2017.09.18 (Mon)

2017 J-League Division 1 第26節 大宮 vs. G大阪

 J1第26節大宮のホームゲームは熊谷での開催です。年に1度の熊谷でのホームゲーム。熊谷のスタジアムは駅からのアクセスも悪くバスは渋滞に巻き込まれるし、自動車で行くにしても駐車場の問題があり早めに到着する必要があります。同様に帰りも時間がかかるのでホームゲームとは言えほぼ1日がかり。アウェイ遠征と大差ありません。しかも悪天候が予想されていました。それでも私は昨年都合が悪く観戦できなかったので、今年はぜひ観戦したいと思い出かけることにしました。


 どんよりとした曇天から小雨が降り始めた頃にキックオフとなりました。前半しばらくは互角の展開が続きましたが、ガンバが28分に井手口のミドルシュートで先制しました。シュートは強烈なものではなかったですが菊地の足に当たり角度が変わりGKの加藤は反応できませんでした。大宮にとっては不運に見えましたが、これを境に試合そのものもガンバのペースになりました。しかし大宮も何とか凌いで1失点のみで前半を終了し後半に望みをつなぎました。


 後半、50分に大宮はディフェンスラインからのロングボールに対する競り合いでこぼれたボールを左サイドで拾ったマテウスが左足で強烈なシュートを決めて同点に追いつきました。さらに73分には大前のコーナーキックに対しゴール前の空中戦で競った長沢のオウンゴールで大宮が逆転に成功します。終盤、守りに入った大宮に対してガンバは激しく攻めましたが、ファンのヘディングシュートに対して加藤がスーパーセーブがあったり、長沢のヘディングシュートがクロスバーに当たったりとツキがなく、そのまま終わるかと思いましたが、94分に長沢が左足でゴールを決めて同点に追いつき試合が終わりました。


 試合を通してみれば決定機そのものはガンバに多く、またPKの判定が妥当と思われるプレーがありましたが、大宮もペースを握っている時間は長く、ドローという結果は妥当なものに思えます。ただ、お互いの立場に立ってみればどちらにとっても勝たなくてはいけない試合で勝てなかった悔しさが残ったはずです。
 特に大宮にとっては94分まで何とか凌いでいただけに2ポイントを失ったという気持ちしか残らないでしょう。残留争いを考えると極めて大きな2ポイントです。前回観戦したホームの広島戦でも感じたのですが、試合内容は悲観するほど悪くありません。決めるところできっちり決め、締めるところをきっちり締めることができていないだけです。ただし毎年降格していくチームの1つは内容は悪くないけれど勝ちきれず、運にも見放されているような試合を繰り返しているうちにずるずると落ちていくという形になっています。今の大宮はまさにそんな状況にあり嫌な予感がします。
 かなり厳しい状況に追い込まれた大宮ですが、残留を勝ち取るために必要なのは何か。ライバルとなるのは広島、甲府に絞られたようですが、総合的な戦力には大きな差はないように思います。そうなると内容に関係なくいかにして勝ち点を積み上げていくかにかかってきます。少ないチャンスを得点に結び付ける力、リードした展開でなりふり構わず逃げ切れる力。そんな試合運びの良し悪しが差となるように思います。決定力については選手の能力に依存するところもあり現時点ではすぐに解消はできないかもしれませんが、終盤の守備に関しては選手の意思疎通、監督の選手起用などで改善はできるように思います。この点が残り8試合の残留争いでのポイントになるのかなと、この試合を観戦して感じました。


2017 Jリーグ Division1 第26節
2017年9月16日(土), 18:00, 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
大宮アルディージャ - ガンバ大阪 2:2 (0:1)
大宮: 加藤 - 奥井, 山越 (78. カウエ), 菊地, 和田 (68. 河本) - 横谷 (68. マルセロ), 大山 - マテウス, 大前, 茨田 - 江坂
大阪: 東口 - オ ジェソク, 三浦, ファビオ (46. 金 正也), 藤春 - 井手口, 今野 (80. 遠藤), 倉田, 泉澤 (75. 米倉) - ファン ウィジョ, 長沢
得点: 0:1 井手口 (28.), 1:1 マテウス (50.), 2:1 長沢 (73., オウンゴール), 2:2 長沢 (90.+4)
警告: / - /
観客: 13,364人
主審: 家本 政明

スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

23:14  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑
 | BLOGTOP |