツのフリーキックをGKがはじいたボールをムルジャが決めて先制。15分にはムルジャが左サイドをドリブル、ラインぎりぎりのところで相手をかわして角度のないところから決めて2点差にしました。ムルジャの個人技が光りましたが、点が入る時はあっさりと入るものです。
 柏は22分に早くも選手交代。秋野に替えて山中を入れて攻撃を活性化させると、それ以降は一方的に柏が攻めて大宮が守る展開になります。大宮は何度か決定機を作られますが塩田の好セーブや相手のミスに救われ無失点で前半を終えることができました。


 後半も大宮はほとんどの時間を守備に使うことになりました。後半に関しては決定機は全くありませんでした。しかし一方で危険な場面もそれほど多くはなく、右サイドの大津の折り返しを受けた田中順也のシュートがポストに当たったシーンくらいだったと思います。
 結果的に先週のFC東京戦と同様にほとんどの時間で相手にボールを保持され、ひたすら自陣で守り続ける形になりました。守備的に戦いカウンターを狙うという戦術を目指しているわけではなく相手との力関係で意図したことができない結果としてそのような形になっているというようですので内容は全く満足できるものではないはずです。
 しかし、自陣で押し込まれた状態でもボールを奪ってから、しっかりとパスをつなぎカウンターにつなげていく形も何度か作った点は進歩だと思います。もっともこれは2点リードをしていることで余裕があったからということかもしれませんが。FC東京戦同様、守備は集中力を切らさずに頑張りました。これがなければ勝利を手にすることはできませんでした。私は昨季のJ2の大宮を見ていて、今季は守備に大きな不安に感じていましたが今のところは本当に良くやっていると思います。守備が安定していれば理想の戦い方ができなくてもある程度の勝ち点は稼げるはずです。


 結果だけを見れば大宮は2試合で6ポイントという最高のスタートを切りましたがまだまだ対戦相手との力の差は感じます。試合後に渋谷監督は、「試合内容を見たときに、これで本当に勝ち続けられるのか、勝点を取り続けることができるのかということは精査し、改善して次に向かっていかなければいけませんので、しっかりとトレーニングで高めていきたいと思います。」(大宮アルディージャ公式サイトより)とコメントしていますが、試合をしているチームの皆さんだけでなく観戦していたファンもこの結果に浮かれてはいないでしょう。
 次節はアウェイでガンバ大阪、その次はホームで広島との対戦が控えています。現時点で国内トップレベルのクラブと続けて対戦するこの2試合はさらに厳しい試合になることが予想できます。その中でいかに自信を掴んでいけるか。勝敗は別にしても重要な2試合になりそうです。


2016 Jリーグ Division1 第2節
2016年3月5日(土), 16:04, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - 柏レイソル 2:0 (2:0)
大宮: 塩田 - 和田, 菊地, 河本, 沼田 - 横山, 岩上, ペチュニク (90. 横谷), 泉澤 (88. マテウス) - 家長 (84. 金澤), ムルジャ
柏: 中村 - 伊東, 増嶋, 中谷, 輪湖 (55. 田中) - 大谷, 秋野 (22. 山中), エデルソン (76. 太田), 茨田, 大津 - ディエゴ オリヴェイラ
得点: 1:0 ムルジャ (9.), 2:0 ムルジャ (15.)
警告: 菊地, 沼田 - 増嶋
観客: 12,696 人
主審: 木村 博之



タグ : スタジアム観戦記

00:43  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。