--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2010.03.15 (Mon)

ブンデスリーガ2009/2010 第26節 グラートバッハ vs. ヴォルフスブルク

 ブンデスリーガ26節は、日本人選手が所属するチームとの対戦ということでTVでグラートバッハの試合が見られます。しかもホームゲームということでとても楽しみにしていました。しかし、結果は・・・。あまり振り返りたくはないけれど、一応このブログは私の備忘録という目的ですので、こういう試合も簡単にメモとして残しておきます。

 前半は互角の展開でしたが、ミシモヴィッチの個人技、決定力にやられてしまった感じです。それに引き換えグラートバッハのFWの決定力のなさは異常です。特にボバディーヤ。完全フリーでヘディングで枠をはずすとは驚きです。
 後半はじまってすぐにグラートバッハに決定的なチャンスがありました。レベルスが右サイドから入れてきた低いクロスに完全にフリーで右足をあわせますが、これも決められませんでした。直後にペナルティエリア内でブラッドリーがハンドを取られPKとなり、ジェコに決められて2点差になりました。これでグラートバッハは集中力が切れてしまったのか、58分にはペナルティエリアの外、やや右側の位置からゲントナーに直接決められ3点差。その後は前がかりになって攻めるところをカウンターから再びジェコに決められて4点差。

 完敗です。ヴォルフスブルクがディフェンスラインと中盤をフラットに並べるシステムをとり守備が安定したのはわかっていましたが、まさか4失点もするとは。しかもホームゲームですよ。前節、0:3, そして、今節の、0:4。とても良くない流れです。しかし次はアウェイのケルン戦。これに勝てばこの悪い状態を一気に変えることができそうです。しっかりした根拠はありませんがダービーはそんなものなのだと思います。
 それにして、ジェコはボーフム戦に続いてグラートバッハ戦でもドッペルパックです。もう、私はこの選手が大嫌いになりました。


1. Bundesliga, 2009/10 26.Spieltag
13.03.2010, 15:30 Uhr, Stadion im Borussia-Park, Mönchengladbach
Borussia M'gladbach - VfL Wolfsburg 0:4 (0:1)
Borussia: Bailly - Levels, Brouwers, Dante, Daems - Meeuwis (64. Herrmann), Bradley - Reus, Arango - Bobadilla (64. Neuville), Colautti (46. Friend).
Wolfsburg: Hitz - Pekarik, Madlung, Riether, Schäfer - Josué (85. Schindzielorz) - Hasebe (49. Simunek), Gentner - Misimovic - Dzeko, Martins (63. Dejagah).
Tore: 0:1 Misimovic (41.), 0:2 Dzeko (49. Handelfmeter), 0:3 Gentner (58.), 0:4 Dzeko (80.)
Gelbe Karte: Levels
Zuschauer: 39.128
Schiedsrichter: Günter Perl
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : TV観戦記

00:33  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/229-b0c85562

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。