--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2009.08.30 (Sun)

2009 J-League Division 1 第24節 大宮×鹿島

 大宮アルディージャは第24節は首位の鹿島アントラーズとホームのNACK5スタジアムで戦い、3:1で勝利を収めました。大宮はリーグ戦では鹿島に初めて勝ったことになります。

 
 試合前のスタジアムはいつもと変わらない雰囲気でしたが、私は鹿島相手にどういう試合をすれば勝てるのか考えてみたのですが全くイメージできません。これまでと違うのはラファエルが加入したことくらいなのでラファエルが活躍するしかないのかなと思っていました。
 大宮は前節の千葉戦を欠場した石原と藤本が復帰、前節負傷で途中交代した金澤も出場しました。千葉戦は彼らの不在が響いてしまっただけにこれは非常に大きかったと思います。

 
 試合開始からわずか4分で大宮に先制点が入りました。右サイドからの藤本のクロスが中央の石原をスルーする形になり左サイドの内田のところへ流れてきました。内田が左足で冷静に決めました。このシーンはちょうどマルキーニョスが負傷(鼻骨と頬骨の骨折だったらしい)によりピッチの外に出ている間の出来事で、鹿島としてはちょっと不運だったか。
 前半はこの1点だけでしたが、全体として鹿島が終始ボールを支配する展開となりつつも大宮が中盤で激しくプレスをかけてボールを奪い何とか互角に近い形に持ち込んでいました。この展開は大宮の望む形ではあるのですが思った以上に大変だなという印象を持ちました。これだけのハードワークは1試合持たないでしょうから、大宮はこれから先、さらに最低1点はとらないと勝てないなと思いました。
 予想通り、後半、大宮の運動量が落ちてくると鹿島が一方的に押し込む展開になります。ただし、大宮もただ守っているだけではなくボールを奪うとすばやく前線の石原やラファエルにボールをつなぎカウンターからチャンスを狙う姿勢を見せます。そして、それが終盤の2点につながったと思います。

 
 結果としては大宮にとって会心の勝利となりました。攻撃面では藤本、内田が縦横無尽に駆け回りラファエルはワンタッチでの絶妙なパスやドリブルで相手をかわすなどチャンスを作りました。守備面では金澤が相手にプレスをかけ相手のチャンスをつぶしていました。

 正直なところ、この結果は予想外でした。ハーフタイムの段階でもドローが精一杯かなと思っていました。しかし今になって思うとロスタイムの失点がちょっと気に入りません。押されっぱなしの展開なので3:1でも上出来なのですが、どうせなら3:0という結果がほしかったです。鹿島相手に3点差で勝つなんてこれから先もなかなかないことでしょうから。


2009 Jリーグ Division1 第24節
2009年8月29日(土), 18:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - 鹿島アントラーズ 3:1 (1:0)
大宮: 江角 - 塚本, 片岡, マト, 波戸 - 金澤, 橋本, 藤本, 内田 (75. 土岐田) - 石原, ラファエル (89. 藤田)
鹿島: 曽ヶ端 - 内田, 岩政, 伊野波, 新井場 - 青木 (74. 中田), 小笠原, ダニーロ (67. 大迫), 野沢 - 興梠 (78. 田代), マルキーニョス
得点者: 1:0 内田 (4.), 2:0 土岐田 (81.), 3:0 マト (85.), 3:1 野沢 (89.)
警告: 片岡, 土岐田, 江角 - 青木, 新井場
主審: 柏原 丈二
入場者: 11,369人
スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

00:50  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/143-4f5c0406

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。