2009.08.23 (Sun)

2009 J-League Division 1 第23節 大宮×千葉


 J1第23節、大宮はホームで千葉と対戦し1:1のドローに終わりました。この結果、大宮は4戦連続勝ちなしで順位は暫定14位。23節は神戸の試合が残っているのでこの結果しだいでは15位になります。一方の千葉は7戦勝ちなしで16位。


 前半、千葉が慎重に来たのか大宮がボールを保持する時間が長くなります。何度かゴール前までボールは運ぶものの得点は奪えず。ピンチらしいピンチはほとんど無いまま30分が経過しますが、千葉に少ないチャンスを決められ先制点を許します。太田のクロスに対してネットバイアーノがヘディングで競り勝って決めたゴールでした。前半までの展開は前回のホームゲーム磐田戦を思わせる感じでした。


 後半も大宮が優位に試合を進めますが攻撃が単調でゴール前ではね返される展開が続きます。それでも62分にラファエルが個人技で相手DF池田を翻弄し同点ゴールを決めます。その後もしばらくはチャンスがありましたが悲しいことに決定力がありません。この深刻な決定力不足は今シーズン中には解消できないでしょう。
 そんな状態で同点のまま終盤に入りますが、80分あたりになると大宮のMF、DFの足が完全に止まり、ここからは千葉の一方的な展開になります。しかし千葉もゴールは奪えずにドローに終わりました。

 結果的には調子の良くないチーム同士の対戦らしくミスの多い凡戦でした。大宮はラファエルの個人技と相手のミスと主審のジャッジに救われて何とか勝点1を拾えた感じです。まあ、もはやチーム力が飛躍的に上がる可能性が無い以上、今シーズンの残り試合は1部残留という目標に向かって、試合内容は関係なくしぶとく勝点を積み重ねていくしかなくなりました。その意味ではこの試合に限って言えば、苦しい展開の中、1ポイント取れたことを評価しなくてはいけないのかもしれません。ただし、残り試合の相手のことを考えるとこれからかなり厳しい展開を覚悟しないといけないでしょう。
 そんな状況で主力選手が怪我するのはまずいです。この試合では石原の欠場、金澤の負傷による途中交代は非常に痛かったと思います。彼らは今のチームでは欠かせない存在となっているだけに次の試合からは復帰してほしいと思います。


2009 Jリーグ Division1 第23節
2009年8月22日(土), 18:04, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - ジェフユナイテッド千葉 1:1 (0:1)
大宮: 江角 - 塚本, 片岡, マト, 波戸 - 金澤 (49. 土岐田), 橋本, 内田 , パク・ウォンジェ - 藤田 (75. 市川), ラファエル
千葉: 櫛野 - 坂本, 池田, ボスナー (82. 斎藤), 青木 - 深井 (78. 工藤), 下村, 中後, 太田 - ネットバイアーノ, 巻 (64. 谷澤)
得点者: 0:1 ネットバイアーノ (32.), 1:1 ラファエル (62.)
警告: パク ウォンジェ - 青木, 中後, 下村
主審: 岡田 正義
入場者: 10,211人
スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

00:21  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/140-992ec44a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |