2009.06.08 (Mon)

ヤマザキナビスコカップ 2009 第6節 大宮×横浜FM

 先週は広島相手に7失点と大敗した大宮。さらにチームのキャプテン、小林慶行が出場機会を求めて柏へ移籍するというニュースもありました。すでにその前兆は見られていましたがチームが崩壊への道を辿っているようで正直なところあまり期待はせずにスタジアムへ向かいました。
 大宮としてはこの試合に勝てばまだナビスコカップ予選突破の可能性があるのでモチベーションは高かったはずですが、やはりチームの状態は相当まずいところまで来ていると感じずにはいられない試合でした。


 前半、意外にも大宮に先制点が入りますが、これは藤本のシュートをGKの飯倉がパンチングではじいたボールを松田がゴールへ押し込んでしまったというラッキーなものでした。ただし、大宮に得点の可能性が感じられたのは後半に斉藤のクロスを藤田がヘディングした場面のみ。このシーンは飯倉の素晴らしいセーブでした。前半、山瀬のゴールで同点になってからは完全に横浜のペースになり大宮はピンチの連続。中盤で致命的なパスミスがあったり左サイドを面白いように突破されたり、決定的なシーンが何度もありましたが横浜の決定力不足と高木のファインセーブで何とか防ぐという有様。最終的に3失点で抑えられたのは高木の頑張りがあったからでしょう。
 しかし、その高木も76分に前に飛び出してクリアしたボールが相手へのパスになり、そのまま無人のゴールへ蹴りこまれるというミスを犯してしまいました。このシーンが今のチームの状態を表しているのかもしれません。


 今日の試合、試合の内容だけでなく選手の様子からもチームがバラバラになってしまったのだと思わずにはいられません。クラブとしては今の張外龍監督で行く方針のようですが、このままのサッカーを続けていて何がどう改善されていくのかわからず、この先に希望が持てなくなってきました。とにかく選手の頑張りに期待してなんとか1部残留を果たしてくれと願うしかないのでしょうか。
 次節は浦和戦。前回の対戦は浦和に誰とは言いませんがチームの足を引っ張る選手がいたおかげでドローで済みましたが、選手の能力、サッカーの質には大きな差があることが確認できました。再び大敗の可能性がありますが、まず守備から立て直してほしいと思います。


ヤマザキナビスコカップ 2009 第6節
2009年6月7日(日) 14:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - 横浜F・マリノス 1:3 (1:2)
大宮: 高木 - 波戸, 冨田, マト, 村山 - 片岡, 金澤 (84. 川辺), 橋本, 藤本 (62. 内田), 土岐田 (45. 新井), 藤本- 藤田, デニスマルケス (62. 斉藤)
横浜: 飯倉 - 田中, 栗原, 松田, 小宮山 - 狩野 (78. 田代), 小椋, 兵藤 - 山瀬, 渡邉 (69. 長谷川), 坂田 (61. 水沼)
得点者:1:0 松田 (27., OG), 1:1 山瀬 (31.), 1:2 渡邉 (44.), 1:3 狩野 (76.)
警告:田中
主審:前田 拓哉
入場者:8,129人
スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

01:18  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(2)  |  Edit  |  Top↑

Comment

●そういえば

小林慶行レンタルで出しちゃったんですよね??なぜでしょう。
y_flugels |  2009年06月08日(月) 22:38 |  URL |  【コメント編集】

y_flugelsさん
表向きは張監督の走るサッカーにスタイルが合わないということで
干されてしまい、出場機会を求めての移籍ということです。
でも、実際にはほかにも何か理由があったのかもしれませんね。
チームのキャプテンが残留争いのライバルになるチームに
移籍するということは普通は考えにくいですからね。
reis |  2009年06月09日(火) 02:02 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/121-312958af

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |