2017.05.21 (Sun)

2017 J-League Division 1 第12節 大宮 vs. C大阪

 第12節。大宮の対戦相手のセレッソ大阪は昇格チームとは言え上位争いに加わっています。この試合のスタメンの顔ぶれを見ると清武弘嗣、山口蛍、柿谷曜一朗、杉本健勇、山村和也など日本代表クラスの選手が並んでいます。これだけの陣容であれば上位争いをしない方がおかしいとも言えます。今の大宮にとってすべてのチームが格上という状況ですが、

しかし、このような強敵から1ポイントでも取れればこれからの巻き返しの弾みになるだろうと思ってはいましたが、やはりそう甘くはありませんでした。


 前半は大宮が1対1では積極的なプレスから相手ボールを奪うシーンが目立ち相手の攻撃に対しても集中して良く守っていたと思います。その結果、セレッソはチャンスこそ多かったもののゴールを脅かすほどのシーンはほとんどありませんでした。思ったほどアグレッシブではなくもしかしたら前半は抑えて後半に勝負をかけたとも見えました。30度を超える暑さを考慮した作戦だったのでしょうか。ただし試合後の尹晶煥監督のコメントでは良い流れに乗れなかったということのようですが。
 大宮がかなり飛ばしていたのは明らかで、にもかかわらず得点を奪うどころか、決定機を作れなかったというのはやはり問題です。なかなかボールを高い位置で奪えない。奪ったとしても攻守の切り替えが遅く周りにサポートがないという状態ですので攻め込んでもそこで攻撃が途切れてしまう印象があります。攻撃の形が作れていないのは根本的な問題で、おそらく今季は改善できないと思います。そんな具合でしたのでスコアレスとはいえ後半に向けて大宮がどこまで耐えられるのか不安を感じました。


 そして後半はその不安通りの展開になります。能力の高いセレッソの選手がクオリティーの高い連係のとれた攻撃を展開、特に長短のパスやサイドチェンジで両サイドからゆさぶりをかけるスピーディーな攻撃はスペクタクルで見ごたえがありました。これに対して大宮はゴール前で懸命にクリアするのが精一杯。もちろん攻撃に手は回せません。63分に清武、76分に山村がいずれもセットプレーからゴールを決めて勝敗は決しました。86分の杉本のゴールはダメ押しです。


 試合は大宮の完敗です。選手の個人能力、チームとしての連係、試合運びなど全てにおいて大きな差があったと思います。公判などはディビジョンが2つ違うチームがカップ戦で対戦しているかのように見えましたが、そのくらい大きな差だということです。前節は先制された後に少ないチャンスを活かして同点に追いつき勢いに乗りましたが、さすがにこの試合ではそんな気配もありませんでした。
 ただし客観的に見て今の両チームの状況を考えるとこうなるのはやむを得ないと思えます。大宮がクラブとして監督を変えずこれまでのスタイルを継続していくという結論を出した以上、まずできる限りのことしっかりやって、勝てそうな相手(現状はそんな相手はいませんが)、勝てそうな展開ではしぶとく勝点を積み上げていくしかないと思います。このような完敗は引きずらず次のリーグ戦に向けた準備をしてほしいと思います。


2017 Jリーグ Division1 第12節
2017年5月20日(土), 16:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - セレッソ大阪 0:3 (0:0)
大宮: 塩田 - 渡部, 山越, 菊地 (53. 河本), 和田 - 金澤, 茨田, マテウス (68. 大山), 大前 (68. 長谷川) - 江坂, 瀬川
大阪: キム ジンヒョン - 松田, 丸橋, ヨニッチ, 山下 (90.+1 木本) - ソウザ, 山口, 山村 (82. 関口), 清武 (90.+1 福満) - 柿本, 杉本
得点: 0:1 清武 (63.), 0:2 山村 (76.), 0:3 杉本 (86.)
警告: 金澤 - /
観客: 11,823人
主審: 上田 益也

スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

21:32  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2017.05.16 (Tue)

2017 J-League Division 1 第11節 大宮 vs. 仙台

 首位の浦和を破って今季初勝利をあげたもののその後はパッとしない試合を続けている大宮。少なくても今の状況ではダービーでの勝利は一時的なものであったと言わざるを得ません。リーグ戦の3分の1近くを終えてわずか4ポイントというのは異常です。果たしてどうやって立て直して行くのか、あるいは立て直すこともできずにこのまま終わってしまうのか。正直に言ってスタジアムに向かう足取りは重いのですが、今季の残り試合はしっかりと見届けたいと思っています。


 前半、序盤こそ互角の展開でしたが、23分に仙台が先制すると試合の流れが変わります。仙台の先制点のきっかけになったのはペナルティエリア内で山越がクリスランを倒してPKを献上したプレーです。このファールはボールのないところでのプレーでありあまりにも軽率でした。クリスランのPKは塩田がストップしますがこぼれたボールをクリスランが自ら押しこみました。
 この後、試合は完全に仙台のペースになり危ない場面を何度も作られますが幸い失点にはつながらず1点ビハインドでハーフタイムに入りました。ただし10試合で3得点と深刻な得点力不足に苦しむ大宮にとってわずか1点のビハインドでも相当苦しい展開です。事実、前半の大宮は全く攻撃の形が作れず、この時点では後半への期待感はほとんど抱くことができませんでした。


 ハーフタイムに大宮はFWのムルジャに替えて大前を起用します。しかし大前はFWではなく右SHに入り瀬川がFWにポジションを変えました。個人的には本来はFWの大前を中盤で使うのはどうなのかと思いましたが、大前はDFからボールを引きだす動きができており、その結果後半の大宮はボールがスムーズに動かせるようになります。これは今季の大宮に欠けていたものです。
 60分に大宮がコーナーキックから山越がヘディングで自身のリーグ戦初ゴールを決めて同点に追いつくと、そこからは大宮のペースに変わります。そして、89分に中盤でボールを奪った岩上が素早く前線へロングパスを送るとこれを受けた大前がフェイントで相手をかわしてゴールを決めてついに大宮が逆転し、そのまま逃げ切り今季リーグ戦2勝目となりました。

 この試合のポイントはやはり大前の起用だと思います。決勝ゴールはもちろん素晴らしかったですが、中盤でのプレーは明らかに大宮の攻撃を活性化させていました。そしてもう一つは1:1の状況でクリスランが退いたことです。これは大宮にとってかなり楽になったように思います。


 渋谷監督が目指しているポゼッションサッカーが選手の特徴にあったものかどうかはかなり疑問を感じています。主力選手が抜けた穴がこれだけ時間がかかっても埋められないというのは問題です。相手のプレスに対しても落ち着いてボールをキープできるとか、スペースのないところでも状況を打開できるアイデアと技術がある選手がいて成り立つように思うのです。長期的に見れば思い切ってスタイルを変えるか、あるいは思い切った補強をする必要はると思います。
 ただ、今のチームでは全く勝てないかというとそんなこともないと思います。少なくてもチーム全体でやるべきことがしっかり共有されチームとして組織され、個々に1対1の局面で負けない強さがあればある程度は戦えるはずです。この試合を見て私はそれを強く感じました。これを継続できれば少なくても残留争いに加わっていくことはできると思います。ここからが勝負です。


2017 Jリーグ Division1 第11節
2017年5月14日(日), 17:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - ベガルタ仙台 2:1 (0:1)
大宮: 塩田 - 渡部, 山越, 菊地, 和田 - 金澤 (81. 岩上), 茨田, マテウス (74. 大山), 瀬川 - 江坂, ムルジャ (46. 大前)
仙台: シュミット - 大岩, 平岡, 増嶋 - 蜂須賀 (83. 小島), 三田, 富田, 永戸 - 梁 (68. 奥埜), 石原 - クリスラン (74. 西村)
得点: 0:1 クリスラン (23.), 1:1 山越 (60.), 2:1 大前 (89.)
警告: 瀬川 - クリスラン
観客: 9,920人
主審: 家本 政明

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

23:15  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2017.05.09 (Tue)

2017 J-League Division 3 第7節 盛岡 vs. 長野

 ゴールデンウィークに盛岡へ旅行した際にグルージャ盛岡の試合を観戦してきました。昨年はいわぎんスタジアムで2試合を観戦していますので私にとっては今回が3度目のスタジアム観戦となります。初めて訪れたときはまだ工事中だった岩手飯岡駅からスタジアムへの道路も完成しスタジアムへは迷うことはありません。もっとも地元の人の多くは自家用車でスタジアムへ向かうのでしょうが。


 グルージャ盛岡は昨季は成績は振るいませんでしたが、アグレッシブな戦術は魅力的でした。今季は監督が菊池利三氏に代わり当初は昨季の戦術を継続するとのことでしたが、最近はシステムを3バックに変更しています。しかしシステム変更後は天皇杯を含めた3試合を2勝1分けと安定した結果を残しています。
 対戦相手のAC長野パルセイロは昨季は終盤まで昇格争いに絡んだ力のあるチーム。今季は昨季の三浦文丈氏から浅野哲也氏に監督が変わりましたが、ここまでチームの失点はわずか2点と守備は安定していますが、得点力に課題を抱えているようです。


 よく晴れましたがまるで嵐のような強風が吹き荒れる中で試合は始まりました。前半から長野が攻勢に出て攻め込みます。印象に残ったのは1対1の局面での強さです。アグレッシブにプレスをかけてボールを奪い、左右のサイドを使って攻めますが、シュートに至るプレーの精度が悪く決定機は作れません。盛岡は押し込まれながらも時折カウンターを見せましたが切り替えに早さがなく攻撃に厚みを感じませんでした。前半はどちらも決定機と呼べるようなチャンスはないまま終わりました。

 後半も長野が押し込む展開は続きました。66分に佐藤悠希が右サイドを深く切りこみマイナスで折り返したボールを受けた三上陽輔が反転して左足で強烈なシュートを放ちましたがクロスバーに弾かれます。これがこの試合最大の決定機だったと思います。
劣勢が続いていた盛岡も終盤に菅本岳を投入すると前への推進力がつき盛岡らしい攻撃ができるようになります。80分には菅本が右サイドを抜けだし中央へクロスを入れますが飛び込んだ梅内和磨にはわずかに合わず、82分には右サイドを菅本から鈴木達也とつなぎ、DFの畑本時央がミドルシュートを狙いましたが惜しくも枠を外しました。


 見所の乏しい試合でした。どちらのチームにも決定機がなかったわけではありませんが、さほど多くはなく攻撃に課題を抱えているという印象を受けました。特に選手個人のプレーの精度に問題があると感じました。ただし、この日は相当な強風が吹き荒れていてやむを得ない面もあったかと思います。

 盛岡の菊池監督は、「前半と後半を含めてかなり厳しい展開で、押し込まれるシーンを選手全員で耐えたところと、あとは失点ゼロで抑えられたことをポジティブにとらえて、次のゲームにつなげていきたい。」と強敵永の相手のドローという結果を評価。一方、長野の浅野監督は、「今節は得点を取るためにというテーマでトレーニングをやってきたが、結果として表れていないということは、トレーニング、采配を含めて私の責任かと思います。選手は本当によく戦ってくれていると思いますし、勝たせてあげられなかったのは私の責任かなと思います。」と反省を口にしています。

<引用記事> 両チーム監督コメントは以下リンクを引用
盛岡vs長野のマッチレポート・動画 (J.LEAGUE.jp)


2017 Jリーグ Division3 第7節
2017年5月7日(日), 13:03, いわぎんスタジアム
グルージャ盛岡 - AC長野パルセイロ 0:0 (0:0)
盛岡: 土井 - 畑本, 福田, 久保 - 鈴木(達), 林 (79. 菅本), 垣根, 八角 - 岩渕, 梅内 - 谷口 (85. 金)
長野: 阿部 - 天野, 大島, 寺岡, 松原 - 有永 (67. 東), 明神, 新井, 三上 (87. 都並) - 佐藤, 小林 (76. 勝又)
得点: なし
警告: / - 佐藤, 寺岡
観客: 1,125人
主審: 川俣 秀

テーマ : Jリーグ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

21:15  |  Grulla Morioka  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2017.05.03 (Wed)

2017 J-League YBCルヴァンカップ グループステージ第4節 大宮 vs. 仙台

 リーグ戦では3日前の浦和戦で待望の初勝利をあげた大宮ですが、カップ戦もここまで未勝利です。早くもグループステージ突破が難しい状況になりつつあります。しかしリーグ戦で勝利したことでチームの雰囲気は良くなっているはずです。カップ戦はリーグ戦とは違う選手で構成されたチームにはなりますが今までとは違った良い面が見られるのではないかという期待を抱き試合を観戦しました。


 大宮のスタメンは浦和戦のスタメンから10人が入れ替わる形となりました。とはいえほとんどがシーズン開幕当初はスタメンであったり途中交代などで出場していた選手です。唯一心配だったのが大屋と高山のセンターバックコンビです。大屋をセンターバックで見るのは初めてです。
 大宮は相手ディフェンスラインの裏を狙ってロングパスを出しムルジャが抜けだそうとするもののパスの精度が今一つ、またムルジャとのタイミングもあっているとは言えずチャンスは作れませんでした。また、右サイドで奥井がワンツーパスで抜け出す形も何度か試みうまく行くこともありましたが、最後のクロスが中央で走りこむ選手と合わずに決定機にはなりませんでした。
 前節からスタメンを全員入れ替えた仙台は若手選手主体のチームで戦いました。17分に蜂須賀が右から入れたクロスを左から折り返し再び蜂須賀が中央へ入れたボールを佐々木が蹴りこんで先制しました。大宮守備陣は左右への揺さぶりについていくのが精一杯で寄せが甘くなってしまったように見えました。


 後半の大宮のパフォーマンスは前半に比べるとやや良くなったように感じました。57分に西村に左サイドを破られゴールを決められましたが、それ以外は決定機を与えることもありませんでした。ただ個々のプレーを見る限りかなり危なっかしいところが見られ、大きなピンチにならなかったのは相手が経験の乏しい若手選手主体のチームだったからなのだと思います。
 一方攻撃面でも不満を感じます。特に期待の高かった大前がチームの中で全く機能していません。コンディションも良くないのか個々のプレーでも精彩を欠いていました。62分に大前と交替で入ったペチュニクが66分にゴールを決めたものの反撃もそこまで。結局1:2の敗戦に終わりました。


 私はカップ戦のメンバーでの試合を見るのは初めてでしたが、感じることはリーグ戦と一緒で守備から攻撃への切り替えの遅さ、さらにはボールを持ったときの味方選手の動きのなさが気になりました。チームとしての連動性が全くないのでボールを持ってもパスの出しどころがなく、相手にプレスをかけて奪われてしまうかバックパスで逃げるしかなくなっているように見えます。あとは選手の自信の無さが原因かわかりませんが積極的に仕掛けていくプレーが見られません。

 正直なところカップ戦でのグループステージ突破は期待していません。むしろJ2への降格が現実味を帯びているリーグ戦の方が気がかりです。カップ戦は結果は求めませんので、リーグ戦へうまくつなげることができるような内容を期待しています。今日の試合はその点でも大いに不満が残ります。


2017 JリーグYBCルヴァンカップ グループステージAグループ第4節
2017年5月3日(水), 15:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - ベガルタ仙台 1:2 (0:1)
大宮: 加藤(順) - 奥井, 大屋, 高山, 河面 - 清水, 大山, 横谷, 長谷川 (78. 岩上) - ムルジャ (80. 黒川), 大前 (62. ペチュニク)
仙台: 関 - 蜂須賀, 小島 (80. 大岩), 椎橋, 石川 - 茂木 (85. 永戸), 藤村, 奥埜, 佐々木 - 野沢, 西村 (75. 三田)
得点: 0:1 佐々木 (17.), 0:2 西村 (57.), 1:2 ペチュニク (66.)
警告: 長谷川, 河面 - /
観客: 8,307人
主審: 池内 明彦

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

23:46  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑
 | BLOGTOP |