2008.09.24 (Wed)

DFBポカール、コットブス戦

 先週末はグラートバッハの試合と大宮アルディージャの試合を見たのですが、どちらもホームで敗戦。1点差とはいえ内容が悪く1部に残留できるかどうか心配になってくるような試合でした。いい加減、心配させないでほしいのですが、仕方がありません。これからボーフムを含めた3チームの試合結果をひやひやしながら追いかけなくてはならないでしょう。
 気を取り直して、グラートバッハのDFBポカール2回戦です。相手はコットブス。正直なところグラートバッハにはリーグ戦に集中してほしい気持ちが強いのですが、相手がコットブスとなれば話は違います。残留争いのライバルになるチームですので、まず叩いておきたいところです。
 グラートバッハはこの試合もパーウェがOberschenkelzerrung(大腿部の過度伸展)で欠場、加えてマトムアも鼠蹊(そけい)部を痛めてしまい欠場と、ちょっと苦しくなってきました。結局、パーウェの代わりはデビュー戦で評価の低かった新加入のブラッドリーではなくレスラーを起用、ヌジェンクを中盤にあげてきました。
 
 そして、試合結果なのですが3:0で完敗です。コットブスの3点はすべてPKによるものです。42分にはレベルスがイリエフに対するプレーがファールを取られてしまい、ランゲロフがPKを決めます。73分にはカルセンブラッカー、89分にはハイメロートが、いずれもランゲロフに対するファールで、どちらもスケラが決めて、コットブスに3点。
 今の時点で私は試合の映像を見ていないのですが、試合の記事を読む限りでは最近心配になってきたディフェンスの不安定さがそのまま結果に現れてきたという感じでしょうか。3つのPKなんて滅多にないですから、正直、あきれてしまいました。もう、気持ちを切り替えてリーグ戦に集中するしかないですね。このままでは監督の立場も危なくなります。



DFB Pokal 2008/09, 2.Runde
23.09.2008, 19.00 Uhr, Stadion der Freundschaft, Cottbus
Energie Cottbus - Borussia M'gladbach 3:0 (1:0)
Tore: 1:0 Rangelov (42.,FE) 2:0 Skela (73.,FE), 3:0 Skela (89.,FE)
Zuschauer: 9.805
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

06:20  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/22-72b9988e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |