--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2009.04.29 (Wed)

ボルシアの監督たち

 なんだか最近、ブンデスリーガではボルシア・メンヘングラートバッハの元監督が人気らしい。

 ハンス・マイヤーの前の監督だった、ヨス・ルフカイがツヴァイテ・リーガのFCアウクスブルクの監督に就任し、つい先日。ちなみに解任されたホルガー・ファッハもグラートバッハの監督を務めていました。
 そして、グラートバッハでルフカイの前に監督を務めていたユップ・ハインケスがクリンスマン解任のあとを受けてFCバイエルン・ミュンヘンの監督になりました。今シーズン終了までの暫定監督のようです。
 さらに、グラートバッハでハインケスの前に監督を務めていたホルスト・ケッペルがツヴァイテ・リーガのFCインゴルシュタット04の監督になることが決まりました。

 この10日間くらいの間に立て続けにこんなニュースを目にすると偶然には思えないのです。参考までにケッペルの前の監督はあのディック・アドフォカート。現在はゼニト・ザンクトペテルブルクの監督を務めています。

 私は彼らが監督としてよい成績を残すことを願っているのですが、ハインケスに関しては別です。何しろいきなり古巣のグラートバッハが相手となるわけですが、崖っぷちに立たされたグラートバッハとしては絶対勝たないといけないわけですから。


スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

02:26  |  Bundesliga  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/102-5bd17367

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。