2017.02.26 (Sun)

2017 J-League Division 1 第1節 大宮 vs. 川崎

 2017年Jリーグが開幕します。大宮は昨季は年末まで天皇杯を戦っていたこともあってか、いつもよりもオフが短く感じられました。しかも開幕の対戦相手が偶然にも昨季最後に戦った川崎であり、年をまたいで公式戦は連戦ということになります。。


 前半から川崎がゲームを支配する形になり、試合開始直後に小林悠にクロスバー直撃シュートを浴びるなど劣勢でしたが、時間が経過するにつれ、大宮もサイドから相手の裏を取り決定機を作るなど、ほぼ互角の展開でした。もし、大宮が勝ち点を取るのであればここで1点は決めておかなくてはいけなかったでしょう。


 後半は再び川崎の形になり、大宮のチャンスはほぼなかったように思います。大宮は押し込まれながらも守備では頑張っていましたが、66分に中村憲剛のコーナーキックを小林悠がヘディングで決めて先制。その後は川崎の一方的な展開になりアディショナルタイムには小林悠のクロスを中村憲剛が流し込んでダメ押し。結果的には川崎が前評判通り順当に勝利した形になりました。


 大宮は強敵川崎相手に粘りはしたものの後半に2失点しての完敗。失点を喫した後半のパフォーマンスは大変残念な内容で、それだけを切りだしてみればこの先のリーグ戦を戦っていけるのか心配になってしまうものでした。しかし、前半も含めて総合的に見れば私が当初予想していたよりは良かったと思います。昨季までの大宮のサッカーは攻撃面では家長と泉澤に頼っているようにも見えましたし、いかに質の高い新加入選手を加わっても彼ら2人の抜けた影響はすぐには埋まらないと思っていましたし、テストマッチの様子から判断してもっと大敗する可能性もあると思っていましたので・・・。
 この試合を見てもまだまだ攻撃がスムーズに展開できていないと思いました。しかし少なくても前半は新加入選手がそれぞれ個々のプレーの中で持ち味を示しており、これがチームとして生かせる様になれば面白いチームになっていきそうだということが確認できました。
 とにかくまだもう少し時間が必要です。昨季のようにリーグ戦序盤にまだチームが出来上がっていない時期に悪いなりにポイントを稼げるなら、最後に良い順位でシーズンを終えることができるかもしれませんが、さすがにそれほど甘くはないでしょう。しばらくは苦戦することは覚悟していますが、その先に期待したいと思っています。

 対戦相手の川崎も大久保の移籍や監督の交代などある意味では大宮と同様の問題を抱えているはずで、その様子は随所で感じられました。それでも試合の中できっちりと決めるところは決めてポイントを獲得するところはさすがです。チームの地力の差を感じます。勝利したとはいえ試合内容に不満は感じているのでしょうが、試合を重ねて改善され最終的には優勝争いに加わることになるのでしょう。

 私事ですが、Jリーグ開幕に合わせるかのように仕事が多忙になってしまい、週末も気軽にサッカー観戦ができる状態ではなくなってしまいました。なるべく時間を調整してホームゲームは観戦するつもりですが、落ち着いて観戦を楽しめるようになるまでは少し時間が必要です。私自身が落ち着く頃には大宮の攻撃の形も出来上がっていればよいなと思います。


2017 Jリーグ Division1 第1節
2017年2月25日(土), 16:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - 川崎フロンターレ 0:2 (0:0)
大宮: 塩田 - 奥井, 菊地, 河本, 大屋 - 大山, 長谷川 (83. ペチュニク), 茨田, 瀬川 (63. 清水) - 江坂 (72. 岩上) - 大前
川崎: チョン ソンリョン - 田坂, 谷口, 車屋, 登里 (90.+4 狩野) - 大島, エドゥアルド ネット, 阿部 (85. 奈良), 中村 - 家長 (57. 森本), 小林
得点: 0:1 小林 (66.), 0:2 中村 (90.+2)
警告: / - 谷口
観客: 11,962人
主審: 村上 伸次
スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

11:16  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑
 | BLOGTOP |