2016.04.30 (Sat)

2016 J-League Division 2 第10節 水戸 vs. 千葉

 今季初の水戸でのサッカー観戦です。自宅のある埼玉からは車だと2時間あれば着きますが、せっかくの機会ですので一般道で途中何ヶ所か寄り道をしながらキックオフの1時間前にはスタジアムに着いたのですが、普段停めている駐車場はすでに満車になっており少し離れたところに駐車することになりました。

 
 ケーズデンキスタジアムのゴール裏の風景は本当にのどか。立派なメインスタンドとのギャップが面白いです。この狭いエリアはジェフサポーターで埋まりました。写真からもわかる通り、強風が吹いており気温以上に寒く感じられました。

 水戸のスタメンは前節の東京ヴェルディ戦(3:0で勝利)と同じ。千葉は前節の山口戦(2:4で敗戦)とはかなりメンバーを入れ替えて試合に臨みます。アランダは負傷による欠場でボランチには井出がシフトし代わりに町田がスタメン。船山を外したのは戦術的な理由だったのだと思います。


 試合が始まって間もない5分に水戸が先制しました。左からのコーナーキックのチャンスでロメロ フランクのキックが宋株熏の頭にピタリと合いました。あっという間の出来事でしたが、このシーンでゴールを決めた宋株熏は全くのフリーになっており千葉のセットプレーでの守備の対応の拙さを感じます。
 早々に先制された千葉は「最前線のエウトンを起点に、吉田眞紀人がその背後を狙う」(井出遥也選手)という狙いでロングボールを多用していましたが、強風の影響もあったのかなかなか正確なボールが出せなかったように見受けられました。さらに中盤からの押上げがないので前線に送ったボールがつながらないのです。FWの2人は奮闘していたと思いますが競り勝っても孤立し結局は奪われてしまうというシーンが目立ちました。残念ながらチームとしての連動性がほとんど見られませんでした。
 そんな千葉に対して水戸のアグレッシブな守備がうまくはまりセカンドボールを次々と奪いすぐに攻撃へとつなげていきます。千葉の守備が特に前半はやや不安定だったこともあり大きなチャンスは作れそうでしたが、そこから先のプレーの正確さが水戸の課題でしょうか。
 後半に入り関塚監督は早めに選手を変えていきます。交代で入った選手は悪くはありませんでした北爪の積極的なプレーは魅力を感じましたし、船山が入ってからは攻撃が形ができチャンスも作るようになりました。しかしそれらも試合の流れを変えるまでには至らず、そのままずるずると時間が経過して試合が終わってしまったように見えました。


 私は、今季千葉の試合を見るのはTV観戦を含めてもまだ4試合目、水戸に至っては初めてなのでわからないことが多いのですが、そんな私がこの試合を見て感じたことを率直に言うと、どちらも発展途上の未完成なチームに見えたということ。それでも水戸に関しては目指すサッカーの形は見えてきているし、兵働や湯澤など新加入選手も機能しているようですが、千葉については本当にまだまだという感じます。まあ、私はチームを完全に作り直している状態ではこのような事態は避けて通れないとは思っていました。しかしすでにリーグ戦も10試合目。そろそろ形が見えてこなくてはなりません。
 この試合では、これまでの観戦からとても頼りになる選手だという印象を持っていたアランダの不在は大きかったかもしれません。代役の井出は無難にプレーしたと思いますが持ち味は出せていません。そして、チーム事情がありやむを得ないかもしれませんが、井出はやはり攻撃的なポジションで得点に絡む仕事をしてほしいと思います。
 そしてもうひとつ試合前に考えていた戦術には適さない気象条件も不利に作用したのかもしれません。なかなかうまくいかないものです。

<引用>
第10節 VS 水戸ホーリーホック 試合後コメント

  (ジェフユナイテッド市原・千葉公式ウェブサイト)



2016 Jリーグ Division2 第10節 2016年4月29日(金), 17:04, ケーズデンキスタジアム

水戸ホーリーホック - ジェフユナイテッド千葉 1:0 (0:0)

水戸: 本間 - 田向, 細川, 宋株熏 - 兵働 (87. 白井), 今瀬, ロメロ フランク (68. 佐藤(和)), 船谷, 佐藤(祥), 湯澤 (79. 萬代) - 三島

千葉: 佐藤(優) - 阿部, 近藤, イ ジュヨン, 大久保 (71. オナイウ) - 長澤 (58. 北爪), 富澤, 井出, 町田 - エウトン (62. 船山), 吉田

得点: 1:0 宋株熏 (5.) 警告: 佐藤(祥) - エウトン

観客: 6,042人

主審: 上村 篤史



スポンサーサイト

テーマ : Jリーグ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

01:03  |  J-League  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2016.04.26 (Tue)

2016 J-League Division 3 第6節 盛岡 vs. 秋田

 盛岡でサッカー観戦をしてきました。観戦したのはJ3のグルージャ盛岡対ブラウブリッツ秋田の北東北ダービーです。盛岡市郊外にあるいわぎんスタジアム(今年四月から盛岡南公園球技場がネーミングライツにより名称変更)の周囲はのどかな田園風景が広がり周囲には遠くには山を望む素晴らしい環境にあります。やや風がありますが最高の天気のもとで気持ちよい観戦ができそうです。スタジアムでは飲食店が充実しており、盛岡の地ビールが飲めるし、じゃじゃ麺など盛岡ならではの食べ物が売られていました。ここまで盛岡は未勝利で最下位、一方の秋田は無敗で2位と好調です。チーム状態を反映してか試合前は秋田サポーターの姿が多く目立っていました。


 前半は圧倒的に秋田が押し込む形となりました。秋田は好調なチームらしく個々の選手の運動量、攻守の切り替えの速さで盛岡を圧倒しました。高い位置から相手にプレッシャーをかけボールを奪うと呉、久富、前山らがドリブル突破やサイドを連係でくずしたり、次々と盛岡ゴールを脅かします。しかし、フィニッシュの精度が悪く一方的に押し込んでいる割にはあまり得点の気配は感じられませんでした。一方の盛岡は、「今日の前半は今季最悪に近い出来で見ている人に対して本当に申し訳ない。」と神川監督が試合後に話しているとおり、ほとんどチャンスは作れず、前半はシュートゼロ。とにかく全く点が入る可能性を感じませんでした。


 後半に入っても秋田が試合を支配する形は続き、ついに56分に先制しました。左サイドから呉が入れたクロスを逆サイドでフリーになっていた浦島がシュート。ボールは盛岡のGK土井康平が抑えたかに見えましたがゴールラインを割っていました。私はここまでの盛岡の出来から見てこの1点でほぼ勝負が決まってしまったのではないかと思いましたが、それは盛岡に対してあまりにも失礼な考えでした。
 1点をリードされた盛岡はようやく前へ向かう姿勢が見られるようになり攻撃時の連係も見られるようになってきました。そして68分に林の左からのCKを畑本がヘディングシュートを放ち、これは相手に跳ね返されますがその浮き球を梅内が頭で押し込んで同点に追いつきました。試合はその後は盛岡のペースになり、畑本や谷村に惜しいチャンスがありましたが決めきれず、ドローという結果に終わりました。


 試合を振り返って感じるのは盛岡は失点の前後でなぜこれほど変わったのかということ。リードされてからの厚みのある攻撃には今後に向けての可能性は感じました。試合の最初からこのようなサッカーができていればと思わずにはいられません。一方の秋田に関しては、かなりよいチームだという印象を持ちました。圧倒していた前半で1点でも取れていればというところですが、間瀬監督はむしろ1点取った後のことに言及しています。「1点目を取った後の猛攻で2点目を取れなかったところ。あれを取れるかどうかがこのゲームのポイントだったと思います。」(秋田・間瀬監督)
 この試合は左サイドの呉が強力で彼が攻撃に絡みチャンスを作りだしていましたが、やはりチーム全体としてクロスやシュートなどの個々のプレーが雑だったのが残念です。その点が改善されれば今後も上位を維持できるのではないかと思います。


2016 Jリーグ Division3 第6節
2016年4月24日(日), 13:00, いわぎんスタジアム
グルージャ盛岡 - ブラウブリッツ秋田 1:1 (0:0)
盛岡: 土井(康) - 鈴木 (90. 守田), 畑本, 久保, 森 - 牛之濱, 垣根, 林 (85. 益子), 谷村 - 土井(良) (69. 谷口), 梅内
秋田: 松本 - 堀田, 山田, 新里 - 浦島, 日高, 熊谷, 呉 - 久富 (76. 堺), 遊馬 (66. 田中, 87. 川田), 前山
得点: 0:1 浦島 (56.), 1:1 梅内 (68.)
警告: / - 浦島, 新里
観客: 1,076人
主審: 長谷 拓

テーマ : Jリーグ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

05:42  |  J-League  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2016.04.17 (Sun)

2016 J-League Division 1 1stステージ第7節 大宮 vs. 甲府

 J1第7節の大宮対甲府の試合を観戦しました。この試合キックオフ前には熊本地震の犠牲者への追悼と被災地の復興を願い黙祷が行われました。14日夜から大きな地震に始まり相次いでいる地震による被害は大きく今節は九州地方で開催される試合や被災地のクラブが関わる試合は中止されています。震災に遭われた方々に、心からお見舞い申し上げます。

 さて、大宮の対戦相手の甲府の特徴は堅守です。今季これまで対戦してきたチームとは違った強さを持つチームに対して大宮のサッカーがどれだけ通用するのか楽しみにしていました。
 

 前半は大宮が相手へしっかりとプレスをかけてボールを奪う形ができていたと思います。また、この試合の大宮は普段より中盤と前線の連係が良くボールがスムーズに動かせていました。ただ、甲府の守備は想像通りに固く、バランスを崩すことはなく大宮が良い位置でボールを奪っても甲府の守備を崩すには至りませんでした。
 しかし、32分に大宮は右サイドを横谷が抜け出して中央へ入れたボールをGKの河田が弾くと、それを正面に詰めていた家長が押し込んで先制しました。大宮はこれが最初のシュートだったようです。その後も大宮がボールを保持し甲府にチャンスを作らせずに前半を終了しました。


 後半に入ると1点を追う甲府が当然のごとく前への圧力をかけてきました。それに対して大宮は完全に守勢に回ってしまいます。甲府は56分にチュカ、61分に森晃太を入れるとさらに攻撃が活性化しここからは完全に一方的に甲府が攻める形になり、大宮が失点するのは時間の問題ではないかという状態になります。そして、75分に右からのコーナーキックをチュカに頭で合されて同点に追いつかれてしまいました。その後も甲府の展開が続きましたが、大宮も85分を過ぎたあたりからようやく攻撃に転じ甲府ゴールに人数をかけて迫りました。しかしこの時間帯も点を奪うためにバランスを崩して攻めている感じもありカウンターからかなり危険な形を作られていました。それでも幸い失点はすることなくそのままドローで試合が終わりました。


 結果的に引き分けに終わりましたが、後半の甲府が優勢だった展開を見る限り、この試合は甲府が勝利していておかしくない試合だったと思います。得点以外にもクリスティアーノの強烈なシュートがクロスバーを直撃するシーンなどチャンスは甲府の方に多くありました。大宮にとってラッキーだったのは、甲府は攻撃に関しては連係が良いとは言えずいい形を作りながらシュートまで持っていけないシーンが多かったことです。いずれにしても90分間を通してみれば、ドローという結果は大宮にとってラッキーだったように思えます。
 では、大宮に勝つチャンスがなかったのかというと全くそんなことはなく、むしろ後半をもう少しうまく戦えていたら問題なく勝利を手にすることができていたようにも思えます。

 まず、どうしても腑に落ちないのがなぜ後半になり運動量が落ちてしまったのか。そしてそんな状況にもかかわらず選手交代などの手を早めに打てなかったのかということです。運動量が落ちたように見えた点については、コンディションの問題というよりは、戦い方の問題でバランスを重視するあまり受け身になってしまったということのようです。
「運動量が少ないことは気になりませんでしたが、プレッシャーを掛けるタイミングを逸していると感じていました。」(渋谷監督)
「つなぐことを優先しすぎたところがあったし、もっとゴールに向かっていって良かったと思います。」(金澤選手)
というコメントからもそうだったのかと思います。
 しかし、そうであっても素人の目から見ても明らかにまずい状況が続いているにもかかわらず、なぜもっと早く選手を変えて状況を打開しようとしないのだという疑問は残ります。この点については試合後の監督コメントなどで言及はなかったようです。まあ、素人にはわからない別な理由があったのかもしれませんが、この試合をしっかり分析して今後に生かしてくれることを願っています。
 それから前半の内容について。相手との1対1での競り合い、セカンドボールの奪取という点では相手を上回り結果としてポゼッションを高めることができており、開幕戦の頃からはかなり良くなっていると思います。連係もよくなりスペースを使った動きもできていたと思います。ただ、相手の守備を崩せたのは1度だけというのが実態です。まだ満足できるレベルだとは思いません。こちらも今後に期待しています。

<引用記事>
レビュー|J1 1st 第7節甲府戦 (大宮アルディージャ公式サイト)


2016 Jリーグ Division1 第7節
2016年4月16日(土), 16:04, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - ヴァンフォーレ甲府 1:1 (1:0)
大宮: 加藤 - 奥井, 菊地, 河本, 和田 - 横谷 (73. 江坂), 金澤, 岩上, 泉澤 (79. ペチュニク) - 家長, ムルジャ (84. 沼田)
甲府: 河田 - 新井, 山本, 津田 - 松橋 (90.+2 黒木), セレスキー, 保坂 (61. 森), 田中 - 稲垣, ニウソン (56. チュカ), クリスティアーノ
得点: 1:0 家長 (32.), 1:1 チュカ (75.)
警告: / - /
観客: 9,659人
主審: 廣瀬 格

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

20:46  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2016.04.17 (Sun)

2. ブンデスリーガ2015/2016 第30節 FSVフランクフルト vs. パダボーン

 ツヴァイテリーガも終盤に差し掛かりそろそろリーグがどのような形で決着するのか見えてくる頃です。とはいっても近年のツヴァイテリーガは戦力が拮抗し終盤まで1部昇格、3部降格がどこになるのか予想がつかないことが多くなっています。しかし、今季に関しては1部レベルの戦力を誇るフライブルクとライプツィヒが予想通り抜け出し、後半にチーム力を上げてきたニュルンベルクが3位でプレーオフに進むことが早々に見えてきました。しかし、残留争いは例年同様にこの時期でも混沌としておりまだどうなるかさっぱり予想がつきません。
 この争いの中に昨季は1部で戦っていたパダボーンが入っているのは意外であり残念でもあります。1部から降格した今季はゲルハウス新監督のもとでスタートしたものの成績は振るわず、エッフェンベルク監督に交代。しかし、それでもうまくはいかず現在は暫定監督としてレネ・ミュラーがチームを指揮しています。考えてみるとゲルハウスはアシスタントコーチとしての経験はあるものの監督としては初めて、エッフェンベルクに至ってはコーチ経験もなく、それではうまく行くはずはないだろうという気にもなります。
 前節はホームでウニオンベルリンを相手に前半で4失点というお粗末な内容。しかも相手のセットプレーはほぼ100%といってよいほど相手に競り負けたり簡単にマークを外したり散々な内容でした。残り試合も少なくなり早急にチームの立て直しが必要な状態であり、まずは守備の修正から入るのが間違いないところでしょう。

 さて金曜日の夜に行われた30節、パダボーンはFSVフランクフルトとアウェイで対戦です。FSVフランクフルトは前節のボーフム戦の大敗を受けて、今季指揮を執っていたトーマス・オラル監督を解任しこの試合からはかつてヘルタやベトナム代表監督を務めた経験のあるファルコ・ゲッツ氏が指揮することになりました。こちらも守備に不安を抱えている状態ですが、この時期にチームを引き受けるゲッツ監督は大変です。

 さてこの試合、前半はどちらも消極的でミスも多くスピード感に欠けるサッカーを展開することになってしまいました。決定機と言えば32分にFSVのファノル・ペルデダイが放ったミドルシュートだけ。他は何もなくただ時間だけが過ぎたという内容でした。しかしこのようになったのは、両チームとも前節に大敗していたこともあって守備重視で慎重に試合に入ったのが理由でありやむを得ないことだと思います。観客にとっては退屈な内容だったと思いますが仕方がないでしょう。

 問題は後半をどう戦うかということです。その後半、まず開始早々にFSVフランクフルトがディフェンスラインの裏をとったハリミに決定機がありましたが、これをホイヤー・フェルナンデスが好セーブで防ぐと、その後はパダボーンがペースをつかむようになります。パダボーンは、50分にペナルティエリア内でボールを受けたバカロルツがトラップで浮かせたボールに対しペルデダイとの競り合いになります。この競り合いでこぼれたボールに反応したシュトッペルカンプが難なく決めて先制。さらに65分には中央のバカロルツが右サイドでフリーになっていたシュトッペルカンプにパスを出すと、シュトッペルカンプは直接ゴールを狙いこれが見事に決まって2点差としました。前半よりは攻撃的になったとはいえ、相変わらず連係ミスなど攻撃面で噛み合っていない状態のFSVにとって2点の差は大きく、その後はゲッツ監督もヤン・ロリムやエドムンド・カプラーニなど攻撃的な選手を投入し反撃に出ますがゴールは決めることができず試合が終わりました。
 
 同時刻に開催されていた最下位デュイスブルクと16位1860ミュンヘンの対戦でデュイスブルクが勝利したことでパダボーンは1つ順位を上げ入替戦ゾーンの16位になりました。一方FSVフランクフルトは順位は14位(暫定順位)のままですが、パダボーンとの勝ち点差はわずか2となり残留争いに完全に足を踏み入れることになってしまいました。現在の勝ち点を考慮すると14位のFSVフランクフルト、デュッセルドルフ、パダボーン、1860ミュンヘン、デュイスブルクの5チームでの残留争いになります。残り4試合、対戦相手(順位だけでなくモチベーション)との兼ね合いもありますが、ここからは調子が上向きのチームが強く、下降状態のチームは苦しいと思います。果たしてどんな結末を迎えることになるのでしょう。


2. BUNDESLIGA 2015/16 30. Spieltag
15.04.2016 18:30 Uhr, Frankfurter Volksbank-Stadion, Frankfurt
FSV Frankfurt - SC Paderborn 07 0:2 (0:0)
Frankfurt: André Weis - Huber, Gugganig, Ballas, Epstein - Perdedaj, Konrad - Kalmar (56. Engels), Halimi (69. Kapllani), Haji Safi (69. Rolim) - Awoniyi.
Paderborn: Heuer Fernandes - Narey, Hoheneder, Wahl, Hartherz - Bakalorz, Wydra, Schonlau (81. Krauße) - Stöger (85. Heinloth), Koc (63. Bickel), Stoppelkamp.
Tore: 0:1 Stoppelkamp (50.), 0:2 Stoppelkamp (65.)
Gelbe Karten: Halimi, Engels, Huber, Konrad - Schonlau, Wydra, Bickel, Narey
Zuschauer: 5.191
Schiedsrichter: Robert Hartmann (Wangen)

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

16:00  |  SC Paderborn 07  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2016.04.03 (Sun)

2016 J-League Division 1 1stステージ第5節 大宮 vs. 磐田

 春真っ盛り。スタジアムの周囲にある大宮公園ではちょうど桜が満開で試合前に公園内を歩いてみると、あちこちで花見(というよりも宴会と言うべきか)をしていて大変賑やかでした。昼頃から花見をして夕方はスタジアムでサッカー観戦、試合終了後は夜桜を見ながら酒を飲む。なんていうことをしていたサポーターもいたことでしょう。


 リーグ戦では前節の広島戦で大敗をした大宮ですが、その後のカップ戦2試合(名古屋戦、甲府戦)はメンバーの入替えも奏功したのか安定した試合はできていたようです。この試合の対戦相手の磐田は大宮と同じ昇格チームですが、昨年のJ2で対戦した2試合はどちらも引分けで、特に私が観戦していないアウェイでの試合は劣勢をなんとか追いついたといった試合で実力は同格かやや上という印象を持っています。特に昨季やられたアダイウトンを始めとして能力の高い選手が揃い、監督経験は浅いにもかかわらず既に名将との呼び声も高い名波浩監督が率いるチームという点で油断なりません。そんな強敵磐田に対して大宮がどう戦うのかはしっかり見届けたいです。少なくても広島戦の再現はないことを祈ってスタジアムに入りました。


 さて、この試合は、アグレッシブなサッカーを展開する磐田に対して大宮も応戦し、中盤での激しい潰しあいが見られる激しい試合となりました。そのせいかお互いに決定機は少なかったのですが、なかなか見応えはありました。磐田は左サイドに起点を作り攻めようとする意図が見え左SBの中村太亮がたびたび攻撃参加するものの大宮もうまく守りチャンスを作らせませんでした。キープ力のあり決定機を作りだすアダイウトンに対しては複数の選手でマークし自由にさせませんでした。また決定力のあるジェイに対してもCBの菊地を中心にしっかりと抑えこんでいました。この試合の大宮の守備の集中力は良かったと思います。
 しかし、44分に左サイドでスローインのボールをアダイウトンにキープされ小林祐希につながれ右足で鮮やかにゴール左隅に決められてしまいました。「高い守備の意識がスローインのときにボール1個に対して4人で守備をしてしまい、フリーの選手が生まれてしまった。」と渋谷監督がコメントしているようにアダイウトンへの徹底マークが裏目に出てしまったでしょうか。

 後半に入り大宮は58分に横谷のパスを受けたムルジャが決めて同点にしました。中央からDFラインの裏を取ろうとしたムルジャの動き出しと横谷のパスのタイミングがピタリと合った見事なゴールでした。「大宮の攻撃はムルジャの動き出ししかなかったので、その点はわれわれを楽にしてくれた。」(名波監督)とのことでしたので、そのムルジャに決められた失点は名波監督にとっては悔しかったことでしょう。
 その後、試合の終盤は再び磐田のペースとなりましたが大宮もそれほど慌てることなく守り切ることができました。広島戦のショックはそれなりに堪えるものでしたが、この試合のようにしっかりとバランスを取りながら守備ができれば大きく崩れることはない気がします。昨季終了時点では不安だった守備もだいぶ改善されてきているのではないでしょうか。 


 さてドローに終わったこの試合について、試合後に磐田の名波監督は「昨年2試合引き分けて、今回も引き分けたが、3試合の中では一番内容が良かった。選手たちには開口一番、『勝点2を失ったゲームだ』と言いました。」と語っています。確かに客観的に見ても勝利に近かったのはどちらかと言えば磐田の方だったし、先制点を守り切れなかったという点で磐田の方に残念な気持ちが大きかったと思います。しかし、スタンドで観戦した印象では両チームの力に差は感じませんでした。大宮にとってみれば今季のリーグ戦では初めて相手と互角に戦えた試合であり、その相手が力のある磐田だったことを考えれば自信を持ってよいのではないかと思います。特に守備面でよい点が見られたとこで私はある程度満足できました。

 この試合で印象に残ったのは右SBでスタメン出場した渡部と右SHの江坂です。渡部は久しぶりでしたが早い時間帯に決定機を作りだす素晴らしい突破からのクロスを見せたり、守備でも1対1での強さを見せていました。それだけに早い時間での負傷交代は残念です。また江坂に関しては評判通りの良い選手であることは間違いないと感じました。相手にプレスをかけられても落ち着いたプレーができ、チャンスと見るや積極的に仕掛ける姿勢は大宮の攻撃に欠かせない存在になるかもしれません。

<引用> Jリーグ公式サイト 大宮vs磐田の試合結果・データ 監督コメント


2016 Jリーグ Division1 第5節
2016年4月2日(土), 16:04, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - ジュビロ磐田 1:1 (0:1)
大宮: 加藤 - 渡部 (17. 奥井), 菊地, 河本, 和田 - 金澤, 岩上 (69. 泉澤), 横谷, 江坂 (90.+1 ペチュニク) - 家長, ムルジャ
磐田: カミンスキ - 櫻内, 大井, 森下, 中村 (60. 山本) - 上田, 宮崎 - 太田 (73. 松井), 小林, アダイウトン (88. 松浦) - ジェイ
得点: 0:1 小林 (44.), 1:1 ムルジャ (58.)
警告: / - 上田
観客: 11,271人
主審: 池内 明彦

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

16:35  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑
 | BLOGTOP |