2016.08.28 (Sun)

ブンデスリーガ2016/2017 第1節 グラートバッハ vs. レヴァークーゼン

グラートバッハ、ホームでの開幕戦で難敵レヴァークーゼンを撃破

 ブンデスリーガ 2016/17シーズンが開幕しました。また睡眠不足と戦う日々のスタートです。私は健康面を考慮するとそろそろ規則正しい生活が必要なのですが…。
 今季のグラートバッハはヤングボーイズとのCL出場権を争うプレーオフを戦っており他クラブよりは早めの調整を行っており試合もこなしています。さらにこのプレーオフはホームアウェイともに快勝しCL本選出場を決め気分よくリーグ戦に臨めます。
 対戦相手のレヴァークーゼンに対してはこの2シーズンは互角の対戦成績となっていますが、それ以前は長くホームで勝てない時期があり、その当時からグラートバッハの試合を追いかけている私には、ある意味ではバイエルン以上に難しい相手というイメージが染みついています。この試合は特別に厄介な存在であるチチャリートが負傷により欠場しますが強敵であることには変わりなく、この試合に勝利できればこれから始まるリーグ戦に向けて大きな弾みになることは間違いありません。
 シューベルト監督は、エルフェディ、クリステンセン、ヤンチュケによる3バックを採用、ボランチには新加入のシュトローブルとクラマーのコンビ、さらに攻撃陣の一角にはハーンを起用、CLプレーオフの第2戦でハットトリックを決めたアザールをベンチに置くフォーメーションでスタートします。

 前半からスピード感のある見どころ満載の試合となり、どちらもチャンスをつくるものの両チームのGKの素晴らしい守備もありスコアレスのまま試合が進みます。
 41分にレヴァークーゼンはセットプレーからターがヘディングシュートを放ちますがこれはクロスバーを直撃しゴールには入りません。43分、グラートバッハは中盤で相手ボールを奪ったシュティンドルからラファエル、トラオレとダイレクトでつなぎハーンがゴールを狙います。これはGKのレノに防がれましたが、ボールを奪ってからシュートに至るまでのコンビネーションは素晴らしく、この試合に限らず今季のグラートバッハへの期待を膨らませてくれます。前半のアディショナルタイムにグラートバッハは、相手ファールからクラマーが素早いリスタートで前線へパスを送るとこれをターがクリアし損ねハーンへの絶妙のパスとなりGKと1対1となったハーンが今度はしっかりと先制点を決めました。

 後半に入ってもカンプルが左足シュートがポストに当たったり、ラファエルのフリーキックをレノが右手1本で弾きだしたりとどちらにも決定機がありましたが得点は動かず終盤へ進みました。
 そして、80分、カンプルから左サイドをオーバーラップしてきたウェンデルが絶妙のクロスを入れると、これに対してクリステンセン、ゾマーが懸命にクリアしますが、これをベララビに拾われ最後は後半途中から入ったポーヤンパロに頭で押し込まれ同点にされてしまいました。
 しかし85分にグラートバッハは後半途中から入ったジョンソンが相手との1対1で競り勝つと同じく途中から入ったアザールにつなぎ、アザールがシュティンドルにスルーパス。シュティンドルが決めて再びリード、これが決勝ゴールとなりグラートバッハが2:1でレヴァークーゼンに勝利しました。

 とても密度の濃い試合だったと思います。90分間の経過が早く感じられ退屈する時間は全くありませんでした。前後半の真ん中で給水タイムが設けられる暑さの中での試合でしたがその影響も全く感じられませんでした。前後半ともにどちらにもチャンスがあり試合内容は全く互角、どちらも決定機があり質が高く見所も多い楽しめる試合でした。試合を決めたゴールに関しては試合後のプレスカンファレンスでレヴァークーゼンのシュミット監督はオフサイドだったと言っていましたが、確かに極めて微妙ではありグラートバッハにとってグラートバッハにとっては運も味方してくれての結果だったと思います。しかしそれを抜きにしてもこの試合の内容を見る限りではグラートバッハが3ポイントをとったことが妥当ではない等とは決して思いません。素晴らしい勝利でした。
 グラートバッハはボランチの2人がしっかりと機能し安定感を与えていました。彼らの働きを見ていると昨季のグラートバッハに欠けていた攻守のバランスの改善が期待できそうです。攻撃面ではラファエル、シュティンドルの軸は健在、個人的に大きな期待をしているハーンも好調。さらにアザールもしっかりと仕事をするなど全く問題はありません。昨季は能力はあってもチームの中での連係面で問題を抱える選手もいましたが今季はそこが解消され誰が出てもチームとして機能するように思います。シューベルト監督も今季はCLとリーグ戦でローテーションも組みやすいのではないでしょうか。守備に関してはやや不安定な面も垣間見えたのですが、これは試合を重ねる中で良くなっていくことを期待したいです。
 相手のレヴァークーゼンについての印象ですが、この試合でも前線からプレスをかけて攻守の早い切り替えからチャンスを作りだしました。特にボールを持って前を向いた時のベララビのスピードとテクニックやカンプルの運動量、またセットプレーでのターの強さは実に嫌な存在となっていました。リーグトップレベルの力を持つチームであることは間違いなくバイエルン、ドルトムントを脅かす存在になるでしょう。このチームに開幕戦で勝利できたことはグラートバッハにとっては非常に大きな成果だと思います。

BUNDESLIGA 2016/17 1. Spieltag 
27.08.2016 18:30 Uhr, Stadion im Borussia-Park, Mönchengladbach 
Borussia M'gladbach - Bayer 04 Leverkusen 2:1 (1:0)
Borussia: Sommer – Elvedi, Christensen, Jantschke (46. Vesterggard) – Strobl, Kramer – Traoré (60. Johnson), Wendt – Stindl, Raffael, Hahn (83. Hazard)
Leverkusen: Leno – Jedvaj, Tah, Toprak, Wendell – Aránguiz (78. Pohjanpalo), Baumgartlinger – Bellarabi, Kampl – Volland (64. Brandt), Calhanoglu (64. Mehmedi) 
Tore: 1:0 Hahn (45.+1), 1:1 Pohjanpalo (80.), 2:1 Stindl (85.) 
Gelbe Karten: Kramer, Stindl, Strobl - Toprak, Bellarabi, Wendell 
Zuschauer: 52.183 
Schiedsrichter: Dr. Felix Brych (München)
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

10:55  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2016.08.21 (Sun)

2016 J-League Division 1 2ndステージ第9節 大宮 vs. 仙台

 試合当日はあいにくの悪天候でしたが、キックオフの2時間ほど前には雨も止んでいたので予定通り観戦に出かけました。しかし、今にも雨が降り出しそうな空模様。そしてものすごい蒸し暑さで選手にとっては本当に大変な天気だったと思います。
 大宮と仙台の対戦を観戦するのは久しぶりですが、これまではどうも良いイメージがなく苦手意識のようなものを感じています。選手たちはそんなことは思っていないかもしれませんが、長く大宮の試合を見ていたファンならそう感じている人も多いのではないかと思います。それでも今季は鬼門といってもよい敵地で勝利を収めており、この試合にも勝って苦手意識を払しょくしてほしいと思いつつキックオフを待っておりました。


 前半はどちらかと言えば仙台が良いサッカーを見せていたと思います。中盤の選手がプレッシャーをかけて相手になかなか前を向かせず、もたつく相手のパスミスを奪うと守備から攻撃への素早い切り替えが印象に残りました。また、5分に奥埜とハモンロペスの連係で作りだした決定機のように少ないタッチで時間をかけず一気にシュートまで持っていくスピードのある攻撃も随所にみせ、大宮は不用意なミスが失点につながってしまう危険を常にはらんでいました。
 一方の大宮はショートパスによって相手守備を崩そうとする意図は見えましたが、仙台のプレッシャーと中盤、前線の連係不足からうまく行かず、両サイド、特にこの試合で左サイドバックに入った藤村の裏を狙うロングパスからチャンスを作りだしました。先制点につながる流れも右サイドを抜けていった江坂に横谷から長目のパスが通り、その折り返しのクロスを受けたムルジャがペナルティエリアで倒されてPKを獲得したというもの。このPKは家長が一度決めたものの蹴り直しとなりましたが冷静に決めました。

 後半に入ると大宮の連係もよくなりチャンスが増えます。このところ1点リードは守り切れず追いつかれる試合が目立っているだけに何とか追加点が欲しいところでした。しかし、ドリブルで左サイドから勝負を仕掛けた泉澤のシュートは関に弾かれ、コーナーキックから完全に相手に競り勝って放った河本のヘディングシュートもゴールライン上で相手にブロックされてしまいました。(ビデオで見ると明らかにゴールラインを割ってはいたのですが・・・)
 仙台は76分にコーナーキックから塩田がパンチングでクリアしたボールを三田が左足で豪快に決めて同点。その1分後に大宮は家長が茂木との1対1で肘打ちをしたとして退場処分となり数的不利となり嫌なムードが漂います。


 数的不利となった大宮は必然的に相手にボールを持たせる時間が長くなりますが、一方でただ守りぬくのではなく疲れにより動きの落ちてきた前線に清水、マテウスを立て続けに入れ、3ポイントを奪いに行く姿勢を見せます。攻守の切り替えからは怖さを見せていた仙台の攻撃でしたが、相手にしっかりと守られてしまうとうまくはいかずなかなかチャンスは作れなくなってしまいました。それはやがて前がかりになって相手にカウンターの隙を与えてしまうことになります。
 大宮は89分にマテウスが相手タックルをうまくかわして左サイドの清水へつなぎ、清水からのクロスに右サイドから上がっていた江坂がダイレクトで合わせてゴールを決めました。江坂のシュートの素晴らしかったが清水のクロスが本当に良かったです。絶妙のタイミングで精度の高いクロスを躊躇なく入れました。そしてこれが決勝点となり大宮が勝利を手にしました。


 1点リードからチャンスを決めきれず2点目が取れないうちに同点に追いつかれるという嫌な展開。さらに中心選手の退場による数的不利という状況が重なり苦しくなりましたが、それを跳ね返しての勝利。勝因の一つが数的不利になってすぐの攻撃的な選手交代にあったことは間違いありません。普段から渋谷監督については選手交代が慎重というか消極的な面が目立ち、それが裏目に出ることが多かったように思いますが、この試合の選手交代はお見事というしかありません。

 この勝利で大宮の年間勝ち点は39となりました。残留争いで一応安全圏の目安とされる40まではあと1ですので、ほぼ残留を確実なものにしたといえます。その意味で大きな勝利になったと思います。チーム全体にも自信につながったと思います。


2016 Jリーグ Division1 2ndステージ第9節
2016年8月20日(土), 18:30, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - ベガルタ仙台 2:1 (1:0)
大宮: 塩田 - 渡部, 菊地, 河本, 和田 - 金澤 (90.+1 大屋), 横谷, 江坂, 泉澤 (81. マテウス) - ムルジャ (78. 清水), 家長
仙台: 関 - 菅井, 大岩, 渡部, 藤村 - 富田, 三田, パブロ ジオゴ (59. 茂木), 奥埜 - ウィルソン, ハモン ロペス
得点: 1:0 家長 (37.,PK), 1:1 三田 (76.), 2:1 江坂 (89.)
退場: 家長 (77.)
警告: 和田, 泉澤 - パブロ ジオゴ
観客: 9,480 人
主審: 松尾 一

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

12:38  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2016.08.11 (Thu)

2016/17シーズン グラートバッハ選手の動き

 いよいよグラートバッハ新シーズンの最初の公式戦となるチャンピオンズリーグのプレーオフ初戦(ヤングボーイズ戦)が近づいてきました。このあたりで毎シーズン恒例ですが選手の移籍情報を整理しておくことにします。

【OUT】
 DF
  Martin Stranzl → 引退
  Martin Hinteregger → RB Salzburg
  Roel Brouwers → Roda JC Kerkrade
 MF
  Havard Nordtveit → West Ham United
  Granit Xhaka → FC Arsenal
 FW
  Marlon Ritter → Fortuna Düsseldorf
  Branimir Hrgota → Eintracht Frankfurt
  Mario Rodriguez → Chemnitzer FC

【IN】
 GK
  Janis Blaaswich ← Dynamo Dresden
 DF
  Tobias Strobl ← TSG Hoffenheim
  Mamadou Doucouré ← Paris St. Germain
  Jannik Vestergaard ← Werder Bremen
 MF
  Christoph Kramer ← Bayer 04 Leverkusen
  Laszlo Benes ← MSK Zilina
 FW
  Josip Drmic ← Hamburger SV
  Ba-Muaka Simakala ← Borussia Mönchengladbach U19

 キャプテンを務めていたシュトランツルが引退、ブラーウェルスがローダへ移籍、ヒンターエッガーがザルツブルクへ戻った守備陣にはブレーメンからデンマーク代表のヤニク・ヴェスターゴーアが加入。ヴェスターゴーアはホッフェンハイム、ブレーメンでブンデスリーガの試合経験も豊富。さらにクリステンセンとはデンマーク代表で同僚ということもあってチームにもすぐに溶け込め戦力としてかなり期待できそうです。
 プレミアリーグに移籍したシャカとノルトヴァイトの穴は大きいですが、ホッフェンハイムからトビアス・シュトローブル、レヴァークーゼンからクリストフ・クラマーを獲得しました。シュトローブルはノルトヴァイトと似たタイプの選手であり良い補強だと思います。クラマーに関してはグラートバッハでの活躍が鮮烈な印象として残っておりますが、当時はシャカとのコンビが絶妙で2人の良い面が出せていたと思います。シャカとはタイプが違う選手でありシャカの後継者にはならないと思います。私はクラマーにはむしろ昨季彼自身が抜けてしまって埋まらなかった穴、つまり中盤での守備力を改善する役目を期待したいです。彼の働きでDFラインの負担が軽減され、特に相手が攻撃的に来るアウェイゲームで顕著だった守備の弱さという課題が克服されるのではないかと期待しています。
 FWについては控えで時々爆発的な活躍を見せたフルゴタが去り、HSVからドゥルミッチが戻った程度で大きな選手の動きはなし。攻撃的MFとFWに関してはむしろ戦力が飽和気味でありシューベルト監督がどのように選手を使っていくのか注目したいと思います。
 主な選手の動きは以上ですが、他に18歳のDFママドゥ・ドゥクールやMFラスツロ・ベネスなど将来有望な若手もしっかり獲得しており、この夏の補強はかなり満足できるものだったと思います。

 さて今季のグラートバッハも非常に楽しみです。まずはチャンピオンズリーグのプレーオフに勝利してヨーロッパのビッグクラブとの対戦でグラートバッハがどこまで戦えるのかを見てみたいと思っています。また国内リーグでも上位争いを期待していますが、順位そのものより攻撃的な楽しいサッカーを見せてくれることを期待したいと思います。今のチームにはそれができると思います。
 私が個人的に今季注目したい選手がアンドレ・ハーンです。昨季は大きな怪我がありますが、そこからのカムバックどころかパワーアップして戻ってきたという印象があります。スピードと力強さ、そして決定力も兼ね備えたハーンはいかにもシューベルト監督が好みそうなタイプの選手です。さらに復帰後の活躍で完全に信頼も勝ち取ったようです。2013/14シーズンにアウクスブルクで頭角を現しグラートバッハに加入。同じポジションに強力なライバルがいる中でそれなりに活躍はしてきていますが、今季はもう一段ブレークするチャンスなのではないかと思います。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

10:47  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2016.08.07 (Sun)

2016 J-League Division 1 2ndステージ第7節 大宮 vs. 福岡

 大宮はこのところ5試合勝利がなくしかも直近の2試合は連敗と結果が出ていません。試合内容は開幕当初に比べると勝敗は別にして成長が感じられる部分が見え、これまでとは違うと思っていました。ただ第5節の新潟戦は結果だけでなく内容も残念なものであり、続くアウェイ神戸戦も敗戦。やはりいつもと同じく、夏場に失速し残留争いに飲み込まれていくのかという不安を再び感じつつあります。福岡戦でなんとかよい試合をして安心して試合を楽しめるようにしてほしいものだと思っていました。



 前半はやや守備的な戦い方を見せた福岡に対して大宮がマテウスや泉澤の仕掛けからチャンスを作りだそうとしますが、攻撃に厚みはなく彼らが止められてしまうと攻め手がなくなる状態で大きなチャンスはさほど作れませんでした。チャンスと言えばマテウスが出したスルーパスに家長が飛び込み足を伸ばした場面くらいでしたか。ただ、この試合の前半の大宮からは失点の不安は感じませんでした。新潟戦のようなアグレッシブさはなかったもののバランスは取れていたということです。実際、福岡は何度かゴールを脅かすシーンは何度か作りましたがいずれも距離のある位置からのミドルシュートで大宮のGK塩田にとって問題にはなりませんでした。



 後半に入ると大宮が攻勢をかけ、チャンスを作るようになります。59分に左サイドをドリブルで上がった家長からのクロスを中央で泉澤がダイレクトボレーのシュートを撃つもののゴール左にはずしてしまいました。完全フリーだった泉澤にはここは決めてほしかった場面。そして69分に左コーナーキックからのボールがゴール前での混戦でこぼれてきたボールをフリーになっていた家長が左足で蹴りこんで大宮が先制。フリーになっていたとはいえ難しい位置からのシュートを落ち着いて決める家長、さすがです。



 80分過ぎからは福岡が攻勢をかけ、それに対して大宮は相手をファールで止め危険な位置でフリーキックを与えるようになります。82分にゴール正面に位置からの駒野のフリーキックは塩田の好セーブでことなきを得ましたが、アディショナルタイムにはペナルティエリア内でボールを受けた金森が一瞬フリーになりシュートを放ちますが枠を外しました。ここがこの試合で最もヒヤリとしたシーンでした。
 大宮はなんとか逃げ切りに成功し連敗を止めましたが、予想通り厳しい試合になりました。勝因はバランスを崩さずに辛抱強く戦い先制点を取れたことにつきると思います。終盤の劣勢の場面では選手を張った懸命のプレーと久しぶりの出場となった塩田の安定したプレーも印象に残りました。チーム全体の調子がよくない時期でもこの試合のような戦い方ができれば、もう1ステップ上のレベルで戦えるようになると思います。
 一方の福岡についてもよい戦い方はできていたと思います。試合後の井原監督も「ゲームの方は90分で0-1の敗戦だが、われわれの狙っていたサッカーはある程度できたのではないかと思う。結果だけが付いてこなかったという悔しい思いがある。」と悔しさの中にも手応えも感じている様子。
 確かに勝敗を決めたのは大宮のゴールにつながるワンプレー、やはり家長の存在の大きさを感じずにはいられません。

<引用記事>
大宮vs福岡の監督コメント (明治安田生命J1リーグ:2016年8月6日) (Jリーグ公式サイト)


2016 Jリーグ Division1 2ndステージ第7節
2016年8月6日(土), 19:04, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - アビスパ福岡 1:0 (0:0)
大宮: 塩田 - 渡部, 菊地, 河本, 大屋 - 金澤, 横谷, マテウス (69. ムルジャ), 泉澤 - 江坂 (90.+2 ), 家長 (82. 和田)
福岡: 神山 - キム ヒョヌン, 濱田, 實藤, 駒野 - 末吉 (66. 冨安), 三門, 城後 (74. 平井), 為田 - 金森, 坂田 (68. ウェリントン)
得点: 1:0 家長 (69.)
警告: / - 實藤
観客: 10,106人
主審: 井上 知大

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

17:24  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑
 | BLOGTOP |