2010.05.30 (Sun)

2010 J-League Division 2 第15節 水戸 vs. 千葉


 水戸までサッカー観戦に行ってきました。実は私は水戸近隣の町に数年間住んでいたことがあったのですが、ずいぶん昔のことなので懐かしさというよりも市街地の様子が当時とずいぶん変わっていたことに驚かされました。今回、観戦したのはケーズデンキスタジアム水戸は水戸市立競技場が改修され、水戸ホーリーホックのスポンサーにもなっているケーズデンキがネーミングライツを取得して名称変更され現在の名前になりました。
 実は改修前の競技場で開催された水戸と大宮の試合(J2リーグ戦)を観戦に行ったことがあります。もうはっきり覚えていませんがJリーグの試合を開催するのは無理があるといった感じのする競技場だった記憶があります。ですので、このスタジアム正面を見たときには驚いてしまいました。


 それでもゴール裏は大型スクリーンを除けば以前の雰囲気がそのまま残っています。背景の農村風景もよい感じです。対戦相手が千葉ということもありスタジアムはどちらのホームなのかわからない雰囲気になっていました。


 試合開始早々に水戸は少ないタッチでボールを回し前線の片山に預けサイドの選手が攻撃参加するという形でチャンスを作り出します。まずは保崎が強烈なミドルシュート。千葉のGK櫛野がファインセーブで防ぎますが水戸の勢いを感じました。水戸は守備もかなりアグレッシブでした。千葉にボールを奪われてもしつこく食らいつきます。特に中盤でのこぼれ球はほとんど水戸が拾っていたように感じます。果たしてこのハードワークがどこまで続くのだろうかと思っていましたが、千葉が相手ということでモチベーションが高かったのか最後まで集中力も運動量も落ちませんでした。
 千葉は水戸の激しいディフェンスに手を焼きながらもアレックスがボールをキープして攻撃の起点となり青木孝太や倉田がディフェンスラインの裏を抜け出そうとしますがほとんどオフサイドになっていました。
 後半、65分に保崎が左サイドを突破し倒されてフリーキックのチャンスを得ます。大橋が蹴ったフリーキックを中央で片山が頭で押し込んで水戸が先制しました。その後もチャンスは水戸に多くあり、決定的なシーンが何度かありましたが櫛野が防ぎました。終盤に入るとさすがに千葉が一方的に攻撃を仕掛ける展開となり惜しいシーンもありましたが水戸DFの懸命の守備に防がれ最後までゴールを奪えませんでした。

  試合は終始水戸が押し気味の展開でした。選手個々の能力やここまでのリーグ戦の調子を考えれば勝敗は別にしても千葉が優勢となるだろうと予想していたのでかなり意外でした。水戸のサッカーといえば守備的なサッカーという先入観を持っていましたが、この試合を見る限りでは格上の千葉相手にも攻撃的なサッカーを展開していました。実はこれが水戸の目指すサッカーなのですね。
 千葉に関しては相手にガツガツこられたときにどう対処するのか見えませんでした。今後も戦力的に劣るチームは千葉相手だと目の色変えて向かってくるでしょうから厳しい戦いになりそうです。若い選手を育てていくのも必要ですが、サブにいる豪華なメンバーもうまく使えないものかとつい思ってしまいます。


2010 Jリーグ Division2 第15節
2010年5月29日(土), 13:04, ケーズデンキスタジアム
水戸ホーリーホック - ジェフユナイテッド千葉 1:0 (0:0)
水戸: 本間 - 藤川, 作田, 大和田, 保崎 - 森村, 村田, 大橋 (84. 下田), 遠藤 (90+3. 森), - 吉原, 片山 (72. 中山)
千葉: 櫛野 - 鎌田, 福元, 青木(良), 和田 - 山口 (66. ネット), 佐藤, 工藤 - アレックス (61. 太田), 青木(孝), 倉田 (76. 谷澤)
得点: 1:0 片山 (65.)
警告: ネット
観客: 5,906人
主審: 河合 英治
スポンサーサイト

テーマ : Jリーグ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

08:02  |  J-League  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/274-1c50ee3c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |