2010.05.02 (Sun)

ブンデスリーガ2009/2010 第33節 バイエルン vs. ボーフム

 フジテレビNEXTでの生中継を見ました。バイエルンの優勝争いがポイントとなっていた試合でしたが、当然、私は監督が解任されたボーフムが1部残留を目指してどんな戦い方をするのか注目していました。

 バイエルンは前節先制点が奪えずにもたついたことの反省もあってか序盤からすごい勢いで攻勢をかけてきました。ロッベンやリベリーといったスーパースターが揃ったチームに必死になって点を取りにこられたらボーフムもたまりません。守備的なフォーメーションでひたすら耐えていた試合も18分にラームのクロスをミュラーに決められると、すぐ2分後に今度はラームからのクロスをファーサイドでリベリーが折り返し再びミュラーが決めてあっという間に2点差。この時点で試合は決まりました。
 問題はこのあとの戦い方ですが、ボーフムは2失点しても戦い方を変えることなく、多少混乱したところを見せながらも守備的な戦術を取っていました。解説の清水秀彦氏はボーフムが失点してもやり方を変えないし、変えたくてもヴォシュツにはそのパターンがないというようなことをしきりに言っていましたが、少なくても前半は、勝敗よりも得失点差を考えた戦術をとっていたのではないかと思います。無理して点を取りに出るのではなく残り1試合のことも考えて現実的な策をとったのでしょう。それ自体は悪くはないと思います。バイエルンとしても序盤の勢いのまま試合を続けることはしないだろうし、そうなったら攻撃に転じるべきかと。
 事実、シャルケがリードされたという情報が入ったこともありましたが、バイエルンはがつがつと攻めてこなくなりボーフムにチャンスが生まれてきました。そこでボーフムは落ち着きを取り戻しチャンスも作れるようになったのです。
 後半にあまり攻めてこなかったバイエルンからさらに1失点したのは余計でしたが、それはフクスの素晴らしいフリーキックで取り返したし、欲を言えばもう1点とって1点差で終わらせたかった展開ですが、ボーフムとしてはよくやったというのが私の感想です。監督が代わっても戦術的な部分は変えようがないと思いますが、少なくてもヴォシュツはずっとボーフムでチームを見ているのだから選手の適性を把握した選手起用はすると思います。
 いずれにしてもボーフムは最終節のハノーファー戦が正念場です。これは絶対勝たなくてはいけません。今週はハノーファーの試合も映像で見ましたが、ホームの雰囲気は思った以上にチームに勢いを与えます。苦しい立場にたたされたボーフムですがホームの観衆も味方につけてよい試合をすることを期待しています。


1. Bundesliga, 2009/10 33.Spieltag
01.05.2010, 15:30 Uhr, Allianz-Arena, München
FC Bayern München - VfL Bochum 3:1 (2:0)
Bayern : Butt - Lahm, Demichelis, Badstuber, Contento - Robben, Schweinsteiger (84. Tymoshchuk), van Bommel, Ribéry - Müller (71. Klose), Olic (79. Gomez)
Bochum : Heerwagen - Bönig, Mavraj, Maltritz, Concha (27. Yahia) - Fuchs, Freier (60. Holtby), Azaouagh, Maric - Dedic, Sestak (54. Hashemian)
Tore: 1:0 Müller (18.), 2:0 Müller (20.), 3:0 Müller (69.), 3:1 Fuchs (85.)
Gelbe Karte: Demichelis, van Bommel
Zuschauer: 69.000(ausverkauft)
Schiedsrichter:Markus Schmidt
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : TV観戦記

08:29  |  VfL Bochum  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/261-9855f20a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |