2009.04.29 (Wed)

2009 J-League Division 1 第8節 大宮×山形

 今日のNACK5スタジアムは快晴、気温23度と絶好のサッカー観戦日和となりました。やはりNACK5での観戦のときはこういう天気でないと。


 今日のNACK5スタジアムは山形との対戦ということで芋煮が売られていました。そういえば、J2時代には抽選で米(はえぬき)があたったりしたこともあって個人的に山形には好印象を持っております。 


 試合の方はというと山形が先制攻撃をしかけ、(というより大宮のミスだと思いますが・・・)早い時間帯で2点差がついてしまいました。大宮は攻撃の面でもどこか焦っているような様子でチャンスをつぶしてしまい、逆に終了間際に得意の失点(古橋のPK)で試合が決まりました。
 一言で言えば大宮の完敗でした。何をやってもうまく行かなかったです。まず、ディフェンスに関していえば山形の攻守の切り替え、パス交換の速さに対して、特に両サイドがついていけず、シュートまで簡単に持っていかれていました。3点以外にも失点しておかしくないシーンが何度かありました。金澤の不在が思いのほか大きかったように思います。
 攻撃に関していうと、とにかく必要以上に早く攻めようと焦っているように感じました。なぜそう焦るのかと不思議に思います。もう少し落ち着かせてから攻めてもよいのではないでしょうか。それから新潟戦でも感じたのですがデニスマルケスが機能しません。ボールを持ちすぎた上にボールを奪われるし競り合いはしないし、今のスタイルではまわりの足を引っ張る状態になっています。テクニックはある選手だし相手は警戒心を持つだけにもう少しうまく使えないかなと思います。
 一方の山形は聞いていた通りのよいチームでした。古橋、長谷川のコンビネーションは素晴らしかったですが、ディフェンスも組織的でとてもバランスが取れていたと思います。上位にいるのは全く不思議ではないと感じました。


 さて、大宮に話を戻すと、川崎(私はこれは見ていませんが)、新潟、山形に完敗して3連敗。戦術面で早くも行き詰っているように思います。もっともこのサッカーは夏場には通用しなくなるとは思っていたのでそれが早めに来たのだと思います。今なら方向転換しても遅くはないと思いますが。最後に一言、ラフリッチはどうしたんだ?


2009 Jリーグ Division1 第8節
2009年4月29日(水), 14:05, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - モンテディオ山形 0:3 (0:2)
大宮: 江角 - 塚本, 冨田 (76. 藤田), マト, パクウォンジェ - 片岡, 小林(慶), 藤本, 橋本 (66. 内田) - 石原 (82. 渡部), デニスマルケス
山形: 清水 - 小林, レオナルド, 石井, 石川 - キムビョンスク (73. 宮本), 秋葉, 佐藤(健) (59. 渡辺), 北村 (82. 廣瀬) - 古橋, 長谷川
得点者: 0:1 長谷川 (1.), 0:2 長谷川 (13.), 0:3 古橋 (87. PK)
警告: デニスマルケス, 内田 - 小林
主審: 岡田 正義
入場者: 11,263人
スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

06:18  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/103-cb500c12

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |