--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2010.05.08 (Sat)

ブンデスリーガ最終節、ボーフム・ハノーファー戦に向けて

 普段はグラートバッハの試合を中心に見て、TV中継があったり開催日が違った場合にボーフムの試合を見ることが多いのですが、この最終節は違います。なにしろボーフムにとってはリーグ戦34試合のうちで最も重要な試合となってしまったからです。1部に残留するためには勝利しかありません。ニュルンベルクとケルンの試合の結果次第では、負けやドローでもアウクスブルクとのプレーオフのチャンスが与えられる16位になる可能性がないわけではありませんが、ケルンがニュルンベルクに勝つことを期待するのは難しく、場合によっては前節のハノーファー、グラートバッハ戦と同じような展開も考えられます。要するにボーフムはハノーファーに勝利するしかないのです。

 ボーフムは前節のバイエルン戦ではかなり消極的な戦術で1:3で敗れ17位へ順位を下げてしまったのですが、相手がバイエルンということを考え現実的な策をとったということで個人的には評価しています。ただ、それはすべてこのハノーファー戦を見据えてのこと。すべての力をこの試合にぶつけなくてはなりません。
 一方のハノーファーについてはこのところ大敗続きでしたが前節はホームで圧勝、大敗の前にはホームでシャルケを倒しています。好不調の波が激しいですが主導権を握れば点を取る力があるし結果も出しているだけに選手も自信を持っているでしょう。
 あまり参考にはなりませんが、一応前回の対戦ではホームのハノーファーが前半で2:0とリードしましたが後半にボーフムが3ゴールを決めて逆転勝ちしています。ただし、今回はボーフムとしては、そんな展開はなしにして試合開始から相手にプレシャーをかけ、できれば前半で2点差をつけてハノーファーが焦る展開に持ち込みたいところ。個人的には昨シーズンも残留決定を決めホーム最終戦でゴールを決めたFWハシェミアン、前回の対戦でもゴールを決めているフクス、前節でフル出場のMFアザウアクの3人に期待しています。


スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

01:16  |  VfL Bochum  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/265-45fdedb4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。