2009.09.20 (Sun)

2009 J-League Division 1 第26節 大宮×名古屋

 2009年のJリーグも残り試合が少なくなってきました。毎年のことですが残留ラインぎりぎりの順位にいる大宮は名古屋とホームで対戦し0:2で敗れ、この結果厳しい残留争いに加わることになりました。


 大宮は金澤が出場停止となったため、代わりに青木拓矢を起用。石原を右サイドに配置し、藤田とラファエルの2トップ、さらにディフェンスラインには右サイドに土岐田が入りました。一方の名古屋は新加入のサントス、ブルザノビッチをはずし、代わりに出場停止だったマギヌンが戻りました。
 試合開始から名古屋は中盤のパス回しがスムーズにできているような形で、ゴール前に攻め込む展開になります。大宮はディフェンスラインでボールを奪うと前線へすばやく放り込んでラファエルを起点に攻めようとしているようでしたが、ラファエルへのマークは厳しくなかなか思いどおりに行きませんでした。
 そんな展開でしたので先制点が名古屋に入ってしまうとまずいなと思っていたら、28分にセットプレーからあっさりとマギヌンに決められてしまいました。このフリーキックとなるプレーのファールの判定が微妙だっただけにちょっと残念な失点でしたが、結果的にはこれが試合を決めてしまう重要なポイントとなりました。


 後半、大宮は藤田を下げて石原をトップに戻し中盤の左サイドにパクウォンジェを入れてきました。これでサイドを使った攻撃がスムーズにできるようになり前半よりもチャンスを作れるようになりました。しかし、それでも得点できそうな雰囲気はありませんでした。もう少しミドルシュートを積極的に撃って、相手GKを試してほしかったと思います。リーグ戦序盤の7秒で攻めるサッカーは無謀だと思いましたが、その片鱗が全く感じられなくなってしまったのも困ったものです。
 試合は終盤に名古屋がマギヌンのスルーパスをディフェンスラインの裏に抜け出して受けた小川がシュートを決めて2点差になりました。これで勝負あり。その後は大宮はほとんど抵抗できずに試合が終わりました。


 大宮に関してはこの試合の前半のフォーメーションは裏目に出たのではないかと思います。また、金澤の代役の青木は無難にプレーできてはいましたが、1対1のプレーなどでは激しさが足りず、物足りない印象を受けました。収穫といえば、片岡のセンターバックがある程度落ち着いて見られるようになってきたことくらいでしょうか。あまり良い点がみられない試合でした。
 名古屋に関してはなぜ今の順位にいるのか不思議な感じがします。この試合では終盤の決定機は運にも見放されてゴールが決まりませんでしたが、実際には0:4くらいのスコアが妥当なのではないかという試合でした。
 さて、大宮は厳しくなりました。この試合など見ていると果たして残り8試合で何勝できるのか不安になってきます。あと何ポイント稼げれば残留できるのでしょう。また今年もこれから胃が痛くなるような展開になるのか・・・。


2009 Jリーグ Division1 第26節
2009年9月19日(土), 18:04, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - 名古屋グランパス 0:2 (0:1)
大宮: 江角 - 土岐田, 片岡, マト, 波戸 - 青木 (83. ドゥドゥ), 橋本, 石原, 藤本 (73. 内田) - ラファエル, 藤田 (45. パク ウォンジェ)
名古屋: 広野 - 田中, 吉田, 増川, 阿部 - 小川, 中村 (87. 三都主), 吉村, マギヌン (80. ブルザノビッチ) - 玉田 (83. 杉本), ケネディ
得点者: 0:1 マギヌン (28.), 0:2 小川 (78.)
警告: 藤本, 土岐田 - 吉村, 小川, 広野, 中村
主審: 穴沢 努
入場者: 10,501人
スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

00:36  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/149-95bd6e54

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |