2008.09.27 (Sat)

2008 J-League Division 1 第27節 大宮×神戸

 このところNACK5での試合は4試合連続で集中豪雨に見舞われていました。さすがに4試合も続くと偶然とは思えず何かに呪われているのかとすら思っていましたが、今回は雨は降らず、本当に久しぶりに好天のもとでの試合となりました。やはり屋根の無いスタジアムでは天候はこうでないと辛いです。



 試合のほうは、序盤から神戸が大久保とレアンドロがディフェンスラインの裏をとりパス交換からチャンスをつくりだします。そして、まず12分にボッティがゴール正面でディフェンダーをフェイントでかわしてゴールを決めました。これは技ありのシュートです。その後、神戸はなかなかパスがつながらず中盤ではむしろ大宮がボールをキープします。しかし、大宮はスピードのある攻撃ができず、ゴール前ではほとんどチャンスを作れません。神戸はカウンターからレアンドロがスピードを生かして何度か大宮ゴールを脅かしますが追加点は奪えません。前半は大宮のレアンドロが効いていたと思います。



 後半、開始早々に神戸に追加点が入ります。右サイドからのクロスをゴール正面にいた吉田孝行が難しい体勢からボレーでゴールに押し込みました。先週の浦和戦あたりから大宮には得点の入る気配がまるでないので、この吉田のゴールで試合は決まってしまったと思います。そして、ここから残りの約45分は苦痛ともいえる退屈な試合となりました。神戸は特に攻めるわけではなくチャンスがあればカウンターで追加点を狙う構えを見せますが、大宮のほうはゴールを狙うことすら放棄しているかのようでした。とにかく選手が動かない。相手よりも試合の間隔はあいているはずなのに。そしてただ意味もなく前線に孤立するラフリッチにボールを預ける。ラフリッチは2、3人を相手に懸命にボールをキープしても周りに味方はいないのでそのうちボールは奪われる。これの繰り返しです。いったいチームとして何がしたいのかさっぱりわかりませんでした。この試合、一応Jリーグ1部の試合なのですが、とてもそうは思えませんでした。大宮はリーグ戦終盤に差し掛かったこの時期にチームが崩壊しているようではまずいですね。立て直すころにはリーグ戦が終了してます。残念ながら2部降格が現実的になったと考えなくてはいけないでしょう。

 私は普段は大宮の試合に関しては、ボルシアの試合のときとは違って比較的冷静に見ているつもりなのですが、今日は本当に腹が立ち、そして最後はあきれてしまいました。とにかく、大宮のホームでの弱さ、覇気の無さにはがっかりです。プロなのだから、ホームではプロらしい試合を見せる義務があると思いますが、仮に1部に残留できたとしてもこんなつまらない試合をしていたら間違いなく観客は減っていくでしょう。そういう私もおそらくNACK5スタジアムでは、今日が今シーズン最後の観戦になると思います。今年はいい試合が見られなかった気がします。アウェイはヴェルディ戦にいけたらよいのですが・・・。


 
2008 Jリーグ Division1 第27節
2008年9月27日(日), 14:05, NACK5スタジアム, 7.028人
大宮アルディージャ - ヴィッセル神戸 0:2 (0:1)
得点者: 0:1 ボッティ (12.), 0:2 吉田孝行 (47.)

スポンサーサイト

テーマ : Jリーグ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

20:51  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/24-b5252d40

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |