--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2009.05.10 (Sun)

J.サテライトリーグ Aグループ 大宮 × 東京V

 今日は本当に暑い1日でしたが、昼頃に大宮公園でサテライトの試合があると知り出かけてきました。私は大宮の試合をずいぶん見ていますが、サテライトの試合を見るのは初めてです。

 
 大宮はデニスマルケスとラフリッチの2トップ、中盤には小林慶行、ディフェンスラインには冨田や塚本などトップチームの戦術とかみ合わずに干されてしまった選手たちがスターティングイレブンに名を連ねていました。サテライトとしては豪華な顔ぶれでこのメンバーでJ1のリーグ戦を戦っていてもおかしくないと感じました。


 先制点はヴェルディに入りましたが、これは新井のクリアミスに端を発したピンチで新井がペナルティエリア内で相手を倒してPKを与えてしまったというもの。前半は全体的にヴェルディの方が良いサッカーをしていたと思います。しかし、やはり相手はJ2クラブのサテライトチームですのでチャンスでも勝手にミスをしてくれて救われたところが多かったと思います。
 後半、斉藤が入ると試合は大宮の一方的なペースになりました。試合に出ているメンバーの特徴からトップチームのようなサッカーはできませんが、何となく昨シーズンの大宮のサッカーを見ているような感じでした。今のトップチームのサッカーに違和感を感じている私にとってはなんだか懐かしさのようなものを感じてしまいました。それにしても、デニスマルケスの技術、シュート力やラフリッチの力強さはこのレベルでは別格でした。これをトップチームで生かせないのは本当にもったいないと思います。



 ところで、J1第11節の大宮トップチームの試合(アウェイの磐田戦)は何の収穫も無い試合だったようですね。私は都合が悪く磐田まで行けず試合も見ていないのですが、またまた開始早々の失点、終了間際の失点、失点のパターンも含めて何も変わっていません。
 新潟戦あたりから感じているのですが、それからただやみくもに前線へロングボールを蹴りだしてFWがボール追いかけるというサッカーは見ている側の私にも辛いものがあります。そういう戦術もオプションとしてはありだと思いますが、そればかり続けてたら夏場にばてるのは確実だし、見る側としても面白くもありません。早めに戦術を変えていく必要があると思うのですがどうやら監督にその気がないようですね。それなら別の方法で早めに手を打たないといけません。一度崩壊したチームを立て直すには時間がかかりますから。
 それからあまり言いたくはないのですが、磐田戦のあとの監督のコメントはファンの神経を逆なでするのではないでしょうか。完敗していながら相手選手の活躍に感無量だって。


J. サテライトリーグ 2009 Aグループ 第4日
2009年5月10日(日), 15:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - 東京ヴェルディ 4:1 (2:1)
大宮: 高木 - 塚本 (23. 西村), 福田, 冨田, 村山 - 新井 (61.川辺), 小林(慶), 渡部, 橋本 (45. 斉藤) - デニスマルケス, ラフリッチ (69. 青木)
東京V: 柴崎 - 福田, 新村, 岩倉 (45. 香西), 那須川 - 富所 (70. 児玉), 弦巻, 永里, 和田, 井上, 船越
得点者: 0:1 船越(23., PK), 1:1 デニスマルケス (25., PK), 2:1 渡部 (30.), 3:1 ラフリッチ (64.), 4:1 デニスマルケス (78.)
警告: 新井, ラフリッチ - 船越
主審:井上 知大
入場者: 2,268人


スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

22:02  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/109-4b9ce4e2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。