--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2016.09.25 (Sun)

2016 J-League Division 1 2ndステージ第13節 大宮 vs. 鳥栖

 今季のJリーグも残り試合が少なくなってきました。大宮にとっては例年この時期は厳しい残留争いの真っただ中にいるのですが、今季はすでに残留を決め勝ち点もクラブ史上最高を更新しています。リーグ戦開幕当初の大宮は終始相手に押し込まれながらひたすら耐えてワンチャンスを狙うという戦い方になっており、私は相当厳しい結果を予想していました。まさかこの時期に残留を決めることになるとは驚きです。


 木曜日の天皇杯磐田戦(5:0で勝利)とは大幅にメンバーを変更し、リーグ戦仕様のチームで試合に臨みます。しかし、主力の河本、横谷が出場停止、代わりに山越、大山がスタメンに入りました。対する鳥栖も得点能力の高い豊田とエル・カビルが出場停止。かつて大宮に在籍していた富山がスタメン出場となりました。


 前半、開始早々に大宮がアグレッシブにゴールを狙いますが、特にディフェンスラインのパス回しがかなり不安定で嫌な予感はしていました。そんな時間に鳥栖、早坂の左からのクロスをカットした菊地からボールを奪いに行った富山が菊地と接触して倒れPKを獲得しました。このようなわずかに触った程度の接触でPKを取られてはたまりませんが、これは審判のジャッジなのでやむを得ません。菊地のプレーも緩慢だったといわざるを得ません。
 このPKは富山が自ら決めて鳥栖が先制しました。鳥栖のようなチームに先制をされるとかなり苦労するとは思っていましたが、あまりにもあっけなく失点してしまったことが悔やまれます。その後大宮はボールは保持するものの効果的なパスが入らず、あまり意味のないパス回しに終始して前半を終えることになりました。

 後半も鳥栖のしっかりと守備を固めて、大宮はボールを持たされた形となりますが、前半と違ってプレーに思い切りの良さが感じられるようになりました。特に泉澤が左サイドから積極的に勝負を仕掛けチャンスを作ります。しかし、前線のムルジャや江坂とはわずかに合わずゴールは生まれません。
 しかし58分にコーナーキックからこぼれたボールに対して金澤が思い切りよく放ったミドルシュートをGKの林が弾くと、そのボールを家長がゴールに蹴りこみ大宮が同点に追いつきました。
 その後は、鳥栖も攻撃に力を注ぐようになり、かなりオープンな撃ちあいになりましたが、選手交代で攻撃的な選手を投入した大宮の攻撃に迫力を感じました。その後、家長の惜しいループシュートなどありましたが、どちらも得点はできず1:1のドローで試合が終わりました。


 試合を通してみると、やはり開始早々の失点が残念でした。大宮にとってはかなり不運であったと思いますが無駄な失点だったと思います。もう一点は先制を許した後の前半の攻めの拙さが残念でした。終盤の攻勢を見るともう少し時間があれば逆転で着たのではないかと思ってしまいます。前半、漫然と時間を費やしてしまったことがもったいなく感じられます。この試合についてはもったいないドローだったと感じます。


2016 Jリーグ Division1 2ndステージ第13節
2016年9月25日(日), 17:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - サガン鳥栖 1:1 (0:1)
大宮: 塩田 - 奥井, 山越, 菊地, 大屋 - 大山, 金澤, 泉澤 (75. 清水) , 江坂 - ムルジャ (75. ペチュニク), 家長
鳥栖: 林 - 藤田, キム ミンヒョク, 谷口, 吉田 - 金民友, 高橋, 福田, 鎌田 (63. 岡田) - 富山 (78. 池田), 早坂
得点: 1:0 富山 (6.,PK ), 1:1 家長 (58.)
警告: / - 金民友
観客: 11,807人
主審: 山本 雄大

スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

22:44  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2016.09.22 (Thu)

第96回天皇杯3回戦 大宮 vs. 磐田

 天皇杯3回戦。大宮はホームで磐田との対戦となりました。朝から雨が降り続いていましたがキックオフの1時間ほど前には雨も上がり観戦にも支障はありませんでした。

 この試合、大宮はMFの河本、マテウス以外は全員がリーグ戦とは違うメンバー、カップ戦用のチームといったところでしょうか。一方の磐田も主力を温存し控え選手主体のメンバーです。



20160922_01.jpg


 序盤は両チームともやや慎重に試合に入ったように見えたものの20分を過ぎたあたりから磐田が前へプレッシャーをかけ始めました。しかし、この試合の大宮は押し込まれてもディフェンスが非常によくボールを奪ってからも的確にカウンターを繰り出しました。チャンスは多く無かったものの26分、40分とカウンターから泉澤が決めて2点リードで前半を折り返しました。泉澤の2ゴールはいずれもゴール前での落ち着きぶりが素晴らしかったです。


20160922_02.jpg


 後半もしばらくは同じような展開でしたが、57分にコーナーキックからペチュニクが頭て合わせて追加点。その1分後には右からのクロスをマテウスがアクロバティックなボレーシュートを決めて4点差とし早くも勝敗を決めてしまいました。

 その後、集中力を切らしてしまったのか磐田には雑なプレーが目立つようになり大宮が余裕をもって時間を使えるようになりました。あとはしっかりと無失点で締めることができるかどうかに注目をしていたのですが、大宮はさらに大山がミドルシュートを決めて5点差とし危なげなく勝利を手にしました。


20160922_03.jpg


 今日の試合を通しての印象ですが、まず大宮は守備が良かったと思います。相手にプレッシャーをかけられても慌てることなくしっかりと対応。ボールを持った時も落ち着いてパスを回せさらに縦への推進力のある泉澤やマテウスに良いタイミングでボールを出せていたと思います。この点に関しては特にボランチの2人が良かったと思います。

 もう一つ感じたのは、この日出場した選手たちのモチベーションの高さです。リーグ戦ではあまり出場機会のない選手はこのような機会で結果を残そうと頑張っている姿は少しばかり感動を覚えました。結果としてリーグ戦を戦うチームと比較しても全く遜色の無いパフォーマンスだったと思います。昨シーズンと比べても大宮の選手層が厚くなったことを実感しました。4回戦の対戦相手はどこになるかわかりませんが、どんな戦いぶりを見せてくれるのか今から楽しみです。



第96回天皇杯全日本サッカー選手権 3回戦
2016年9月22日(木) 16:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - ジュビロ磐田 5:0 (2:0)
大宮: 松井 - 渡部, 横山, 河本 (46. 高山), 沼田 - 岩上, 大山, マテウス (79. 播戸), 泉澤 (68. 小島) - ペチュニク, 清水

磐田: 八田 - 大南, 高木, 櫻内, 石田 - 山本, 上田, 松井 (71. 森島), 荒木 - 齊藤 (61. 松浦), 中村 (46. 小川)

得点: 1:0 泉澤 (26.), 2:0 泉澤 (40.), 3:0 ペチュニク (57.), 4:0 マテウス (58.), 5:0 大山 (68.) 
警告: / - /
観客: 3,625人
主審: 村上 伸次



タグ : スタジアム観戦記

20:03  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2016.09.18 (Sun)

ブンデスリーガ2016/2017 第3節 グラートバッハ vs. ブレーメン

 CLプレーオフ、DFBポカール、ブンデスリーガ開幕戦にすべて勝利し良いスタートを切ったグラートバッハでしたが、リーグ戦の第2節でフライブルクに敗れ、さらにCLではマンチェスターでシティに完敗するなど悪い面が出てきており少々心配です。


 そんな中で迎えたブンデスリーガ第3節はブレーメンとの対戦です。ブレーメンはリーグ戦2敗で最下位という最悪のスタートを切りましたがそんな相手こそ油断しては行けないのです。

 さて、グラートバッハのシューベルト監督はこの試合はクリステンセンをボランチに上げ、コルプ、ヴェスタゴーア、ヤンチュケが3バックを構成。過密日程の中、ローテーションを組むのは当然ですが、最終ラインとボランチについては単純に選手を入れ替えるだけでなく選手個々のポジションも変えてしまうのは選手にとっては簡単ではなく果たしてどうなのだろうと感じますが、言い換えればポリヴァレントな選手を擁するグラートバッハであれば問題ないのかもしれません。


 少なくてもこの試合では守備に関して問題になることはありませんでした。いやむしろ守備の機会はさほど多くなかったので明らかにならなかったというべきでしょうか、グラートバッハが攻め込み前半にゴールラッシュが見られたのです。


 まず11分に中盤で相手に囲まれながらも左サイドのジョンソンへボールを出すとジョンソンが右サイドを上がったアザールへの素晴らしいクロス。アザールが決めて先制。

  17分には自陣の深い位置からヴェスタゴーアのロングパスがDFラインの裏に抜けたアザールにつながり、アザールが決めて2点目。

 22分は相手ファールからのクイックリスタートのあとペナルティエリア内の混戦からこぼれたボールに反応したシュティンドルがGKドロブニーに倒されてPKを獲得。このPKをラファエルが決めて3点目。

 41分にはシュティンドルの右からのクロスは相手DFの足に当たったもののこれをゴール正面で受けたラファエルが反転して左足でゴールに蹴りこみ4点目。


 4得点以外にもアザール、ラファエル、ジョンソンに本来なら決めなくてはいけないような決定機があったしPKをもらってもおかしく無いプレーもありました。あと2、3点入っていても不思議ではなかったと思います。一方で相手に与えた決定機は皆無でグラートバッハの前半のパフォーマンスには文句のつけどころがありませんでした。特にアザールのプレーには普段以上にキレがありゴールへの向かう迫力も十分でした。


 グラートバッハのシューベルト監督は後半開始からラファエルを下げてホフマンを投入、63分にはシュティンドルを下げてダフートを入れます。4点リードという安心感も影響したのかわかりませんが、後半のグラートバッハには前半に見られたような相手ボールへのプレスもなく前への動きも影を潜めてしまいました。ブレーメンの方は壊滅的といっても過言ではなかった守備を立て直し攻撃に力を注げるようになり決定機も何度が作りました。その結果、73分にグナブリーのゴールが決まりました。

 それに対し、グラートバッハはアザールがポストに当てるシュートを見せた程度。無理せず時間を使い勝利を手にしたといえば聞こえは良いものの少々物足りなさを感じました。


 試合後にシューベルト監督は、「後半も前半同様に続けていきたかったが、少々緊張感が失われボールに対する動き出しも良くなかった。来週も多くの試合が組まれていることをよく考えなくてはならない。」とコメントしています。

 それを考えてラファエルやシュティンドルを下げたのは理解できますが、できればホフマンやダフートあたりにもう少しよいところを見せてほしかったと思います。とはいえ、まずは結果が大事です。これからもしばらくは水曜日のリーグ戦、翌週も水曜日にCLと過密スケジュールが続きますが、まずは一安心と言ったところでしょうか。


 なお、この試合の結果をうけてブレーメンのスクリプニク監督が解任されました。リーグ戦が始まって間もない時期での監督交代といえば、辞任、解任と形は異なるとはいえ昨季のグラートバッハを思いだします。グラートバッハは監督交代が良い方向へ進むきっかけになりましたが、ブレーメンもそうなることを期待しています。



BUNDESLIGA 2016/17 3. Spieltag 

17.09.2016 18:30 Uhr, Stadion im Borussia-Park, Mönchengladbach 
Borussia M'gladbach - SV Werder Bremen 4:1 (4:0)
Borussia: Sommer - Korb, Vestergaard, Jantschke - Christensen, Kramer - Traoré, Johnson (84. N. Schulz) - Raffael (46. Hofmann), Stindl (63. Dahoud), Hazard
Bremen: Drobny - Gebre Selassie, Sané, Diagne (46. Moisander), Garcia - Fritz (46. Johansson), Bauer - Yatabaré (86. Kainz), Grillitsch - Junuzovic - Gnabry 
Tore: 1:0 Hazard (11.), 2:0 Hazard (17.), 3:0 Raffael (21.,FE), 4:0 Raffael (41.), 4:1 Gnabry (73.) 
Rote Karte: Johansson (80.)
Gelbe Karten: / - Fritz, Grillitsch, Sane 
Zuschauer: 54.014 (ausverkauft) 
Schiedsrichter: Tobias Stieler (Hamburg)


17:28  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2016.09.04 (Sun)

第96回天皇杯2回戦 千葉 vs. 金沢

 フクアリで開催された天皇杯2回戦、千葉対金沢の試合を観戦してきました。同一カテゴリーに所属するチーム同士の対戦ではありましたが、リーグ戦とは異なり観客数は3021人とフクアリでの公式戦としてはかなり寂しいものになりました。


20160903_01.jpg


 試合の序盤は千葉が良いサッカーを見せてくれました。エウトンのポストプレーを使った縦のコンビネーション、中央を経由してのサイドチェンジなどボールがスムーズに動いておりチームの調子も上向きなのかなと感じました。ただし金沢も最終ラインから中盤をコンパクトに保っておりボールへの出足も鋭く千葉はゴールに近づくと攻撃が停滞してしまう格好になりなかなかシュートチャンスを作れませんでした。サイドからの攻撃も試みていましたがクロスの精度にも問題がありました。

 序盤は守備を重視しているように見えた金沢でしたが、時間が経過するにつれて良い攻撃を見せるようになりました。ボールを奪うと時間をかけずに攻撃を仕掛け、左サイドから崩す形が何度か見られシュートまで持っていくシーンもありましたが、いずれも千葉のGK佐藤にとって問題のないシュートでした。

 前半はどちらにも大きなチャンスはなく見所の乏しい内容ではありましたが、両チームの良い面も見ることができ決してつまらないものではありませんでした。


20160903_02.jpg


 後半に入ると金沢の攻撃に前半とは違った勢いを感じるようになり、千葉は中盤から最終ラインが下がるようになります。その結果、金沢が攻め込む時間が長く感じられるようになりましたが、先制したのは千葉の方でした。57分に右サイドからの丹羽のクロスに船山がニアで競り勝ち、詰めていたエウトンが押し込みました。

 先制した千葉ですが、その後もDFラインが下がり、また金沢も安柄俊を入れて攻撃に厚みが増しシュートチャンスが増えてきました。しかし残念ながら決定力不足に加え運にも見放されていたようです。後半に2度絶対に決めなくては行けないような決定機がありましたが決めきれませんでした。ただ、このシーンも含め千葉も最後のところではDFが体を張ってゴールを守りました。

 先制してからも苦しい時間が続いた千葉でしたが、86分に長澤がドリブルからミドルシュートをゴール左隅に決めて2点差とし試合を決定づけました。このゴールはお見事の一言。


 2:0という試合結果に終わりましたが、前後半通してみれば試合内容としては互角。ただし決定力の差で千葉が上回ったのかなという感想です。「今日は(攻撃のときに選手同士の)距離感があまり良くなかったですし、出足もあんまり良くなかった。」と船山がコメントしていますが、金沢のコンパクトな守備網を崩すのは容易ではありません。確かに課題には違いないのでしょうが、むしろそこを無失点で我慢し後半相手が出てくる隙をつくように得点を重ねていった千葉に試合巧者らしい一面を見ることができました。守備に関しても後半は受けに回ってしまい危ない場面を作られたものの結果として無失点で乗り切ったという結果が自信となって良い方向に向かうことを期待しています。

 

20160903_03.jpg


 この試合に勝った千葉は3回戦に進みJ1の川崎と対戦が決まりました。川崎はJ1で優勝争いを展開する強豪クラブですが、今の千葉の状態であれば面白い試合になるのではないかと思います。


<引用記事>

千葉vs金沢の試合結果・データ(天皇杯:2016年9月3日)  (Jリーグ.jp) 



 第96回天皇杯全日本サッカー選手権 2回戦
2016年9月3日(土) 18:00, フクダ電子アリーナ
ジェフユナイテッド千葉 - ツエーゲン金沢 2:0 (0:0)
千葉: 佐藤 - 丹羽, 若狭, 大久保, 比嘉 (77. 北爪) - 菅嶋 (72. 小池), 長澤, アランダ (38. 佐藤)、町田 - エウトン, 船山

金沢: 原田 - 小柳, 廣井, メンデス, 馬渡 - 富田 (61. 安), 大槻 (65. 星野), 安東, 熊谷 - 金子, 古田 (79. 玉城)

得点: 1:0 エウトン (57.), 2:0 長澤 (86.)
警告: / - 安東
観客: 3,021人
主審: 藤田 和也



15:56  |  JEF United Chiba  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。