2009.05.24 (Sun)

2009 J-League Division 1 第13節 大宮×浦和

 埼玉スタジアムで行われた大宮と浦和の対戦は、前半に1点ずつを取り合いドローに終わりました。この結果、大宮は13試合を終えて勝点14で15位、浦和は勝点25の2位で中断期間に入ります。


 試合開始直前の浦和ゴール裏。さすがです。しっかりホームゲームの雰囲気を作り上げていました。ちょっとダービーを意識しすぎではないかという気がしないでもないですが、次回の対戦時のパフォーマンスが楽しみです。


 試合は予想したとおり前半から浦和が中盤をほぼ制圧し、ショートパスをすばやくまわして大宮のディフェンスを崩してきますが、あと一歩のところで決められません。大宮は浦和のディフェンスラインの裏を執拗に狙います。大宮の得点シーンはパクウォンジェの左からのクロスが浦和DFの坪井にあたりゴールに入ったというラッキーなものでした。浦和のゴールは35分に細貝のミドルシュート。これは大宮のクリアボールを受け中央でフリーになったところを落ち着いて決めた良いシュートでした。
 後半、大宮はデニスマルケスを土岐田に代えましたが、戦術を徹底させるという意味でよかったと思います。後半は大宮の運動量が浦和を上回り激しいプレスが機能して相手ボールをよくカットしていました。ただし、このサッカーをできる選手たちはシュートの決定力がないというところが問題です。やがて終盤になると再び浦和ペースになり、今回も終盤の失点かと思いきやエジミウソンのシュートはクロスバーに救われました。
 試合を通してみるとゲーム全体で見ると浦和の試合だったと思います。ただし、どちらにも点を取るチャンスはあり、どちらも決めきれなかったことがドローという残念な結果になったということでしょう。


 この試合を見て感じたことをいくつか・・・
 やはり、浦和のサッカーは評判どおりでした。もう少し試合をこなしていけば完成度も上がりさらによくなるのではないでしょうか。今後に希望が持てるというのは素晴らしいことです。選手個々に関して言うと、エジミウソンはこんなによく動く選手だったかなと驚いています。あと、高原はどうしちゃったのでしょう。全体的に精彩を欠いていて全く怖さを感じませんでした。2人とも私の持っていたイメージと違う選手になっていました。
 そして大宮ですが、あのサッカーを追求するということで本当にいいのでしょうか。正直なところ、この先がとても心配になってきました。今日の試合に関して言えば選手たちはよく頑張っていたと思いますが。


2009 Jリーグ Division1 第13節
2009年5月24日(日), 16:00, 埼玉スタジアム
大宮アルディージャ - 浦和レッズ 1:1 (1:1)
大宮: 江角 - 波戸, 片岡, マト, パクウォンジェ - 金澤 (88. 福田), 橋本, 藤本 (62. 内田), - デニスマルケス (45. 土岐田), 藤田, 石原
浦和: 都築 - 山田(暢), 坪井, 闘莉王 (20. 三都主), 細貝 - 鈴木, 阿部, 原口 (80. 林), エスクデロ (73. 高橋) - 高原, エジミウソン
得点者: 1:0 パクウォンジェ (8.), 1:1 細貝 (35.)
警告: 内田, パクウォンジェ - 山田(暢), 細貝, 高橋
主審:柏原 丈二
入場者: 32,418人
スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

22:59  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/117-eaf7d1ef

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |