2010.04.29 (Thu)

大宮の監督交代

 大宮アルディージャの監督が代わりました。昨シーズンから指揮をとっていた張外龍(Chang Woe-Ryong)が辞任し、昨シーズンまで新潟を指揮していた鈴木淳(Jun Suzuki)が就任することになりました。

 正直なところ鈴木監督がどのようなスタイルのサッカーを目指していたのかよく知らないのですが、それまで大宮と実力的にほとんど同じレベルだった新潟を上位争いもできるくらいにレベルアップさせていることから力のある監督なのかとは思っていました。鈴木監督は、Jリーグの監督として、2004年から2005年、J2時代の山形で2シーズン、2006年から2009年までJ1新潟で4シーズンは一貫して攻守にアグレッシブなサッカーを目指していたということで、大宮でもそのスタイルでいくのでしょう。

 張外龍前監督は昨シーズン、今までの大宮のスタイルを完全にぶち壊し自らの求めるスタイルを実践しようとしました。クラブとしても前監督の目指すサッカーに合った選手を補強して臨んだシーズンで結果が出せないわけですので監督交代やむなしということなのでしょう。一応、前監督の辞任となっていて解任したわけではないのですが、実質的には解任と変わらないように思います。

 今後の大宮ですが、監督が代わってもしばらくはなかなか結果が伴わずに厳しい状況が続くだろうと思います。新監督の目指すサッカーがどれだけ早く浸透するかという問題もありますが、今の選手たちがそのスタイルに適合できるのかどうかという問題もあります。現実問題として、まず中断前の残り3試合は何とか乗り切り中断明けからの巻き返しに期待しています。

スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

12:01  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/256-b81a22d5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |