2009.12.30 (Wed)

2009年を振り返って: その1

 年末なのでこの1年の私のサッカー観戦について振り返ってみることにします。まず1回目は大宮についてです。
 私は日本国内のサッカーの試合についていえば、大宮が絡まない試合はひとつも見ていないような気がします。年々、大宮への依存度が高くなってはいましたが、もう完全にのめりこんでしまった感じです。

 この数年、大宮は毎年のように監督が交代していますが、ベースとなるサッカーは変えずに監督自身の目指すサッカーを上乗せしていくような感じだったと思います。ベースというのは、ディフェンスラインと中盤をフラットに並べた4-4-2のシステム。攻撃にはドリブルでの突破などほとんどなく前線にいる大型FWへ放り込むというサッカー。失点はしないけれど得点は奪えない。従って、チームの戦力の差がそのまま順当に試合結果に現れるという、見方によってはつまらないサッカーがベースにありました。特にこのスタイルではゴールを奪うには、空中戦に強く実力的にも突出したFWが必要でした。言い換えるとそんなFWが怪我でもしようものならたちまち点が取れなくなってしまうわけです。


 今年から指揮をとった張外龍監督についてはよく知りませんでしたが、過去に偶然Kリーグの仁川ユナイテッドFCの試合を見たことがありました。その試合、仁川はボールを持つととにかく前へ前へと強引に勝負を仕掛けるサッカーをしていて当時の大宮のサッカーを見慣れていた私には全く別次元のサッカーに思えました。そのチームの監督が率いることになり一体どうするのかと思っていたら、本当にそのままのサッカーをやろうとしたわけです。これは今まで大宮の指揮をとってきた監督とは違い、これまでベースを良くも悪くも一気に変えようとしました。その結果として表面化した夏場の守備崩壊は、正直なところ見ているのがつらくなるほどでした。さらに、カップ戦の記録的な大敗(さいわい私はこの試合はどちらも見ていないのですが・・・)とこれまでの大宮のスタイルを否定する監督のコメントには怒りすら感じてしまいました。
 結局はその後は軌道修正し従来のポゼッションサッカーに戻し、選手もこれまでチームを支えてきたベテランを使い、なんとか1部残留を決めましたが、かなりバタバタした感じがします。まあ、大宮の場合はACLだとかあれこれ言っても現実的な目標は1部残留だと思っていましたから、最低限の目標はクリアしてくれたのだと思っています。



今年の大宮で評価したい点は・・・
・以前より点が取れるようになり、上位チームに対しても結果が残せるようになったこと
・例年通り残留争いを演じたものの一度も降格ゾーンには足を踏み入れなかったこと
の2点でしょうか。
 また、個々の選手について言えば、石原、ラファエル、藤本、マトの活躍、金澤と片岡の成長は嬉しく思いました。

 最後に個人的に残念だったことを1つ、33節の柏戦を観戦できなかったことが心残りでした。10月くらいからこの試合がとても重要な試合になると断言しておきながら、ドイツ旅行を選択してしまったわけで自分が悪いのですが、あとで録画ビデオを見ると本当によい試合でした。(さらに付け加えるなら、NTT関東時代の選手が出場した前座の試合も見たかった。)

スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

18:21  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/182-7f849969

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |