2009.05.15 (Fri)

ブンデスリーガ第32節 コットブス vs. グラートバッハ

 32節のコットブス戦。この試合はリーグ戦の大詰めに来て残留を争うチーム同士の対戦となりました。グラートバッハにとって残り3試合でもっとも重要な一戦といってよいかもしれません。

 さて、前半のグラートバッハはアウェイでの試合にしてはそれほど悪くは無いと思いましたがチャンスはほとんどありませんでした。コットブスには決定的なチャンスがありましたがバイリーがファインセーブで防ぎ得点は入りませんでした。
 後半になりグラートバッハは2度決定的なチャンスがありました。バウムヨハンからのスルーパスを受けたマトムアが相手GKもかわしてシュートしますが相手DFにクリアされたシーン。そしてバウムヨハンからのスルーパスを受けたコラウティがGKと1対1になりシュートしますが決めきれなかったシーンです。逆に終盤に邵佳一に撃たれたシュートはGKのバイリーもかわされましたが後方にいたブラウェルスが辛うじて足に当ててゴールは許しませんでした。
 そして、日曜日のシャルケ戦に続いてロスタイムに劇的なゴールが決まりました。90分を経過しロスタイムに入ってすぐの右からのコーナーキックのチャンスでした。マリンのキックをダンテが相手に競り勝ちヘディングすると、ボールはクロスバーを直撃し真下へ落ちますがラインを割ってゴールの中へ入っていました。ダンテのブンデスリーガの2ゴール目が本当に重要な勝点3ポイントとなったのです。

 さすがにこんな試合が続くなんて予想はできませんでした。どうやら運も味方についてくれたようです。他の3チーム(ボーフム、ビーレフェルト、カールスルーエ)はすべて負けているため、グラートバッハは14位に順位を上げました。16位のビーレフェルトに3ポイント差をつけています。残り2試合はレバークーゼンとドルトムントの対戦となります。どちらかひとつ勝てば残留は問題なさそうですが、完全に勢いに乗った今のグラートバッハならいけるのではないかという気がします。


1. Bundesliga, 2008/09 32.Spieltag
13.05.2009 20:00 Uhr, Stadion der Freundschaft, Cottbus
FC Energie Cottbus - Borussia M'gladbach 0:1 (0:0)
Energie Cottbus: Tremmel - Pavicevic, Burca (70. Shao), Cvitanovic, Ziebig - Kukielka, T. Rost - S. Angelov (69. Rivic), Skela, D. Sörensen (80. Vasiljevic) - B. Jelic.
Borussia: Bailly - Stalteri, Brouwers, Dante, Daems - Bradley, Paauwe, Levels - Baumjohann (67. Marin) - Colautti (90. Neuville), Matmour (90 Kleine).
Tore: 0:1 Dante (90.).
Gelbe Karten: Angelov, Rost, Vasiljevic - Levels, Dante.
Zuschauer: 20.800.

Schiedsrichter: Florian Meyer.
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

02:09  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/111-d4f3b8cd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |