--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2010.03.20 (Sat)

2010 J-League Division 1 第3節 大宮 vs. 鹿島

 大宮アルディージャはチャンピオンチームの鹿島アントラーズとホームで対戦し0:1で敗戦。これでリーグ戦は1勝2敗となりました。


 気持ちのよい快晴となりました。私がNACK5スタジアムへ観戦に行くときは雨となることが多いのですが、今回は意外でした。やはりサッカー観戦はこのような天気が嬉しいです。


 大宮は大黒柱のラファエルに続き、左サイドバックの村上が膝の状態が悪く欠場となり坪内が移籍後初出場となりました。試合は前半から鹿島が優勢となりますが、これは両チームの力関係から考えると予想通り。ただし、大宮の積極的な守備もあって鹿島にゴールを許さずに前半を終えました。ここまでの大宮は上出来といえたと思います。
 後半に入ると徐々に鹿島が押し込む時間が長くなり、次第に一方的な展開になります。鹿島に幾度となく決定的なチャンスがありましたが、それでも大宮はマトを中心とした最終ラインとGK北野の奮闘で凌ぎます。いや、それよりも興梠、マルキーニョスが信じられないほどシュートをはずしまくりました。極めつけは71分、カウンターからマルキーニョスがGKまでもかわしながらシュートを失敗。この様子を見て私はこの試合はスコアレスドローに終わるのかなと思ったのですが、さすがは鹿島。精彩を欠く興梠を下げて、代わりに大迫を入れます。すると直後にその大迫がゴールを決めたのです。残念ながら大宮は藤本が負傷で退いた後は攻撃の形が作れなくなり、無理な速攻やパワープレーがミスを誘発しピンチの原因になっていました。


 試合を通してみると大宮が善戦したという印象です。実際は鹿島にあと2点位余計に入っていてもおかしくない試合でしたが何とか1点で凌ぎました。これは運もあったと思いますが、評価できると思います。
 気がかりなのはラファエルなしで点が取れないということです。この試合も大宮には得点の入りそうな決定的チャンスはほとんどありませんでした。それから、これは予想していたことではあるのですが、毎試合のように警告をもらうアンヨンハ、杉山、そして深谷あたりはすぐに出場停止になりそうです。それから怪我人です。このところ毎週のように怪我人が出ているのでメンバーの組替えを余儀なくされそうです。そうなったときの控えの選手がどれだけの力を発揮できるのか。選手層は薄いだけに心配です。


2010 Jリーグ Division1 第3節
2010年3月20日(土), 16:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - 鹿島アントラーズ 0:1 (0:0)
大宮: 北野 - 杉山, 深谷, マト, 坪内 (69. 土岐田) - アン ヨンハ (87. 青木), 橋本, 金澤, 内田 (77. 渡部) - 藤本 (57. 市川), 石原
鹿島: 曽ヶ端 - 内田, 岩政, 伊野波, 新井場 - 小笠原, 中田, 野沢, フェリペ (5. 遠藤, 84. 青木) - 興梠 (82. 大迫), マルキーニョス
得点: 0:1 大迫 (83.)
警告: アン ヨンハ, 杉山 - 小笠原
観客: 11,116人
主審: 松村 和彦
スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

22:45  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/233-f0d992c3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。