2009.05.02 (Sat)

2009 J-League Division 1 第9節 FC東京×大宮

ゴールデンウィークに入りJリーグは過密スケジュールとなります。つい先日試合を見たばかりだと思いましたがもう次の試合です。大宮はここまで調子の上がっていないFC東京とアウェイで対戦。私も観戦に行ってまいりました。


 スタジアムに着いて座席にすわったのが試合開始15分前。スターティングメンバーとサブのメンバーを知って唖然としました。大宮は張監督が選手の入れ替えをすると語っていたのは知っていましたが、ここまで変えてくるとは・・・。しかも今回はずしたメンバーはサブにも入れないので、サブにも馴染みのない名前が並んでいます。特にセンターバックにマトと片岡、両サイドに土岐田、村山が入るディフェンスはかなり不安です。
 一方の東京も選手の入れ替えを行いCBにブルーノ・クアドロス、中盤には米本が入りました。

 試合が始まって最初のプレーで右サイドの土岐田があっさりと裏を取られたシーンを見て、やはりこれはまずいなと思いました。案の定、開始4分で石川にゴールを決められ早くも劣勢に立たされます。その後も右サイドにロングボールを入れられ、ワンツーパスで簡単に崩されピンチの連続です。その後、石川に2点目のゴールを決められますが、それ以外にもゴールが決まってもおかしくない決定的シーンが何度もありました。大宮は内田がフリーキックを直接決めて(これはGK止められなかったか?)1点差で前半を終えましたが、普通ならここで4:1くらいのスコアになっていて試合は決まっていたはずです。大宮の守備のひどさと同時に、FC東京の調子の悪さを感じてしまった前半でした。
 後半に入ると大宮の守備も多少持ち直したかなと思いましたが、57分に石川が素晴らしいミドルシュートを決めます。その後、大宮は再びセットプレーからマトがヘディングで決めて1点差にしますが、試合は3:2で東京の勝利に終わりました。


 大宮は終盤にロングボールを多用して前線の選手が走って追いかけるというサッカーを展開し、それなりにチャンスを作ってはいましたが、今後もこのサッカーを続けていくのはきついのではないかと思います。今日の試合は1点差ではありますが、本来なら大敗している内容だということを忘れてはいけません。そもそも走るサッカーをするにしても守備がしっかりしないと攻撃もままならないことは明らかです。今日のように本来FWの選手を右のMF、DFに置くというのは無謀でしょう。私はこの試合を見て今後に大きな不安を感じてしまいました。いずれにせよ次の試合はすぐにありますので注目してみたいと思います。
 それから、このような試合では結局最後はセットプレーが重要になると思います。そのときにラフリッチは力になるのではないかと思います。なぜ、サブにも入っていないのか不思議でなりません。


2009 Jリーグ Division1 第9節
2009年5月2日(土), 19:04, 味の素スタジアム
FC東京 - 大宮アルディージャ 3:2 (2:1)
東京: 権田 - 徳永, ブルーノクアドロス, 今野, 長友 - 梶山, 米本, 石川(80. 鈴木), 羽生 (87. 浅利) - 赤嶺, カボレ (81. 平山)
大宮: 江角 - 土岐田, 片岡, マト, 村山 - 新井 (67. 藤本), 金澤, 渡部 (45. パクウォンジェ), 内田 (78. 福田) - 藤田, 石原
得点者: 1:0 石川 (4.), 2:0 石川 (25.), 2:1 内田 (36.), 3:1 石川 (57.), 3:2 マト (67.)
警告: 米本, 徳永, 浅利 - 片岡
主審: 鍋島 將起
入場者: 18,886人
スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

00:22  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/104-8c346649

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |