2009.10.21 (Wed)

ブンデスリーガ2009/2010 第9節 ヴォルフスブルク vs. グラートバッハ

 ブンデスリーガ第9節、グラートバッハはアウェイのフォルクスヴァーゲン・アレーナでヴォルフスブルクと対戦しました。グラートバッハは膝の負傷で長期欠場していたダームスが復帰。中盤はアランゴが外れてロイスが入りました。一方、ヴォルフスブルクはグラフィチがベンチスタートです。
 試合は前半からヴォルフスブルクが攻める展開となりますが、なんとなくもたついた感じ。ジェコが決定的なチャンスでクロスバーに当てたり、枠をはずしたり、ポストに当てたりして得点がなかなか入りません。前節のボーフム戦もTVで見ましたが昨シーズンの強さは感じません。それでも、前半ロスタイムにコーナーキックからマドルンクにヘディングで先制点を決めて前半を終えます。グラートバッハにはこれといって良いところはありませんでした。
 後半もずるずると試合が進みロスタイムが1分経過したところでヴォルフスブルクはゲントナーのゴールで勝負を決めました。途中から入ったグラフィチのヒールパスからジェコを経由してゲントナーがフリーになるという流れるような素晴らしい攻撃でした。その直後にグラートバッハがブラッドリーがゴールを決めて1点返しますがここで試合終了となりました。前半も後半もロスタイムに失点ですか?今シーズンはロスタイムの失点がやたら多い気がしますが、何度も同じことを繰り返しているようではいけません。そして、ロスタイムに1点返したとはいえ、やはり最近のグラートバッハにゴールが決まりそうな雰囲気が全くないのが気になります。この試合では後半にボバディーヤが相手のミスから決定的なチャンスをもらったのにヒールキックでシュートをはずしてしまいました。
 久しぶりに出場したダームスはグラフィチとの接触プレーで膝を痛めて交代となりましたが、幸い大事には至りませんでした。とはいえ、あのようなプレーを見てしまうともっと万全な状態で試合に出たほうがよいかなと思います。

 これでグラートバッハは17位。下にはヘルタがいますが、このチームは調子を戻せばすぐに上がってきそう。例年のことではありますが、ちょっとまずいことになってきました。

 今週末はダービーです。ここで勝って勢いに乗ることを期待しています。


1. Bundesliga, 2009/10 9.Spieltag
18.10.2009, 15.30 Uhr,Volkswagen-Arena, Wolfsburg
VfL Wolfsburg - Borussia M'gladbach 2:1 (1:0)
Wolfsburg: Benaglio – Riether, Ricardo Costa, Madlung, Schäfer – Josué – Hasebe (68. Pekarik), Gentner – Misimovic – Dzeko (90. Esswein), Martins (58. Grafite).
Borussia: Bailly – Levels, Brouwers, Dante, Daems (77. Jaurès) – Bradley, Marx – Matmour (68. Arango), Reus – Colautti (79. Friend), Bobadilla.
Tore: 1:0 Madlung (45.), 2:0 Gentner (90.), 2:1 Bradley (90.).
Gelbe Karten: Josué – Daems, Friend.
Schiedsrichter: Dr. Helmut Fleischer.
Zuschauer: 30.000 (ausverkauft).
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : TV観戦記

01:07  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/160-51fd9465

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |