2010.05.01 (Sat)

2010 J-League Division 1 第9節 大宮 vs. 京都

 大宮は鈴木監督が就任して最初の試合。ただ、就任2日では監督の色を出すことは難しいでしょう。私もさすがにそこまでは期待してません。それは中断明けから見せてくれたらと思っています。当面は、すぐに修正できる問題点を修正して試合に臨むことになるのでしょう。


 大宮は、今シーズンは藤本の長期離脱もあってサイドハーフを務めることが多かった石原をトップに置き、中盤に金久保を起用するフォーメーションでスタートしました。磐田戦の記事にも書いたのですが、私は石原のサイドハーフでの起用は非常に不満でした。やはり彼のプレーはゴールに直結するところで見たいのです。きっとほとんどの人がそう思っているはずです。事実、この試合でFW石原のすばらしい2つのゴールを見ることができたのです。


  大宮は11分に左サイドバックの村上からのクロスをゴール前で石原が受けて一瞬で相手をかわして左足でシュートを決めます。大宮は先制こそしましたがなかなかペースはつかめず、京都が優勢の展開が続きます。特に予想はしていましたがディエゴがボールを持つとたいていは京都のチャンスになります。ただ、この選手、自由に動いていてずいぶん後ろまで下がってボールを捌いたりするのですが、そんなときは怖さを感じません。京都は39分に右からのクロスを左からあがっていた郭泰輝が決めて同点にし前半を終えました。
 後半に入り、49分に橋本の左からのクロスを中央に走りこんだ石原がダイレクトであわせて再び勝ち越し。その後、大宮は守備的になり京都が一方的にボールを支配。守りの連係は脆いところがあり、結構危ないシーンが多かったのですが京都のミスにも救われそのまま2:1で試合を終わらせることができました。4分間のロスタイムがなんと長く感じられたことか。


 予想通り試合内容はまだまだといった感じでしたが結果が出せたのがよかったです。まず1試合は監督交代がよい結果としてあらわれました。何よりも、今後変わっていくだろうという期待感を抱かせてくれるのが大きいです。
 この試合を終えて大宮は14位に浮上して降格ゾーンから抜け出しました。ただし、9試合で勝点8というのは安心できないペースです。中断前の2試合で3ポイントとってくれたら文句はないのですが・・・。


2010 Jリーグ Division1 第9節
2010年5月1日(土), 19:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - 京都サンガFC 2:1 (1:1)
大宮: 北野 - 杉山, 坪内, マト, 村上 - 金澤, 安 英学, 橋本 (68. 内田), 金久保 (86. 福田) - 石原, 藤田 (68. 市川)
京都: 水谷 - 増嶋, 郭 泰輝, 水本, 染谷 (60. 渡邉) - ドゥトラ (60. 安藤), 角田, 片岡, 中山 - ディエゴ, 宮吉 (76. 柳沢)
得点: 1:0 石原 (11.), 1:1 郭 泰輝 (39.), 2:1 石原 (49.)
警告:マト, 石原, 村上 - 郭 泰輝, 角田
観客:9,203人
主審:松尾 一
スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

22:18  |  Omiya Ardija  |  Trackback(1)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/260-097c19f2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

第9節

怠け者の備忘録(フスバル編) 2010 J-League Division 1 第9節 大宮 ... 2010 J-League Division 1 第9節 大宮 vs. 京都. 大宮は鈴木監督が就任して最初の試合。ただ、就任2日では監督の色を出すことは難しいでしょう。私もさすがにそこまでは期待してません。それは中
2010/05/02(日) 09:08:17 | すぐ読める!ニュース早読み隊!

▲PageTop

 | BLOGTOP |