2009.11.16 (Mon)

監督交代後も勝てないボーフム

 新監督にハイコ・ヘアリッヒが就任して以来、まだ勝利のないボーフム。先々週のフランクフルト戦をTVで見てからというもの、本当にこの先大丈夫なのかと心配になっています。フランクフルト戦のあとはホームでのフライブルク戦を土壇場で落としてしまいました。もっとも、この試合は審判を敵にしていたようで少々気の毒ではありました。

 先週末はリーグ戦がないので、この期間を利用して監督の目指すサッカー(どういうものだか、まだよくわからないのですが・・・)を浸透させるなり、怪我人が回復してきたり、良い方向へ進むことを期待していたのですが、練習試合の結果を知るとますます心配になってしまいます。
 まず火曜日の夜に行った、レギオナルリーガ(4部)のヘッセン・カッセルとの試合は0:3、そして週末に行ったベルギーリーグのシャルルロワとの試合は1:4 とどちらも完敗に終わっています。シャルルロワ戦はエパレのPKで1点取りましたが、相手のハビボウのハットトリックを含めた4失点を喫しています。特に72分以降で3失点しているのが気になります。前半はチャンスもあったけれどそれを生かせず、終盤にミスから失点してしまうといった展開はこれまでと同じ。それがますます極端になってきているように思います。

 次の試合は、アウェイでハンブルガーSVとの対戦ですのでかなり厳しいと思いますが、こればかりはやってみないとわかりません。ずっと勝利のなかったグラートバッハもアウェイでHSVに勝ったのですから。

 
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

21:07  |  VfL Bochum  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/172-959559c3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |