2010.04.18 (Sun)

2010 J-League Division 1 第7節 磐田 vs. 大宮

 今週、大宮はアウェイで磐田と対戦。ヤマハスタジアムは割りと好きなスタジアムなのでできれば行きたかったのですが、忙しくて断念。それでも嬉しいことにNHK-BSで中継がありましたのでTV観戦です。

 大宮は開始早々(30秒くらいか)ビッグチャンスがありましたがこれを生かせず、その後は磐田の一方的な展開になりました。ボールに対しての出足が遅いこともありセカンドボールを全く拾えず、パスもほとんどカットされてしまう状態。まるで得点の匂いがしません。一方、磐田は前田を経由してパスがうまく回り、特にサイドを使った攻撃がきまり何度もチャンスを作ります。どう考えても磐田が先制するだろうと思いましたが、なんと先制したのは大宮でした。40分にペナルティエリア内での混戦から石原がしぶとくゴールに押し込んだのです。さすが石原。今の大宮で得点の気配を感じる唯一の選手です。しかし、その石原はゴールから遠い右サイドハーフで起用されているのです。なんだかもったいない気がします。
 後半に入り59分に磐田は右サイドの駒野からの絶妙のクロスに前田が中央で頭であわせで同点ゴール。これは鮮やかに決めました。さすがに日本代表選手だと思いました。その後は前半以上に磐田の一方的な展開。特にゴールに絡んだ駒野や前田は自由にプレーできていました。いつ磐田に2点目が入ってもおかしくない状態がずっと続いていたのですが、磐田のほうも調子がよいとはいえないようで、決定機で正確性がなかったり変に消極的になったりで追加点は奪えず、試合は1:1のドローで終わりました。磐田にしてみれば明らかに2ポイントを落としたと感じているでしょう。
 
 やはり大宮は重症です。試合を通じてずっと押し込まれ、とにかく磐田の攻撃を辛うじてはね返しているだけ。攻撃は前半はパスがほとんどつながらず、後半は前線への放り込み一辺倒。これは完全に相手に読まれて何もできない状態でしたが、それでも何も工夫が見られません。特に後半はもはやチームとして機能しているとはいえない状態だと思いました。
 この試合で深谷が怪我で交代し選手のやりくりがますます厳しくなりました。大宮が勝てない要因のひとつにラファエルや藤本など主力の欠場が響いていることが挙げられますが、今日の試合を見る限り、仮にベストメンバーが組めてもそれで果たしてチームの状態がよくなるとはとても思えません。こうなったらもう内容は問いませんから、1部残留をめざしとにかく粘り強く1ポイントずつ積み重ねることですね。


2010 Jリーグ Division1 第7節
2010年4月17日(土), 19:04, ヤマハスタジアム
ジュビロ磐田 - 大宮アルディージャ 1:1 (0:1)
磐田: 八田 - 駒野, 加賀, イ ガンジン, パク チュホ - 那須, 上田, 西 (55. 船谷), 成岡 (79. 松浦) - 前田、イ グノ (90. 荒田)
大宮: 北野 - 坪内, 深谷 (18. 青木), マト, 村上 (72. 杉山) - アン ヨンハ, 金澤, 橋本 (85. 内田) - 石原, 市川, 藤田 (69. 金久保)
得点: 0:1 石原 (40.), 1:1 前田 (59.)
警告:イ ガンジン - アン ヨンハ
観客:7,030人
主審:廣瀬 格

スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : TV観戦記

00:37  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/248-edbe88a0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |