2010.04.26 (Mon)

ブンデスリーガの残留争い

 残り2試合になりましたが残留争いは依然として混沌としています。ただし、32節でフライブルクがヴォルフスブルクに勝って、残留に一歩前進しています。各チームの今後の予定を記しますと・・・

■ フライブルク 勝点31 得失点差 -26
第33節 ケルン (A)
第34節 ドルトムント (H)

 下位チームの中では唯一順調にポイントを稼いできました。おそらく残留できると思います。


■ ニュルンベルク 勝点28 得失点差 -23
第33節 HSV (A)
第34節 ケルン (H)

 HSVは目標を見失っておりニュルンベルクとしては勝つチャンスです。最終節はホームでケルンとの対戦


■ ボーフム 勝点28 得失点差 -26
第33節 バイエルン (A)
第34節 ハノーファー (H)

 とにかくバイエルン戦での被害を最小限に食い止め、最終節でハノーファーに勝つしかないでしょう。


■ ハノーファー 勝点27 得失点差 -32
第33節 グラートバッハ (H)
第34節 ボーフム (A)

 シャルケに勝ったと思ったら大敗が続き、いまだに17位。ただし、残り試合の対戦相手には恵まれています。最終節のボーフム戦が最大のヤマになるのは間違いありません。


■ ヘルタ  勝点23 得失点差 -20
第33節 レバークーゼン (A)
第34節 バイエルン (H)

 1部残留には2勝が必要ですが、それにしては相手が厳しすぎます。次節にも一足先に降格が決まりそうです。となると2部でウニオン・ベルリンとダービーですか・・・。
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

23:29  |  Bundesliga  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/255-c1168032

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |