--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2016.11.06 (Sun)

2016 J-League Division 1 2ndステージ第17節 大宮 vs. FC東京

 2016年のJ1リーグも最終節。毎年のことですが本当に時間のたつのが早く感じられます。特に今年は秋に入ってもしばらく暑い日が続き季節感が乏しかったこともあるかもしれません。
 大宮はこの試合に年間順位4位がかかっていましたが、それよりもホーム最終戦ということでモチベーションは高かったはずです。対戦相手の東京は思い通りに行かないシーズンだったようですが篠田監督就任後は安定して勝利を重ねチーム状態は良いようです。もともと力はあるチームですしNACK5スタジアムでも異常とも言えるほど良い戦績を残しています。


 前半、東京がコンパクトな陣形からハイプレス、非常に早い切り替えでショートカウンターを繰り出してきます。まさに最近のサッカー界で主流となっている戦術でしょうか。残念ながらペナルティエリア内での細かなミスやシュートミスなどがあり得点はできませんでしたが見ていて気持ちの良い攻撃です。
 24分に東京はついにセットプレーから先制に成功。左からの水沼のコーナーキックを橋本が頭で決めました。お互い集中を切らさずインテンシブな戦いを展開していただけにこの1点は非常に大きな意味を持つだろうことは素人の私でもわかりました。しかし前半の最初の20分の内容を見たところではどういう形であれ東京がリードをするのは妥当ではあるなとも思いました。
 大宮もセットプレーで失点こそしましたが守備に関しては悪くはありませんでした。相手にしっかりとプレスをかけ相手ボールを奪うことはできていたように思えます。しかし攻撃への切り替えが遅くすぐに相手のプレッシャーを受けてボールロストをすることが多く、またFWのムルジャや両サイドハーフが裏を取ろうと動きそこへロングパスを入れようと試みるのですがこのパスの精度が悪すぎて単純に相手DFへのパスのように見えるほど。相手のスタイルを考えれば狙いはわかるのですが、チーム全体の守備から攻撃への切り替えのスピードと連係に問題があったように思えます。


 後半はリードされた大宮が前半に比べると前への圧力を強めた形で東京が守備に回る時間が長くなりましたが、やはり前半と同様にパスの精度や連係での細かいミスが目立ち相手を崩すことはほとんどできず決定機は多く作れませんでした。70分から80分にかけて次々と選手交代を行いましたが、あまり効果はなく時間が経過しそのまま試合終了となりました。


 この1試合を見るなら大宮の完敗といってよいでしょう。チャンスはいくつかありましたが思い描いた通りのサッカーをさせてもらえなかったように見えました。「力負けです。開幕戦で対戦し、それから月日も流れましたが、根本的な部分でまだ差があると思います。」という家長の試合後のコメントには説得力を感じます。
 しかし私は開幕戦との比較で考えると違った印象を持ちました。開幕戦の大宮は東京にはほぼ一方的に攻められ守備が精一杯。それは異なるディビジョンに所属するチームの対戦にしか見えず、勝利したにもかかわらず、この先のリーグ戦に大きな不安を感じて帰ったものでした。シーズン最終戦でその東京と対戦し力の差は感じつつも互角に近い戦いをすることができているということにこの1シーズンでチームの成長を感じました。今季の年間順位5位が本当の実力を反映したものなのかどうかは客観的に把握する必要はあると思いますが、シーズン当初から見て選手だけでなく監督も含めたチーム全体が大きく成長を遂げたことは間違いなく、この点は今後に向けて自信になると思います。
  

2016 Jリーグ Division1 2ndステージ第17節
2016年11月3日(木), 13:30, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - FC東京 0:1 (0:1)
大宮: 塩田 - 奥井, 菊地, 河本, 大屋 - 大山 (78. 岩上), 横谷, 泉澤 (78. ペチュニク), 江坂 (71. マテウス) - ムルジャ, 家長
東京: 秋元 - 橋本, 森重, 丸山, 室屋 - 梶山 (68. 高橋), 田邉 - 水沼 (78. 河野), 東 (86. バーンズ), 中島 - 前田
得点: 0:1 橋本 (24.)
警告: 奥井 - 河野
観客: 12,377 人
主審: 佐藤 隆治
スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

17:59  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2016.11.06 (Sun)

2016 J-League Division 3 第27節 長野 vs. 盛岡

 南長野運動公園で開催されたJ3公式戦、長野対盛岡の試合を観戦してきました。当日、キックオフは13:00でしたが、余裕を見て朝7:30に家を出発。特に渋滞につかまることなく3時間半ほどで無料駐車場のある篠ノ井駅に到着。そこからはシャトルバスを使わずに徒歩で現地へ向かいました。
 目の前に姿を見せたスタジアムは思った以上に立派なスタジアムで、私は外観を見てドイツ、ブンデスリーガのホッフェンハイムのホームスタジアム、ラインネッカーアレーナを思いだしてしまいました。


 まだ昇格の可能性を残している長野はモチベーションも高いようで、序盤から積極的に攻め込む展開となりました。開始早々にFWの菅野が右サイドを突破して角度のないところから放ったシュートはポストに嫌われますが、その後もキープ力のあるコンハードに菅野や佐藤が絡んで次々と盛岡ゴール前に攻め込んできます。また松原優吉のロングスローも威力を発揮しました。長野が一方的に攻め込んでいるという印象はありませんでしたが、チャンスの数は明らかに長野に多くありました。しかしゴールは決めれ鵜ことができませんでした。
 是が非でも3ポイントが必要な長野にとってはこの時間帯に先制できなかったことは痛かったはず。長野の三浦監督も「前半、いいところで得点を奪えていたらまた違った展開になっていたと思う」というコメントを残しています。

 押し込まれる時間が長かった盛岡も30分を経過したあたりからは反撃を開始。盛岡が得意とするパスをつないでいくサッカーが見られるようになりました。しかし、ペナルティエリア付近での連係は今一つ合わずに決定機を多く作ることはできませんでした。


 後半は開始直後に長野に大きなチャンスがありました。左サイドを突破した菅野のクロスに対しファーサイドでフリーの佐藤悠希ゴール前の混戦から何度かシュートを撃ったものの盛岡は懸命のディフェンスでゴールを守りました。長野にとってこの試合最大のチャンスだったと思います。

 前半同様に立ち上がりに押し込まれながらそれを凌いだ盛岡が徐々にペースを握るようになります。FWへ縦パスを入れそれに連動して中盤の選手が攻めあがる形が随所に見られ、特に62分に牛之濱が右から入れたクロスに安楽が飛び込んだプレーは実に惜しかった。ただ、終盤になると疲労のせいか動きが少なくなり細かなミスも増え始め、再び長野が主導権を握る形になりました。この試合は盛岡は控え選手が2人少なく結局は交代選手も一人だけでした。終盤の苦しい時間帯に選手交代でチームを活性化させることができず最後は相手の攻撃を凌ぐのが精一杯という状況になってしまったのが残念です。
 試合は最終的にスコアレスドローに終わりました。この結果は盛岡にとってはまずまずの結果、J2昇格を狙う長野にとっては痛いものとなりました。


 最後に初めて訪れた南長野運動公園総合球技場について。昨年3月に全面改修が完成したスタジアムはとても観戦しやすいスタジアムでした。そして何よりもアウェイのサポーターを歓迎する姿勢が感じられ、気持ちよく帰路につくことができました。ぜひ機会があればまた訪れたいスタジアムです。


2016 Jリーグ Division3 第27節
2016年10月30日(日), 13:00, 南長野運動公園総合球技場
AC長野パルセイロ - グルージャ盛岡 0:0 (0:0)
長野: レオーニ - 天野, 大島, 阪田, 松原 - 有永 (75. 仙石), 橋本, 夛田 - 佐藤 (80. 勝又), コンハード, 菅野
盛岡: 土井(康) - 鈴木(達), 畑本, 久保, 八角 - 牛之濱, 垣根 石井, 安楽 - 谷口 (84. 高橋), 梅内
得点: なし
警告: 天野 - /
観客: 3,905人
主審: 西山 貴生


テーマ : Jリーグ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

16:51  |  Grulla Morioka  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。